入学手続き ー司書課程受講物語 (5)ー

3月16日(月)に願書を提出してから3日、3月19日(木)に受理通知のハガキが届きました。
これは願書と一緒に提出した返信用のハガキに受理印が押印されており、『願書を確かに受けとりました』の通知です。
そして受理通知が届いた5日後の3月24日(火)には入学手続きの案内書類が届きました。
速達で届いた封筒にはA4サイズの『受講許可証』と受講番号の案内、受講料の振込用紙、学習ガイダンス開催のお知らせ、さらには教育ローンのちらしも同封してありました。
  
翌日の3月25日(水)、同封されていた振り込み用紙を持って銀行へ。登録料・受講料・教材費・科目試験受験料を振り込んできました。
年度末とあって原稿は超混雑。窓口では『お子さんの学費納入ですか?』なんて聞かれてちょっと恥ずかしかったです。
私にとってはかなりの大金を払い込んでしまってから、「もう後には引けないなあ」と改めてドキドキしてきました。

  
そして1週間後。
4月3日(金)、段ボールに入った教材一式が送られてきました。

中身は、学習のしおり(シラバスやレポートの書き方等)、教科書一式、レポート提出用の封筒やバーコード。教科書は各科目1冊づつ。以前図書館で借りて読んでみたものや、逆に所蔵がなくて読めなかったものも入っていました。シラバスは昨年と違っている部分もあり、改めて各科目の学習のねらいや到達目標を確認します。

この頃結構仕事や子どもの学校のことでバタバタと忙しく、こんなんでちゃんとレポートとか試験とかやって行けるのかと不安な気持ちでのスタートとなりました。