ベランダの排水口は掃除しておこう。

昨日の台風15号、私の住む茨城県にも未明から朝にかけて久々の直撃。


前日はテレビも自治体のメールも、台風への備えを盛んに呼びかけていました。

飛びやすいものは屋内へ取り込み、雨戸も閉めたし停電への備えもしたから準備万端….。

と思っていたら思わぬところでヤラレタ!。



明け方から風強まるとともに雨も強くなってきたねえ…なんて思っていたら、なんと雨漏りぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!!!!

かつて南からの暴風雨が軒下を回り込んで天井裏に水が滲みたことがあったので、またか〜と見に行ったら…..。

もうね、南に面した廊下があまねくザーザー降り。室内の話よ。

玄関はプールのようだし、廊下の床は一面の水浸し。

雑巾で拭くとか雫をバケツで受けるというレベルを超えていて一瞬ボーゼン。


まずは廊下に置いていある仕事の材料や、リビンに置いた重量100kg近いデジタルピアノも水のかからない場所へ避難させ、そのあと慌ててオットが向かったのは2階のベランダ。

普段掃除などしていなかった排水口。

落ち葉などで行き先を塞がれた雨水は排水が間に合わずプールのように溜まり、とうとう溢れてしまったんだね。

そしてその水はなぜか屋根や外壁を伝わずに、壁の内側を通って1階の天井裏に流れてちゃったというわけ。


排水口のゴミをどけると雨樋からドードーと排水され、1階の激しい雨漏りはとりあえず収まりました。



どれほどの量の水が入り込んでいたのか、しばらくの間は天井裏からボタボタと落ち続けていたよ。



家中の雑巾やタオルを総動員しながらグズグズになった資材の段ボールを片付けたり、廊下突き当たりの物入れの中のものを出して乾かしたり、濡れてしまったあれやこれやを洗濯したり。


一日中その後始末でもう〜〜〜、つかれた。


午後になると風が弱まり太陽が顔を出してきたので窓全開にしてみるも、一旦入り込んだ水分てほんっっっっとに抜けないの。

夕方になっても壁や床はじとじとと湿ったまま。



はあ〜。それにしても前日の内にベランダ排水口を点検してちょこっとゴミをどけておけば避けられたこと。


皆様、これからの台風シーズンにむけてくれぐれもお気をつけてね。




↓ ポチッとしていただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ



コメント

  1. 高橋二葉 より:

    LEEちゃ~ん大丈夫かい?
    これ以上被害が少ないことを祈るよ!

  2. 高橋二葉 より:

    大変だったね~
    うちはちょうど打合せで一緒に横浜行って、ついでに下の子を川崎まで送って、打ち合わせが次の日の午前中の予定だったから、夜はそのまま車中泊しました。
    そうしたら台風直撃でかなりビビりました。
    コンビの横にいたんだけど、夜中にピークであのOOOちゃんにいただいたトラックがグラグラ倒れるかと思った。コンビニのプレハブのゴミの収納庫も倒れてこっち飛んできたらどうしようかと思いました。
    それでも帰宅したら家は特に変わりなく安心したけどね~
    これからは何が起きるかわからないね~