遠い目をしながら勉強中

ここ数日、『情報サービス論』のレポートを書くためにレファレンスブックについての教科書を読んでいます。
 
レファレンスブックというのは『調べるための本』のことで、辞書、百科事典、図鑑、便覧、年鑑のようなものがそれにあたります。

 
辞書がたくさんあるというのは想像がつきますが、その他にも◯◯辞典(事典)、△△便覧、□□目録、のようなものがこれほどたくさん存在していたことを知り少しクラクラしています。
 
もちろん、これら全てを暗記する必要はないのですが、各ジャンルの主だった物については当然頭に入っていなくてはいけないわけで……。
 

この手の本で自分自身になじみがあるものと言えば、辞書と百科事典、化学便覧くらいかなあ。お恥ずかしながら、図書館の参考図書の書架はあまり覗いたことがありません。
 
こう見えても、小さい頃は辞書や百科事典を読むのが好きだったんですけどね。
 
学生時代や会社勤めをしていた頃までは、必要に迫られて辞書や化学便覧ぐらいは手にしていましたが、退職してからは子どもの宿題を見る時にちょっと辞書をひいたり地図帳を広げるくらいになってしまいました。

 
 

レファレンスブックについての初歩の教科書に載っているだけでも、『広辞苑』や『ブリタニカ百科事典』のようなものに始まり、『経済学事典』『国史大辞典』『地理学事典』『日本民俗芸能事典』その他数えきれないほど。面白いなあと思ったタイトルのものでは『人事興信録』『実用難読奇姓辞典』なんていうものも。その他にも各分野の文献目録や、国会図書館の蔵書目録などなどなど….。
 
図書館でレファレンス業務をしている方はこれらの本についての知識が頭に入っているわけですよね….。う〜んすごいなあ。
 

 
無限ともいえる情報の膨大さと自分の脳ミソのちっぽけさを引き比べながら『へえ〜〜〜』『ほお〜〜』と溜め息ばかりが出てきますが、関心ばかりしていても仕方がないので、とりあえず最寄りの図書館にはどのようなレファレンスブックがおいてあるのかチェックしてくることにします。

自然派こども雑誌『のらのら』

レファレンスについての本を読んでいます。
 
一般の利用者に『図書館ではみなさんの調べもののお手伝いをしますよ』『こんな解決法がありますよ』という図書館業務のPRですが、事例が多く載っており、レファレンス素人の私にはとても読みやすい本でした。

その中で紹介されていた専門図書館のひとつに『農文協図書館』の名前を発見!農林水産業の専門書をはじめ環境や食に関する資料が充実しているとあります。
 
『農文協』といえばスローライフ系の雑誌『うかたま』や『住む』が本屋さんで目につく出版物ですが、『現代農業』という農業専門誌や『のらのら』という子どもむけ農業雑誌も出しています。
 
我家から一番近い市立図書館にはこの『のらのら』がおいてあるのですが、これがなかなか素晴らしい雑誌なのです。年4回発行される約100ページほどの紙面全てがカラー印刷!しかも表紙と広告ページを除いて全ての漢字にルビがふってあるという手間のかけよう!。
 
毎号のメイン記事の他、[家畜][栽培][自然][食][機械]の5つのコーナーがあり、食に関することや植物の育て方など、子どもも大人も楽しめる記事が満載でイラストも豊富。しかも野菜の栽培方法などはかなり専門的なことにも触れてあり子ども向け雑誌と謳ってはいますが、なかなか侮れません。
 
今回発売の秋号は干し野菜の特集や野菜を使ったおやつ、ミントで暑さすっきりなどの記事が楽しめました。
 

男の子だったらトラクタなど農業機械のコーナーやロバのお話が面白いかもしれません。
 

番外編 ー司書課程受講物語 (14)ー

夏のスクーリングの申し込みを逃してしまった!
履修条件なしの『情報処理技術概論』。
情報関係の基礎的なことを網羅的に習得する科目のようです。
 
日程のことやら何やらででウダウダ悩んでいるうちに、気がついたら申し込みの締め切りを過ぎていました。次のチャンスは来年の2月。
 
その前に12月にも『情報サービス演習 I 』と『情報サービス演習 II 』の2科目スクリーングが開講されています。
 
しかしながら『情報サービス演習 I 』は『情報サービス論』履修済が履修条件。
『情報サービス演習 II 』は『情報サービス論』合格済&『情報サービス演習 I 』履修済という条件があります。

 
ということは、さっさと『情報サービス論』にとりかかりレポートを提出し試験に合格しなければなりません。
次の申し込み時にこれがクリアできていないとまた逃してしまいます!。
 

条件をクリアしていても、年度末はいろいろと外せない行事があったり仕事も忙しいのは目に見えているので、日程的に出席できるかどうか不安が残ります。
専業大学生として通学しているときは、順番に学科の講義と試験を受けてさえいればいつの間にか卒業単位がし取得できてエスカレータに乗ったように自然に卒業できたのね。
 
うっかりしてると2年(3年)で単位とりきれないかも!スピードアップで教科書読んでレポートに取り組みます。

 
 
 
shiori

『世界の夢の図書館』

「美しい知の遺産 世界の図書館」に続いて『世界の夢の図書館』を借りてきました。


 
 本当にため息の出るような図書館の数々が、美しい写真をふんだんに使って紹介されています。コインブラ大学ジョアニナ図書館、フランス国立図書館リシュリュー館、オーストリアのアドモント修道院図書館などなど共通して紹介されている図書館もいくつかありますが、内容やとりあげ方についてはそれぞれに特徴があります。どちらかというと前者は文献的、後者はガイドブック的な印象を受けました。
 
 『美しい知の遺産〜』の方は時代ごとにまとめてあり、その時代的背景をもとに本や建築の特徴が解説されています。注釈も豊富で、図書館についての理解を深める参考書としてもかなり役立つように思いました。ひとつ残念なのは各図書館についての目次がなく、個々の名称を覚えていないと巻末の索引でも見つけることができない点でしょうか。
 
 一方『世界の夢の図書館』の方は西・南・中央・北の各ヨーロッパ、南北アメリカ、オセアニアなど地域ごとに章が別れており、各図書館ごとにページが割かれています。それぞれの土地の様子や設立の経緯、建物内外の特徴や見所なども平易な言葉で紹介されていて文字も大きくゆったりとしたレイアウトなので疲れずに読めるのが良いですね。
 また、所在地の住所やwebサイトのURL、開館日や開館時間などのデータも記載されていて実用的です。
 
 取り上げられた図書館が重複しているとはいえ、どちらも魅力的で手元に置いておきたくなるものでした。ただ『美しい知の遺産〜』のほうは値段がねえ〜。内容的にも少し固くしょっちゅう手にとって気軽に眺めるという感じではないので、実際に買うとしたら『夢の図書館』の方かなあ。

 
 余談ですが、先日この本を眺めていた義両親が『ポルトガル旅行でここに行ったよ!』とコインブラ大学の図書館のページを懐かしそうに見ていました。それはそれは素晴らしかったそうです。

『美しい知の遺産 世界の図書館』

先日図書館で借りた本。

重くて重くて。手にもってパラパラめくるというわけに行かないので、姿勢を正して机の上に載せ読んでみだり、お行儀悪くに床において腹這いになって読んだりしています。
美しい写真多数とともに、図書館としての役割と建築の関係を解説しています。建築の視点から図書館を見るということが私にとってはとても新鮮でした。

 
当然のことながら図書館の歴史にも深く言及されているので勉強になります。古代メソポタミアから16世紀,17世紀,〜,20世紀そして電子書籍時代と時代ごとに、またパピルスや羊皮紙、印刷や版木など記録形態の変遷、ブックチェスト、カボードなど書架の形態などなど、本当に様々な視点から図書館という『知の遺産』について書かれています。
索引や引用文献もきちんと書かれています。
 
翻訳がちょっと読みにくいところがありますが、英語で書かれた学術書を日本語で読めると思えばありがたいものです。
 
文章も多いのでまだ全部は読んでいないのですが、美術書として眺めるのも良し、建築史、図書館史の参考書として読むのもまた良しですね。

 
この本は気軽に買える値段ではないのですが、検索していたら他にもこのような本が出ているのですね。↓このくらいなら買えるかなあ。とりあえず近所の図書館にあったので借りてみることにします。