子どもに『夢』を煽るな。

朝日新聞のデジタル版に掲載されてたキャリア教育と『夢』という言葉についての話。ここ数年もやもやと感じていたことをとてもスッキリと表現している記事だったのでweb魚拓をとりました

そういえば、以前にも『キャリア教育』について感じていることを書いたことがありましたね


小学生くらいのこどもになら『将来の夢は?』って気軽に聞いちゃうのもありだけど(私は小学生でも幼稚園生でも聞きませんが)、高校生の進路指導の面接で『夢は?』とか聞く先生を見ると『この人、生徒のことどうでもいいんだな〜』と思っちゃいます。

希望の職業?という質問ならまだいいのかもしれない。でも『職業』という言葉からだと医者とか教師、弁護士、カウンセラーといった資格職業しか思い浮かばないと思うのよね。

本が好きなら、本屋や図書館だけではなく出版社、印刷会社、紙を扱う会社、本の流通会社とか様々な会社があって、そのなかでも編集、ブックデザイン、営業、オペレーター、校閲などなどの担当があって、さらには会社員としてやるのかフリーでやるのか、選択肢は数えきれないほどあるわけで….。


社会にどのような仕事が存在しているのかを知るチャンスを与えずに、夢を煽るばかりでは子どもは可哀想だと思う。子供たちのうっすらとした興味をすくいあげて、そこからどのような仕事の可能性があるのか広く伝えないと。

音楽家が夢だった小学生も、高校生あたりで『プロの演奏家は無理だな〜』という壁にブチ当たるわけです。その時に、音楽関係の出版社で働くとか調律師とか学芸員とかコンサートホールの企画運営とか、音楽好きだからこそできる沢山の仕事の存在に早く気づくことができれば、進学や就職についてもっと具体的に考えることができると思うわけですよ。

大人はこのふわふわとした魔法の言葉を子ども達に向けないよう、気をつけなくちゃね!とこの記事を読んで改めて感じたのでした。