蒸し暑い夜のイライラ爆発

おそろしく蒸し暑かった昨日、もう何もかにもヤル気がおきない。
 
夕方は疲れと汗みどろとでイライラマックス。
 
お風呂に入る前に全ての雑用を終わらせようと夕飯の後片付けやら洗濯物の片付けやらしていたらぶち切れてしまったよ。
 
 
カウンターテーブルの上には筆記用具やら眼鏡やら読みかけの本、洗面所のちょっとした物置台には下の子が脱ぎ捨てた制服や水着バックが散乱。
 
 
なぜ自分の使った物をもとに戻さない!!!!
 
『共用の場所を使ったら現状復帰』とお願いしているのに。
 
そもそも自分のことなのに、なぜ私がお願いしなくてはならないの?というのも不満。
 
 
乾いた洗濯物は自分で畳んで自室へ持って行くとかさあ。
 
毎日毎日洗って干してもらっているだけでも有り難いと思わんのか!?
 
毎食の食事や弁当の用意に洗い物。
 
『お母さんがやるのが当然』と思っているから(無意識だろうけどね)、どんなに自分が暇でハハが忙しかろうと疲れていようとおかまいなし…。
 
 
オットはね、まあ仕方ないかな..と若干割引。
 
暑い中の外作業やお客さんの無茶な要望に応えたり。
 
収入にまったく繋がらない町内の仕事まであれこれ引き受けてて頭が下がるくらいの働きぶりなので、家の中の事であまりぐずぐず言いたくはないの。
 
それでも使ったものが使った場所に全ておきっぱなしというのはいかがなものか…。
 
筆記用具やノートに電卓、脱いだ靴下から郵便物まで。
 
 
とにかく『ここで用事を済ませたのね』というの形跡が家中に広がっていて、その後を追うように片付けて歩いている私。
 
 
はあ。疲れるよ。
 
大人の生活習慣を変えるのは無理なんだよね。
 
諦めた方が精神衛生上よいのは分かっているけど、自分が疲れていたり余裕がない時はやはり爆発してしまうわ。
 
 
この『見えない家事』っていうやつは本当に厄介なんだなあ。
 
せめて大人になったムスメたちよ、ハハとの家事分担割合を少しづつ変えてくれないかね。
 
小さな頃は君たちの出来なかったことを大人がやってくれていただけなんだよ。
 
親もそろそろ気力・体力が落ちてきているんだから、自分たちの負担割合を増やしてちょうだいな。
 
 
 
蒸し暑くてどよ〜んと疲れた朝の繰り言でございました。
 
 
さあ、仕事に出かてまいろうかね。
 
 

 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

カフェも楽しい!【レオ=レオーニ】

新宿で開催中の『みんなのレオ=レオーニ展』と一緒に銀座の『レオ・レオニカフェ』にも行って来たよ〜。
 
こちらの期間限定カフェは下の子が行きたいと言い出したの。
 
カフェだけのために東京まで行ってらんな〜い、という私に「7月13日から原画展もやってるからさ、合わせて行こうよ」というので、セットでならと行くことに。
 
 
予約可能ということだったので14:00〜をネットで予約。
 
13〜15日の連休中は全ての時間帯がいっぱいだったのに、平日はどこでもよりどりみどりでラッキーでした。
 
 
 
10:00から新宿西口で原画展を楽しみ、ビル入口の特設ショップをゆっくり眺めたらお昼近くになってしまい、予定していた渋谷ショッピングにはちょっと時間が足りない。
 
かといって直接行くと時間が余る。
 
で、なんと新宿東口のゲームセンターに移動してプリクラ体験
 
プリクラなんて普段全く縁のないハハに若者の楽しみを教えてあげようというムスメゴコロですよ、ありがたいこと。
 
言われるままに撮影→落書き→プリント→スマホにダウンロード。
 
数年前にやはりムスメと行った時は携帯電話会社のメールアドレスにしか送れなかった覚えがあるけれど、今はどんなメールアドレスでもOKのようでしたよ。
 
しかもsuicaなどのプリペイドカードで支払えちゃうの。小銭要らずよ、すごいねえ。
 
 
 
そんな寄り道をしながら有楽町へ移動。
 
目的地のマロニエゲート銀座1はJR有楽町駅のすぐ目の前。田舎もんにはありがたいわ。
 
 
メニューはHPで確認済みだったけれど、いざ選ぶとなるとどれもこれも可愛くて迷う迷う。
 
メインもデザートもそれぞれ異なるものを注文して写真撮りまくりですよ。
 

味に期待はしていなかったけれど、食べてみたらこれもこれもそれなりに美味しい。
 
もちろんお値段はかなり高めですけどね。
 
 
カフェだけだったら『ふ〜ん可愛いね♪』で終わってしまうところですが、やはり展覧会を見てきたあとなので一層楽しめました。
 

 
たまには東京まで遠征してこんな楽しみもいいものだね。
 

 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

電子チケット買ってみた。

ようやくスマホユーザーになってからこちら『便利ね〜』と思うことがたびたび。
 
出先で『あれっていつだっけ?何時から?』をサッと確認できたり、お買い物メモを写真にとって出かけたり。
 
 
今度は電子チケットにチャレンジです。
 
今週末から始まった『レオ・レオーニ展』。
 
銀座の『レオ・レオーニカフェ』に行きたい上の子に誘われ、ならば原画展も一緒にということで前売り券を入手したかったのです。
 
webサイトで予約してコンビニまで発券に行くのがいつもの手ですが、なんだか疲れちゃっててメンドクサイ….。
 
電子チケットシステムの案内を読んでみると、クレジットカードで買って当日入口で見せるだけということで魅力的すぎ。
 

 
 
早速いそいそと『e+』のアプリをダウンロードし会員登録。
 
サイト内で欲しいチケットを検索して券種と枚数を選んだらおしまいです。
 
会員登録時に決済情報も登録してあるので、購入の段階ではいちいち入力する手間もなくあっという間にチケットをダウンロードできました。
 
入場の際は一人ずつなので、DLした2枚のうち1枚は子どもに分配しなくてはなりません。
 
どうするのかと思ったら、メールやLINEで分配できるのね。
 
『チケットを分配する』という画面でLINEを選択したらそのままLINEのホーム画面が開き、友だちリストから相手を選ぶと、勝手にURLを相手に送ってくれます。
 
相手側はそのURLをタップすることでチケットをダウンロードできるという仕組み。
 
最初の会員登録さえ済ませてしまえば、チケットの購入・分配がチャチャッとできてしまいます。
 
クレジットカードがないと会員登録できないので学生さんにはちょっとハードル高いかもしれませんが、親が会員登録&購入して子どもに分配してあげればいいんだものね。
 
 
 
カフェの方も予約可能だったので、こちらも既に予約済み。
 
あとは当日を待つばかり。楽しみ。
 
 
図書館から『レオ・レオーニ』の絵本をたくさん借りてきて予習中で〜す。
 
 
 



 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

やっちまった!愛用の腕時計をOHに出すことに。

洗濯物を干していたら私の仕事用ウインドブレーカのポケットに何か入ってる?。
 
洗濯カゴに放り込む時に確認したはずなのに…と不思議に思いながら取り出したのは、愛用の腕時計。
 
 
『やっちまった〜。でも防水だから大丈夫よね。』
 
なんて思ったらとんでもありませんでした。
 
見事にガラスが曇っている!!
 
 
洗濯機の威力は凄いな。
 
強力脱水の凄まじい遠心力ではさすがの200m防水も役に立たなかったようです。
 

 
 
あわてて海苔やおせんべいに入っていた乾燥剤を詰め込んだジップロックに2〜3日閉じ込めてみたり、お日様がカンカンに当たる車のダッシュボードに放置してみたけれど全く効果なし。
 
結局メーカー修理を検討することに。
 
CITIZENのwebサイトから修理見積を頼んだところその日のうちに返信があり、その症状ならオーバーホールして1万円程度とのこと。
 
1万円出せば安い時計なら買えちゃうけどねえ。
 
 
でもね、この時計とっても気に入っているのよ。
 
電池交換が必要ないソーラーパワー、ベルト交換も要らない金属バンドという条件で探しまくってようやく見つけたもの。
 
それにケースもバンドもチタン製なので、軽い上に金属アレルギーのある私には汗をかいても手首がかぶれずありがたいヤツ。
 
ダイバーウオッチとして使える200m防水、見やすい文字盤。
 
その割にはデザインがごつすぎずスーツのときでも浮かないところもお気に入り。
 
 
かつてロレックスでとっても好みのデザインがあり、中古を買おうかどうか何年も迷っていた時期があったのだけど決心がつかなくてねえ。
 
その頃にネットでコレを見つけて即買いしたのが10年くらい前のこと。
 
今はこの系統のモデルがなくなっているみたいね。
 
 
 
 
1万円ならやっぱり修理だ!と早速宅配便で送ったところ、到着後すぐに連絡のメールをいただきました。
 
ケースを開けてみたところ、水が入ったせいで針に腐食が見られるとのこと。
 
 
 
オーバーホール費用内で針とパッキンの交換。
 
水に使った機械内部を注油洗浄して組み立て直した後、防水を含めた各種検査を行い初期状態に復活させてくれるそうです。
 
これだけのことをして1万円だなんて、かえって申し訳ないくらい。
 
 
2週間程で宅配便で送り返していただき、修理代はクロネコヤマトの代引きでお支払いでした。
 
同封されていた修理伝票を見ると、機械の精度も随分と悪くなっていたようです。
 

 
機械精度は調整され外装もすっかり綺麗に!
 
見違えるようになって戻ってきましたよ。
 

 
 
 
どんなに高防水を謳っている時計でも徐々にパッキンが劣化するので定期的に取り替えた方がいいそうです。
 
 
私の場合はダイビングをするわけではないので生活防水程度で十分ですが、こんなにキチンと調整・掃除をしてもらえるのなら数年に一度の1万円は惜しくないと感じました。
 
 
今回メーカーに直接連絡をとり思いのほか安くてラッキーでしたが、高級ブランド時計だと10万円以上!?
 
ネットで修理・オーバーホールを頼める修理屋さんを検討するのもアリですね。
 
最高技術で時計修理・オーバーホール

 
 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

こんなオジサンに誰がした!?

『おじさん』とか『おばさん』とか世代とか、その人の属性で一括りにするのはよくないと分かってはいるのですが、それでも言いたい。
 
 
 
時々ここでも書いていますが、『おじさん』には本当にムッとさせられることが多いんですよ。
 
無言で用事を言いつけてくるのは決まって60〜70歳代の男性。
 
 
カウンターに立っているスタッフに向かって「○○(名字)だけど」。 以下無言。
 
とか、モノだけカウンターにボーーンと放り投げるように置くとか。
 
は? ご用は何? また俺様が来たわ!! と思いっきり心の中で叫んでますよ。
 
 
顔には出さないように気をつけつつ「どういったご用でしょうか?」なーんてにこやかに応対はしますが、きっと顔に出てるだろうな…。B型だからね。
 
 
 
 
高級車のディーラーや一泊何万円もするホテルのフロントだったらアリかもですが、こちらは無料の施設ですよ。
 
私たち時給860円のパートのオバチャンよ。
 
女性でこのようなお客様はまずいません。
 
男性でも若い方ほど丁寧にわかりやすく話しかけてくれます。
 
 
もちろん60〜70歳代の男性でもごくごく普通で感じの好い方はたくさんいますよ。
 
でも! でもね!。 
 
こんな困ったチャンは必ずこの世代のオジサンなの。
 
 
 
 
なんなんでしょうねえ。ホント不思議。
 
小さい時は『跡取り息子』『男子厨房に入らず』などと大切に育てられ、会社では若い女性事務員さんが丁寧に相手をしてくれ、家では黙ってても奥様が全てお膳立てしてくれているのかしら。
 
 
とにかく女性に対してあまりにも『察してチャン』かつ『俺様』なんですよね。
 
何もね特別に愛想良くして欲しいわけじゃないのよ。
 
『○○お願い』とか『さっき電話で頼んでおいた△△だけど用意できてる?』程度でいいんですよ。
 
用件が分かるような最低限のコミュニケーションくらいしていただきたいものです。
 
接客に携わる世の女性陣(特に若い女の子)はこの手のオジサンに辟易しているはず。
 
 
 
アラフィフの奥様方、皆様のお連れ合いは大丈夫ですか?
 
ムスコちゃんたちは予備軍ではないかしら?
 
こんなメイワクナオジサンにならないよう育ててあげて下さいね。
 
 

 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ