こどもの成長と断捨離

先月購入した電子ピアノ。
 
アップライトピアノよりもかなりコンパクトとはいえ場所をとります。
 
鍵盤の数は同じだから幅は2m弱。それだけの壁面を確保するのが大変でした。
 
我家は典型的日本家屋の間取りなために障子や襖が多く、そもそも壁面が少ないのです。
 
1F&フローリング&2mの壁面という条件を満たす場所は既に天井まで高さのある本棚や仕事用の机が置いてあり、それらを動かすのは現実的ではありません。
 
 
さんざん悩んだ末、子どもが洋服をしまっていた棚、絵本や児童書をみっちり詰め込んである木製の棚ふたつをなくすことに決定。
 
2人の子どもが小さかった頃から身の回りのものをしまっていた棚。
 
この中身をどうやって処分していくかが本当に悩ましかったのよね。
 
そこで猛烈に力を発揮してくれたのが我家で一番ピアノを待ち望んでいた下の子。
 
『この場所をあければピアノ置けるよ』とちらっと私がつぶやいたら、次の週末に猛烈な勢いで整理をはじめたものだから、私もなんとか頑張ってやりきりました。
 
洋服は2Fのクローゼットへ移動、ハンカチ・タオルや靴下など頻繁に必要な細かいものはリビングの出窓下にある収納スペースへ。
 
絵本や児童書は、廃棄するもの、ブックオフへ持って行くもの、他の本棚へ移動するものと仕分けます。
 
何年分も保存しているオットの雑誌も置き場所を確保せねばなりません。
 
 
『移動する』とひとくちに言っても、その移動先にスペースを作る必要があるので玉突き式に家中を片付けるハメになってしまいました。
 
あまり着なくなった洋服、本・雑誌、おもちゃ系の雑貨などなど、かなりの量をゴミとして処分。
 
ブックオフに持って行った本は3,000円ちょっとに現金化。
 
愛着があって処分はできないけれど本棚にも入り切らない分の絵本や児童書は、段ボールに納めて物置部屋に仮置き状態となりました。
 
 
いや〜、やればできるもんだ。
 
それにしても、今まで『絶対に手を付けられない』と思っていた場所だったのに、やり始めたらなんとかなるものです。
 
長いこと執着して捨てられなかったものでも、成長とともに手放せるものって意外にたくさんあるものだと感じました。
 
 
最後まで捨てられなかったのは、大勢のぬいぐるみ。
 
小さいものばかりなんだけど、どれもこれも思い出が詰まり過ぎててね。
 
結局は、全員をカゴにいれてピアノの上に飾られることになりました。
 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

 
 

「青ペン」x「万年筆」x「書きなぐり」【勉強法】

子どもの勉強効率アップに何か良い方法がないかしら〜、とネットをうろうろしていたらこんな記事を発見。
  
現役京大生が実践! 「青ペン書きなぐり勉強法」×「万年筆」のすごい効果。
  
  
青ペン書きなぐり勉強法というのは
『青ペンを使って大きめのノートに覚えたいことをひたすら書く』というもので
  
↓こんな効果があるそうです。
  

あえて青ペンを使うのには、2つのメリットがあります。1つ目は、セロトニンの分泌があるため。人間の脳は青色を見るとセロトニンというホルモンを分泌します。このセロトニンは、ストレスを軽減しポジティブな気持ちにさせてくれるため、勉強を持続しやすくなります。そして2つ目は、効率的に記憶できるためです。本来、単語の意味などを覚えようとすると、「意味記憶」として記憶されます。しかし、そこに何らかの体験が加わった場合、その体験と単語が関連づき、「エピソード記憶」として保存されるのです。そして一般的には、意味記憶よりもエピソード記憶のほうが覚えやすいとされています。
  
ボールペンなどを使った場合、書き間違いやミスは消せずにそのままになり、「書き間違えた」体験と単語が関連づきやすくなるため、より効率的に学習できることになるのです。

  
  
  
へえ〜、私の実行している勉強法がピンポイントであてはまっていてちょっと驚き。
  
私の場合青インクを使うのは単に『好きだから』という理由しかないんですけどね。
  
青インクを入れた万年筆で、テキストの気になるところをひたすらノートに書いて書いて書きまくるというのは、資格取得の勉強を始めた時からずっと続けているやり方。
  
フールス紙のノートにブルーブラックの万年筆という組み合わせがなんともいえず好きで、大学に入ってからは勉強と言えばずっとこのスタイルです。
  
万年筆を使うのは力を入れなくてもサラサラと書けるから。
  
万年筆といっても今愛用しているのは200円で買ったスケルトンプレッピー。学生時代はプラチナ万年筆の『デスクペン』の赤軸黒軸にそれぞれ青インクと赤インクを入れて2本持ち。
  
どんどん減っていくインクを見ると『これだけやった!』という励みにもなります。
 
それに私の悪筆で書きなぐっていても、見返す時にちゃんと役に立っているのでかなり嬉しい。
 

 
過去記事でもこの勉強法について少し書いています。

 
こんな本も出ているようですね。


『頭がよくなる』という言い方は好きではありませんが、ちょっと読んでみたい。
 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

 
 

ノーベル賞受賞のニュースを聞くたびに思うこと

日本人研究者がノーベル賞受賞のうれしいニュース。
 
自然科学分野ではここのところ数年置きに受賞者が出ていてなんとも誇らしい。
 
 
けれど今の大学のあり方や研究者の置かれている環境が変わらなければ、数十年先はノーベル賞どころかまともな研究者は皆海外に流出、日本の科学分野はダメダメになってしまうよ。

 
朝日新聞の記事↓(有料記事なので全部は読んでいませんが)
科学力低下「深刻な事態」 ノーベル賞梶田氏が語る危惧
 
理工系・人文系にかかわらず『金にならない学問』への風当たりが強すぎて心配です。
 
世の中が不景気になり高齢化も進んでいる状況では、すぐに果実を得られない研究にお金をかけたくないのも理解はできるのですが、こんなんでコレからの日本は大丈夫?
 
『金にならない学問』は『役に立たない学問』ではありません。
 
種をまいてからその果実を得るまでには長い時間がかかります。
 
今回の本庶先生の研究から生まれたガン治療の話でもわかるように、私たちが現在享受している医療や科学技術は20年30年も前は小さな種だったのよ。
 
20〜30年どころか半世紀以上も前に撒かれているものもたくさんあるはず。
 
いつ、何に役立つかなんて約束できなくてもコツコツと研究を続けた結果が今頃になって世の中の役に立っている。
 
それを支えるのは静かに研究に集中できる環境と研究費。
 
それも東大や京大のようなところにだけ潤沢につけておけば良いってものでもない。地方の国立大学がやっているような小さくても良質な研究あってこそ土壌が豊かに耕されるというもの。
 
今種をまいて育てることを怠れば数十年後に困ることは必至だし、それに気付いた時には育て方を知っている人もいなくなってしまうのよ。
 
 
小学校でプログラミング教育も結構ですが、博士課程へ進んだ学生が卒業後も安定した環境で基礎研究を続けられるようにする方が大切だと私は思っています。
 
ノーベル賞級の先生方にはもっともっと声を上げていただき、各方面への働きかけにご尽力願いたいものです。
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

 
 

シャンプーの在庫を気にしないで済むのは快適だね♪【生活消耗品】

最近、浴室のシャンプーとコンディショナーを大容量の業務用に乗り換えました。
 
 
だってねえ一般的な350mL程度のボトルがあっという間になくなるんだもの…。
 
年頃のお子達が毎日どんだけ使ってるんだか!と怒りすら感じるペースですよ。
 
夏のあいだは特に消費が激しくて、詰め替える手間もさることながら在庫管理がも〜〜面倒!。
 
常に在庫を切らさないように『最後のひとつを使ったらお買い物メモに記入』というルールがなかなか家族全員に徹底されないのよ。
 
 
結局常に私が気にしていなくちゃならないので、それが煩わしくてたまりません。
 
 
というわけで業務用15Lのこちらを購入。
 
ジーラ シャンプー 15L
 
ジーラ コンディショナー 15L
 
いきなり15Lは危険なので、前もって通常サイズを買ってお試し。子ども達の反応も伺います。
 
ジーラ シャンプー&コンディショナー470mlセット
 
この通常サイズは随分とお高いのが残念ですが、業務用になるとぐっと割安になっているのもうれしい。
 
100mLあたりで計算するとドラグストアで買っているものより安いくらい。
 
そしてこの重い荷物を玄関まで届けてもらえるありがたさ。届いたらそのまますぐそばの収納場所にずずずっと持って行くだけだものね。
 
ほとんどの詰め替え商品に採用されているパウチの袋も嫌いだしね。
 
ドラッグストアの薄ーいビニール袋がピッと裂けて穴があいちゃうでしょ。
 
買物のたびに味わうあの小さなイライラともお別れだわよ。
 
 
この15L入りシャンプーとコンディショナー、業務用というだけあってパッケージはなんとも簡素。
 
非常用水タンクのようにコックで開閉できる注ぎ口の付いたビニール袋に詰められ、30cm角くらいの段ボール箱に入って届きました。
 
段ボール箱に入った状態でコックを使えるような仕組み。
 
心配なボトルへの詰め替えは、箱が重いのでちょっとコツがいるものの椅子等のちょっと高さのある場所に置いてしまえばなんていうことありません。
 
使い心地も全く問題なし。
 
シャンプーがノンシリコンなので濯ぐ時は若干軋みがちですが、コンディショナーを使うとサラサラに。
 
コンディショナーを濯いだ後に顔や身体にヌルヌルが残ることもなく快適に使っています。
 
 
注文時にボトルをつけてもらえるので、800mLのビッグサイズのものをお願いしました。
 
計算上は使い切るまでに1年以上かかりそうですが、これで詰替と在庫管理の煩わしさからは当分の間開放されそうです。
 
 
もう〜、トイレットペーパーも洗濯洗剤も歯磨き粉も在庫のこと気にしない生活を送りたい!!!
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

 
 

弾く時間がないのに買い込んでしまった3冊【ピアノ用楽譜】

台風だというのに、車で1時間以上かかるショッピングセンターにお買い物へ。
  
楽器店の前を通った拍子にフラフラと楽譜を大人買いしてしまいました。
  
  
1冊はピアノを習ったことのある人なら誰もがご存知のこちら。


  
何十年かぶりに地道な指のトレーンングをしようと思い立ったものの、40年以上も前に購入した楽譜がボロボロすぎて開くたびに崩壊していくので買い直すことに。
  
当時のお値段はなんと300円。
  
表紙のデザインが新たになった現在のものは1,200円+税なり。
  
  
他には上の子のご要望でディズニー名曲集。

本人は弾かないのよ。
  
『ディズニーの曲って聞いていると幸せな気分になるじゃん。これが家の中で流れてたらうれしいから誰か弾いてよ』だそうです。
  
好きな曲が一番たくさん入っているコチラを選んだのですが、『上級編』というだけあって、実際に弾いて見ると譜面ヅラから想像するよりはるかに難しかった…。
  
ポップス特有のリズムとか、ジャズっぽいコードとか、おしゃれなアレンジが多くてね。でもこれがサラッと弾けたら楽しそうなのでちょっと頑張ってみるわ。
  
  
あとは下の子が大好きなヒゲダンのピアノアレンジ楽譜。
  
キラキラおメメでおねだりモードなので『ハイハイ、ワカリマシタ』と全部で5,000円越えの楽譜をお買い上げ。

  
それにしても全音の定番楽譜の値段は妥当としても、ディズニーはちょっとビックリ。
  
たった14曲でこの値段とは、おそるべし「ディズニー代」…。
 
 
 
帰宅して早速ハノンを弾いてみました。
 
かつては調を変えたりリズムを変化させたりしながら、様々な組み合わせパターンで練習をしたはずなのに、1番をハ長調、ヘ長調、ト長調くらいまで弾いただけで腕がパンパンに。
 
昔の自分、結構頑張ってたんだなあ。
 
  
  
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ