やはり私はこういうピアニストが好きなんだな。【ティル・フェルナー】

昨夜BGMに流していたNHK-FMの『ベストオブクラシック』。
 
昨年のシューベルティアーデ音楽祭からピアノの演奏会の模様が流れていました。
 
『シューベルティアーデ音楽祭』というのを初めて知りました。
 
こちらの旅行会社のPRページによると、なんだかとても魅力的な音楽祭のようです。
 
一度で良いからこういうヨーロッパの音楽祭に行ってみたいなあ〜。
 
まあ宝くじでも当たらなけれ無理でしょうから、妄想はさておき。
 
 
FMから流れるピアノの音に「おおおお!」っと思ったのでメモ。
 
これまた寡聞にして初めて知った『ティル・フェルナー』という47歳のピアニスト。ラジオ等で耳にしていたことはあったのかもしれませんが、ちっとも記憶にありません。
 
昨夜流れていたプログラムはシューベルトとシューマン。
 
 
【以下NHKのサイトより引用)】
****************************************************
▽オーストリアの音楽祭(3)シューベルティアーデ音楽祭2
田中奈緒子

「ピアノ・ソナタ イ短調 作品143」 シューベルト作曲
(20分36秒)
(ピアノ)ティル・フェルナー

「楽興の時 作品94」 シューベルト作曲
(29分14秒)
(ピアノ)ティル・フェルナー

「幻想曲 ハ長調 作品17」 シューマン作曲
(31分39秒)
(ピアノ)ティル・フェルナー

~オーストリア・シュヴァルツェンベルク
アンゲリカ・カウフマン・ザールで収録~
(2018年6月24日)
(オーストリア放送協会提供)

「「12のグラーツのワルツ 作品91」から
第1曲、第3曲、第10曲、第12曲」
シューベルト作曲
(5分41秒)
(ピアノ)ティル・フェルナー
<ERATO WPCS-6384>
****************************************************
 
なんというかしみじみとした端正で清潔感のある良い演奏でした。
 
私の愛するペライア先生とどこか通じる演奏家だと感じます。
 
CDがあまり出ていないようなのがちょと残念ですが、自分の中ではこれから大注目のピアニストだわ。
 
今ググっていたら、昨年の7月にほぼ同じプログラム東京公演があったのね。しかもリーズナブルなチケット料金。
 
現在47歳ということなので、これから聴ける機会はまだまだありそうね。
 
水戸芸術館に是非来ていただきたい!!
 
 

 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 

楽しみにしていた公演のチケット払い戻し。

公演中止になったマレイ・ペライアのリサイタル。
 
メルマガ・webサイトでの告知もありましたが、ハガキ連絡もいただきました。
 
チケットの払い戻しは2月16日から3月17日まで。
 
水戸芸術館のカウンターにわざわざ行くのも面倒なので、チケットと払戻金振り込み口座の情報を同封してチケットセンターへ郵送。
 
楽しみにしていたチケットよ、さようなら….。
 
名残惜しいので写真にとってみました。
 
背景に見えているのは昨年と今年のチラシです。
 

 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

再びの公演中止に涙しています。【水戸芸術館 マレイ・ペライア】

NO〜〜〜〜!!!!!!
 
また中止になっちゃった。
◆3月10日(日)マレイ・ペライア ピアノ・リサイタル 公演中止のお知らせ
ショックすぎる…。
 
公演まで1ヶ月を切っているのにプログラムが発表されないことに違和感を覚えてはいたのですが、再び中止になるとは予想していませんでした。
 
 
リサイタル決定をアナウンスして僅か2ヶ月で再びの公演中止発表。
 
どこが悪いのか情報は流れてきませんが、ドクターストップとのこと…。
 
マエストロ小澤のように全体的に健康が蝕まれているのか、かつての手の故障がまた再発しているのか….。
 
年齢的にはまだまだ。むしろ円熟の頂点と言っても過言ではないはず。
 
ここは無理せず、長期療養してでもきちんと元気になって戻ってきて欲しい。
 
 
 
あああああああ〜。それにしても悲しすぎる。
 

 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

今度こそペライアを水戸芸術館で!。

ふ〜。
 
なんやかんやと怒濤の1週間を過ごし、今日はとりあえずホッとひと息。
 
そんな中、3月に水戸芸術館でペライアのリサイタル開催が急遽決定という嬉しい知らせが!!!
 

静養に専念していたペライア氏より「来年3月は日本に行き、残念な思いをさせてしまった皆様の前で演奏したい」との意向が寄せられました。

 
水戸芸術館では、昨年中止になった公演の払い戻しをしたデータをもとに連絡のハガキを送ってくれたようです。
 
昨年の公演キャンセルは本当に本当にガッカリでしたから、急な知らせに嬉しいやら驚くやら。
 
今回の来日はサントリーホール(3/8)と水戸芸術館の(3/10)が予定されている模様。彩の国さいたま芸術劇場のwebサイトには情報が見当たらないので水戸と東京だけなのかしら。
 
もちろん手ぐすね引いてチケット争奪戦に参加。無事チケットを入手することができました。
 
昨年は中央ブロック上手というお気に入りの席をとれたのですが、今回はその位置が取れなかったのだけがちょっと残念。
 
プログラムは今のところ未定。どんな曲目が出てくるのか楽しみです。
 
 
そしてなんと、今回の公演情報をコメント欄で教えて下さった方がいたのです。
 
ブログで知り合った見ず知らずの方と、当日同じ空間でペライアのピアノを聴いているのかと思うとなんだか不思議な感じがします。
 
情報を寄せて下さったやっちゃんさん、本当にありがとうございました。
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ