AmazonJS (WordPress Plugin)

『ほんとも!〜学校図書館おたすけサイト〜』というサイトがあります。小学校の図書館司書さんが運営されていて、私は読み聞かせ用の本をさがすときにとてもお世話になっています。

 

こちらのサイトでの本の紹介がとても見やすくて『ブログで本の紹介をする時は、マネしたいなあ〜』と思っていました。情報が丁寧で著者名はもちろん出版社とISBNコードも記載されているので、近所の図書館に蔵書があるのかどうか調べるのにとても便利。そして体裁もシンプルでとっても私好み。

 

クリックするとamazonに飛ぶようになっているし、ランキングや価格もamazon情報とリンクしているようなので、何かアフェリエイトプログラムのツールなのかと思いGoogle先生に聞いてみたりAmazonアソシエイトのページを何度読んでみても手がかりなし。結局一日費やして、ようやくこれがAmazonJSというWordPressのプラグインだということがわかりました。わかってしまえばなんとか力ずくてインストールして稼働させるのみ。と思ったらプラグインを使おうとするとAmazonのProduct Advertising APIのアクセスKeyとSecret Keyなるものが要求されるのです。何じゃこりゃと思ってまた調べてみること小一時間。どうもweb開発者さん達がAmazonの商品コンテンツや機能を利用するために必要なID(あくまで、うすらぼやっとした私なりの理解です)。そのへんのことはこのプラグインの開発者さんのサイトに詳しく解説されています。他にも導入した方々のサイトを渡り歩き、親切な説明に助けられてなんとかこの二つのKeyを取得しました。

 

そんなこんなで無事使えるようになったわけですが、これが読む人に見やすいだけでなく、書き手にとっても素晴らしく使いやすいんです〜!商品リンクのタグを生成するためにわざわざamazonに飛んでタグを生成してコピペする手間をすっ飛ばして、こうして記事を書きながら『メディアを追加』と同じようにポチッとボタンをクリック→商品検索→選択→挿入 するだけでおしまい!

またひとつ勉強になりました。

勉強ついでに。商品リンクのことを調べているウチに、世の中には様々なリンク作成ツールがあることを知りました。うろうろ最中に見つけたBabyLinkさん。シンプルで控えめなデザインが気に入ったので、本の紹介以外はこれを使わせて頂くことにしました。

 

備忘録

あちらこちらで紹介されている本を手帳にメモしているのですが、ブログに記録しておくとあとで検索しやすそうなのでこちらに記録。

 

おかあさんには、ないしょだよ。シールを壁に貼って遊んでいたなおきくん。そこに、お母さんがやってきて…!? 第33回講談社絵本新人賞受賞作。
市立図書館蔵書あり。

 

2014年の課題図書。読み書きのできないイタリア生まれのひいおじいさんが、アメリカに移民してきた自分の人生をひ孫に語る物語。
市立図書館蔵書あり。

 

エルフは孤独でした。自然の中での暮らしは満足のいくものでしたが、それでもやはり、独りは寂しい。クリスマス、エルフはお客を呼ぼうとしますがうまくいきません。そこでエルフはごちそうをそとに運んで…。
市立図書館蔵書あり。

9月の本

 今月は言わずと知れた大ベストセラーのこちら。

 

 

先日近所の市立図書館に行った際に、ハリー・ポッターの第2巻(秘密の部屋)をえらんできたウチの下の子。内心(こんな分厚くて字の多い物語、大丈夫か?)と思ったものの、多分USJで大変話題になっているハリー・ポッターなるものがどんなものか気になったのだろうと推察。『へえ!みんなが夢中になって読んでるんだもの、面白そうだよね。◯◯ちゃん(知り合いのお姉ちゃん)もあなたくらいの年の頃夢中で読んでたよね〜。』と盛大におススメし、本人の気が変わらないうちにカウンターへGO。実は私も読んだことがないのですけど、へへ。
 

家に帰って早速読み始めたものの『やっぱり1巻読んでないからわかんな〜い』と言い出しました。1巻はちょうど貸し出し中で図書館の棚になかったようなのです。『学校の図書室にあるの借りてきたら?』と勧める私に、なんだかんだと言って学校で借りるのはハードルが高い様子。

 

仕方がないので今月の本として近所の大型書店で買ってきましたよ。普段は2,000円もする単行本はよう買わんのですが丁度いただきものの図書カードがたっぷりあったので贅沢しちゃいました。文庫本も並んでいたのですが、単行本一冊分のボリュームを2冊に分冊してあり、しかも1冊780円也。そうなると値段的にはあまり変わらないのと版組がどうも見づらい。ルビの文字が大きくて行間が狭いため目がチラチラしてくるのですよ。こんな紙面で長い文章を読むなんて、ウチの子は耐えられないだろうなあと思ったので、かなり逡巡した末に単行本をを購入。

 

かつて読んでみようと思った時には『文字がびっしり、カタカナオンパレードの翻訳物独特の読みにくさ』が印象に残ったのですが、改めてページをめくってみるとそうでもなく、ゆったりした紙面レイアウトでワクワクしてくる感じです。これならウチの子も挫折しないで楽しめるかな。

 

今のところ、寝しなの読書に子供はハリポタ、私は↓こちらを読んでいます。

 

給食番長 ーよしながこうたくー

地区の小学校で読み聞かせのボランティアに参加しています。
読み聞かせで使った本の備忘録をかねて、子供が気に入っているものや私が好きなものなど、少しずつ記録しておきます。

うちの子が3年生のときに担当のお母さんが読んでくれたこちらの本。
学校から帰るなり『今日◯◯君のお母さんが読んでくれた!うちでも買って〜!!!!』とリクエストされました。

 

 

給食を残さないでちゃんと食べようね、作っている人に感謝しようねっていう内容なんだけど、お話の展開の意外性やスピード感、主人公である腕白小学校の番長のキャラクター、勢いのある絵のおかげで説教臭さが全くないんです。こども達、特に男の子には大ウケ間違いなし。
メインのテキストの下に、全く同じ内容の文章が博多弁で書いてあるのも面白いです。お話の内容と博多弁のリズムと合っていてとても楽しい!ネイティブ博多弁スピーカーの人に是非読み聞かせてもらいたいなあ。

シリーズで他にも何冊か出ています。




LEGOミニフィギュアの本

私自身は小さい頃買ってもらった記憶はないのだけど、子供ができて真っ先にうかんだおもちゃはレゴ。

当時『デュプロ』の存在を知らなかった私。お子さん方がもう使わないからと職場の上司が下さったのが黄色いバケツに入った『大きなレゴ』でした。

我が家で目一杯使われ、デュプロ適齢期の子を持つ家庭をぐるぐるとめぐった黄色いバケツ、また我が家に戻り次の出番をひっそりと待っています。

デュプロを使って遊ぶのって3才くらいまででしょうか。口にいれる心配がない年頃になると、レゴの方が圧倒的に遊んでいて楽しいんですよね。パーツの種類も豊富だしすぐに形になってくるから。

ところが赤いバケツ、青いバケツ、キットものと徐々に買い足していって、『さあ思う存分遊べ!』と思った頃、我が家の子たちは見向きもしなくなってしまった。取って代わったのはリカちゃん人形やらキッチンセット。お友達とのメインの遊びはシール交換に。親としてはかなりガッカリですよ。すっかりおもちゃ置き場の隅っこに忘れ去られたレゴ達。やっぱりブロック遊びって男の子しか喜ばないのかしらねえ、と放置すること数年。

不思議な事に昨年あたりからレゴブーム再燃。やたらとミニフィグに凝ったり巨大なお城のセットを誕生日にねだったり。おもちゃよりおしゃれに興味がわく年頃になって突然どうした!?

というわけで、今月の本はこれ(「今月の本」=親が口出しせず好きに選んでよしの本。1冊/月)。

 


 

ミニフィグ誕生30周年記念という事で、誕生のいきさつや初代のミニフィグが紹介されています。年を経るにつれ顔のデザインが増え、いろいろなコラボものが生まれたりと解説を読んでいるとなかなか奥が深いのです。

『これ、ウチにあるね〜、サッカー日韓大会のときのサッカーセットに入ってたんだよね』なんていいながら楽しくながめましたよ。昔は黒い目ににっこりの口しかなかったのにだんだん目に白く星が入り眉毛付きが標準のお顔になったんですね。我が家の30体のうち、初期型のお顔は2つだけでした。私はこの顔の方がかわいらしくてすきです:)