いつものコーヒー到着

毎日コーヒーが欠かせない我が家。

オットは朝おきるなり寝ぼけマナコでコーヒーミルに突進して、例のコーヒーミルでガリガリガリッと豆を挽きはじめます。

自分が飲む分のエスプレッソだけなんですけどね。
マキネッタでマグカップに一杯分いれて砂糖をたっぷり入れて飲んでいます。ブラジルの働くおじさん風に。


私は朝の家事がひと通り終わったタイミングでペーパードリップでサーバーにたっぷり淹れておきます。
自分ひとりならこれで午前中いっぱいもつかな。
オットがガーッと自分のデカマグに入れていくと、ほとんど残らないんですが…。

パソコンの前に座ってメールやらニュースサイトをチェックしながらコーヒーを飲み、徐々に仕事モードに入ります。

午後も3〜4時になるとコーヒーを淹れておやつを食べるのもすっかり習慣化してますね。

そんなわけで、コーヒーを飲むのは家族で二人だけなのに結構豆を消費します。
二人とも酸味が苦手で苦み好きの方向性は同じ、あれこれ異なる味を楽しみたいタイプではないので、いつも同じネットショップで同じ商品を買うことにしています。

マンデリンG1のを深煎りを豆のまま500gx5袋を頼むのがだいたい1〜1.5ヶ月に一度。
会員登録すると好みの豆や焙煎具合を登録しておくこともでき、頼んだ翌日か翌々日には届くのでとても便利です。

coffee

500gといっても生豆時の重さなので深入りにすると2割ぐらい重さが減ってしまいます。

実質400gでお値段は1,000円ちょっと。外でコーヒーを飲むと『高い!!』とついつい思ってしまいます。