『青少年読書感想文全国コンクール』課題図書【2019年度】

今年の読書感想文コンクール課題図書が発表されていますね。
 
全国学校図書館協議会 第65回青少年読書感想文全国コンクール
 
全国学校図書館協議会のWEBサイトでは本のタイトルや著者等の文字情報しか掲載されていなくて、なんだか味気ないの。
 
絵本ナビへ飛ぶ広告用リンクですが、表紙の画像を貼っておきます。
 
 
【小学校低学年】へジャンプ
 
【小学校中学年】へジャンプ
 
【小学校高学年】へジャンプ
 
【中学校】へジャンプ
 
【高等学校】へジャンプ
 
 

 
 
【小学校低学年】


魔女ののろいアメ(PHP研究所)
著者:草野あきこ・作 ひがしちから・絵
本体価格:1,200円
ISBN978-4-569-78810-4
 
 

スタンリーとちいさな火星人(あすなろ書房)
著者:サイモン・ジェームズ・作 千葉茂樹・訳
本体価格:1,400円
ISBN978-4-7515-2840-2
 
 

心ってどこにあるのでしょう?(金の星社)
著者:こんのひとみ・作 いもとようこ・絵
本体価格:1,400円
ISBN978-4-323-02466-0
 
 

もぐらはすごい (アリス館)
著者:アヤ井アキコ・作 川田伸一郎・監修
本体価格:1,500円
ISBN978-4-7520-0837-8
 
 
 
 

 
 
【小学校中学年】


かみさまにあいたい(ポプラ社)
著者:当原珠樹・作 酒井以・絵
本体価格:1,200円
ISBN978-4-591-15849-4
 
 

子ぶたのトリュフ(さ・え・ら書房)
著者:ヘレン・ピータース・文 エリー・スノードン・絵 もりうちすみこ・訳
本体価格:1,400円
ISBN978-4-378-01524-8
 
 

そうだったのか!しゅんかん図鑑(小学館)
著者:伊知地国夫・写真
本体価格:1,300円
ISBN978-4-09-726777-5
 
 

季節のごちそうハチごはん(ほるぷ出版)
著者:横塚眞己人・写真と文
本体価格:1,500円
ISBN978-4-593-56337-1
 
 
 
 

 
 
【小学校高学年】


ぼくとニケ(講談社)
著者:片川優子・著
本体価格:1,400円
ISBN978-4-06-513512-9
 
 

かべのむこうになにがある?(BL出版)
著者:ブリッタ・テッケントラップ・作 風木一人・訳
本体価格:1,600円
ISBN978-4-7764-0816-1
 
 

マンザナの風にのせて(文研出版)
著者:ロイス・セパバーン・作 若林千鶴・訳 ひだかのり子・絵
本体価格:1,500円
ISBN978-4-580-82335-8
 
 

もうひとつの屋久島から:世界遺産の森が伝えたいこと(フレーベル館)
著者:武田剛・著
本体価格:1,500円
ISBN978-4-577-04625-8
 
 
 
 

 
 
【中学校】


星の旅人:伊能忠敬と伝説の怪魚(小峰書店)
著者:小前亮・著
本体価格:1,600円
ISBN978-4-338-08162-7
 
 

ある晴れた夏の朝(偕成社)
著者:小手鞠るい・著
本体価格:1,400円
ISBN978-4-03-643200-4
 
 

サイド・トラック:走るのニガテなぼくのランニング日記(評論社)
著者:ダイアナ・ハーモン・アシャー・作 武富博子・訳
本体価格:1,600円
ISBN978-4-566-02459-5
 
 
 
 

 
 
【高等学校】


この川のむこうに君がいる(理論社)
著者:濱野京子・作
本体価格:1,400円
ISBN978-4-652-20289-0
 
 

ザ・ヘイト・ユー・ギヴ:あなたがくれた憎しみ(岩崎書店)
著者:アンジー・トーマス・作 服部理佳・訳
本体価格:1,700円
ISBN978-4-265-86043-2
 
 

ヒマラヤに学校をつくる:カネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦(旬報社)
著者:吉岡大祐・著
本体価格:1,400円
ISBN978-4-8451-1554-9
 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

ワンピースが似合う5月

『ワンピースってさあ5月って感じするじゃーん!』だそうです。
 

 
下の子がセレクトするおすすめ本の展示。今月から再開してくれました。
 
この絵本に登場するワンピースが似合うタイプじゃないのに、この本は気になるんだね。
 
 
うさぎの女の子がカタカタとミシンを踏んで作るまっ白なワンピース。
 
お散歩するうちにまっ白なワンピースのはずが、お花や雨のしずく、草の実、虹色など様々な模様に変化します。
 
軽やかな絵とことば。リズミカルな展開でとっても晴れ晴れとした気持ちになる絵本。
 
久々に開いてみたら私まで明るい気持ちになってきました。
 

 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

母の日にもっとも売れる絵本


 
先日来日した作者のアリスン・マギーさんのトークショーの様子が【絵本ナビ】のwebサイトで紹介されています。
 
【母の日にもっとも売れる絵本】世界中の親が同じ気持ちに! 『ちいさなあなたへ』アリスン・マギーさん初来日トークショーレポート
 
この絵本、私も持っていますが本屋さんで手にとりパラパラと立ち読みしただけで思わず涙がこぼれそうになりました。
 
絵本の中の女の子の絵が当時小学生だった上の子に生き写しのように感じてしまってね。
 
お話全てが自分と我が子に重なり即座に購入しました。
 
小さな小さな赤ちゃんから大人へと成長し、自分と同じように母となりいつかは年老いて行く女の子を見つめる母親の思いがあふれていて、読むたびに胸がぎゅーっとなり涙が出て来てしまいます。
 
女の子を持つお母さんなら共感できる部分があるのではないかな。
 
母の日によく売れるというのも頷けます。
 
これは子どもに読んであげるというより自分のための絵本。
 
だからよみきかせに使ったことはありません。
 
 
子ども達が本棚から手にとったことがあるかどうかも定かではないけれど、いつか親となった時に何か響くものがあるかもしれませんね。
 
 
ちなみにこちらは男の子バージョン。

 
 



 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

2〜4月まとめ【今月の展示】

下の子が手持ちの本の中から毎月1冊選んで展示してくれていた『今月のおすすめ!』。
 
密かに楽しみにしていたのだけれど受験が近づきそんな心の余裕がなくなってきたのか、2月になっても同じ本がおきっぱなし。
 
 
見かねた私が担当者(仮)として選んでみました。
 
 
2月。キーンと寒い朝にほっこり笑わせてくれるバムとケロ。


 
 
3月も同じくバムケロシリーズからこちらを。


 
 
4月に入り、植物が生き生きと芽吹くのを見たらこの本のことを思い出しました。


 
 
 
さて、5月から復活してくれるのかしら?
 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

社会は変えられる【読書メモ】

政治家への忖度問題が話題になるようになってからというもの『官僚』に良いイメージはありません。
 
ものすごく優秀な人達なのに、一部の人の行動がこんなにも全体のイメージダウンを誘ってしまう良い例だわね。
 
一方、先日も記事に書いた村木厚子さんやこの本の著者のような方もいるわけで…。
 
 
経済産業省の現役の官僚が書いた、これからの日本のあり方に対する提言。
 
しかも単なる机上論や絵に描いた餅ではないの。
 
数々の自分の経験から、やろうとさえすれば実現できるのだという希望をもたせてくれるのです。
 
強烈な縦割り構造の中で、大蔵省をはじめとする他省庁管轄の法律まで替えさせてしまうような仕事ぶりはスゴイとしか言いようがありません。
 
こんなに赤裸々に国家行政の裏幕をオープンにしてしまって大丈夫なの?と心配になるほど。
 


 
国全体を俯瞰して問題点をあぶり出し明確なビジョンを示す。
 
その遂行のために省庁の垣根を超えて人を動かし新しい仕組みを作る。
 
しかもこの方入省して数年後から既にこのような仕事をいくつもしているのです。
 
解決すべき政策課題はどこにでも転がっていてそれを解決する鍵も現場にあると。
 
知識や常識にとらわれて『仕方ない』と諦めてしまうか、おかしいものはおかしい、と行動するかの違いだと言います。
 
 
大学を卒業し当時の通産省に入省したたのが私と同じ1989年ですから、年齢的にもまだ50代前半。
 
この本に書かれているのは、ご自分の過去の実績とこれからの社会保障制度についての提言が中心ですが、一番のメッセージははやり『社会は変えられる』ということだと思います。
 
官僚ともなると政治家からも国民からも風当たりが強いことでしょうが、後輩の官僚に『国の政策や法律さえも自分たちの力でかえられるのだ』と励まし続けていただきたいです。
 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ