新学期始まったと思ったら3連休【弁当の記録】

【2020.01.10(金)】
・ おにぎり
・ 鶏つくね(冷食)
・ たらこスパ(冷食)+枝豆
・ ゆでたまご
 

 
ごはんに混ぜたのは三島食品の『あかり』。
 
ゆかり(赤じそ)、かおり(青じそ)と同じシリーズのピリ辛たらこバージョン。
 
ゆかり三姉妹の末っ子って感じかしらね。特におにぎり用というのではなく『ふりかけ』ジャンルでした。
 
色合いが明るくてお弁当にはイイネ。
 
詰め終わって写真を撮りながら、たらこスパと味がかぶってしまったことに気がついたわ。
 
 
 
 
【2020.01.14(火)】
・ オムライス
・ ホウレンソウとウインナー炒め
・ プチトマト
 

 
まぜるだけのチキンライスにふわふわオムレツを乗せたオムライス。
 
オムレツには仕上げに溶けるチーズを入れてみた。チーズ好きだからね。
 
ホウレンソウはガーリックパウダー+塩コショウ味。
 
ガーリックパウダーって、仕上げにひと振りするだけでお店の味みたいなるので愛用しています。
 
 
 
 
 
↓ ポチッとしていただけると更新の励みになります。
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

 

弁当再開【弁当の記録】とコストコプチパン大絶賛

最下位でも再会でもないよ。
 
長い長い年末年始の休み(子供たちだけ)も終わり、弁当再開です。
 
 
 
【2020.01.08(水)】
・ 鶏そぼろご飯
・ ゆで卵
・ カニクリームコロッケ(冷食)
・ ブロッコリーマヨ焼き
・ リンゴ
 

 
近頃愛用中、キッコーマンの混ぜるだけシリーズ。
 
ゆで卵があまりにも半熟だったので切らずにそのまま乗せちゃった。
 
そしたら、鶏そぼろご飯にはトロトロ半熟卵が思いのほか合うと喜んで帰ってきました。
 
 
だからといって、狙ってトロトロ半熟がうまくできるというわけでもないので次はどうなるかしらね。
 
 
 
 
 
【2020.01.09(木)】
・ サンドイッチ(卵ペースト・ハム)
・ クリームシチュー
 

 
コストコで激安のメニセズプチパン。自分でオーブンで焼いて食べる半完成品。
 
これが美味しくて、家族全員大絶賛。
 
前夜のうちに焼いておいてサンドイッチ弁当にしてみました。
 
ところが冷める美味しくなかったそうです。固くてとっても食べにくかったと不評でした。
 
やはり焼きたてをおウチで食べるための商品なんだね。
 
 
焼きたてならとっても美味しいし常温保存できるし、なにより値段も格安。
 
先日まとめ買いしてきたけれど、次もおいてあるといいなあ。
 
 
 
 
 
 
↓ ポチッとしていただけると更新の励みになります。
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

 

キャッシュレス決済。公的施設が率先して導入してよ。

昨日は子供たちと一緒に、近所の国営公園にお散歩にいってきました。
 
 
駐車場は小銭を投入してバーをくぐるコインパーキン方式。入園料は券売機でのチケット購入。
 
生憎お財布には1万円札しか入っておらずパーキング前でモタモタ。とりあえず子供から1,000円札を借りその場はクリア。
 
エントランス前の券売機では幸い10,000円札が使えましたが、お釣りをじゃらじゃら財布にしまったり、ここでもかなりモタモタしてしまった私。
 
520円とか450円とか金額が細かいので、たとえピッタリ小銭を持っていても投入に時間がかかるし、お札を使ってもお釣りがじゃらじゃら〜っと出てきます。
 
他のお客さんがいなかったので周囲に迷惑をかけずに済みましたが、ネモフィラで大混雑のGWはどんなことになっているのかと….。
 
 
しばらく園内を歩き、素敵な景色を楽しめるカフェでひと休み。
 
ここでもコーヒーとアイスクリーム合わせて1,050円也をレジスタッフに現金払い。
 
 
 
 
 
 
この国営公園、ネモフィラの時期は外国人観光客もかなり多いのにこんなんでいいのでしょうかねえ。
 
 
税金納付や住民票発行手数料など、役所窓口の出納も現金オンリーだし。
 
 
 
 
国をあげて絶賛推進中のキャッシュレス決済なんだから、公営施設でこそ真っ先に導入してほしいわ。
 

 
 
民間には費用自己負担でキャッシュレス化のお尻たたきしているくせに。
 
まずはお上からどんどん導入してその便利さを広めるべきだと思うのだけどね。
 
 
 
 
 
↓ ポチッとしていただけると更新の励みになります。
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

 

ダメ、ゼッタイ。

地元の小学校図書館でのボランティア、細々とですが続けています。
 
 
たいていの場合は定期的に来校する図書館職員さんのお手伝い。
 
月に1〜2回、それぞれ半日程度お邪魔してきます。
 
 
始めてから2年程になりますが、これまではブッカーをかけたりバーコードラベルの上から保護シールを貼ったりという作業が中心でした。
 
その作業がほぼ終了したので、傷んだ図書の修理作業をぼちぼち進めています。
 
 
 
学校の本てビックリな壊れ方をしているものばかり!。
 
ブッカーがかかっていないので傷みやすい..という点を差し引いても。うーん。
 
ちょっと傷んだ時にすぐ手当をすればここまでにはならないと思うんだけどねえ…。壊れかかったものを使い続けているから加速度的に傷みが激しくなっちゃう。
 
 
 
部分的に破れているものはページヘルパーを貼るだけなのでチョチョイノチョイ。
 
『かいけつゾロリ』シリーズのページはずれは、水で薄めた糊をノドに細く注してからはずれたページをグッと押し込みクリップ止め。次回来るときまで置いておきます。
 
このような作業はサクサクと進むのですが、泣けてくるのがセロテープで補修されたものの始末。
 
 
ビリビリ〜っと破けた絵本や、ページがはずれてしまった『かいけつゾロリ』シリーズ。ご丁寧にセロテープでキッチリと貼り合わせてあるの(泣)。
 
これを丁寧に剥がすのが手間も時間もかかり心折れる作業です。
 
 
 
数ページに渡るセロテープ攻撃を始末してやっとノリ入れができる状態に。
 
午前中3時間もかかって、ゾロリの修理2冊しか出来なかったよ。
 
 
とにかく声を大にして言いたい。
 
図書館の資料にセロテープは厳禁
 
もし破れてしまったら、そのままの状態で先生や図書館のスタッフさんに申し出ましょう。
 
 
 
ちょっとした修理については、コチラの本が実用的でとても役に立っています。
図書館のための簡単な本の修理

 
 
 
 
↓ ポチッとしていただけると更新の励みになります。
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

 

こどもが貰ったお年玉、どうしてる?

自分が小さかった頃は、全部親に預けてそのまま郵便局に貯金だったような覚えがあります。
 
 
 
我家の子供たちはといえば、幼い頃はほぼ全額貯金でした。
 
本人達はまだ貯金の意味がよく分からず、親に取り上げられたと思っていたみたいね。
 
 
小・中学生になるにと、一部を自由に使って残りを貯金させていたんだったかな。
 
大きくなるに従って自由に使える金額を大きくしていったと思います。
 
 
 
高校生になったら口出しはしません。貯金しようがパ〜ッと使おうが自由だよと。
 
『何買ったの〜?』くらいは聞きますけどね。
 
普段の小遣いが少ない上にアルバイトもしていないのでお年玉は貴重な財源。
 
日頃我慢していたものを買いつつも、来年のお年玉が貰えるまでの予備資金として手元に残しておくようですよ。
 
 
 
 
 
親に預けたお年玉は親が使っちゃう….って話をタマに聞くけどそういうケースはよくあるの?
 
子供たちが勝手にそう思っているだけだよね。
 
 
 
我家はそれぞれの名義で郵便局の口座に貯金。節目節目で親戚などから頂いたお祝いも手を付けずにそれぞれの口座に入金してあります。
 
上の子が大学に入った年にはそれなりにまとまった額になっていたので、そのお金で自動車教習所に通い中古の軽自動車を買いました。
 
チリも積もれば山になるんだなあ〜、と感動した覚えがあります。
 
 
 
ウチの子達は自由になるお金が少ない環境で育ったせいか、使い方も割と堅実。
 
 
私たちバブル世代とはお金に対する考え方が違うのかも。
 
年金はアテにならないので、将来のための投資も始めてみたいそうですよ。
 
 
 
 
↓ ポチッとしていただけると更新の励みになります。
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ