医療費控除覚え書き【確定申告】

ここのところ確定申告に向けてあれやこれやと準備中。
 
寒い日は銀行や郵便局などの外回りは億劫なので、家の中で出来る事務作業ばかりやっています。
 
 
医療費控除用の明細書をExcelで自作し入力が終わった〜!とホッとしていたら、なんと国税庁のページからExcelのフォーマットをダウンロードできるようになっていました。なーんだ。
 
平成30年分確定申告特集から入り

国税庁 確定申告書等作成コーナーのページ右上『医療費集計フォーム』『配当集計フォーム』ボタンをクリックするとダウンロードページが開く。
 
 
【今回、医療費控除について調べる中で新しく知ったこと】
 ・ 個人的に加入している医療保険から入院や手術で保険金が出る場合。金額が確定していない場合は見込額で提出し後日決定したら修正申告する。(タックスアンサーNo.1120より)
  
 ・ 医療費控除については、『(支払った医療費)ー(保険等による補填)ー(10万円)』なので支払った医療費が10万円を超えていなければ対象外だと思っていましたが、総所得金額が200万円以下の場合は10万円でなくて総所得金額の5%を超えた分が控除対象。(タックスアンサーNo.1120より)

「総所得金額等」とは、純損失、雑損失、その他各種損失の繰越控除後の総所得金額、特別控除前の分離課税の長(短)期譲渡所得の金額、株式等に係る譲渡所得等の金額、上場株式等に係る配当所得の金額、先物取引に係る雑所得等の金額、山林所得金額及び退職所得金額の合計額をいいます。タックスアンサーNo.1150より

 
 
個人事業主の場合、病気やケガで医療費が掛かる時は仕事ができなくて収入激減の可能性大。
 
仮に所得が100万円だったら100万円の5%すなわち5万円を超えた分(保険等の補填がない場合)が控除の対象になるというわけで、課税対象額が5万円違うだけでもありがたい!。
 
 
公的な制度や税金の情報というのは自分でアンテナを張っていないとなかなか入ってこないもの。日頃から情報を仕入れておかなくてはね。
 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 


今年は医療費控除あり【確定申告】

確定申告の季節が近づいてきました。
 
帳簿の記入はだいたい終わっているのですが、2018年に購入したけれど支払が年明けになっているものなどを改めてチェック。
 
特にネットショップでクレジットカード払いにしたものは、レシートがないので利用明細書と帳簿をよーく照らし合わせないと記入漏れが多くてね。
 
あとは減価償却の計算や社会保険料・源泉徴収票をまとめます。
 
 
今年はじめてなのが医療費の計算。
 
我家は医療機関とほとんど縁がないので医療費控除を使ったことなどないのですが2018年は家族が定期的に通院したり、短期とはいえ入院をしたので結構な額の医療費が発生。
 
ざっと計算してみたら年間の支払が10万円を超えているので『医療費控除』が使えそう。
 
そのためには医療機関や薬局の名称と支払った額を一覧にして添付する必要あり。
 

医療費控除の明細書の書き方など(国税庁のサイト)

 
市役所から送られてくる『医療費のおしらせ』を添付しても良いのですが、利用してから送られてくるまでのタイムラグが大きく、まだ1〜6月分しか届いていないのです。後半の分は多分確定申告に間に合いそうもありません。
 
病院と処方薬の明細・領収書は1冊のノートに貼付けて残してあるので、このノートをひっくり返しながらExcelでちくちくと作成中です。
 
毎年毎年高額の国民健康保険税を納めるばかりで不満を感じていた我家ですが、昨年は随分とお世話になりました。
 
 
 
『健康保険の払い損だわ〜!』と言いながらも家族皆が健康でいられることの方が幸せなんですけどね。

 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 


節約疲れとお買い物熱

このところお買物したい熱が再燃。
 
時々発作のようにいろいろな物が気になってネットショップを徘徊してしまうのですが、たいていの場合は節約疲れなんですよね。
 
家業は支払ばっかりで売上の回収が追いつかず、その上家計の方では年末年始の大出費。
 
ここ数ヶ月はとにかくガマンガマンの毎日で、スーパーでも目についたお買い得品を手当たり次第カゴに突っ込み、買った後から献立の辻褄を合わせている感じです。
 
値段のことだけ考えてする買物ってちっとも楽しくないの。疲れちゃうんだよね。
 
割安だけど味の落ちるプライベートブランド商品と納得品質のナショナルブランド商品。お肉や野菜だって国内産と外国産では大違い。
 
グラム単価を計算しつつ『どっちにする?安い方でガマン?それともたまには美味しい方選んじゃう?』と心の中で葛藤しながらの買物は作業以外の何ものでもない。とにかく義務感で遂行する感じ。
 
そういう日々が一定期間続くとなぜかネットショップを徘徊するようになるんです。田舎住まいなのでウインドウショッピングではなくネットサーフィン。
 
さらには必需品にさえ手が回っていないのに、こういう時に限って必要に迫られていない贅沢品がなぜか欲しくなるの。
 
時計や万年筆、高級食器や老舗ブランドの調理道具とかね。
 
まるでテスト前になると突然部屋を片付けたくなる中学生のよう。
 
 
 
高額品の買い替え需要もあれこれ重なっていて、かなり差し迫っているのが台所のガスコンロとカーテン。
 
レースのカーテンは経年劣化で崩壊するって知っていますか?
 
私がこれに気が付いたのは数年前。東と南に面したレースのカーテンを洗濯機で洗濯したらぽろぽろと粉状になってしまったのです。
 
残りのものについては用心して洗濯をせずにいるのですがすっかりワカメ状態で汚れも酷くて…。
 
サイズが特殊なのできちんと計った上でないと買えないし値段もそれなり。なかなか腰が上がらずにいましたが、もうガマンの限界!!!!!。
 
それにしてもカーテンてどこで買うのが良いの?やっぱり『お値段以上ニトリ♪』が手軽なのかな…。面倒だ〜。
 
それtもこういうお店に頼んでみる?
 
全200種類以上!柄が選べるオーダーカーテン cucan

 
ガスコンロについては安全のこともあるのであまり放置もしておくわけにもいかず、購入予定の機種は選定済み。
 
ラフな扱いにも耐えるステンレストップで重い鍋を複数同時に使える全面五徳仕様となるとこれ一択。最近主流の商品に比べるとかなり値段が高めだけれど、我家の使い方を考えるとこれ以外の選択肢は無し。


ネットショップでも工事まで含めた注文ができるようなので、近所のガス屋さんに頼むかネットで済ませるか悩みどころ。まずは見積頼まなくちゃ。これも面倒だな〜。
 
 
 
お買い物は楽しいはずなのに、値段と品質の兼ね合いやら自分の使い方にピタッとくるものを選ぼうとすると、商品選びの段階で疲れ果ててしまうわ。
 
予算がたっぷりあって『どれでも好きなの買っていいよ〜♪』だったらどんなに楽なことか。トホホ。
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 


今年の投資信託は地道に積立で。

2017年の秋からはじめた投資信託。
 
2018年の株価乱高下ですっかり出端をくじかれました。
 
2017年のうちに直販購入した『ひふみ投信』は暴落前の含み益を失う程度で済んでいますが、NISA口座が使用可能になるまで待たされ年明けに購入した ↓ こちらの4種類は20%超の含み損という惨憺たる有様。
・レオスーひふみプラス
・ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
・楽天-楽天・全米株式インデックス・ファンド
・三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
 
 
 
ガッカリな1年だったので、今年は地道な積立投信に方針変更です。
 
秋のうちに一般NISA口座を積立NISAに変更。
 
年初から『三菱UFJ国際-eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)』を毎日500円ずつ自動購入しています。NISA枠を全部使おうと思ったら毎日1,000円まで購入可能ですが、とりあえず様子を見てから。
 
株価どん底で始まった2019年ですので今のところは順調順調♪。
 
こちらで少しでもプラスを出して昨年のマイナスをなんとかリカバーしたいものです。
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

個人事業主の家計管理【追加】

ちょっと思い出したことがあったので、しつこく自営業(というか個人事業主)のお金事情について追加投稿です。
 
ひとくちに自営業と言ってもきちんとした会社組織となっていて、経営者にも一定の給料を払えるケースもあれば、請負で仕事をする一人親方や我家のように家族だけで細々と経営している事業者もあります。
 
 
家計相談のサイトで、若い奥様からの相談を読んだことがあります。
 
内容から想像するに請負の一人親方だと思うのですが、月によって収入が違うし、入金のタイミングも月によってバラバラ。自前で仕事で使う道具を買った時は支出が大きくなってしまい、どのように家計をやりくりしたらよいのかわからない…という相談でした。
 
回答はあまり的を得てなかったなあ。多分給与所得者しか想定できていないのね。
 
このようなケースは自営業者と考えて帳簿を付け確定申告する方が良いのではないかと私は感じました。
 
請負だと自前で道具を用意したり、そのメンテナンスや消耗品の費用が結構バカにならない。現場まで自分の車で行ったりすることも多いからガソリン代などの交通費も経費として計上したいところです。
 
ましてや会社は支払時の源泉徴収するのみで、年末調整をしてくれない場合はなおさら確定申告したほうがお得。
 
この相談の文面からだけでは給与が源泉徴収されているのかや、社会保険のこと、年末調整は会社でやってくれているのかなどの詳細がわからないけれど、経費は経費、所得は所得としてはっきりさせた方が家計を預かる方の精神衛生上も良いと思うのよね。
 
 
2018年の会計年度が終わり、もうすぐ確定申告の時期がやってきます。
 
12月分の買掛やクレジットカード利用分を記帳したら事業と家計の全体像が明らかになります。
 
サラリーマンと違って所得税は年度末にまとめ払い。今年度分がいくらになるのかドキドキだわ。
 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ