正月の実家を訪ねて思うこと。

毎年正月は、家族全員で両方の実家に1日づつ行くのが恒例になっています。
 
どちらもそう遠くないので車で日帰り。
 
 
 
自分の実家はね、母親の愚痴を聞いてあげに行くようなものです。
 
父も高齢ですから頑固だったりトンチンカンなことが多かったりで、母にとってはストレスの種。
 
ささいなことまでいちいちひっかかるようで口を開けば文句ばかり。
 
聞いている方がウンザリしてくるほどで、オット(私の)や子供(母にとっては孫)たちは同意するでもなく反論するだでもなく『また始まったわ…』という顔で適当にスルーしつつ相手をしていますが、私はついつい口を挟みたくなってしまいます。
 
母の愚痴には、今は亡き姑や父の兄弟への恨みつらみが入り交じっているので解決策なんてあるはずないし、本人は正しいことを主張していると思っているので、口を挟んだところで逆に火に油を注ぐことになりかねないんだけどね。
 
 
父は齢90を越え最早他人に合わせて自分の行動を変えられるはずもなく、むしろ大病もせずに自立して生活できているだけでもありがたいこと。
 
母にしても人生の軸になっている考え方のクセを変えることはできないし、むしろ今更アイデンティティーをぶっ壊すようなことを要求してはいけない年齢。
 
多少のことは我慢して『うんうん、そうだね』と耳を傾けてあげるしかないよなあ…と諦めています。
 
 
 
 
 
そんな自分の実家より、むしろ夫の両親に会うのが私は楽しみ。
 
夫の妹一家も同じ日に集まるのですが、子供たちがちょうど同じ年頃ということもあり毎年楽しく過ごしてきます。
 
穏やかな義母、美味しいものが好きで話し上手な義父。
 
 
 
もちろん他人ですから多少の気兼ねや気遣いは必要ですけど、『長男の嫁』的な苦労は感じたことがありません。
 
義母からしたら嫁の私にいろいろ言いたいことはあるのかもしれませんが、多くの昭和の女と同様嫁姑の苦労はかなりのものだったそうですから、自分はそういう姑にならないよう心がけているのだと思います。
 
義父や親族なんかへのちょっとした愚痴も、みんなで笑い話にできるような毒のないものばかり。
 
 
 
わが夫がこのような両親に育てられたのは、ありがたいことだと感謝しています。
 
 
 
どちらの両親もこの先何年一緒に生きていけるかわかりませんが、大きな災害やトラブルに見舞われず心穏やかに人生を閉じられるといいなあと願った今年のお正月でした。
 
 
 
 
 
↓ ポチッとしていただけると更新の励みになります。
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

 

年始の手土産、どんなものを選んでる?

年始に実家や親戚に渡す手土産というかお年賀というか..。皆さんどのようなものを用意するのでしょう。
 
 
我家で用意するのは、夫の実家・私の実家・義妹家族・私の叔母の4軒分。
 
 
近所の米菓屋さんで、かき餅とあられの詰め合わせを毎年調達しています。
 
米どころというのもあって、オーソドックスな堅焼き煎餅、あられミックス、かき餅と、どれをとっても美味しくてね。結構評判が良いの。
 
値段も手頃だし、熨斗に名入れもしてくれるので助かってます。
 
 
 
 
義妹からは自宅近くの洋菓子屋さんのチーズケーキを毎年頂きます。
 
我家の面々が皆チーズケーキ大好きなのを知っていて必ずこれを用意してくれるの。嬉しいねえ。
 
 
お互い『毎年同じ物で…』と言いながらの交換会です(笑)
 
 
 
叔母からは、これまた毎年AGFのインスタントコーヒー詰め合わせ。
 
『インスタントコーヒーはみんな飲むでしょ?』と昭和の主婦らしい無難だけど間違いのないチョイスだよね。
 
実は私、牛乳とインスタントコーヒーで作るカフェオレが毎朝欠かせないので、この詰め合わせには大変助かっているんです。
 
 
 
贈り物って受取る人の好みと自分の予算の兼ね合いもあり、選ぶのが意外と難しい。
 
私はこだわらないけれど、高齢の方は包みの大きさを重要視する人もいるからね。
 
 
 
 
老舗の有名店やデパートで買うことや値段にすごくこだわる人っているけれど、受取る人の気持ちそっちのけで自分のセンス自慢みたいになっちゃうのは本末転倒。
 
 
貰った人が『あら、嬉しい♪』と思ってくれるかどうかを想像しながら選ぶ、っていうのを忘れないようにしたいと思っています。
 
 
 
 
↓ ポチッとしていただけると更新の励みになります。
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

 

持ちよりの集まりで気を付けることって?

朝日デジタルでこんな記事を読みました。
 
 
持ち寄り名人・相手をわずらわせず!~『料理が苦痛だ』著者が教える持ち寄りパーティーの極意
 
手土産名人・ホストをわずらわせず!~『料理が苦痛だ』著者が教える、手土産上手になるヒント
 
 
こんな本を書いた方だそうです。発売されたばかりね、気になる〜。
 

おもてなしが疲れる: いつもの料理で人を招く

新品価格
¥1,595から
(2019/12/20 10:22時点)


 
 
最近でこそ減りましたが、『集まって飲む・食う』が多い我家。この記事にはウンウンとうなずくことばかりです。
 
 
 
 
ホスト側からすると、たいした用意をしないつもりでも普段通りに行かないことばかりで既にてんてこ舞いなんです。
 
満杯の冷蔵庫、普段使わない食器まで総動員、洗い物のカゴは山盛り。
 
来訪者がかけさせる手間は、ひとつひとつは小さくても積み重なるとかなりの負担。
 
まず準備でぐったり、食べ始まってからも皿・カトラリー・卓上調味料のお世話などなど。
 
終わったら大量の洗い物にゴミの始末。
 
 
 
できるだけ来客にも動いてもらっちゃう派ではあります。
 
親しい面々はわが台所のどこに何があるかを把握していてチャッチャと動いてくれるので。
 
さりげなく動いてくれていて、私の気づかないうちに洗い物がすっかり終わってたりということもしばしば。
 
 
 
そんなやり方でも会場提供側は結構疲れます。ですから自分が訪問する立場になった時には何を持って行くか結構悩みます。
 
 
何度となく招く側を経験するうちに、持ちより会や手土産に関して出来上がった自分なりの基準はこんな感じ。
 
 
 
1.常温で置いておけるもの
2.訪問先の台所道具や食器を借りないで済むもの
3.終了後のゴミの始末の負担をかけないもの
 
 
これらをクリアできるものって何かなあ…と毎度毎度考えているうちに次第に固まってきたのがこんなメニュー。
 
【ご飯系】
小さなおにぎり・ひとくちサンドイッチ。
 
【副菜系】
唐揚げ・肉団子
 
【サラダ系】
ポテトサラダ・ピクルス
 
【甘いもの】
ワッフル・パウンドケーキ・スイートポテトなどの焼き菓子やシュークリーム。冷蔵の必要がないフィリングを使ったタルト。
 
 
ポテトサラダなんかはお弁当用の小さなカップなんかに予め小分けすると現場で食べやすいね。
 
お重に入れて行けば訪問先で蓋を開けるだけでOK。大皿を借りる必要もありません。
 
簡単につまめるメニューなら紙ナプキンとピックで済むので、取り分け用の皿をたくさん使わず洗い物も増えないしね。
 
シチューやカレーを保温鍋ごと持参しても良いけれど、普通の家庭では丼状の食器をたくさん持ってないし、かといって使い捨ての深皿を持って行ってもゴミを増やしちゃうから悩むところ。
 
 
 
お重って、持ち運び・保存・食器と何役も果たしてくれる有能な道具。訪問先で風呂敷解いて蓋を開けるだけ、終了後はささっと蓋して持って帰ってしまえばいいでしょ。
 
タッパーに比べて見た目が華やぐのもちょっといいなあと思っています。
 
場合によっては雑に扱っても心配のないパイレックスのふた付保存容器もいいよね。
 

イワキ 保存容器 パック&レンジ 浅型 L (大) 1.2L ホワイト KN3248-W

新品価格
¥1,320から
(2019/12/20 10:24時点)


 
 
訪問先で道具や食器を使わず、洗い物もゴミも出さずに済ませるか。
 
 
持ちよりの集まりを気持ち良く長続きさせるのに大切なのは、自分の料理の腕や珍しいお店をチョイスしたセンスを披露することではなく、会場提供者の負担をできるだけ少なくする心遣いよね…と思っています。
 
 
 
 
 
↓ ポチッとしていただけると更新の励みになります。
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

 

卒婚、私の場合。

昨日のNHK『あさイチ』は『卒婚』がテーマでした。
 
『卒婚』ってなんじゃ?離婚のことを遠回しに言ってるだけ?なんて思っていたら違ったようです。
 
相手のことを嫌いになったわけではないけれど少し距離を置いて生活することらしい。
 
単位をきちんと取得して学校を卒業するように、今までちゃんと家庭を切り盛りし子供を育て上げて次のステージに移る感じ?。
 
夫も妻もお互いに干渉せず自分中心に生きるってことなのかな。
 
 
 
同じ家に住みながら食事も洗濯も別々の単なる同居人というケースもあれば、別居して時々会う…というケースもあるそうです。
 
 
 
 
そういえば高校の同級生にもいるのよ。
 
同窓会で久々に会ったら、離婚はしていないけど自分名義のアパート借りて一人暮らし謳歌中だそう。
 
 
 
理由を聞いたら、家族は誰に遠慮することなく自分都合で動き回れるのに、自分はいつも家族の予定に合わせて生活してるなんて不公平じゃんって。
 
自分の趣味や仕事で出かけるのにも、ご飯や洗濯のあれこれを段取りして忙しい思いをしながら出かけるって、なんだかなあ…というのは私もいつも思っていることなのでそこのところは激しく共感。
 
その友人は性格もサッパリハッキリしているし昔から男勝りなタイプ。
 
結婚したと聞いて驚いたくらいの子だからね、自分だけ家族の犠牲になっているような状態にはなおさら我慢ならなかったのだろうと想像しています。
 
 
とはいえすごーくキライになったわけでもないし、子供たちの就職・結婚を考えると離婚までする気にはならないのだそう。
 
これぞまさに『卒婚』だわ。
 
 
 
 
特別な職業についていて高収入の彼女。誰にも煩わされることなく生活も趣味も思いっきり楽しんでる様子。
 
そんな自由な姿はちょっぴり羨ましくもありますが、私には今のところピンとこないのが正直なところ。
 
最近は自分が出かける時も残る家族に全ておまかせできるようになったし、子供も大きくなり結構それなりにやれているようなので、その辺りのストレスはかなり減りました。
 
オットとはお互い多少嫌なことはあっても適当にスルーしつつやれているし、やっぱり1人って寂しいかなあと思っちゃうんだよね。
 
あーだこーだと文句言いながらも一緒の方が楽しいと、今のところは思っていますよ。
 
 
 
 
↓ ポチッとしていただけると更新の励みになります。
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

 

ディズニーランドのあるきかた?

ディズニーシーに行ってきた下の子。
 
さぞかし楽しかっただろうと思ったら、そうでもなかったらしい。
 
 
友だち関係がキツイとかっていうわけではないようなのですが、『ディズニー詣で』にお決まりの『掟』のようなものが気に食わないらしい。
 
 
パークについたら、お揃いのカチューシャ買って〜、フォトスポットで写真撮って〜、なんとかいうアトラクションに乗って〜、200分待ちとかでも並んで〜….。
 
 
っていうのがね、最初から決められたことを『こなし』に行っているみたいで嫌なんだって。
 
 
 
ジェラトーニのカチューシャじゃなくて他のキャラのかぶりものが欲しかったけど、仕方なく皆でお揃いの買った。
 
 
とか
 
 
○○っていうアトラクション、絶叫系の乗り物嫌いなの自分だけで、仕方なく乗った。
 
200分も並ぶんなら、別に新しくて話題のアトラクションじゃなくていいからさ、待ち時間少ない方がいいんだよね、私は。
 
 
とか
 
 
インスタに載せるためにフォトスポットで順番待ちしてまで写真撮るって意味わかんねー。
 
とかとかとか。
 
 
 
 
今回のメンバーだけでなく、中学生のときの仲良しグループで行った時も同じようなこと嘆いてたなあ。
 
 
中高生女子グループだけのカルチャーなのかと思ったら、大人もカップルも、とにかくみんな同じだというのよ。
 
彼氏ができて(今は全く男っ気ナシ)ディズニーランド行こうってなったとき、そんなんだったらどうしよう〜、って心配までしてて、ちょっと笑っちゃった。
 
 
インスタ映え、もしくはお土産話で自慢できるようなコースを追体験しに行くだけ…みたいな感じなのかな?
 
 
 
 
『もう、家族で行きたい!! ほのぼの系の待ち時間が少ないアトラクションだけ楽しんで、あとはゆっくりショップ巡りとかしたい。写真だって、記念写真じゃなく好きな風景を切り取って歩きたいんだよ私はっ』と叫んでました。
 
 
その気持ち、とっっっってもよくわかるよ。
 
というか、我家の面々は皆そういう感覚だからなあ…予定調和な遊び方ってなんかつまらないと思ってしまうんだな。
 
 
 
 
よしよし、今度は家族で行こうぜい!!
 
 
 
 
↓ ポチッとしていただけると更新の励みになります。
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ