意思の弱い私、どうやって時間泥棒と戦う!?

昨日の【読書メモ】に書いたこちらの本。
 


 
なるほど!と思わされることがたくさん書いてありましたが、その中で今の私に一番響いたのは『ネットから離れる』ということ。

 
佐藤さんは執筆に集中したい時にはネットを極力使わないそうです。
 
ネットに繋げるとついついネットサーフィンにハマってしまう経験は誰にもあると思います。私なんかほぼネット中毒。
 
佐藤氏曰く『ネットサーフィンの弊害は、時間の浪費に加えそこで得た情報のほとんどが記憶に残らないこと。』
 
パソコンもタブレットも1日に数時間は電源を落として知的インプットの時間に当てているという佐藤氏、集中して原稿執筆する時に使うのはネットにつながらない電子辞書やポメラですって。
 
このネットから離れるというのが、大切だけれども本当に難しいことを日々痛感しています。
 
 
私自身一日中パソコンの前に座っているわけですが、仕事をしているつもり、ニュースを読んでいるつもりでも、いつのまにか次々とネットサーフィン。結構な時間を費やしてしまい『しまった!!』と思う事が多いんです。
 

子ども達も、ちょっと休憩のつもりでパソコンの前に座ったはずが、結局は声を掛けなければ1時間でも2時間でもネットに貼り付いている始末。
 
こりゃあいけない!と思って、最近は『ちょっと休憩..』というときには意識的にパソコンの前から離れるように心がけるようになりました。
 

仕事でパソコンの前に座る時はwebブラウザを起動しておかないようにしたり、コーヒー片手にちょっと休憩..というときには本を読んだり。
 
大量に積み上がっている本を読む時間がないってぼやいていないで、5分か10分の隙間時間を使えばよいのよね。
 
スマホは使っていないので、外出時のちょっとした待ち時間には強制的に読書。
 
最近では子どもの送り迎えで長い待ち時間が発生するようになったので、教科書とノートを持参してマクドナルドで100円のコーヒー片手に勉強する事にしました。
 
最近停滞気味でなかなか進んでいないレポート作成をこの手で進めようと思っているところです。
 
この手は本当に集中できますね。他にやる事がないからね。
 
 
 

ピンときた本、こなかった本 【読書メモ】


池上彰さんと佐藤優さんの対談本。図書館で予約してから1年以上待ちました。
 
買う程でもないけど読んでみたいというだけだったので、長いこと待たされても気になりませんでしたが、読んでから『買っても良かったかも…』とちょっと思いました。
 
おふたりが読んでいる新聞・雑誌・webサイトの紹介と、それぞれのメディアとどのようにつき合っているかをお互いに紹介し合うような雰囲気。
 
 
メディア名がただ並べられているだけではなくて、どのようなスタンスでそれらとつき合うべきかということを分かりやすく教えてくれる指南本となっています。
 
『自分たちは情報分析してテレビや本、講義で皆さんにお話するのが仕事ですからここまでしますけれど、一般の人はここまでする必要はないよ』という言葉が随所に挟まれています。
 
一般市民である私達には参考にならないかというとそんな事はなくて、『こういうことを心がけてチョイスするのがオススメ』みたいな部分がたくさん書かれています。
 
本文中の大事な部分にはハイライト表示があるので読みやすく、各章の最後には要点が一言でまとめてあるんです。
 
さらにその要点が『70+7の極意』として巻末にリストアップされているという親切さ。
 
もちろん本の中で出てきた新聞・雑誌やwebサイトのURLも全てリストアップされているので、お二人のノウハウに触れながら自分のレベルで利用できそうなのが有り難いです。
 
情報とつき合うための参考書として、学生さんには是非読んで欲しいわ。
 
 
 
 

素敵なタイトルと装幀に惹かれて読んでみましたが、中身はなんかピンときませんでした。
 
『月刊みすず』に3年間連載された記事をまとめたものだそうです。
 
出版界で60年以上生きてきた著者が第一線を退いた後、街の図書館を利用するようになったとのこと。
 
国会図書館ばかり利用してきた著者が街の図書館を利用する中で感じたことを綴っていらっしゃるのですが、どれもこれもちょっとした印象や感想をぱっと書き付けただけという中途半端な感じ。
 
幼い頃の本屋事情や、編集者として活躍されていた頃の出版事情など、多様な話題が提供される点は興味深かったのですが、それぞれの話題の落としどころがよくわからず、『結局何が言いたいの!?』とイライラする気持ちを抑えながらやっとの思いで読み終わりました。。
  

正義と優しさ

先日、『#choosekind』というタイトルの記事を書きました。
 
映画の話題にこれってなんだか意味不明??と思った方もいらしたかも….。
 

このハッシュタグ、映画のエンドロールの最後の最後に小さく小さく出てきたもの。
 
主人公オーギーの担任ブラウン先生が、新学期の初日に黒板に書いた格言
 
“When given the choice between being right or being kind, choose kind.-Dr. Wayne W. Dyer”
 
の中のchoosekindですね。
 
正義か優しさ選ばねばならない時、優しさを選べ…とでもいう意味でしょうか。
 
 
『優しさ』は『親切』を当てるのかもしれませんが、『親切』というと何か目に見える行動に限定されるような気がするので、私は『優しさ』という言葉を選びたい。
 
この物語の中のシャーロットという女の子のkindがまさにそんな感じです。
 
 
 
大勢の人が小さな『kind』の気持ちを持てば、こんなにギスギスとした社会にはならないのにね…と思う事が本当に多いです。
 
この本が出た後、登場人物のひとりジュリアンに対して『冷静になれ、ジュリアンになるな』というスローガンがネット上に登場したそうです。
 
ジュリアンは仲間を巻込んでオーギーを孤立させるいじめっ子ですから、確かに正義で判断すれば許しがたい存在。
 
でもね、そこで正義を振りかざしてジュリアンを追いつめることは『優しい』ことではないと思うのです。
 
もちろん彼の行動自体は許しがたい事で、物語の中でも校長先生から厳しい罰を与えられます。
 
ただ、ジュリアンをそのような行動に至らせるには何か事情があるはず、という視線を忘れずにいたい。
 
そうでなければ立場が逆転しただけの新しいいじめでしかないもの。
 

作者のパラシオさんもそのことに心を痛め、スピンオフ『もうひとつのワンダー』を書くきっかけになったそうです。


 
 
 
 
#choosekind

いい言葉だなあと思ったので、記事のタイトルにしてみたのでした。

#choosekind【映画】

久々に映画を見てきました。
 
家族3人で行こうと朝のうちにネットで座席予約していたのですが、いろいろあってオットと2人で。
 
子どものチケット1枚1,000円也を無駄にしてしまった話はまた別の機会に。
 
 
 
見てきたのは『ワンダー 君は太陽』
 

トリーチャー・コリンズ症候群といって、生まれつき顔面や頭部の変形している遺伝的な症状を持つ少年オギーとその家族のお話。
 

オギーの視点、学校のクラスメイト、家族…と視点がクルクルと入れ替わりながら話が進むので、子ど・大人、生徒・先生・子どもを持つ親….どのような世代・立場の人が見ても共感できる登場人物がいると思います。
 
私はやはりオーギーの両親の目線で見てしまいました。
 
ジュリア・ロバーツ演じる強くて優しいママ。男同士の絆でオーギーを勇気づけるユーモアたっぷりのパパ。
 
他にも担任のブラウン先生や校長先生、お姉ちゃんのヴィアやその彼氏、それからヴィアとその親友(だった?)ミランダの関係も物語に良いスパイスになっています。
 
子どもにとっては、クラスメイトであるジャックやサマー、シャーロットや意地悪なジュリアンなど、やはりそれぞれキャラの立った登場人物が気になるところでしょう。
 
あらすじを読んだり映画のトレーラーを見る分には『障碍』や『いじめ』がテーマなのだと想像してしまいますが、実はちょっと違う。
 
なんというか『ふつう』って何だろう?とか、『強さ、優しさ』っていろいろな形があるね…とかとかとか。

多分小さなお子さんでもその年齢なりに感じるところがあると思いますよ。
 
2時間の映画でしたが、ちょっと駆け足気味なのが唯一残念でした。
 
原作の内容がかなり端折られているのかな?という印象だったので、是非とも原作の方を読んでみたくなりました。
 
 
 
印象的な水色の表紙と顔のイラストのこちら。


2016年に読書感想文小学生高学年の課題図書になっていましたね。
 
他の登場人物に焦点を当てたスピンオフやこの小説を元にした絵本も出ているようです。


出版元ほるぷ社のWONDERの特設サイトでは作者パラシオさんへのQ&Aや小説冒頭20ページ程が読めるので、興味のある方は是非覗いてみてください。
 
 

えくせるぶいびーえー???久々に猛勉強した気分。

今週に入ってからの数日間、久々に脳味噌シェイクシェイクしていました。
  
事の発端は新しいMacBookの購入。
  
零細自営業者の我家では、Macで納品書や請求書の発行を行っています。
  
しかもおまけでついてくるクラリスワークスやAppleWoks(windowsとMSOfficeのような関係のソフトウエア)に入っているデータベースソフトで自作。
  
  
ところが最近のMacにはこのデータベースソフトが入っていないんですよ。
  
word、Excel、PowerPointに相当するPages、Numbers、Keynoteは入っているのですが簡易データベースソフトは無し。
  
やりたかったらFileMakerProを使えってことになっているようですが、5万円もする高機能ソフトを使うようなレベルじゃないのよ!!
  
  
  
ってわけで、新しいMacを購入するたびに伝票発行に使えるマシンが減っていき今や古〜いMacBook1台になっていたのです。
  

その最後の1台が最近かなり調子悪くなってきてたので、発作的に最新型を先週末に購入してしまったのですが肝心の伝票作成はどうしよう。
  
市販の伝票ソフトを買おうか、でもレイアウトは今まで通りにしたいし…そもそもこれ以上の出費は避けたい…。
  
あれこれネットで調べているうちに『そもそもExcelで出来るんちゃう??』と思い至り、さらに調べまくること半日。
  
かなりピンポイントで私のやりたい事を解説しているサイトを見つけました。
 
プログラムソースを公開してかなり詳しい解説もあります。しかも動画解説まで。
  
  
これはかなりいいぞ!!
 
と飛びついたもののExcelVBAでプログラムを作る…???マクロ???
 
なんじゃそりゃ〜、な感じでしたが背に腹は代えられない。
  
『ソースコピペでなんとかなるかなあ』ぐらいの気持ちで取り掛かってみました。
  
まずはざーっと解説を読み、ソースをコピペしてみましたがやはり一筋縄ではいきません。
  
 
やはり最初からじっくり取り掛かるしかないのね…。
 
この解説はデータ一覧から請求書を自動で作るのを目標に、徐々にプログラム作り上げていく初心者向け講座の体裁となっています。
 
簡単な部分から始まり徐々に機能を加えて便利にしていくような進め方。
 
その中に初心者が覚えるべき基礎的な事が順番にでてくる構成になっているので腰を据えて取り組めば基本的なExcelVBAが理解できる…はず。
  
今まで『Excelのマクロ』って何だろうと思っていたので、せっかくの機会と思ってここは勉強勉強勉強です。
  
素晴らしい解説サイトではありますが、右も左も分からない私にはプログラムそのものの理解が足りないので近所の図書館へダッシュしてVBAの教科書も何冊か借りてきました。
  
  
サンプル通りに何度も何度も書いたり消したり(時にはコピペ)しているうちに、やっとこさ自分のMacでプログラムが実行できた時の達成感!ビバExcel!。
  
途中でウインドウズとマックの違いから、そっくりそのままコピーしたのではうまくいかない部分があることも発見。
  
 
ドツボにはまったのはファイルの名前を指定する部分の\(バックスラッシュ)。
 
ここでも全角で書いちゃったけどMacのキーボードにこの記号をタイプするキーがないんです。
  
コピペしたプログラムを実行すると必ずこの部分でエラーになってしまうの。
  
どうしても理由が分からず『もうヤーメタ!』と放り出しそうになったところでなぜか普通のスラッシュを入れたのですね、ワタクシ。
  
そしたら、あれ?動いた!出来たじゃん!
  
なんだか自分でそんなことに気が付けたのがうれしくて俄然ヤル気を出した私。
  
何度も何度もサイトの解説を読み、時には教科書も開きトライ&エラーを繰り返しているうちになんとなく中身が理解できるようになってくるから不思議なものです。
  
我家の使い方には向いていない部分を少し変更してみたり、サンプルのデザインを我家流にした部分のプログラムを書き換えたり。
  
  
悪戦苦闘すること3日間。やーっとできあがりました。
  
内容は、納品データを入力しておくとその月の分だけを抽出してテンプレートシートに流し込み、あとはプリントするだけ、というもの。
 
ひとつのファイルに何年分でもデータを蓄積しておけるので、過去のデータの検索もカンタン。
 
納品書を書く時にデータを入力してしまえば、月末には実行ボタンひとつでその月の請求書が出来上がるという優れもの。
 
あり使い勝手は前よりずっとよくなったことでオットの評価も上々です。 
  
  


↑この本、図書館では貸出し中だったのが残念。今後のために購入しようか検討中。
 
 

↑こちらを借りてきたのですが、解説が大変分かりやすくデザインも見やすい。パソコン関連教科書としては異色なイメージです。