【レポート合格!】『図書館制度・経営論』(4)ー司書課程受講物語 (81)ー

『図書館制度・経営論』のレポートが返却されてきました。
 
 
この科目はポイントが今ひとつよく理解できなかったのよね。
 
図書館とはどのような法律に支えられているのか、根拠となる法律が公共図書館・学校図書館・国立国会図書館・大学図書館でそれぞれ異なっているということが新鮮だったというのが一番の印象。
 
特に運営計画や評価という観点は、自分の感覚から結構遠いものがありレポートを書くのが辛かったことを思い出します。
 
 
司書に興味のない方にとっては毎回スルーなレポートネタですが、聖徳の通信課程で頑張っているご同輩の励みになれば幸いです。
 
 
第1課題
**************************************************************************************
【第1設題】 
図書館の経営活動について述べなさい。
 
 
【はじめに】
 図書館は知る権利の保障を目的として資料を収集し、利用者の求めに応じ提供する施設である。この目的を遂行するにあたり、図書館という組織が行うべき経営活動について以下に述べる。
 
 
【本文】
 図書館の経営とは「人々の求める本を集め、使いやすい状態にしておくために組織として計画的・継続的な意思決定の元に行うこと」1)である。そのための活動として、図書館の目的を直接実現する「貸出・資料の受入・整理・レファレンス・集会等」と、これらを円滑に進めるための「予算・組織・人事・施設等に関わる管理的業務」があり、前者を一次的経営活動、後者を二次的経営活動という2)。ここでは二次的経営活動に絞って具体的に列挙する。
 
1.サービスの設計
 抽象的な使命・設置目的を具体化しどのように実現するかという行動目標を定める。設置目的や設置の根拠となる法律・政策は館種により異なるため、自館が提供すべきサービスは何かを明確にする必要がある。公立図書館の場合は図書館法及びそのもとに定められた「図書館の設置及び運営上の望ましい基準」に加え、設置自治体の施策を運営の指針とする。
 
2.予算の管理
 公立図書館の経費は設置自治体の公費すなわち税金でで賄われており、予算要求から決算までのプロセスは地方自治法に則り適切に行われなくてはならない。経費の大部分を資料費と人件費が占めるのが図書館予算の特徴である1)。近年の財政状況悪化はこれらに大きくし、資料費削減と職員の外部委託が図書館サービスの質の低下を招くのではないかと懸念されている。
 
3.情報資源の経営
 資料収集は定められた方針に基づいて行い、コレクションの定期的な点検評価が求められる。郷土資料や貴重書の保存についてはデジタル化も含めた長期的計画が必要。オンラインDBの契約は料金体系など契約内容の綿密な検討が重要である。また大学図書館に不可欠な学術雑誌について、近年電子ジャーナルの普及が進む一方で費用の高騰が問題である1)。対策として各大学が機関リポジトリを整備するなど学術情報の収集提供形態が急速に変化しているので動向を注視する必要がある。
 
4. 人的資源の経営
 人と資料を結びつける図書館員なくして図書館サービスは成立しない。直接サービスにあたる司書とそれを支える管理部門職員を適切な人数確保し、組織全体が効率的に運営されるよう労務管理を行う。サービスの質を維持向上するために定期的な研修育成の計画も必要である。
 
5.施設や物品の経営
 経営レベルでは施設建築時のスペース設計、家具什器の地震対策や施設内のバリアフリー化・省エネ対策など、管理レベルではコンピュータシステム・建物・エレベータ・防火設備等の保守点検、日常業務レベルでは空調や照明の調整、清掃・衛生管理などがありこれらを適切に管理し利用者の安全と快適性を確保しなくてはならない。
 
6.評価とフィードバック
 運営状況について統計データやパフォーマンス指標を利用した定期的な評価を行う。また結果を市民に広く公開し運営改善にフィードバックすることが求められる。
  
 
【おわりに】
 「経営」という概念が営利組織だけのものではないことが理解できた。図書館が市民のために税金で賄われる施設だからこそ、公共組織としての効率的で健全な「運営=経営」を行うことが重要であると感じた。
 
以上
 
 
【講評】評価:B
 図書館の運営でサービス部門をささえる庶務管理体制の概要を理解したレポートとなっています。これに加えて、計画・施設管理・計画と財務の関係も含め、その内容を(具体的な内容)ポイントだけでもおさえておきましょう。 
 
(講評に興味のある方は、【講評】以下の行をマウスでドラッグしてハイライトさせて下さい。)
 
**************************************************************************************
 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

 
 

【ふう〜、終わった】『児童サービス論』科目終了試験(7)ー司書課程受講物語 (80)ー

昨日は『児童サービス論』の科目終了試験を受けてきました。
 
テスト対策は直前のレポート見返しのみ。
 
夏のスクーリングで一緒になった方達から『○○について論ぜよ』的なものが1題のみ、と聞いていたので用語を覚るような対策は一切とらず。
 
前日と当日の朝、会場に入ってからの待ち時間を利用して『子どもにとっての読書の必要性』『児童サービス担当にとって必要な資質』『子どもの読書推進のために必要なこと』を中心に、レポートを書いた時の自分なりの考えや思いを整理することだけ心がけました。
 
 
 
今回は受験者が少なく、ほぼ全員が長テーブルに1人ずつで座っていたと思います。
 
私は一番前の端っこの席を確保。前も隣も人がいないので想いっきり集中することができました。
 
9時に試験開始。問題用紙を見ると事前情報通り。
 
2題の設題からひとつを選し、ただひたすら自分の考えを述べる形式です。
 
用紙には罫線が印刷してあったので書きやすく、制限時間の1時間まであと5分というところで丁度埋め終わりました。
 
 
今回の試験に大変役立ったと思うのは、夏のスクーリングのグループワーク。
 
グループの皆で図書館活動についてあーでもないこーでもないと考え、自分の中にある想いを形にしたプロセスを思い起こすことでかなり楽に纏めることができたように感じます。
 
また、自分が親として子どもの読書環境について常々感じていることも合わせて書くことができ、自分なりに『やり切った!』感のある試験となりました。
 
 
 
さあ、次は『図書館文化史』のレポートを頑張るぞ!
 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
  
  
  

  
  
  

全国のスペシャルな司書軍団 ー認定司書ー【読書メモ】


  
認定司書というのは

日本図書館協会が公共図書館の経営の中核を担いうる専門的職員として認定した司書。
  
認定にあたっては,その要件を示した上で申請者を募り,審査会のもとで総合的な審査を行い,理事会の議を経て決定される。
  
有効期間は10年間であり,認定司書であり続けるためには認定更新の審査を受ける必要がある。
  
司書全体の研鑽努力を奨励するとともに,司書職のキャリア形成及び社会的認知の向上に資することを目的としている

  
司書として経験を積んだ方が日本図書館協会へ申請し、審査を通過した上で認定されたスペシャリストということですね。
 
サイト内の認定司書への道というコーナーを読むと、申請には論文提出も必要なようです。
  
日本図書館協会のwebサイトには名前と所属先が書かれた名簿が掲載されています。
  
2018年4月1日現在で150人程。茨城県では1人だけでした。
  
  
この本では12人の認定司書さん達が、それぞれどのような思いで仕事をなさっているかを記しています。
  
公共図書館で働く方ばかりですが、正規職員だけでなく非正規職員の方も大勢いらっしゃるようです。
  
司書としての熱い思いはもちろんのこと不安や戸惑いも包み隠さず書かれていて、こんなにキャリアを積んだバリバリの方でもいろいろと悩みながらやっているんだなあと感じました。
  
むしろ経験を積む程、課題の多さに気が付くということでしょうか。
  
  
第3章で、各人のおすすめ本が紹介されているのが面白かったです。
  
文芸書だけでなく図鑑や理学系読み物などがとりあげられていて、司書というのは単なる読書好きではないのだということを再認識させられました。
  
その中でも是非読んでみたいと思ったものをメモしておきます。
  


 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
  
  
  

  
  
  

レポートできあがり!。【参考資料追加(web)】図書館制度・経営論(3)ー司書課程受講物語 (79)ー

『図書館制度・経営論』のレポート書き上がりました。
 
 
 
毎度毎度どこから手を付けたら良いのか分からず広い大海原にぽーんと放り出されたような不安な気持ちでとりかかります。
 
とりあえずワードを起動し、レポート用に設定済みの新規書類を広げ教科書を纏めたノートや参考資料を何度も見返すことから開始。
 
柱になりそうなことをいくつか取り出し、その柱ごとに気になった言葉をひたすらバラバラと書き付けるうちに少しずつ文章の形にしていく…というのが私の進め方。
 
本当は最初にきちんと構成を考えるべきなのかもしれませんが、そういうのは苦手なのよ。
 
手の届く小さなことをたくさん並べ、なんらかの共通項でくくったりしながらだんだん流れを見つけていくというKJ法的なやりかたです。
 
 
 
今回は『図書館の経営』や『評価』など、馴染みのない分野だったのでなおさら苦労しました。
 
経営という言葉はビジネスっぽくてなんだか図書館とは無関係の概念のような気がしてしまいますが、税金で賄われる公共サービスと考えれば、きちんとした方針と計画を持って運営されなくてはいけないのが当然だし、そこには評価もついて回ります。PDS(plan-do-see)ってヤツですね。
 
その意義や役割は理解できたのですが、レポートに纏めるとなるとそれでは足りないのよ…。
 
参考図書も種類があまりないのか、図書館でそれらしいものを手にとっても内容は似たり寄ったり。
 
レポートの助けになったのは結局こちらの2冊↓くらいでした。



 
う〜ん…と行き詰まった中、意外と役に立ってくれたのがwebで見つけたこんな資料。
 
文部科学省:図書館の自己評価、外部評価及び運営の状況に関する情報提供の実態調査
 
豊中市立図書館:豊中市立図書館における評価のあり方について (提 言)
 
山崎 隆史:大学図書館の評価活動の一例 -図書館の自己評価と報告のあり方をめぐって-
 
 
ちょっと古いですが「図書館の評価」についていろいろと考えをめぐらすにはとても役に立ってくれました。
 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 
 

図書館に置いていない雑誌を買ってみた【読書メモ】

ちょっと値段が高かったのだけれど、ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)という図書館系の雑誌を買いました。
 
 
年に4回の出版。
 
私が利用できる範囲の図書館では創刊されてから1〜2年分しか所蔵されていません。
 
過去の分を読んだ限りでは、文字がびっしりでとても内容の濃い雑誌だったのでその後も読んでみたかったのですが、定期購読はされていなのです。
 
雑誌は相互貸借も申し込めないので自前で買うしかないのですが、税込2,700円はちょっと手が出せずにいました。
 
それでも今回買ってみたのはこの方の連載をよみたかったから。
 
『かたつむりは電子図書館の夢をみるか』の佐藤翔さん。
 
図書館学系の学生さん時代→現在は大学で図書館学の教鞭をとっていらっしゃるかた。
 
軽妙な文章ながら実は深い考察が興味深くてちょくちょくブログを拝読していたのですが、LRGに連載を始めたタイミングで『続きはLRGを読んでね』とブログの更新をストップされてしまったのでした。
 
趣味のブログからお仕事としての執筆へということなので仕方のないことですから、一読者として出版物で読ませていただくことにしたわけ。
 
 
 
特集記事は『図書館100連発』。
 
全国の図書館が実践している様々なアイデアやテクニックを写真入で紹介する企画。

毎回100例、今回は第5弾ということなので500の実例を取り上げてきたわけですね、スゴイ!

過去の特集から100例を抜粋して本にもなっています。
 


 
他には↓この本の著者猪谷千香さんの連載も。

 
編集メンバーには鎌倉幸子さんの名前もあったりと新しい形の図書館の姿を提示してくれる面々が関わっていて、若々しいエネルギーを感じます。
 
鎌倉さんの名前はこの本↓を読んだことで、ガッチリと私の心に刻まれています。

 
 
 
 
バックナンバーの目次を読んでいると、どの号も読みたくなってしまうのですがネックはその値段ですね。
 
図書館で購入するには読者層が狭過ぎなのかなあ、残念。
 
 
それから、もうひとつ残念なのがAmazonでの取扱がないこと。
 
これは出版者の意向なのかもしれませんが、ネットで買おうとすると雑誌専門のオンライン書店『Fujisan』でしか買えないんですよね。
 
今回初めて利用したのですが梱包が酷くてね。
 
A4サイズのビニール袋にA5サイズの商品がポンと入れられメール便でポストに投函。
 
袋の中で暴れたのか、ポストに入れる時にひっかかったのかわかりませんが、このお高い雑誌がぐちゃぐちゃ〜となっていたのです。
 
袋から取り出した時のショックと言ったら…。
 
Amazonほどバカ丁寧でなくても良いけれど、せめて中身のサイズに合わせて袋を折り曲げて固定するとかして欲しいもの。
 
次回のためにお願いメールを出しておきましたが、こういうのってクレーマー扱いされちゃうのかしらね。
 
今月発売になる最新号も読んでみたいので、もう一回だけ『Fujisan』を利用してみるつもり。
 
改善されていなければ次からは書店に頼もうかな。
 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ