大学に資料請求をするまで ー司書課程受講物語 (2)ー

まずは、とっかかりの図書館概論と生涯学習論、それから児童サービス論あたりの本を何冊か読了。
今まで漠然と持っていたイメージ通りの事柄もあれば、新鮮な視点の話もありで、50年の人生の中で全く縁のなかった分野の勉強にかなり興味がわいてきたのでした。
 
ちょうど同じ頃、公共図書館を内側から覗き見るチャンスを得たことも『司書』への興味を大きく膨らませる要因となりました。
 

それにしても、通信教育って相当意思が強くないとできないよね….。3日坊主の烙印押されまくりだもんね…。お金もかかるし何より睡魔に打ち勝てる自信がない….。と、どう考えてもマイナスイメージしか浮かんでこない。
 

その一方で、一旦『やってみたい』気持ちが湧いてしまうと、とりあえず手を出してみないと気が済まないのもまた私の性分。とりあえず資料請求だけならタダだし、受験生を持つ身としては最近の大学事情を知るのも悪くないかと、大学のwebサイトからポチッと資料請求をしてみたのでした。

 
これが2015年1月23日(金)のことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です