【ふう〜、終わった】『児童サービス論』科目終了試験(7)ー司書課程受講物語 (80)ー

昨日は『児童サービス論』の科目終了試験を受けてきました。
 
テスト対策は直前のレポート見返しのみ。
 
夏のスクーリングで一緒になった方達から『○○について論ぜよ』的なものが1題のみ、と聞いていたので用語を覚るような対策は一切とらず。
 
前日と当日の朝、会場に入ってからの待ち時間を利用して『子どもにとっての読書の必要性』『児童サービス担当にとって必要な資質』『子どもの読書推進のために必要なこと』を中心に、レポートを書いた時の自分なりの考えや思いを整理することだけ心がけました。
 
 
 
今回は受験者が少なく、ほぼ全員が長テーブルに1人ずつで座っていたと思います。
 
私は一番前の端っこの席を確保。前も隣も人がいないので想いっきり集中することができました。
 
9時に試験開始。問題用紙を見ると事前情報通り。
 
2題の設題からひとつを選し、ただひたすら自分の考えを述べる形式です。
 
用紙には罫線が印刷してあったので書きやすく、制限時間の1時間まであと5分というところで丁度埋め終わりました。
 
 
今回の試験に大変役立ったと思うのは、夏のスクーリングのグループワーク。
 
グループの皆で図書館活動についてあーでもないこーでもないと考え、自分の中にある想いを形にしたプロセスを思い起こすことでかなり楽に纏めることができたように感じます。
 
また、自分が親として子どもの読書環境について常々感じていることも合わせて書くことができ、自分なりに『やり切った!』感のある試験となりました。
 
 
 
さあ、次は『図書館文化史』のレポートを頑張るぞ!
 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
  
  
  

  
  
  

【レポート合格その2】児童サービス論(6)ー司書課程受講物語 (77)ー

『児童サービス論』のレポートの続きです。
 
 
 
 
第2課題
**************************************************************************************
【第1設題】 子どもにとって読書はなぜ必要か、できるだけ自分の体験をふまえながら
論じなさい。
 
 
【はじめに】
 子どもと読書について考えるとき、読書によって得られる表面的な効果・利点といった視点で語られることが多いのは残念なことである。こどもに本の世界を手渡す者として、彼らの成長にとって読書がなぜ必要なのか、おとなになってからの読書と本質的に何が違うのかを考えたい。
 
【本文】
 おとなが本を手にとる時、娯楽や楽しみのためであったり、教養を深める、情報を求めるなど、たとえ無意識にせよ目的が具体的であり自分の要求に合った本を探すはずである。一方子どもにとっての読書とは、わくわくしながら未知の世界を楽しむことではないだろうか。赤ちゃん絵本を乳児が眺める時や幼児が耳からお話を聴く時、そして自分で文字を読めるようになってからも、絵本・物語・知識の本に関わらず、それらを通して新しいものに出会い自分の世界を広げることを楽しんでいるのだと感じる。子どもの成長は心の中の地図を日々更新することだと考えれば、未知の世界を覗く扉であることが彼らにとっての本の役割である。
 
 次に言葉の獲得という点で考えたい。幼児期に耳からの読書を重ねる中で、子ども達は『ことば』が本の世界を楽しむのに必要な道具であることを知る。そして日常生活では出会う機会の少ない独特の響きを持った音韻やよく練られた言い回しに触れることで、豊かな言葉を身につける。言葉と上手につき合えるようになるにつれて物事を順序よく理解したり、目では見えない事象や他者の気持ちを想像することができるようになる。子どもの日常を見ていると、言語能力の高い子どもは総じて集団内での振る舞い方や学習能力に優れていると感じることが多く、読書を通じた豊かな言葉の獲得が「生きる力」を育む基礎になっているのである。
 
 さて、幼児期の読書を通じて未知の世界の扉を開くことを知り言葉という道具を身につけた子どもは、ある程度の年齢になると本の世界を自由に歩き回れるようになる。物語の中で現実の世界では起こりえないような出来事に遭遇し、物語の主人公とともに現実世界とは別の自分を生きることはその後の人生に少なからぬ影響を与えるかもしれない。我々にとって様々な体験をし多様な価値観に触れることは心豊かな人生のために大切なことであるが、実生活では限りがある。地理的・経済的に制限のある子どもにとってはなおのこと本を通じて得られる体験が重要なのだと考える。
 
 子ども時代にたっぷりと読書の楽しみに浸った経験は、おとなになって困難にぶつかったときに本がそれを乗り越える助けになることを思い出させてくれるはずである。
 子どもにとって読書の大切さとは、本が生涯にわたって多くの価値あるものを与えてくれる存在だと人生の早い時期に知ることと、先入観なしに新しい世界を味わうという子どもならではの経験を得ることにあるのではないだろうか。
 
 
【おわりに】
 子どもに読書を勧めようとするとき、私がいつもぶつかるのが「子どもにとってなぜ読書が大切か」ということであった。自分の中で自然に育っていた「読書はよきものである」という感覚は言葉にしようとすると何か違うものになってしまい、はっきりとした答えを得られずにいたためである。今回このテーマについて考える中で、年代に関わらず読書を通して得られることと子ども時代の読書でしか獲得できないものがクリアになり、赤ちゃんからティーンエイジャーまであらゆる世代の子どもに本の世界を手渡す重要性を一層深く認識することができたと感じている。
 
 
【講評】評価:B
 こちらも上記と同様ですが、文献の引用はご自身の意見を裏付けるように引用できているとよりよいです。
 
 
**************************************************************************************

【レポート合格】児童サービス論(5)ー司書課程受講物語 (76)ー

7月中旬に提出した『児童サービス論』のレポートが返却されてきました。
 
児童サービスは一番好きな分野なので学習自体はとても面白かったのですが、レポートとしてまとめるのはとても難しくて….。
 
同じことを言葉を換えてぐるぐる書いているような、結論がいまいちはっきりしない、納得いかない感満載の超苦しい仕上がりのまま提出してしまったのです。
 
 
さらには、先日のスクーリングで『落とされた〜!』という方が何人もいたので私もほぼ再提出覚悟で返却を待っていたのでした。
 
既に9月の科目終了試験は申し込んでしまったのですが、不合格だと試験を受けることができません。
 
いっそ返却が遅れて試験より後になってしまえば、暫定で受けることはできるのでそうなってくれた方がマシ…。
 
 
 
などとつらつら思っていたところへ早々に返却。
 
ドキドキしながら開封すると『合格』に◯がついていてほっとしました。
 
 
恥ずかしいのはヤマヤマですが、何かの参考にしてくださる方もいるかもしれないので今回も公開。
 
 

第1課題
**************************************************************************************
【第1設題】 児童図書館員の専門性について、各自の考えを述べなさい。
 
 
【はじめに】
 子どもにとって本とは、未知への扉を開き広い世界の存在を教えてくれる存在である。本との出会いを作り読書を通して彼らの成長を助けること、生涯を通じて自ら学ぶ力を獲得することを支援するために、児童図書館員に求められる専門性について考える。
 
 
【本文】
 児童図書館員にとって、子どもと本が好きであることのはもちろんのこと両者を結びつける情熱が最も大切と考える。それらの基盤に立った上で、図書館の児童サービスに要求されるスキルを、児童図書館員の専門性として以下の3点にまとめた。
 
1.子どもをよく知ること
 子どもの成長を助ける支援者であるためには「子どもとはどのような生き物であるか」を知っているが必要である。図書館ではサービス対象としての年齢を、乳幼児(0〜3歳程度)、児童(就学前〜小学生)、ヤングアダルト(中高生)といった程度で区分していることが多い。しかし子どもの精神的発達は個人差があり思春期であれば男女の精神年齢差も大きい。また何らかの原因で定常的な発達曲線に乗らない場合もあるため、ひとりひとりに適切な対応を行うには、子どもの発育と学習について広く学び十分な知識を身につける必要がある。また近年の子どもを取り巻く社会環境の変化は著しく、養育者の経済的・人種的背景も多様化している。何らかの事情で学校に行けないなど大人からの支援を十分に得られない子どもも増えているため、彼らの置かれた状況に対する細やかな観察と理解も欠かせない。
 
2.子どもの資料をよく知ること
 それぞれの子どもに適切な資料を手渡すには、それらを判断し選択する力を身につけていなくてはならない。時代に応じた適切なコレクションを形成するにあたり、
大人向けの資料と同様、内容が正確であることや多様な価値観を反映したものが選ばれねばならないが、知識や経験のまだ少ないこども向けの場合は特に注意を払うことが求められる。またことばの理解に幅がある点を考慮し、その年齢にふさわしい形態を選択することも留意べき点である。子ども向けの資料を評価する力を養う方法として、まずは長く読み継がれてきた作品をよく読みその魅力を自ら体験すること、その上に児童文学論などで得た知識を重ねる。古典と呼ばれる作品の大切なエッセンスを抽出できるようになることが、新しく出版される作品を評価する力にもなると考える。
 
3.子どもと本を結びつけるスキルを持つこと
 子どもに本の世界を手渡す方法として、フロアワーク、レファレン、ブックリスト作成、展示、よみきかせ、ストーリーテリング、ブックトーク、映画会・人形劇・工作などの行事運営がある。これらのサービスは技術的な巧拙に目を向けがちだが、目的はそれらの活動を通して本や図書館が「よきもの」であると伝え、読書の楽しみを子ども達に知ってもらうことである。多くの事例に触れ研究・経験を重ねることで技術の向上を心がけ、この目的からはずれることなく子どもに向き合いたい。
 
 
【おわりに】
 過剰に視覚的なメディアに慣れた最近の子どもにとって、耳からの読書は楽しめても文字からイメージを膨らませる力が必要な目からの読書はハードルが高くなっている。しかし「読む力」は思考力や想像力の基礎であり、読書力の低下は看過できない。その点からも、子どもを本の世界へ誘い読書習慣を身につけるよう支援する専門家としての児童図書館員の責任はより重くなっていると感じる。
 
 
以上
 
 
【講評】評価:B
 複数の文献を参照して引用し、考察していてよく書けています。引用は「」などで囲み自分の分と明確に区別できるよう書くとより良いです。
 
 
**************************************************************************************
 
 
この『引用を「」で囲む』というのが私は苦手なんですよ…。
 
いろいろな文献を読んでいるうちに全部がごちゃごちゃに自分の中で混ざり合い、まるで自分の考えのようになってしまっているので、どこからが引用でどこからが自分の考えなのかがもはや分からず…。
 
レポートの書き方の本などにも、この『引用部分をきちんと書き分ける』ということは必ず書かれていますが、はっきりと「この部分を引用したい」というケースでない場合はどうしたらよいのでしょうかね…。
 
 
 
 

【子どもにとって読書とは】児童サービス論(4)ー司書課程受講物語 (72)ー

やっと『児童サービス論』のレポートを提出できました。
 
書いては直し直しては書いて、『出来た!』と思ってプリントアウトしても読んでいるうちにまた直したくなり….。
 
やっと観念してポストへ投函。
 
 
『子どもにとって読書はなぜ大切か』という第2課題を書くために、本当にいろいろ考えました。
 
このテーマは自分が子どもを持ってからずっと考えてきたことで、いろいろと思うことはあっても端的なことばで表現できずにいたことだったのです。
 
育児書などで『本を読むことはいいこと』とあっても、それがなぜなのか、特に子ども時代特有の理由と聞かれるとなかなか難しい。
 
一般的に「読解力がつく」(=勉強ができるようになる)ことを期待するような説明が多いと思うのですが、私にはどうも納得できずにいました。
 
結果的にそのような効果は期待出来るけれど、もっと本質的なものがあるはず。
 
『「読解力がつく」(=勉強ができるようになる)』ことに価値を置くのは、現代の教育システムの中に限定された考え方なのでは?と思うのです。
 
 
 
何年か前、小学校の読みきかせメンバーを募る声かけをする中でこのように聞かれたことがあります。
 
『読みきかせって何がいいの?まあ、本を読むのがいいとは聞くけどさあ…。やっぱり国語の成績あがるの?本好きな子は勉強もできるもんね。』と。
 
 
 
時間の都合が付かないとか、大勢の前に立つなんて苦手で〜という理由で断られることはあっても、その意義について真正面からぶつけられたのはそれが初めて。
 
端的なことばで切り返せず言葉に詰まってしまった自分にとてもショックでした。
 
読みきかせ仲間として日頃おつき合いしているお母さん達とは、読書は子どもにとって大切なものという前提の上で会話していたので、そのような質問への答えを用意していなかったのです。
 
 
今回『児童サービス論』のレポートをまとめながら行き着いたのは、本とは未知の世界への扉であり、言葉という道具を使って自分の世界を広げるものである、ということでした。
 
読書によって日常生活にはない豊かな言葉を身につけることができると思うのです。
 
人間には言葉という道具があるから思考や想像ができるし、自分の考えや気持ちを他者に伝えることができる。
 
これがよく言われる『生きる力』なのかな。いつの時代でもどのような生活環境でも不可欠な力。
 
 
ちなみに、ここでいう読書というのには文字を読むだけでなく、読みきかせやお話を聴くといった「耳からの読書」も含みます。
 
本を通じていろいろな世界を覗く楽しさに是非幼いうちに気づいて欲しいし、この感覚は大人になってからはなかなか気づきにくいのではないかしら。
 
何の先入観も持たない子ども時代を逃したらなかなかそのチャンスがなくなってしまうような気がするのです。
 
 
学校での読みきかせ活動はそのきっかけ作りのひとつでしかありません。
 
本に親しむきっかけ作りだけならメンバーが少なくてもよいのですが、親が活動に参加することは子どもと一緒に図書館や本屋に行ったりする機会にもなるんですよね。
 
だからこそ、できるだけたくさんの親御さんたちに関わって欲しいの。
 
 
 
今だったら、『読みきかせって何がいいの?』と聞かれてももう少し上手に答えることができるかな…。
 
 

【レポート再開】児童サービス論(3)ー司書課程受講物語 (71)ー

1年前に一旦取りかかったものの、なんだかヤル気がとぎれて全く進まずに放置していた『児童サービス論』のレポートを再開。
 
 
私のやり方は、まず教科書を読み、要点をノートに整理します。
 
この作業に時間がかかるので効率が悪いように感じますが、これをやらないと頭の中にその分野のイメージが固まらないのです。
 
ノートに纏めることは全くの無駄と言い切っている方もいるように、限られた時間の中で資格を取ろうという社会人学生にとっては、レポートの設題に合致する部分だけを拾い読みしてガーッと書いちゃう方が早いのは事実。
 
でも私の場合、コレやっちゃうと今度は試験の時にまたイチから勉強し直しになっちゃうんだわ。
 
そして資格をとって終わりではなく、図書館員として働く時のために本質的なことをきちんと自分の中に叩き込んでおきたいという気持ちもあるのです。
 
指定の参考図書はもちろん関連のありそうな本も出来るだけたくさん読み、そのジャンルのエッセンスを抽出しながらやっています。
 
ドンクサイようですが、残りの3科目この方法でやり通すつもり。
 
 
教科書を読みながらのノート纏めがひと通り終わったところで、関連図書を読むのと平行しながらレポートを書き進めました。
 
書いては消し、消しては書いての繰り返しなので、たった1600字のレポートに何日もかかってしまっています。
 
そして関連図書が面白くてそちらをついつい読みふけってしまったり、その本にどっぷり浸った読書感想文的な文章になってしまい、テーマからズレていることに途中で気づき慌てて大幅修正したり…。
 
 
そんなこんなで、2つの設題のうちひとつがやっと完成。
 
あとひとつ!頑張れ自分!
 
 
 

教科書も含め関連図書を纏めて記録しておきます。
 









 
イギリスに於ける児童図書館員の先駆者コルウェルさん、同様に日本の児童図書館員の先駆者松岡享子さんの著作は本当に勉強になります。
 
子どもにとってなぜ本が大切なのかを語る部分には全く迷いがなく、それでいて押し付けがましいところも無いのです。
 
難しい言葉を使うことなく、本質的なことをサラッと言ってのけていることが驚異的かつ感動的ですらあります。
 
図書館で働くとか司書資格とかを抜きに、親御さんや学校の先生など子どもに関わる全ての大人に読んで欲しいくらい。
 
図書館行政に冷たい自治体の議員さんにも強制的に読ませたいわ!