情報資源概論 (1)  ー司書課程受講物語 (34)ー

なかなか進まずにいた『情報資源概論』のレポート。2本のうち1本をやって書き上げました。
 
疲れた〜!!
 
 

第1課題と第2課題にそれぞれ2つ設題があり、それぞれの課題について設題をひとつ選択します。今回書き上げたのは第2課題の方。
 
『資料収集と提供に関する具体的事件を取り上げ、図書館の自由の視点から問題点を解説しなさい。』というテーマを選択しました。

 
図書館の自由を脅かす事件は過去にたくさんの事例があり、それぞれに難しい問題を孕んでいるためかなり重いテーマでした。沢山の事例を理解しその解説を読みながら問題点を自分なりに明確にしてさらに字数制限の中に収めるのはしんどい作業です。それでも時間はかかりましたがとても良い勉強になりました。
 

最も参考になったのはこちらの本です。
 


 
1997年発行と少し古い本なので、最近の事例ついては載っていないのですが是非手元に置いておきたい1冊です。残念ながら現在中古でしか手に入らないようで、中古でも値段がほとんど下がっていません。人気があるのでしょうね。
 
最近の事例については図書館関係の雑誌を探すしかないのかな…。そんなこともあって記憶に新しい近年の印象的な事例については勉強不足。いろいろと気になる件があるので時間を作って資料を探してみようと思います。(って実現することがなかなかないのが情けないんですけどね….。)
 
兎にも角にもレポートひとつ書き終えたことで、少しホッとしています。急いでもうひとつにとりかからなくちゃ!
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です