自宅や図書館よりも集中できる場所に100円【学習環境】

残りのレポートはあと1教科となりましたが、そこからがまた停滞中。
 
夏の間は不安になるほどヒマだった家業のほうが9月下旬から目の回るような忙しさ。
 
常にやるべきことが控えているので家にいる時はテキストを広げる気にはなりません。
 
多分このまま年末になだれ込む(予定)ので、またずるずると放置しかねない…。
 
『じゃあいつになったらやるんだよ!』
 
という己のツッコミが聞こえてきます。
 
 
そこで確保している週1回の100分間。3ヶ月程前から通い出した子どもの習い事の待ち時間です。
 
先生のお宅まで車で30分弱かかるので、一旦帰宅して迎えに出直す余裕はありません。
 
100分というまとまった時間を強制的に与えられたのはチャーンス!。
 
先生宅の近くでノートとテキストを広げ長時間過ごせる場所はマクドナルドか図書館。
 
図書館はお金がかからなくてありがたいのですが、往復の所要時間と閉館時間のタイミング悪くて勉強時間がちょっと減ってしまうのが難点。
 
両方を何度か試してみましたが、結局はマックで100円のコーヒーか150円のカフェラテを注文して約1時間半を過ごすほうに落ち着いています。
 
毎週同じ曜日の同じ時間に訪れてコーヒーだけ頼むオバチャン。高校生のバイトの子は不思議に思っているでしょうね。
 
 
平日夕方のマックはお客さんも少なくがらーんとしています。
 
しかもグループ客や家族連れよりも、仕事帰りに小腹を満たしているような中年男性や1人で勉強する若い方がメインな印象。
 
学生さんか若い社会人なのかな?ノートにペンを走らせたり赤シートを使いながら参考書を読んでいる方が目につきます。
 
私のお気に入りの席は高めの壁で仕切られたコーナー。座ってしまえば廻りの視線が気にならないのでとても集中できます。
 
勉強場所の定番である図書館よりもマクドナルドの方がなぜか長い時間集中できるのが不思議。
 
古い図書館にありがちなシーンと静まり返った殺風景な閲覧室はかえって落ち着かない感じなの。
 
ペンケースや水筒の蓋を開け閉めする音にさえも気を遣うような張りつめた空気がちょっとね…。
 
それとは逆に、キッチンやスタッフの適度な雑音、軽くアップテンポなBGM、気にならない程度の話し声というのは、意外にも自分のことに集中できる感じがします。
 
ざわざわした世界の中で自分だけのカプセルに閉じこもるような感覚とでもいうのかな。カフェで仕事や勉強をする人が多いのがようやく理解できるようになりました。

 
Sサイズのコーヒーは一息つきながら飲むのに丁度良く、空になった頃に時計を見るとそろそろお迎えの時間というタイミング。
 
 
このパターンでなんとかモチベーションを維持しつつテキスト纏めを頑張ります。
 
レポートの設題はいつも頭の片隅に置き、『纏めのための纏め』に陥らないように注意するのも忘れずに。
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

 
 

「青ペン」x「万年筆」x「書きなぐり」【勉強法】

子どもの勉強効率アップに何か良い方法がないかしら〜、とネットをうろうろしていたらこんな記事を発見。
  
現役京大生が実践! 「青ペン書きなぐり勉強法」×「万年筆」のすごい効果。
  
  
青ペン書きなぐり勉強法というのは
『青ペンを使って大きめのノートに覚えたいことをひたすら書く』というもので
  
↓こんな効果があるそうです。
  

あえて青ペンを使うのには、2つのメリットがあります。1つ目は、セロトニンの分泌があるため。人間の脳は青色を見るとセロトニンというホルモンを分泌します。このセロトニンは、ストレスを軽減しポジティブな気持ちにさせてくれるため、勉強を持続しやすくなります。そして2つ目は、効率的に記憶できるためです。本来、単語の意味などを覚えようとすると、「意味記憶」として記憶されます。しかし、そこに何らかの体験が加わった場合、その体験と単語が関連づき、「エピソード記憶」として保存されるのです。そして一般的には、意味記憶よりもエピソード記憶のほうが覚えやすいとされています。
  
ボールペンなどを使った場合、書き間違いやミスは消せずにそのままになり、「書き間違えた」体験と単語が関連づきやすくなるため、より効率的に学習できることになるのです。

  
  
  
へえ〜、私の実行している勉強法がピンポイントであてはまっていてちょっと驚き。
  
私の場合青インクを使うのは単に『好きだから』という理由しかないんですけどね。
  
青インクを入れた万年筆で、テキストの気になるところをひたすらノートに書いて書いて書きまくるというのは、資格取得の勉強を始めた時からずっと続けているやり方。
  
フールス紙のノートにブルーブラックの万年筆という組み合わせがなんともいえず好きで、大学に入ってからは勉強と言えばずっとこのスタイルです。
  
万年筆を使うのは力を入れなくてもサラサラと書けるから。
  
万年筆といっても今愛用しているのは200円で買ったスケルトンプレッピー。学生時代はプラチナ万年筆の『デスクペン』の赤軸黒軸にそれぞれ青インクと赤インクを入れて2本持ち。
  
どんどん減っていくインクを見ると『これだけやった!』という励みにもなります。
 
それに私の悪筆で書きなぐっていても、見返す時にちゃんと役に立っているのでかなり嬉しい。
 

 
過去記事でもこの勉強法について少し書いています。

 
こんな本も出ているようですね。


『頭がよくなる』という言い方は好きではありませんが、ちょっと読んでみたい。
 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

 
 

全国のスペシャルな司書軍団 ー認定司書ー【読書メモ】


  
認定司書というのは

日本図書館協会が公共図書館の経営の中核を担いうる専門的職員として認定した司書。
  
認定にあたっては,その要件を示した上で申請者を募り,審査会のもとで総合的な審査を行い,理事会の議を経て決定される。
  
有効期間は10年間であり,認定司書であり続けるためには認定更新の審査を受ける必要がある。
  
司書全体の研鑽努力を奨励するとともに,司書職のキャリア形成及び社会的認知の向上に資することを目的としている

  
司書として経験を積んだ方が日本図書館協会へ申請し、審査を通過した上で認定されたスペシャリストということですね。
 
サイト内の認定司書への道というコーナーを読むと、申請には論文提出も必要なようです。
  
日本図書館協会のwebサイトには名前と所属先が書かれた名簿が掲載されています。
  
2018年4月1日現在で150人程。茨城県では1人だけでした。
  
  
この本では12人の認定司書さん達が、それぞれどのような思いで仕事をなさっているかを記しています。
  
公共図書館で働く方ばかりですが、正規職員だけでなく非正規職員の方も大勢いらっしゃるようです。
  
司書としての熱い思いはもちろんのこと不安や戸惑いも包み隠さず書かれていて、こんなにキャリアを積んだバリバリの方でもいろいろと悩みながらやっているんだなあと感じました。
  
むしろ経験を積む程、課題の多さに気が付くということでしょうか。
  
  
第3章で、各人のおすすめ本が紹介されているのが面白かったです。
  
文芸書だけでなく図鑑や理学系読み物などがとりあげられていて、司書というのは単なる読書好きではないのだということを再認識させられました。
  
その中でも是非読んでみたいと思ったものをメモしておきます。
  


 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
  
  
  

  
  
  

図書館に置いていない雑誌を買ってみた【読書メモ】

ちょっと値段が高かったのだけれど、ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)という図書館系の雑誌を買いました。
 
 
年に4回の出版。
 
私が利用できる範囲の図書館では創刊されてから1〜2年分しか所蔵されていません。
 
過去の分を読んだ限りでは、文字がびっしりでとても内容の濃い雑誌だったのでその後も読んでみたかったのですが、定期購読はされていなのです。
 
雑誌は相互貸借も申し込めないので自前で買うしかないのですが、税込2,700円はちょっと手が出せずにいました。
 
それでも今回買ってみたのはこの方の連載をよみたかったから。
 
『かたつむりは電子図書館の夢をみるか』の佐藤翔さん。
 
図書館学系の学生さん時代→現在は大学で図書館学の教鞭をとっていらっしゃるかた。
 
軽妙な文章ながら実は深い考察が興味深くてちょくちょくブログを拝読していたのですが、LRGに連載を始めたタイミングで『続きはLRGを読んでね』とブログの更新をストップされてしまったのでした。
 
趣味のブログからお仕事としての執筆へということなので仕方のないことですから、一読者として出版物で読ませていただくことにしたわけ。
 
 
 
特集記事は『図書館100連発』。
 
全国の図書館が実践している様々なアイデアやテクニックを写真入で紹介する企画。

毎回100例、今回は第5弾ということなので500の実例を取り上げてきたわけですね、スゴイ!

過去の特集から100例を抜粋して本にもなっています。
 


 
他には↓この本の著者猪谷千香さんの連載も。

 
編集メンバーには鎌倉幸子さんの名前もあったりと新しい形の図書館の姿を提示してくれる面々が関わっていて、若々しいエネルギーを感じます。
 
鎌倉さんの名前はこの本↓を読んだことで、ガッチリと私の心に刻まれています。

 
 
 
 
バックナンバーの目次を読んでいると、どの号も読みたくなってしまうのですがネックはその値段ですね。
 
図書館で購入するには読者層が狭過ぎなのかなあ、残念。
 
 
それから、もうひとつ残念なのがAmazonでの取扱がないこと。
 
これは出版者の意向なのかもしれませんが、ネットで買おうとすると雑誌専門のオンライン書店『Fujisan』でしか買えないんですよね。
 
今回初めて利用したのですが梱包が酷くてね。
 
A4サイズのビニール袋にA5サイズの商品がポンと入れられメール便でポストに投函。
 
袋の中で暴れたのか、ポストに入れる時にひっかかったのかわかりませんが、このお高い雑誌がぐちゃぐちゃ〜となっていたのです。
 
袋から取り出した時のショックと言ったら…。
 
Amazonほどバカ丁寧でなくても良いけれど、せめて中身のサイズに合わせて袋を折り曲げて固定するとかして欲しいもの。
 
次回のためにお願いメールを出しておきましたが、こういうのってクレーマー扱いされちゃうのかしらね。
 
今月発売になる最新号も読んでみたいので、もう一回だけ『Fujisan』を利用してみるつもり。
 
改善されていなければ次からは書店に頼もうかな。
 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 
 

ちょっと離れた図書館までドライブ。【広域利用】

子どもにせがまれて隣の自治体の図書館に行ってきました。
  
この辺りでは珍しく、コミックがたくさん置いてあったり若者に人気のミュージシャンのCDが充実していたりと、小中高生を意識した資料が豊富なことで知られており、前々から気になってはいたのです。
  
先日下の子が隣の体育館に行った帰りにちょこっと寄ってみたそうで、いたく感激して帰ってきたのでした。
  
夏休み中に是非もう一度行きたいというので、車で小1時間かけて行ってきましたよ。
  
  
海に近い我家から内陸に向けて30km程のその街は溶けるように暑かった!!!!!。
  
  
  
建物やロビーの壁面には、地元産の御影石や陶板がふんだんに使われており、施設への力の入れ具合がひしひしと伝わってきます。
  
まずは子どもと私、2人分の利用登録をしてもらうためにカウンターへ。
  
私の住む自治体とは広域利用協定が結ばれているので市内在住のかたと同様に貸出し利用ができるのです。ありがたいね。
  
スタッフさんの名札を見ると指定管理ではないようでほっとします。
  
  
登録の手続きはすぐに終わり、簡単な利用の説明をしていただきました。
  
早速子どもはCDの棚へ、私はフロアを隅々までチェックして歩きます。
  
まず目につくのは陶芸を中心とした芸術系の資料の充実ぶり。
  
陶芸の町として陶芸家が数多く市内に居住、また陶芸を起爆剤とした観光に力を入れているだけあり、私の住む自治体の図書館では『陶芸』で一括りにされているものが、「理論」や「技法」のようにさらに細分化されており、冊数・質ともにかなりのボリュームです。
  

ぐるっと壁面に配された背の高い書架には重量級の辞書・辞典や全集ものがずらりと並び、バーに引っ掛けるタイプの梯子が用意されています。
  
この壁面書架はまだ空いている部分が多く残されていて『まだまだ入るよ!どんと来い!』という頼もしさ。
  
ちょっと腰掛けるための低いスツールやゆったりとしたソファ、大きく開放的なガラス窓に面した位置にはバーカウンターのような奥行きの浅いテーブルに背の高いスツール。
  
気軽に腰掛けてゆったりした気持ちで本や雑誌を読むことができます。
  
このエリアは学習に適さないタイプの椅子が多く、自習する学生さんは2階の学習室かフロアの反対サイドにある参考資料書架付近のデスクに向かわざるを得ないようになっています。
  
くつろぎながら過ごしたい人とカリカリ勉強したい人が離れた位置で過ごせるのはお互いの精神衛生上大切よね。
  

さらに壁面伝いに歩くと、ソファスペースの近くに電話用のブースが!ちょうど公衆電話ボックスのような造り。
  
もちろん公衆電話は設置されておらず、ちょっと携帯電話を使う人のためのブースなのでしょう。
  
マナーモードにするのを忘れた携帯電話への着信にあわててロビーへ走ったり、マナーモードにしてあってもかかってきた電話にはすぐに折り返したい。
  
そんなとき、手にした貸出し前の本をどうしよう!と右往左往してしまうことが私はよくあるんですよ。
  
フロアに電話用ブース、我が街の図書館にも設置されないかなあ。
  
などなど素敵な書架フロアに溜息をつきながら歩いているとコミックスの棚を発見。何十年も前に夢中になって読んだ懐かしい作品から割と最近のものまでずらりと揃っています。
  
  
読んでみたかった漫画を見つけたので借りて帰ることに、子どもは制限いっぱい10枚のCDを抱えています。
  
自動貸出機が2台設置されていたので、カウンターではなくてそちらへGO。
 
自動貸出テーブルの所定の位置にICチップ入の利用カードを置き、これまた所定の位置に借りたいものをドンと置いてタッチパネルを操作すると、一瞬で利用者番号と貸出資料を読み取ってくれます。
 
わが街の図書館にある自動貸出機は、利用カードのバーコードと資料のバーコードを全てハンディスキャナで読み込むようになっているので、これにはびっくり。
 
10枚のCDもドンと置くだけであっという間に読み取り完了。
 
返却期限の印字されたレシートが必要ならばプリントアウトするし、必要なければそのまま手続き終了。
 
ちなみにこの館では、BookDetectionSystem(BDS)といって貸出し処理をしていないとゲートでブザーが鳴る仕組み(よくCDショップにあるやつね)を使っているために、全ての資料にICタグがついています。
 
そのおかげでこのような超スピード貸出手続きができるわけですが、、これって元々は盗難防止目的なんですよね。
 
新たにこのシステムを導入するには、もともと所有する蔵書全てのICタグを用意したりゲートを設置する初期費用が必要。
  
さらに日々増え続ける資料にも全てタグを貼らねばなりませんから、その経費を考えると溜息が出ます。
 
図書館のものを勝手に自分のものにしてしまう不届き者のために余分な経費がかかるって腹立たしいわ。
 
 
  
なーんていうことをつらつら思いながら貸出しを終え、2階ものぞいて見ることに。
 
階段を上がった正面に珈琲とジュースの自販機が置かれた休憩スペース。あとはホールとガラス張りの学習室。
 
1階から2階の大部分は吹き抜けになっていてガラス張りの学習室からは開架フロアが見渡せるようになっています。
 
休憩スペースにはコーヒーテーブルと椅子がたくさん並んでいるのですが、このテーブルはかなり小さくて学習には不向き。
 
『休憩専用』と張り紙もされていましたから、学習者に長時間占領されて本来の使い方を妨げることのないよう随分と気遣っていると感じました。
  
  
  
絵本や児童書はちょっと少なめかな..という印象はありましたが、ちょうどお話会の時間にあたったせいか親子連れの姿も多く、市民にとっても愛されている感じのする図書館でした。