お世話になった教科書とさようなら

司書資格を取るために使った教科書や参考書を整理しました。
 
一番最初に単位を取った『生涯学習概論』の教科書だけは年末にブックオフに出してしまいましたが、その他の教科書は別の科目のレポートを書く時にも必要になるかもしれないと思い単位取得後も残しておいたんです。
 
年度末をもって全ての科目を取得、認定証もいただけたので他の教科書類も気持ちよく手放します。
 
一応記念にと思い写真撮影。
 


 
こうして積み上げてみるとなかなか感慨深いものがあります。
 
時々手にとりたくなる資料集的なものと目録に関するテキスト、それから前川先生の著書など数冊は残すつもりですが、その他は子どもに頼んでメルカリに出してもらうことに。
 
テキスト類は情報が古くなると意味がないので、必要になったらそれこそ図書館で新しいものを借りれば良いかなと思っています。
 
さっさと手放すのはちょっと寂しいけれど、これから司書資格を取ろうとする方に利用してもらうには版が古くならないうちに出品しなくてはね。
 
学費を払うとまとめて送られてくるものがほとんどですが、夏のスクーリングで指定されるテキストも混じっています。
 
大量に貼ったポストイットを剥がさなくちゃ。このフィルム付箋もいい仕事してくれたわ〜。
 


 
 
教科書君たちよ、お世話になりました。ありがとう。
 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です