スタバとLOFTの紙袋でブックカバーを作ってみました。

最近話題の紙袋を再利用したブックカバー、私も作ってみました。
 
 
ブックカバーって布製や革製の素敵なものもたくさん売られているのですが、なんだか大げさな感じがするのと素材の厚みでボテッとしてしまうので今ひとつ気がすすみません。
 

書店で購入する場合は希望すればカバーをかけてくれるのですが、最近は図書館で借りることがほとんど。
 
銀行での待ち時間や待ち合わせに早く着いて時間を潰すときなど、外で本を取出すのに表紙が丸見えではちょっと気が引けます。
 
 

ネットで検索してみると、紙製3枚入で数百円程度の商品もありましたがわざわざ買うほどでもないしねえ…。と思いながらつらつらと画像をスクロールしていると、スタバの紙袋再利用のブックカバーが目にとまりました。
 

おしゃれだし大袈裟でないところがナイス!。我家にも収納スペースを占領している大量の紙袋があるのですから見逃す手はありません。
 
収納場所をがさごそ探すと出て来る出て来る!ショップの紙袋ってホント素敵なものが多いですねえ。
高級感あふれる厚手の紙ではブックカバーとして使いづらそうなので、スタバとLOFTの袋を使うことにしました。
 
 

まずはスタバの方から。
 

底の糊付部分を手で丁寧にはがし脇の合わせ部分をハサミで切り開きます。持ち手もなるべく綺麗に糊付をはがしできるだけ綺麗に広い面積をとりだしました。
 
 

スタバの紙袋からは新書用と文庫本用の2種類がギリギリ取れましたよ。
(横使いで2枚は取れなかったので、文庫本用は立て向きになってしまいましたが)
材料取りはこのような感じ。折込む位置は袋の折り目をできるだけ利用します。
 
bookcover01
 
bookcover02
 
なかなか良い感じじゃあないですか〜。
廃棄部分がほとんど出なかったのも大満足です。
 
 
近くで見ていた下の子からお褒めの言葉をもらったので、気を良くして第二弾をLOFTの袋で作成。
 
こちらは一般的な単行本サイズ用と文庫本用。
スタバの袋よりも横幅が広く、2種類とも横向きで取ることができました。
 
bookcover03
 
bookcover04
 
こちらも捨てるのは持ち手と底の部分くらいなもので、とても得した気分です。
貧乏性な私にぴったりのリユース方法だわ〜!
 
簡単で実用的、デザインも使い勝手も申し分なし。
袋の処分にも心が痛まないので、心置きなくたくさん作れちゃいそうです。
 
 
 
 

葉っぱ型のアクリルタワシ愛用中

毎日の食器洗いに欠かせないアクリルたわし。
 
ガラスのコップもいつもピカピカだし、毎日これで洗っているだけなのに、マグカップにコーヒーや紅茶の渋がつかないのも本当にありがたい。
 

軽い油汚れなら洗剤なしでもスッキリ落ちるので、手も荒れにくくなりましたよ。

 
アクリルタワシのデザインもいろいろありますが、私がここ何年も愛用しているのが葉っぱ型のもの。
 
楕円の形が手に丁度はまって使いやすいのと、畝編みのおかげで適度なクッション性があるのもGood。
 
でもこの形、残念ながら市販の本では見かけたことがないんですよね。
 

よく見かける編み図は長編みで円形にしたものや、細編みで果物や動物の顔をかたどったものですが、デザイン的にも使いやすさの点でも今ひとつ気に入りません。
 
ある時ネットでこの葉っぱ型を見つけてからというもの、編み図や編み方を公開して下さっている方のサイトを探してなんとか自分で作れるようになりました。
 

こちらのサイトこちらのサイトが編み図もあってわかりやすく、いつも参考にさせて頂いています。
 

昨年の9月にも『アクリルタワシ作りました〜』という記事を書きましたが、そのときに作った在庫がなくなってしまったので、昨夜あわてていくつか作りましたよ。
 
 

材料はダイソーの並太毛糸(1玉約45g)。昨年の黄色い糸もダイソーのものでした。今回はアイボリーで。
 
tawashi
 
5枚編み上げて、あと1枚と思ったら途中で糸が足りなくなってしまッたので、何年も前に編みぐるみ用に買った茶色い糸を継ぎ足すことに。
 
ラベルを見たらこの糸もダイソーでした。
 
古い糸を使ったことで気がついたのは、品質がずいぶんと低下していること。同じ並太で重さも約45gなのに随分と編み心地が違います。
 
今回のアイボリーは撚りが甘くて糸そのものが貧弱な感じ。編んでいてもすぐに糸割れして編みづらいったら….。
 
世間では糸が値上がりしているのに、100円のままで品質も同じってことはないですよね。
 

そういえば、以前と同じように作っているはずなのにタワシの寿命が短くなっているような気がしていました。

 
使いはじめてたいして日が経っていないのにも関わらず、糸が細って全体的にヘタるのが早いのです。
 

そろそろダイソーの毛糸はやめようかな….。少し高くてもこれとかこれくらいの製品を使った方が良いのかもしれませんね。
 

MARABOUT 「VACHES & CIE AU POINT DE CROIX 」

一冊まるごと『牛、牛、牛!!』のクロスステッチ図案集。

 

 
何年か前に、ある方のブログでとってもかわいい牛の作品が紹介されていました。その方のオリジナルチャート?それとも市販されているのかしらとずーっと気になっていたのです。

 

ふとしたことで、この本の図案をステッチしたものだと知ったのですが、amazonでも紀伊国屋書店でも在庫切れ表示が出たままで、なかなか手に入れることがかないませんでした。内容は同じでミニサイズの版も出ているようなのですが、小さいチャートはできれば避けたい。どうしようかなあと、悩むこと数ヶ月。
 

そしたら先日amazonからのレコメンドメールで『1冊在庫あり』とあるではありませんか!
あわててポチッとしたら、海外発送とのことで2週間ほどで到着。
念願の牛チャートをやっと手に入れることができました。

 
ほとんどのチャートが1色または2色で、チーズのパッケージデザインを再現したものだけが多色使いです。念願の『ふりかえり牛』は本の中ではバックにあしらわれていました。お花にかこまれた牛も、チーズのパッケージデザインもカワイイ!

 
お値段だけが可愛くないのは洋書ということで仕方ないですかね…。現地価格8.90ユーロですから日本円で1500円程度。それが送料込みで約5,000円というのは、わかっちゃいるけどツライ。もしかしたら希少品になりつつあってプレミアがつきはじめてるってことでしょうか…?
 

↓こちらがミニサイズ版。

呉竹 ポチ袋用テンプレート

前から欲しいなあと思っていた封筒が作れるテンプレート。ネットで買うと送料が割高になってしまうのでなんとなく手を出せないでいました。

 

先日ホームセンターでお年玉用のぽち袋を探していたら、見つけました!こちらの↓ぽち袋用のテンプレートです。
 

template

 

pochi

 
封筒よりかなり小さいのですがですが4つのサイズが作れます。『手作りポチ袋セット』ということで5種類のパターンペーパーも付属していています。これがまたなかなか素敵な柄です。Bsetと書いてあるので多分柄違いのAsetもあるのでしょうね。付属の紙は結構厚みがありしっかりしているので、きれいに折り目をつけるのにこちらのスタイラスが役立ちそうです。

 stylus

 
ぽち袋って、小銭を渡したい時なんかに必要になるのだけれど、わざわざ買っておくほどのものでもなし..。きれいなチラシや包装紙を再利用して作ってみたかったので、これから活用していきたいと思います。

クロスステッチ柄の切手

切手を買うときは、なるべく変わったデザインの切手を買っています。様々なデザインが頻繁に発行されているようで郵便局で素敵なものを見つけると嬉しくなります。

日本郵便のサイトを見てみたら、本当にたくさんのシリーズが出ているようですね。今は記念切手とは言わないのかな?それぞれに『グリーティング切手』とか『特殊切手』『ふるさと切手』となっていました。

先日郵便局に行った時にクロスステッチ柄のシール式の切手を発見しました。シート全体がクロスステッチ風のイラストになっていて冬の町並みが描かれています。雪だるまやひつじ、雪をかぶった家や車の絵がとってもかわいらしくて、実際に図案に使って刺してみたくなっちゃいます。

 

数日前に日本郵便の切手をデザインするチームの方がTVに出ていました。たったの7人で全ての切手デザインをしているのだそうです。TVに出ていた方は2015年用年賀はがきの切手部分を担当されたそうで、なんと12年前のひつじもその方のデザインなのだそうです。実は前回と今回の絵にはストーリーがあって、12年前にせっせと編み物をしていたひつじさんが、今回は完成したマフラーを首に巻いているのです。可愛い!