片山杜秀『クラシックの核心』【読書メモ】

その博識ぶりとストレートな話っぷりが魅力的な片山杜秀さん。
  
NHKFMの『クラシックの迷宮』が私の聞きづらい時間に移動してしまってからというもの、そのお声に触れる機会がなくて寂しい想いをしております。
  
氏の面白さを著作で味わおうと今までに何冊か手をだしているのですが、あの複雑な発想を文字で追うのはやはり難解でどれもこれもギブアップ。
  
思想書ジャンルというせいもあるし、たとえ音楽をテーマにしたものでも結局は作曲された時代・社会背景が絡んでくるしね…。
  
大好きな片山節といえども聞くと読むとは大違いなのだわ。
  
  
そんな中でも、どっぷりと音楽論だけの1冊がこちら。
  


  
河出書房の『文藝別冊』という雑誌で西洋クラシック音楽史上の人物を取り上げた際に、片山氏が談話の形で語ったものを編集者が原稿に書き起こし掲載したものだそうです。
  
事前の打ち合わせなしで進められるインタビューということですから、即興的にぽんぽん飛び出す片山節を存分に味わえます。
  
それら9回分を加筆修正して纏めたものがこの本ということで、編集者の書き起こしもお上手なのかとても読みやすく面白いんです。
  
取り上げられている人物は
・ バッハ
・ モーツァルト
・ ショパン
・ ワーグナー
・ マーラー
・ フルトヴェングラー
・ カラヤン
・ カルロス・クライバー
・ グレン・グールド
  
という超メジャーなラインナップ
  
バッハやモーツァルト、ショパンなど音楽の教科書に登場するような作曲家に加え、既に他界し世間の見方がある程度定まった演奏家ばかりです。
  
現代音楽や日本の音楽家についての評論を主としている片山氏がここまでメジャーな人物について語るなんて滅多にないこと。
  
自分の中にすっかりイメージが出来上がっている人物について、『そういう捉え方もあるんだ!』と気づかされることがたくさんありました。
  
  
例えばバッハを『大衆を友にする作曲家』と称し、耳の肥えた王族・貴族よりむしろ街の教会のミサで大衆に聴かせるための音楽、なじみやすい旋律をフーガやカノンといった方法で合唱や合奏の形で提供しているのだというのです。
  
主旋律&伴奏、ではなく全ての旋律が主役になる広い意味での対位法、つまり主役のいない対等なもの同志の絡み合いの世界が『民主平等の平民的世界の理想像』に通じてくるのだと。
  
やはりこのような見方は思想家ならではでしょうか。
  
  
他にもマーラーとは『大スクリーンで観ないと真価の感じられない大スペクタクル映画みたいなもの』という書き方も思わず膝を打ってしまいました。
  
盛りだくさんの要素を精緻で複雑にしかも『これでもか!』というほどてんこ盛りにした音楽は貧弱な録音・再生装置ではその真価が味わえない。
  
音色の多様さやダイナミックレンジの広さを味わえるだけの『高解像度』機器の発達した時代だからこそマーラーの価値が認識され人気が高まったのだ、というのも『なるほど〜』。
  
確かに、私が初めて『マーラーってスゴイ!』と思ったのは、秋葉原のオーディオショップで試聴用CDの中からマーラーの5番をかけて貰った時。
 
それまでラジカセから流れるラジオ放送でしか聴いたことのなかった私にとって、お店の広い空間で大音量で聴いたあの冒頭のトランペットソロとそれに続くオケのtuttiがとてもとても衝撃的だったことを思い出しました。
  
  
その他にもなぜカラヤンがあんなに人気者だったのかやグールドが人前での演奏会から遠ざかり録音を残すことに執着した件など、多くの評論家もいろいろと書いてはいますが『そこまではっきり言い切るのはちょとね…』と思っているに違いないようなことを、ズバズバと言ってのけてしまうところがとても気持ちよいの。
  
なんというか、読む人におもねらず、他人からの評価など気にしないジコチュー音楽評論ぶりが私は大好き。
  
  
この本の中の『ショパン』は、以前たまたま購入した2014年発行の『文藝別冊「ショパン」』に掲載されたオリジナルを読んでいたことに昨夜気が付きました。
  
このときのこと、ブログにも書いていましたね。
『河村尚子ショパンプロジェクト』(2018.11.8)
  
2013年に始まった『クラシックの迷宮』を聴き始めてから「面白い人がいるな〜」と気になり始め、このインタビュー記事を読んでぐぐっとファンになってしまったのが2014年の末。
  
以来ずっと気になる評論家。
  
いつか水戸芸術館の館長になってくれたらなあ…と日々密かに念じています。
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 

 
 

NHK-FMの『きらクラ』公開収録に行ってきました。

毎週楽しみにしているNHK-FMの番組『きらクラ』の公開収録に行ってきました。
  
地元水戸芸術館での公開収録ということで『絶対に行くぞ!』と往復はがきで申込んだのが4月の中旬。
  
5月8日の申込締切りから2週間後くらいに当選のハガキが返送されてきました。
  
やった〜〜〜!!
  
その後の番組放送で『応募したけれどはずれました…』というお便りが読まれていたので、やはり当選はラッキーだったようです。どのくらいの競争率なのかしらね。
  

当日の会場受付でこのハガキを提示して観覧券と引き換えてもらう仕組みで、主催者側で座席指定してある旨書かれています。
  
どの席になるのかは運まかせですが、開場の2時間まえから引換が始まるので、もしかしたら先着順でA列1番から引き換えるのかな。
  
  
  

ハガキ1枚で2人入場できるとのことなので、下の子を誘って行ってきました。
  

当日は13時頃にチケットを引き換えてもらい、時間まで近所のデパートでお昼を食べたり店内をウロウロして開場入りしたのは15:30頃。
  

15:45分の開演時刻ちょうどには、NHK水戸の職員さんや番組スタッフが登場し収録時の注意事項を聞きます。
  
場を温めるようなトークもあり、ワクワク感が高まります。
  
番組ディレクター『コダマッチ』が予想以上に若くてちょっとビックリしたりね。
  
  
その後ふかわさんと真理さんが登場。
  
16:00ジャストにお馴染みのオープニングテーマが流れ出し、開場全体が番組の中へ入っていきます。
  

その後はまるまる1時間、完全に番組として進んでいきます。
  

構成の都合で中断などを挟むのかと想像していたので、ちょっと驚きました。
  

17:00に15分の休憩が入りましたが、収録再開もキッチリ時間通り。
  
コダマッチが秒単位で会場側にも指示を出します。

  
私の席から見える位置にスタッフ用のデジタル時計が置いてあり、キューが出た瞬間数字がピタッと変わったのを目にしました。

  
ゲストとのトーク中にも、ふかわさんと真理さんに合図を出したり、時間的な指示と思われるものを伝えていましたよ。
  
ゲストの演奏中は、真剣な面持ちで進行をチェックするふかわさん。なごやかな中にも、緊張感が伝わってきます。
  
またゲストの演奏でも通常の演奏会なら曲と曲の間にフーッと気が緩みますが、今回は演奏が終わっても番組は続いているわけで、出演者やコダマッチは緊張の糸を緩めることがないのです。
 
お客さんと会話のやりとりをする場面では、スタッフがマイクを持って客席を走っている間無音放送にならないよう、ふかわさんがトークで繋ぐ様子に『なるほどラジオならではだなあ』と感心したり。
 

いつもはラジオを通して聞いているお二人のトークが生で繰り広げられているのもすごく新鮮。
 
毎週、家や車の中で一緒にラジオを聞いている下の子も、『生きらクラDON』や『生BGM選手権』を結構楽しんでいました。

 
『真理さん、写真より実物の方が何倍もカワイイ!!』と感激したりね。

 

『生きらクラDON』では5つお題があり、私はなんとか3つクリア。
 
自信満々で思いっきり手を挙げた曲で、『そこの勢い良く手を挙げた眼鏡のかた』とこちらの方を指差されたので、『もしかして私??』と思ったら3つ隣の席の方でした。

 
うーん、残念。ご自愛ステッカーをゲットしたかったなあ。
 
 
 
終了するのも普段ラジオで聴いているのと同じく、テーマ音楽をバックにリスナーのラジオネームを読み続けるふかわさんと真理さん。
 
ステージ下のコダマッチが秒数を数えながら合図を出して時間通りに終了です。
 
出演者と客席が同じ緊張感を味わいながらの2時間。楽しかった〜!!
 
 
6/10(日)の放送と翌月曜の再放送が楽しみ♪
 
 

『きらクラ!』の公開収録がやってくる♪

私の日曜日のお楽しみ、NHK-FM『きらクラ!』
 
普段はふかわりょうさんとチェリストの遠藤真理さんの2人でスタジオ収録したものが放送されていますが、年に数回ほど全国各地で公開収録が行われています。
 
公開収録の回をラジオで聴いていると、様々なジャンルの演奏家がゲストで登場。
 
遠藤さんとの共演あり、ゲストを交えてのライブトークありでとっても楽しそうです。
 
 
でもねえ、こういう企画って微妙に東京に近い茨城にはなかなか来ないのよねえ。
 
 
 
なあんて思っていたら、なななんと!6月に水戸芸術館にやってくるそうです。
 
発行したての市報に載っているのを見つけて大喜びしたのは言うまでもありません。
 
やった〜〜!!。
 
水戸市のwebサイトに応募方法が掲載されています。

NHKのイベントインフォーメーションにも掲載されていました。
 
15日の放送でもアナウンスがありましたから水戸市外からも大勢応募があるんだろうなあ。

 
 
往復はがきで水戸市の文化交流課へ申し込むと入場整理券が貰えるとのこと。

 
もちろん早速申し込みハガキを書きましたが応募者多数の時は抽選だそうですから、700人という小規模ホールでは抽選に漏れてしまう可能性のほうが大きいかな…
 
よくよくお祈りしてポストに投函しなくちゃ。

 
 

NHKよお前もか。【クラシックの迷宮】

月曜日の午前中の楽しみはNHK-FMの『きらクラ!』『クラシックの迷宮』の再放送を聴くこと。
  
ところが!
  
今日も『クラシックの迷宮』の時間だわ〜とホクホクした気持ちでネットラジオにアクセスしてみてビックリ。別番組の再放送が始まるではありませんか。
  
春の番組改編で再放送枠がどこかへ変更になったのかとあわてて番組サイトを見てみたのですが『毎週日曜 午後9時』としか記載されていません。
  
独特の片山節はやはりNHK的にも異端なのかしら。いやNHKだからこそああいう番組にもちゃんと光を当てて欲しいのですけどね。
  
確かにあれだけクセのある選曲とトークは、世間的少数派のクラシック好きの中でも好き嫌いが分かれるのかもしれません。
  
  
でもねえ、そのアクの強さがこそ味わい深くていいのだよ。
 
なるほどと唸らされるようなかなり斜めからの視点やウルトラ少数派的な意見を提示される度に、自分の貧弱な固定観念ががらんがらんとひっくり返され、とても新鮮な感覚を味わえるのです。
 
どれほどの引き出しががあるのかと不思議になるほどのブラックホール的な知識の広さに加え、それを他人の視線など全く無視と言った風情で飄々と語る様子が本当に面白い。
  
歯に衣着せぬ語り口の往年の吉田秀和さんを彷彿とさせる希有な方ではないでしょうかね。
  
是非とも水戸芸の3代目館長(初代が吉田秀和さんで今は指揮者の小沢征爾さん)になっていただきたいと思っている程です。
  

過去の放送リストを見ていたら、3月末の『私の試聴室』はペライアの最新アルバム『月光』『ハンマークラヴィーア』と、これまたポリーニの新譜『ドビュッシー:前奏曲集第2巻、白と黒で』が取り上げられていたんですね。
  


ポリーニの新譜は買おうかどうしようか迷っている最中。どんな風に片山さんが紹介していたのか聴きたかったなあ。
  
再放送がないなんてショック。
 
  
  

またもや小澤さん降板(泣)<小澤征爾Xアルゲリッチ>

昨年に引き続き、『小澤征爾 X マルタ・アルゲリッチ』を含む5月の水戸室内管弦楽団定期公演。
 
3月初旬に大動脈弁狭窄症であると診断された小澤さんの降板が発表されました。

 
【水戸室内管弦楽団 第101回定期演奏会】(小澤征爾氏降板および曲目変更のお知らせ)
アルゲリッチの出演は続行ですが曲目がベートーベンの協奏曲第2番からショスタコーヴィチの協奏曲第1番へと変更。
 

行ってみたいけどチケット高すぎ〜!と思っていた料金も全ての席で一律10,000円のダウンが発表されています。

 

せっかくアルゲリッチを生で聴ける貴重な機会、しかもかなり手の届くところまで料金が下がり、かなり悩んだのですが今回は見送ることにします。
 
ショスタコービッチじゃなければなあ…。

 
アルゲリッチを聴きたい人にとってはこの上ないチャンスかしらね。水戸芸の小さなホールで手の届きそうなところでの演奏ですからね。
 
このホールだったら、たとえB席でもサントリーホールのようなビッグなホールのS席より良いのでは?と私は思っています。
 

今日は友の会先行発売でしたが、多分速攻売り切れだよね。
 
一般販売は4/1(日)9:30〜です。
 
 
 
先日中止が発表されたマレイ・ペライアの公演は、チケット料金を払い戻してもらいました。
 
窓口カウンターまでチケットを持って行って現金での払い戻しはいいとしても、郵送でチケットを送り返した人に指定の銀行口座へ振込というのは大変な手間です。
 
しかも私なんて、購入の時に郵送でのチケット引き取りを希望したために負担した送料80円まで、ちゃあんと一緒に振り込まれていましたよ。
 
水戸芸のスタッフさん、さぞかし大変だったでしょうね。
 
今回の小澤さんの降板はチケットが売り出される前に発表されたので、払い戻しとまではなりませんでしたが、公演というのは様々なリスクがありますねえ。