ネットバンクの金利と手数料、こんなに差があったなんて。

SBIネットバンクに口座を開設しました。目的は外貨取引。
 
30年以上前にシティバンク口座ではじめたものですが当時はなんとテレフォンバンキング。
 
自動音声相手に口座番号だの暗証番号だの電話機のボタンで入力していたのですよ。
 
その後手数料の安さと外貨建てクレジットカードを作れるというのに惹かれてSONYバンクに移行。
 
ここ何年かはちょこちょこと少ない元手で小銭をゲットしていました。
 
SONYバンクに不満は全くなかったのですが、先日ふとしたことからSBIの為替手数料と外貨預金金利がSONYよりかなりお得だとを知ったのです。
 
例えばこんな感じ。(2018.12.1現在)
 
■ 為替手数料の比較

通貨SBISONY
米ドル4銭15銭
ユーロ13銭15銭
豪ドル25銭45銭
NZドル25銭45銭
カナダドル25銭45銭

豪ドル・NZドルで片道20銭も違うのに今まで気づかなかったのはちょっとショック。
 
 
■ 外貨普通預金金利の比較
普通預金金利SBISONY
米ドル0.7%0.6%
豪ドル1.0%0.3%
NZドル1.0%0.3%
カナダドル0.8%0.75%

金利も0.7%もの差があるなんて驚きです。だいたい日本なんて0.01%ですからね。
 
同じネットバンクなのにどうしてこんなに違うのかしらね。不思議。
 
そういうわけで、SBI証券にお世話になり1年がたちSBIグループに親近感も湧いてきたので、外貨用の預金口座も作ってみました。
 
サイトの見やすさはSONYバンクのほうがずっと良いのだけど背に腹は替えられないわ。
 
SBIグループももう少しユーザーフレンドリーなデザインにしてくれるともっと使いやすいのになあ。
 
 
トラコミュに参加しています
にほんブログ村テーマ 貯金、貯蓄、家計、お金に関することへ
貯金、貯蓄、家計、お金に関すること
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です