凶悪事件の加害者が身近な人だったら…【読書メモ】

映画は見ていませんが、原作をブックオフで入手。


 
薬丸岳という人の小説をもっと読んでみたくなったので、同じく少年犯罪がテーマのこちらも。

 
どちらも話の設定としてはありそうでなさそうな、なさそうでありそうなビミョーなところ。
 
事実は小説より奇なりというくらいですから、ビックリさせられるのは現実社会で起きている事件の方が多いのかも。
 
 
設定はどうあれ、犯罪を犯した本人よりむしろ身近な人の苦悩を描いたところに現実味を感じます。
 
小説ですから結末はかすかな希望を持たせるような結末にはなっていますが、実際こんなことが起きたら自分がどう振る舞うのか全く想像がつきません。
 
 
 
読後感を書きながら、自分はリアリティがある小説は苦手なんだと気が付きました。
 
登場人物に自分を重ねるうちに、『結局は作り話だよね』と思っちゃう。
 
いっそノンフィクションのほうが受け止めやすいというか…。
 
 
『なら読むなよ!』って話になっちゃいますけどね。
 
 

2件のコメント

  1. LEEちゃんおはよう!
    お久しぶりですね~
    朝晩のホテルの仕事もシーズンに入り日に日に増え、家事や家業の方もあり毎日あっという間に過ぎていき、ちょっと恐くなります。
    でも春夏は特に問題なく都会で仕事しているようだし、ホテルの仕事も若いママたちや顔見知りのお母さんなどと楽しく働かせてもらっているので充実していると言えば充実しているのかな?でも下の子の進学のこと考えると焦りますが・・・

    薬丸岳さん私も一時凝りました。
    昔少年犯罪をテーマにした薬丸岳さん原作のドラマをやっていてその時少しはまりまして、リアリティーがあって展開が早かったので面白かった。
    でも読んだ後やはり暗い気持ちも残り、あまり続けて読まない方が良いような気もしました。
    あとは、東野圭吾さんの有名な被告の家族が背負う贖罪をテーマにした「手紙」は映画も本も」何度も見て泣きました。
    最近は20代くらいの男性の、訳のわからん犯罪が多くて、なんだか人ごとじゃないなとも思いますが、信じるしかありませんね。
    女の子は心配だよね。
    何気なく見守っていきましょうね~

    1. おはよう。
      そちらは涼しいんだろうね。こちらは毎日毎日ほんっと暑いよ。

      東野圭吾さんの「手紙」、私も読んだ。
      少年犯罪に限ったことではないけれど、自分の身に起きたら..と思うと切なくなるよね。
      被害者の悲しみはもちろんなんだけど、加害者家族の人生もめちゃくちゃだもの。

      私はあまり小説を読むことがないのだけど、リアリティがあって人間のことを深く見つめたものは苦手だわ。読んだあとしばらくどよんとしちゃって。でもそれが浅いと面白くないし、なんかジレンマ。

      だから、どちらかというとノンフィクションとか知識の本(哲学や社会学、自然科学)の方が好きなのかも。小説だったら自分の生活からすごく離れた設定のものとかね。

      うちは6月からこっち仕事がヒマで…。時間はあるけどお金がない時期に突入中。
      じたばたしても仕方がないので、割り切って今まで放置していたレポート書きを進めているところ。今年度中に全て終了させないと追加のお金払うことになるからかなり切実。

      資格とったからってすぐに何かに繋がるわけではないのだけど、受験生の下の子にハッパをかける意味でもね。

      それではまたね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です