読書の秋

amazonさん、↓こんなことやってたんですね。 

夏休みに各出版社がやっているキャンペーンと似たようなものでしょうけれど、そこはamazonですから、特定の出版社にかたよっていないのが嬉しいです。

既読のものもあれば、読みたいと思いながら手にするチャンスがないものなどなど、リストをながめているだけでも結構楽しめました。

 

 

児童文学の方は、ミヒャエル・エンデのようにたくさんのレビューがあるものから数件しかないものまで様々でしたが、さすがに小説100よりはずっと少ないです。児童文学ですから絵本はありません。

 

そういえばこの100冊リスト中にあったこの本、ネコ好きのウチの子が楽しそうに読んでいました。夏休みの読書感想文の題材にちょうど良くて、例年になくスムーズに感想文を書き上げていましたよ。大人が読んでも面白かったです。

シリーズになっていて続編が3冊あるようですね。 ちょっと気になります。

 

次は是非『オールタイムベスト絵本100』をやってほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です