かつて『日本一の文化都市』を目指した市長がいた

私の住む自治体には、書物と音楽を愛した素敵な市長さんがいたんです。
 
今から30年以上も昔に『地方からの改革』を掲げ43歳という若さで市長に当選。
 
その後、3期目の任期中に退任し県知事選に出馬。
 
残念ながら県知事選には破れてしまいましたが、市長時代の業績が本当にすばらしかった。
 
『日本一の文化都市にしよう』という政策を掲げ、図書館ネットワークの充実や水戸芸術館の建設を実現されました。
 
市の予算の1%を館の運営にあてることとし、専属の室内楽団と指揮者を擁するという素晴らしい構想を実現させたのです。
 
所謂『貸しホール』は一切せず全てが館独自の企画による公演というの開館当時から今でもかわりません。
 
数年がかりで吉田秀和氏を口説き落とし初代館長に就任して頂いたことや、専属指揮者として小沢征爾さんを招聘したことでも知られています。
 
 
 
 
知事選に敗れた直後に病気で亡くなりましたが、まだ55歳という若さでした。
 
昨今の貧しい文教政策を嘆き、今でも大勢の人が『あの市長が生きておられたら….』と口にしています。
 
 
私も最近その思いが強く、改めて著書や追悼文集などを読み返しています。
 
 
 
読書文化の復権を / 佐川一信著
 
水戸発地方からの改革 / 佐川一信著
 
水戸の―空・風・人 / 吉田 秀和/著
 
声低く語れ / 佐川一信追悼集刊行会編集
 
 
 
調べてみたらAmazonでは売っていないものばかりですね。
 
『日本の古本屋』というサイトで見つかるものもあります。
 
もちろん、地元である水戸市立図書館や茨城県立図書館には所蔵がありますので、お近くの図書館を通して相互貸借で借りることも出来ますよ。
 
 
 
 
↓ ポチッとしていただけると更新の励みになります。
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

並外れた情熱で舞台芸術を愛した人の孤独な人生【読書メモ】

久々に本を読んで深い感動を味わいました。
 
 
戦後の日本に世界一流のバレエダンサーや歌劇団を招聘するためにどれほどの苦労があったのか。
 
そして、その実現のためにこれほどまでも情熱と信念に突き動かされていた人がいたのだということ。
 
 
 
この本は1933年(昭和8年)生まれの佐々木忠次という凄腕の興行師の生涯を綴った伝記です。
 
エピソードのひとつひとつがとにかく凄い。
 
もちろんこのような尖った方には敵も味方も多かったのでしょうが、とにかく世界のビッグネームと関わりが次から次から出てくるのです。
 
特に私の世代にとっては垂涎もののアーティストばかり。
 
学生の頃、高嶺の花だった公演のほとんどがこの人の手によるものだったとは本当に驚きです。
 
 
凡人には想像もつかないような確かな目とカンに加え、決して決してあきらめない粘り強さのおかげで、今の私たちが世界一流の舞台芸術に触れるられているのだと感謝の気持ちで胸がいっぱいになりました。
 
 
 
 
様々なエピソードが書かれているのですが、日本のお役人達がいかに芸術への理解がなかったかという話も大変印象的。
 
パリオペラ座が外国のバレエ団に初めて公演の門戸を開いたのが、佐々木忠次率いる東京バレエ団だったことも初めて知りましたが、それほどまでの栄誉に対して現地の日本大使館からは何の反応もなかったこと。
 
同じイベントに参加するヨーロッパの他の国は、自国の駐在大使どころかお国の王族方が国境を越えてお出ましになるほどのビッグイベントだというのに、日本大使館は主催団体からの要請事項さえもまったく無視。
 
『どうなっているんだ?』と主催者に訊ねられた佐々木さんが本当に恥ずかしく情けない思いをしたというエピソードも….。
 
 
 
 
 
余談ですが、1997年に鳴りもの入でオープンした新国立劇場が『国立』な割ににパッとしないなあと感じていたのですが、その理由というのも文化芸術をまったく理解しない政治家と役人主導でこねくりまわされた結果だったいうのも、この本の中のエピソードを読んでいるとよくわかります。
 
 
 
文化芸術に予算がつかないのは国レベルだけではなく、私の住む自治体でも全く同じ。
 
効果を数字で表せないものや腹を満たさないものにはお金を出さない。仮にお金を出したとしても、わかりもしないことに口を出しまくり….とかね。
 
日本は経済的には世界でも指折りの大国になったというのに、文化芸術面はお粗末なままなんだねえ。
 
 

孤独な祝祭 佐々木忠次 バレエとオペラで世界と闘った日本人
追分 日出子
文藝春秋
売り上げランキング: 338,959

 
 
 
 
↓ ポチッとしていただけると更新の励みになります。
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

定額の音楽配信サービスってどんな感じ?

子供たちがよく『サブスク』って言ってるの、サブスクリプションっていうやつね。
 
日本語で定額サービスと言ってもらえればすごくピンと来るのだが….。
 
子供たちもCDをあれこれ買う程ではないけど音楽は聴きたいということで、使っているようです。
 
 
大学生の上の子は学生料金でアップルミュージック。
 
一般料金の半額で月々480円ですって。
 
月額1,000円を払う気にはならないけど500円くらいならいいかな〜、だそうです。
 
 
一方少ない小遣いで音楽大好き!!!の下の子(高校生)は無料サービス。
 
こちらは好きなアーティストのCDはいくらでも買いたいタイプ。
 
かといって、ライブチケットにもお金を使いたい高校生にCD1枚3,000円は高すぎるので、やむを得ず無料アプリだそう。
 
無料で聴き放題というので『それって違法じゃないの!?』とあわてて突っ込んだら、機能制限があるんですと。
 
オフライン再生ができないとか、プレイリストを作れないとかがあるけど、曲自体は全部聴けるそうですよ。
 
多分AWAだったと思います。
 
 
 
そんなサブスク。どんな音楽が聴けるのか私もずっと気になっていたのよ。
 
子供たちに聞いてもJ-POPやロックなどのジャンルのことだけでクラシック事情はさっぱり。
 
そんなわけで3ヶ月間お試し無料のAmazon Music Unlimitedに登録してみました。
 
Amazon Music Unlimited
 
 
これ、個人利用で月々980円。
 
6つのアカウントで使えるファミリープランは月々1,480円。
 
なかなか悩ましい料金設定だよね〜。
 
自分1人のために毎月1,000円払いたくはないけれど、音楽好きが4人で使えるとなれば1,500円は高くないかな…なんて思ってしまいます。
 
 
 
 
 
肝心の使い勝手ですが、スマホやタブレットなら問題ないのだけれどパソコン(特にMac)派は要注意。
 
パソコン用のアプリというか専用ソフトはWindowsにしか対応していません。
 
WEBブラウザ上でも聴けるらしいのだけど、ブラウザのバージョンが古いとダメ。
 
この両方の条件にひっかかって私は、自分のiMacでは利用できません。残念!!
 
なので、iPadでアクセスしてBlutoothでデジタルピアノへ飛ばして聴くというまどろっこしい方法で使っています。
 
iPadは家族共用だから、とりあえず私のIDでログインしっぱなしにしておき使いたい人が使えるようにしてあるの。
 
 
昨年大枚をはたいたKAWAIのCA98が意外なところで大活躍してくれておりますyo。
 
使い始めて数日たちましたがAmazonでMP3販売しているものは全て聴けそうな印象です。
 
小さな画面であれこれ検索するのは少し面倒ですが、気に入ったアーティストはたくさんいてもCD買う程ではないんだよね〜、というアルバムは山ほどあるのであれもこれも聴けるのはかなり楽しい!!。
 
 

 
 
 
 
↓ ポチッとしていただけると更新の励みになります。
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

こんな演奏、グールド先生にしかできないよ(驚)。

ベートーヴェンの交響曲をリストがピアノ用に編曲していたなんて初めて知りました。
 
グレン・グールドが演奏する6番の『田園』。
 
NHK-FM『ラシックカフェ』で耳にして驚いたのなんの。
 
今朝の再放送で再び耳にしまたもや感動。
 
オリジナルのオケ版でもベト6は好きな曲ですが、リストの編曲は『アレンジ物』では全くないの。
 
まるで最初からピアノソナタとして作曲されたかのよう!。
 
 
番組表の演奏時間55分という文字には目を疑いましたけどね。オケ版はせいぜい40分くらいではなかったかしら。
 
こんなスローテンポのオケ版『田園』が流れていたら、私には遅すぎてきっと聴いてられないわ。
 
それなのにラジオから流れる2回の演奏には全く違和感を感じなかった私。
 
 
あわててググってみると、他にはカツァリスとシチェルバコフの演奏がヒットします。
 
早速youtubeでシチェルバコフの演奏を聴いてみるともの凄く速く感じるの。
 
オケ版で馴染んでいるごく一般的なテンポなはずなのに不思議だわ。
 
 
この恐ろしく遅いグールドのテンポがピアノ編曲版にはぴったりなのだと感じます。
 
穏やかな田園地帯をゆったりと散策する情景が目の前に広がるんだよね。
 
素晴らしい!
 
ちなみにyoutubeではこちら
 
 
CDではこの6番と5番しか出ていないのがとても残念。6番だけでも買っちゃおうかしらと思ったら1曲しか入っていないのに3,000円近くもするよ…。。
 
それでもこれはちょっと欲しいなあ。
 

 
 
 
全曲演奏となると選択肢はカツァリスかシチェルバコフ。
 

 
これだけの曲数が入ってこの値段はお得感あるね。
 
うーん。悩ましい。youtubeで探して聴き比べてみようっと。
 
 

 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

ふと耳にしたテノールに心惹かれる。

NHK-FMのリサイタルパッシオで聴いたテノールがとっても素敵だったのでメモ。
 
 
清水徹太郎さんという方です。
 
7月1日(月)の午後3:00まで『らじるらじる聞き逃し番組』配信サービスで聴くことができるので、興味がある方は是非!
 
今は亡きルチアーノ・パバロッティを思い起こさせるような青空に突き抜けて行くような明るくてハリのある声。
 
かといって奔放にぶっ放すような感じではなく、やさしく誠実な歌いっぷりは大好きなホセ・カレーラスのよう。
 
CDは出ていないみたいね。コンサートも関西中心であまり触れる機会がなさそうなのがとても残念です。
 
水戸芸で聴けたら嬉しいのになあ!!
 
 
 
普段あまり声楽を聴くことはないのですが、世界3大テノールと呼ばれたこの3人は別格。
 

 
そうはいってもね、この声がCDでしか聴けないのはちょっと寂しい。
 
 
やはり生で聴く機会があったり、新譜を楽しみにできるようなお気に入りの演奏家を見つけたいのよね。
 
 

 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ