家で仕事をするということは【自営業妻】

自宅が職場になってから20年以上が過ぎました。

会社員時代に比べると、通勤時間プラスお出掛け用意の時間で2時間以上の時間が節約されている計算。

しかも出かけるまでに洗濯物を干してしまわねば!、などという制約もありません。

寝ぼけマナコでぼさぼさ髪のままパソコンに向かいメールをチェック。

天気がよければ2回洗濯機を回すことも可能ですし、プリンターで出力待ちの間に掃除機をかけながら朝ご飯を口に突っ込む…というような、家事と仕事の同時進行が可能なのは主婦にとってとてもありがたいことです。

子どもが小さい頃は、保育園に送って帰宅してからゆっくりコーヒーを淹れてからパソコンの前にもまだ9時前。

勤めに出るよりはるかに時間を有効に使えることが本当にありがたかったです。



しかし、いつしかそんな生活が当たり前。

いつでもおやつが目の前にあり好きな時間にネットサーフィンが出来るとなると….。

自分の欲望をコントロールして仕事に集中するのが難しくなってきます。


急ぎの図面を目の前にしながらも『むずかしい〜!飽きた〜!疲れた〜』とすぐに逃避。

お昼を食べた後は眠くなっちゃうしね。

ブログの更新も自分への義務と言いつつ仕事からの逃避でもあり…。

夜も土日も使えるというのがまた、ずるずると自分を甘やかす口実にもなってしまいます。


会社勤めは出勤してしまえば仕事に集中するしかないし、できるだけ残業しないよう時間をやりくりせざるを得ません。

在宅で時間を自由に使うのと、嫌でもやらざるを得ない環境に身をおくのとどちらが楽かと聞かれたら、ちょっと返答に困ってしまいますね。

自宅で仕事をするにしても、プライベート空間と仕事場をきちんと分けてあれば少しは違うのかもしれませんが。



まさに今、急ぎの仕事を尻目にブログ更新に逃避中〜。



にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ