秋にぴったりスープの絵本【今月の展示】

下の子がおススメしてくれる今月の展示。
 
10月は秋らしいスープの絵本が2冊。
 

 

 
右側の絵本は『大食いフィニギンのホネのスープ』。
 
お腹ペコペコで街にやってきた大食いのガイコツ『フィニギン』が主人公。
 
大きなお鍋に骨を一本放り込み、あとは上手に廻りを巻込んでおいしいスープを作ってしまうお話です。
 


 
フィニギンの作るスープが気に立った魔女やゾンビがとっておきの材料を手におそるおそるやってくるのですが、持ち寄る材料というのが『目玉の煮こみ』やら『コウモリのつばさ」。
 
設定の印象が強烈すぎてハロウインの日の話だったことはすっかり忘れていました。
 
子どもにとっては我家にある絵本の中でハロウインといえばこれなのだそう。
 
民話にこのようなおはなしがあり、それを元にした絵本が他にもあるようです。
 


 
みんなで小さな力を合わせれば….という若干説教臭いお話のようですが、ハロウインのお化けたちをネタにすればこんなに楽しい!
 
絵もポップだし、装丁も印刷がちょっと凝っているので子どもにウケるのも頷けます。
 
 
もう1冊は、仲良しのアヒル・ネコ・リスがおいしいスープを作る途中で喧嘩をしてしまうお話。
 

 
絵の色合いが本当にあたたかくて、カボチャのスープも美味しそう。
 
この本の表紙を見るたびに、『今夜はカボチャのスープにしよう〜♪』となってしまうほど。
 
動物たちのふかふかした毛並みや表情も丁寧に描き込まれているので本当に見飽きないの。
 
 
2冊とも、この時期の読みきかせにはぴったりだと思います。
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 

 
 

夏休みの絵本【今月の展示】

5月から続いている我家の『今月の展示』
 
夏休み中の下の子が選んだのはこの本でした。


 
おすすめコメントがないのが残念。
 
実は『この文章ちょっと(文法的に)おかしいよ』と何気なく私が言ったものだから、写真におさめる前に外されちゃったのです。
 
余計なことを言ってゴメンよ…。
 
 
 
この本は『どろんこハリー』と同じくジーン・ジオンとマーガレット・ブロイ・グレアムのコンビによる絵本。
 
お父さんの仕事の都合で夏休みにどこへも出かけられない少年が、バカンスで家を留守にするご近所さんの鉢植えを預かりお駄賃を稼ぐ話。
 
もともとお世話上手な彼のおかげで、植物は夏の間にどんどん育ち家の中はジャングルに。
 
あまりに茂った植物をなんとかしようと図書館で育て方の本を借り、道具を揃えて上手に剪定作業をしてあげたうえに切り落とした枝を挿し木までしてしまうのです。
 
長いバカンスから戻ってきた『お客さん』からはお駄賃をいただいた上に大変感謝されるという何とも素敵なお話。
 
夏休み前のよみきかせにぴったりな絵本で私も大好きです。
 
色数は少なく素朴なタッチの絵で構成されているのに、登場人物やたくさんの鉢植えが生き生きとしているんですよね。
 
主人公の家庭の中に登場する犬がちょっとハリーと似ていて、『どろんこハリー』と作者が同じだと気づいた子どもはご満悦でした。
 




 
 
 

ジュマンジ【6年生へのよみきかせ】

久しぶりに小学校でのよみきかせでした。
  

今年度は現役引退。
  
どうしても人が足りない時は協力しますね..ということにしていたのですが、新年度初日、高学年担当希望者がいないとのことだったので6年生を担当してきました。
  

『最高学年だし…』とか『多分これで最後だろうし…』と思うと本選びにもあれこれ迷ってしまいましたが、結局のところコレにしました。
  


  

独特の絵とちょっと不思議な世界観のオールズバーグ作品です。
  
全てのページがモノトーンの暗い絵で構成されており文字も多め。
  

朝からちょっと暗いかなあという心配もありましたが、この物語のドキドキ感を楽しんでくれそうなクラスなので思い切ってチャレンジしてみました。
  
  

2人でお留守番をしていた姉弟が森で拾ったすごろくゲームを始めるところから物語は始まります。
  
始めたとたんにゲームの世界に引っ張り込まれ次々と恐ろしいことが起きるのですが、ふたりのうちどちらかが『あがり』になるまでその世界から抜け出すことはできません。
  
自分の家の中にいるはずなのに、サイコロを振りコマを進めるたびにジャングル探検の場面に遭遇する2人。
  
とても静かな語り口なのにハラハラしたりぞーっとしたり、ジェットコースターに載っているようなストーリー展開です。

  
  
聞いている子たちもぐっと物語の世界に引込まれ、最後に姉が『あがり』の言葉『ジュマンジ!』を叫ぶ場面では、教室中がホッとした空気に包まれるのを感じましたよ。
  
  

絵本のお話としては少し長め。
  
聞く側が飽きないようにするには少し工夫が必要かも。
  
テンションを上げすぎず、でもスピード感やドキドキハラハラを表現するのに読むテンポをグッと上げたり、スーッと落としたり。
  
読み終わった頃にはコチラも汗びっしょりになってしまいました。
  
  
  
小学校では多分これが最後のよみきかせ。15分の持ち時間で読むには少し長かったかな。

  
教室に入って挨拶をして、軽く本の紹介をする時間をとるので、最後は予定時間を若干オーバーしてしまいました。

  
  
  

今年度最後のよみきかせ当番は4年生。

今年度最後の小学校でのよみきかせが終わりました。
  

かなり大人っぽくなってきた女の子とまだまだガキンチョの男の子。4年生も終盤となると、その差がぐっと広がるような気がします。

  
かなり精神年齢が離れているだろう男子と女子、どちらにも喜んでもらいたくてかなりテイストの違う2冊をえらびました。
  

  
『はくぶつかんのよる』は深いブルーを基調にした絵がとても素敵で、いつか読みたいと思っていた本です。

  
このクラスが秋の遠足で自然博物館に行ったことはリサーチ済みですが、あえて『遠足はどこへ行ったの?』という質問をしてみました。
  
博物館の思い出を口々に叫ぶ男子。
  
そのときのワクワクする気持ちを思い出してもらって導入はバッチリ。
  
ちょっと大人っぽい女子のほうが気に入ってくれるかな、という予想に反して、いつもは落ち着きの無い男子たちも吸い込まれるように聴いてくれました。

  
  
しまった!と思ったのは、文字が小さい上に判型が横長だったこと。
  

近眼のメガネでは手前の文字が読めないのですよ。かといってメガネを外してしまうと今度は遠い側のページの文字が見えない…。
  
前にもそんなことがあったのに、すっかり忘れていましたよ。

  

次の『ばけねこぞろぞろ』は絵が面白くて選びました。
  
妖怪系は男子が好きだからね。
  

でもね、私の読み方が悪かったのか、反応が今ひとつでした。
  

ストーリーの流れ、ことばのリズムがどうも自分の中に落ちてこなくて消化不良。
  
たくさん出てくる化け猫は面白いんだけどね。よみきかせよりは近くで見る方が楽しかったかも。
  
  

冬に読みたくなる絵本

昨日はクリスマスの本を並べたので、今日はクリスマス以外の冬の絵本です。
  









どれもこれも、子どもたちがよく読んでいた本で、こうしてみると懐かしいわあ。
  
あ、『雪の写真家ベントレー』はサイエンス系にも入れてもいいかも。
 
 
 
そのほか、冬の定番ものや読みきかせで使ってみたい絵本をリストアップ。 



 
 
子どもが大きくなってからは、すっかり絵本を買うことがなくなってしまいちょっと寂しい…。
 
ま、本棚もギュウギュウなことだし図書館で借りて楽しみます。