葉っぱ型のアクリルタワシ愛用中

毎日の食器洗いに欠かせないアクリルたわし。
 
ガラスのコップもいつもピカピカだし、毎日これで洗っているだけなのに、マグカップにコーヒーや紅茶の渋がつかないのも本当にありがたい。
 

軽い油汚れなら洗剤なしでもスッキリ落ちるので、手も荒れにくくなりましたよ。

 
アクリルタワシのデザインもいろいろありますが、私がここ何年も愛用しているのが葉っぱ型のもの。
 
楕円の形が手に丁度はまって使いやすいのと、畝編みのおかげで適度なクッション性があるのもGood。
 
でもこの形、残念ながら市販の本では見かけたことがないんですよね。
 

よく見かける編み図は長編みで円形にしたものや、細編みで果物や動物の顔をかたどったものですが、デザイン的にも使いやすさの点でも今ひとつ気に入りません。
 
ある時ネットでこの葉っぱ型を見つけてからというもの、編み図や編み方を公開して下さっている方のサイトを探してなんとか自分で作れるようになりました。
 

こちらのサイトこちらのサイトが編み図もあってわかりやすく、いつも参考にさせて頂いています。
 

昨年の9月にも『アクリルタワシ作りました〜』という記事を書きましたが、そのときに作った在庫がなくなってしまったので、昨夜あわてていくつか作りましたよ。
 
 

材料はダイソーの並太毛糸(1玉約45g)。昨年の黄色い糸もダイソーのものでした。今回はアイボリーで。
 
tawashi
 
5枚編み上げて、あと1枚と思ったら途中で糸が足りなくなってしまッたので、何年も前に編みぐるみ用に買った茶色い糸を継ぎ足すことに。
 
ラベルを見たらこの糸もダイソーでした。
 
古い糸を使ったことで気がついたのは、品質がずいぶんと低下していること。同じ並太で重さも約45gなのに随分と編み心地が違います。
 
今回のアイボリーは撚りが甘くて糸そのものが貧弱な感じ。編んでいてもすぐに糸割れして編みづらいったら….。
 
世間では糸が値上がりしているのに、100円のままで品質も同じってことはないですよね。
 

そういえば、以前と同じように作っているはずなのにタワシの寿命が短くなっているような気がしていました。

 
使いはじめてたいして日が経っていないのにも関わらず、糸が細って全体的にヘタるのが早いのです。
 

そろそろダイソーの毛糸はやめようかな….。少し高くてもこれとかこれくらいの製品を使った方が良いのかもしれませんね。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です