電子チケット買ってみた。

ようやくスマホユーザーになってからこちら『便利ね〜』と思うことがたびたび。
 
出先で『あれっていつだっけ?何時から?』をサッと確認できたり、お買い物メモを写真にとって出かけたり。
 
 
今度は電子チケットにチャレンジです。
 
今週末から始まった『レオ・レオーニ展』。
 
銀座の『レオ・レオーニカフェ』に行きたい上の子に誘われ、ならば原画展も一緒にということで前売り券を入手したかったのです。
 
webサイトで予約してコンビニまで発券に行くのがいつもの手ですが、なんだか疲れちゃっててメンドクサイ….。
 
電子チケットシステムの案内を読んでみると、クレジットカードで買って当日入口で見せるだけということで魅力的すぎ。
 

 
 
早速いそいそと『e+』のアプリをダウンロードし会員登録。
 
サイト内で欲しいチケットを検索して券種と枚数を選んだらおしまいです。
 
会員登録時に決済情報も登録してあるので、購入の段階ではいちいち入力する手間もなくあっという間にチケットをダウンロードできました。
 
入場の際は一人ずつなので、DLした2枚のうち1枚は子どもに分配しなくてはなりません。
 
どうするのかと思ったら、メールやLINEで分配できるのね。
 
『チケットを分配する』という画面でLINEを選択したらそのままLINEのホーム画面が開き、友だちリストから相手を選ぶと、勝手にURLを相手に送ってくれます。
 
相手側はそのURLをタップすることでチケットをダウンロードできるという仕組み。
 
最初の会員登録さえ済ませてしまえば、チケットの購入・分配がチャチャッとできてしまいます。
 
クレジットカードがないと会員登録できないので学生さんにはちょっとハードル高いかもしれませんが、親が会員登録&購入して子どもに分配してあげればいいんだものね。
 
 
 
カフェの方も予約可能だったので、こちらも既に予約済み。
 
あとは当日を待つばかり。楽しみ。
 
 
図書館から『レオ・レオーニ』の絵本をたくさん借りてきて予習中で〜す。
 
 
 



 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

やっちまった!愛用の腕時計をOHに出すことに。

洗濯物を干していたら私の仕事用ウインドブレーカのポケットに何か入ってる?。
 
洗濯カゴに放り込む時に確認したはずなのに…と不思議に思いながら取り出したのは、愛用の腕時計。
 
 
『やっちまった〜。でも防水だから大丈夫よね。』
 
なんて思ったらとんでもありませんでした。
 
見事にガラスが曇っている!!
 
 
洗濯機の威力は凄いな。
 
強力脱水の凄まじい遠心力ではさすがの200m防水も役に立たなかったようです。
 

 
 
あわてて海苔やおせんべいに入っていた乾燥剤を詰め込んだジップロックに2〜3日閉じ込めてみたり、お日様がカンカンに当たる車のダッシュボードに放置してみたけれど全く効果なし。
 
結局メーカー修理を検討することに。
 
CITIZENのwebサイトから修理見積を頼んだところその日のうちに返信があり、その症状ならオーバーホールして1万円程度とのこと。
 
1万円出せば安い時計なら買えちゃうけどねえ。
 
 
でもね、この時計とっても気に入っているのよ。
 
電池交換が必要ないソーラーパワー、ベルト交換も要らない金属バンドという条件で探しまくってようやく見つけたもの。
 
それにケースもバンドもチタン製なので、軽い上に金属アレルギーのある私には汗をかいても手首がかぶれずありがたいヤツ。
 
ダイバーウオッチとして使える200m防水、見やすい文字盤。
 
その割にはデザインがごつすぎずスーツのときでも浮かないところもお気に入り。
 
 
かつてロレックスでとっても好みのデザインがあり、中古を買おうかどうか何年も迷っていた時期があったのだけど決心がつかなくてねえ。
 
その頃にネットでコレを見つけて即買いしたのが10年くらい前のこと。
 
今はこの系統のモデルがなくなっているみたいね。
 
 
 
 
1万円ならやっぱり修理だ!と早速宅配便で送ったところ、到着後すぐに連絡のメールをいただきました。
 
ケースを開けてみたところ、水が入ったせいで針に腐食が見られるとのこと。
 
 
 
オーバーホール費用内で針とパッキンの交換。
 
水に使った機械内部を注油洗浄して組み立て直した後、防水を含めた各種検査を行い初期状態に復活させてくれるそうです。
 
これだけのことをして1万円だなんて、かえって申し訳ないくらい。
 
 
2週間程で宅配便で送り返していただき、修理代はクロネコヤマトの代引きでお支払いでした。
 
同封されていた修理伝票を見ると、機械の精度も随分と悪くなっていたようです。
 

 
機械精度は調整され外装もすっかり綺麗に!
 
見違えるようになって戻ってきましたよ。
 

 
 
 
どんなに高防水を謳っている時計でも徐々にパッキンが劣化するので定期的に取り替えた方がいいそうです。
 
 
私の場合はダイビングをするわけではないので生活防水程度で十分ですが、こんなにキチンと調整・掃除をしてもらえるのなら数年に一度の1万円は惜しくないと感じました。
 
 
今回メーカーに直接連絡をとり思いのほか安くてラッキーでしたが、高級ブランド時計だと10万円以上!?
 
ネットで修理・オーバーホールを頼める修理屋さんを検討するのもアリですね。
 
最高技術で時計修理・オーバーホール

 
 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

キャッシュレス決済でポイント還元の話はどうなっている?【消費増税対策】

10月からの消費税増税。
 
キャッスレス決済にするとポイント還元されるっていうけど詳細についてはあまり聞こえてこないねえ。
 
政府からのお知らせページはあるものの、消費者向けのページはまだできてないのね。
 
キャッシュレス・消費者還元事業
 
『消費者向けリーフレット』というA4両面のちらしをそのままpdfにしたものは見られるけど、これじゃさっぱり分からんじゃないか。
 
キャッシュレス決済のオススメばかりで還元制度についての説明なんて書かれていないも同然。
 
それに『原則購買額の5%還元だけど、フランチャイズチェーン参加の中小・小規模店舗では2%還元』ってなによ?
 
利用するお店によって還元率が違うの?
 
 
 
 
 
今回タイムリーに7Payがやらかしちゃったことで、○○ペイのようなスマホを使うQR決済は相当イメージダウン。
 
私も今のところはかなり否定的な気持ちでいます。
 
リスクに対しての利便性が熟していない印象というか…。
 
 
 
となると、suica・nanaco・waonみたいな電子マネー?
 
チャージが面倒だな。
 
やっぱりクレジットカード?。
 
手数料が高くてお店の人には申し訳ないけどね。
 
 
 
いずれにしても高齢者にはどれもこれもハードルが高すぎ。
 
スマホでのQRコード決済は論外。
 
私の親はクレジットカードはとりあえず持っているけど、使うのがイヤだといってタンスの引き出しに眠っているよ。
 
nanacoやsuicaに現金でチャージするなら心理的ハードルは低いだろうけど、一度に2〜3万しかチャージできないんじゃ不便だよね。
 
クレジットカードからのオートチャージにしちゃうと不用心だし。
 
 
高齢者だけじゃないよね、小さな子どもはどうするの?
 
少ないお小遣いで買物するためにわざわざ電子マネーカード作る?
 
親としては個人情報と紐づけられちゃうカードを小さい子に持たせたくないよね。
 
消費税・ポイント還元・キャッシュレス決済の説明をどこまでしてどこまで理解させる?
 
年齢によって悩みどころ満載ね。
 
 
キャッスレス決済が浸透している国での還元事業ならまだしも、消費税の問題とキャッスレス決済を短期間に一緒くたに取り入れるのは無茶だと思いますよ。
 
政府の方々が増税反対派を押し切るために苦し紛れに口にしたことが、世の中を振り回しているとしか思えないわ。
 
だいたい還元されたポイントはどうやって使うの?
 
クレジットカード会社のポイント利用でしか利用できないなんてことないよね。
 
自分で申請してカタログから商品選ぶとか冗談じゃないからね。
 
ちゃんと額面通りの金額で自由に支払い可能にして欲しいけど大丈夫なのかしら。
 
 
実施まで3ヶ月を切っているのに、これほどまでにアナウンスがない。
 
担当部署でしっちゃかめっちゃかになっているのでは?。
 
関係者の方々は過労死レベルではないかと。
 
 
軽減税率やらキャッシュレス決済事業者の登録申請などなど事業者もホント大変。
 
 
 
これだけ膨大な事業にかける事務手続きやシステムの費用と時間、すっっっっっっっごく無駄に感じちゃいます。
 
 
 
 

 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

部屋干しの洗濯物が臭わない!?

先日洗濯槽を掃除したので、ふと思い立ちアルカリ洗濯実施中です。
 
『アルカリ洗濯』というのは、洗濯用洗剤や石鹸のような界面活性剤を使用せず、セスキ炭酸ナトリウム・過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)・炭酸塩のように水に溶かすとアルカリ性になる無機系の洗浄剤を使ったお洗濯のこと。
 
せっけん百科のサイトに詳しく説明されています。
 
 
 
実は、以前は石鹸洗濯派でした。
 
『アタック』や『アリエール』のような合成洗濯洗剤に比べて綺麗になるし環境に負荷が少ないのがその理由。
 
デメリットは洗濯物を入れる前に溶かし込みの手間かかること。
 
特に水温の低い冬はお湯を足さないとならなかったり。
 
翌シーズンまでしまっておいた衣類が油臭くて子供たちから不評だったこともあります。
 
事前の溶かし込みが十分でなかったり使用量の目算を間違うと石鹸カスが出るようなこともあり、上手に洗い上げるためにはちょっとしたコツや慣れが必要なのね。
 
外に出る仕事が続いていた当時は、洗濯機に気を配りつつ他の家事を出勤前にこなすという心の余裕がなくて挫折してしまったの。
 
 
そんなわけで、それ以来ドラッグストアによくある洗濯洗剤を使っていました。
 
でもねえ、梅雨時になるとタオルやTシャツから生乾きのニオイが出るんだよね。
 
石鹸洗濯していた頃は絶対になかったのに。
 
この生乾きのニオイというのは、洗濯物の雑菌が落ちきれてていないのが理由。
 
お湯で煮れば簡単に解消するから別にいいのだけどね。
 
とはいってもバスタオルやジーンズのような厚手のものは大きな鍋にお湯を沸かさねばならず、そのたびにムダな作業だと感じていました。
 
 
 
かといって石鹸洗濯にもどるのもちょっと億劫なので、ちょうど洗濯槽が綺麗になったところでアルカリ洗濯でもしてみるか…と。
 
洗濯槽の掃除にも使っている過炭酸ナトリウムなら水に溶けやすい上に長時間のつけ込みもナシということでラクチンそうだからね。
 
 
石鹸百科さんの説明ユーザーさんたちのつかいこなしっぷりをよく読んだらいつものように洗濯機に衣類をサッと放り込みスプーン一杯の粉末をサッと振りかけスイッチをピッ。
 
 
今日で3日目になりますが、こんなじめじめの毎日なのにタオルが全く臭ってこないよ。
 
それどころか、『そろそろ煮なくちゃ』と思っていたタオルやTシャツのニオイが消えているかも。
 
上の子飲食店のバイトで使うエプロンや厚手のズボンも部屋干しすると強烈に臭ってくるんだけど、連日の雨にもかかわらず全然ニオイなし。
 
 
 
いやあこれはやめられませんなあ。
 
煮洗いのガス代がかからないし、濯ぎが1回で済むから水道代が減るので金額的にも文句なし。
 
アルカリ洗濯だけでずっと行けるかどうかは様子を見る必要がありそうだけど、しばらくはこのまま続けてみまーす。
 

 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

『#ノープラ生活』どこまでできる?

先日『クローズアップ現代+』で取り上げられていたプラスチックゴミの問題。
 
番組をきちんと見られなかったのでwebサイトで改めて見てみました。
 
日本は個人1人当たりが出すプラスチックゴミの排出量・輸出量ともに世界でワースト2位ですってよ、奥さん!!
 
確かに、自分のまわりをちょっと見直しただけでも何から何までプラスチックだものね。
 
 
 
 
番組スタッフがプラスチックが含まれているものを一切使わない『ノープラ生活』にチャレンジした様子が衝撃的でした。
 
消耗品に限らず、各種家電、眼鏡、パソコン、スマホ、カメラなど身の回りの必需品でプラスチックの使われていない物はほとんどありません。
 
クレジットカードやATMのキャッシュカードもないと困るよねえ。
 
これらを排除すると、普通は生活が全く成り立たなくなりますね。
 
なかなか自分で試せることではないので番組の企画としてはとても面白いと感じました。
 
私たちの暮らしがどれほどプラスチックに頼っているかがよくわかります。
 
 
食料品などは計り売りの物を買ったり、昔ながらの経木・新聞紙などに包んで持ち帰るなどすればプラスチック包装を減らせそうな気がしますが、洗剤・シャンプーなどの容器やトイレットペーパーのビニール包装は難しいなあ。
 
食料品だって日常の買物を近所の商店でする分には可能でも、遠くのスーパーまでボウルを持って行って豆腐を買うのは現実的じゃないしね…。
 
 
 
まずできることから…と考えると、使い捨てのプラカップや弁当容器が出ないような消費行動でしょうか。
 
マイボトルを活用してペットボトルは使わないようにと思っても、魅力的な飲料がコンビニに並んでいると買いたくなっちゃうなあ。
 
あとは小さくパックされた物をちょこちょこ買うのではなくビッグパックで購入し、使い回せる容器に小分けして保管するとか?。うーん微々たるものですね。
 
私は食品の小分けにジプロックの袋を愛用していて心苦しいのだけれど、一応洗いながら何度も再利用しています。
 
新品をおろすのは漬け物や味付け玉子を作る時など、食材を直接入れてそのまま食べるような場合。
 
2回目は余ったおかずが入った皿にかけて冷蔵庫へ..という時。
 
次は、ラップで包んだ肉を冷凍庫に入れるときとかかしらね。
 
少し使い込んでくると野菜の保存でしょうかね。野菜は使う前に洗うからね。
 
かなりくたびれてくると、ちょっと土がついているような野菜の保管に使います。
 
その頃にはチャック部分が破れて来たりするので、最後の最後は水分の多いゴミ等を入れて捨てます。
 
もちろん、こういうプラスチックバッグなんて使わないのが良いのは分かってるんだけどね。
 
 
 
梱包材は昔に比べてエコ素材が使われるようになったのではないかしらね。
 
発泡スチロールではなく、段ボールの形を上手に工夫してあったり紙や空気で膨らませるタイプの緩衝材が使われていることが増えました。
 
マクドナルドなんかも昔は発泡スチロールの大きな容器に入っていて、食べた後のゴミの多さにウンザリしたものですが、今は防水性の高い紙や紙コップが使われているので純粋なプラスチックゴミは大分減りましたね。
 
ドリンクの蓋とストロー、コーヒーミルクとガムシロップの容器くらいですが、これは店頭で断ることが可能だわね。
 
 
 
 
最近ウンザリするのは弁当容器。
 
現場作業でコンビニ弁当を食べたり、スーパーのお惣菜を買ってくることが割と多いのよ我家では。
 
食べた後のゴミの多さがねえ、なんとかならないかなあ。
 
家で料理すればいいのは重々承知しているので、そこへのツッコミはなし。
 
デポジット制で繰り返し使える容器にして、返却したらお金が返ってくるようなシステムにするのはムリ過ぎ?
 
昔はジュースもビールもそうやって買っていたし、だいたい出前ってそういうシステムだよね。デポジットではないけれどそういう手間賃が値段に含まれているというか。
 
大手企業が本気になれば出来そうな気もするのだけどね。
 
同じコンビニチェーンならどこでも返せるとかにして。
 
出来ることならセブンアンドアイグループ内やイオングループ内ぐらいまで広まっていると便利だなあ。
 
 
環境のことに配慮した生活ってやはり手間がかかるのよ。
 
一旦手に入れたこの便利さを手放すのはなかなか難しい。
 
貧乏暇なし面倒くさがりの私にはなかなかハードルが高くて、脱プラスチック生活にはほど遠いです。
 
 
せめて自分のできることから少しずつやっていきます。
 
ちょっと余裕があるなら『こんな仕組みはいらないよ〜』と社会に向かって声を上げることで、企業にも工夫をしてもらえればなお良しですね。
 
 

 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ