どんな服を買えばよいのかわからない。

迷走ついでに、服装選びで最近気がついたこと。
 
【タートルネックやめるべし】です。
 
 
首周りがチクチクするとか鬱陶しい…っていう実用面ももちろんなんですが、最近どんどん似合わなくなっているんです。
 
 
若い頃は大好きだったし、結構似合っていたはず。
 
今でも店頭で秋冬の服を見ていると、タートルネックデザインがぱっと目に入り手にとってしまいます。
 
先日も、タートルネックでゆったりデザインの良い感じのワンピースがあったので試着してみたの。
 
あったかいしラクチンなわりにはちょっと素敵な奥様風。
 
買っちゃおうかなあと思って、試着室の外にいた下の子に『どお?』って聞いたら…。
 
 
 
『なんかさあ、ベイマックスみたいだよ。もっと襟が開いているデザインのようがよくね?』だって。ガーン。
 
 
あらためて鏡を見ると、たしかに顔の周りがもっさりしてるねえ。
 
 
 
 
ここで思い出したの。
 
顔の輪郭がぼやけてくる50代は、襟元を縦ラインに見せるのが大事です…ってテレビでやってたこと。
 
そういえば、最近自分で気に入ってよく着ている服は、広めに開いた丸首やボートネックだったりV型に開いたスキッパー襟が多い。
 
 
昨シーズンに色合いが素敵で買ったオレンジ系のセーターやチュニック丈のセーターも、全体のシルエットは好きなのに着てみるとなんだかあか抜けないんだよね。
 
もしかしたら、どちらもタートルネックだから?。
 
さらには、どちらもパンツを合わせたいのに例のユニクロジーンズと一緒に着ると、なんだかなあ…な感じ。
 
どちらも昔からの好みでつい買ってしまったものの、体系や顔つきが変わっているからイメージ通りに着られていないのね。
 
それが分かったところで、長年つき合ってきた好みから離れて服を選ぶのってすごく難しい。
 
 
 
スタイリストさんと一緒にお買い物に行ってアドバイスしてもらうサービスがあるらしいけど、使ってみたいなあ。
 
もちろんそんなお金ないんだけどね。
 
しかもデパートなんかに行って選んでもらっても、高くて買えないし。
 
 
 
自分に似合うものを選ぶコツを誰かに教えて〜!。
 
 
 
 
 
↓ ポチッとしていただけると更新の励みになります。
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

アラフィフのジーンズ問題。迷走中。

かれこれ10年近く履いているユニクロのジーンズがいよいよもって危なくなってきた。
 
サイズも形も気に入っているのだけれど、擦れるところの生地がうすーくなってきて、早く次のを買わなくちゃと思い始めて随分経ってしまった。
 
ユニクロって、定番がいつもあるようでいて無いんだよね。
 
この1年に何度か行ったけれど、すっかり膨らんでしまったこのお腹・お尻・太ももがネックでちっとも気に入った物が見つからない。
 
もうジーンズは卒業かなあと思いつつも、やはり1本はないと何かと不便。
 
 
今流行のピチピチスキニーは、むっちり感出まくりでなんだか痛いオバチャン感。オーソドックスなストレートだとただのおデブが作業着着てます..的になっちゃうのでいつも諦めて帰ってきちゃうんだ。
 
 
ブルーデニムでなければいいのかなあ、と同じ形でブルー・白・黒、サイズもきつめ・ゆとりといくつも試着。
 
白のスキニーにしようかと決めかけたところで同行の下の子に見てもらうと『え、白は膨張するじゃん、それにピチピチ。黒にしなよ』とおっしゃる。
 
 
その時点で疲れてしまっていたので、ワンサイズ上の黒をそのまま試着せずに購入。
 
 
が、間違いだった。
 
家で着てみると、太ももはむっちり腰回りがダボっ、裾幅広めですっごく太って見える。
 
いや、実際太っているんだからしかたないんだけどさ。あまりのダサイ姿。
 
ワンサイズ下に交換を考えるも、購入した店は車で片道40分。交換だけのために行くのはキツいなあ。
 
と思ったら、別の店でもいいんだって。しかも30日以内OK。
 
店が違ったり時間が経つと交換したい商品が無くなっている可能性もあるけど、そのときは返品でもいいしね。
 
 
 
 
 
と、ひと安心しているところで、昨日行ったコストコでLIVISのジーンズが安くなっている!
 
試着が出来ない上にこちらもスキニー。先日のユニクロジーンズでサイズはなんとなく把握できたのでかなり迷いつつもお買い上げ。
 
 
さあ、家で履いてみると…。
 
 
キッツイ!。
 
でも娘たちは気に入ったシルエットのためにはこのくらいのキツさはガマンするらしい。
 
 
さすが天下のLIVISだけあって、ピチピチスキニーな割には太ったオバチャンが履いてもなんとなく良い感じなんだよね。
 
 
でもこのキツさは苦しい。しゃがむのがやっとで、腹一杯食べたら間違いなくボタンがしまらんぞ。
 
 
うーん。どうする?
 
ワンサイズ上と交換するか?コストコなら翌日にちゃちゃっと行ける距離だし。
 
しかも、その姿を見た上の子は『ブルーデニムじゃなくて白とか履いた方がオシャレじゃん?』と下の子とは正反対のご意見。
 
 
ユニクロはワンサイズ下げて白に交換して〜、コストコLIVISはワンサイズあげて〜、が正解なのかどうか…。激しく迷い中。
 
 
 
 
そもそも、もう少し痩せろって話なんだけどね。
 
 
 
 
 
↓ ポチッとしていただけると更新の励みになります。
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

民間英語試験は導入延期でひと安心

大学入試の民間英語試験導入延期。
 
萩生田文科大臣の「身の丈発言問題」がきっかけとはいえ、よくぞ決断してくれたわ。拍手拍手。
 
 
 
英語の『読む・書く』力だけでなく、『聞く・話す』力が必要なのはもちろんよくわかる。
 
でもね、公立の小・中・高校の英語教育がそこをきちんとカバーできていない状態で大学入試の方向性だけ大きく替えるのは間違ってると思う。
 
 
しかも民間へ丸投げときたもんだ。
 
民間試験て難易度も目的や評価方法がそれぞれ異なっているのに、それで輪切り入試の合否判断に使うなんて、私のような素人が考えたって変だよなあと思う。
 
百歩譲って、各大学や学部がそれぞれの求める力に応じた民間試験を指定して受験を求めるならまだ分かるけど。
 
 
 
 
きくところによれば、英語の専門家が反対しているのにゴリ押しして導入を強く推進したのは、楽天の三木谷社長をはじめとする産業界の人達だったというじゃないですか。
 
もちろん彼らだけで制度を決められるわけではないけれど、経済界から強くプッシュされたらアベノミクスにも影響しそうだもの、議員さんやお役人もOKしちゃうよねえ。
 
 
 
 
大学で学ぶために必要な英語力と、ビジネスで必要な英語力って違うはずだし、なしくずし的に走り出しちゃった民間試験導入に疑問を感じていたのは受験生だけではないと思う。
 
 
もうねえ、日本語でさえろくにコミュニケーションできない人が形だけ英語使えてもダメなんだってば。
 
伝えるべきことを母国語できちんと思考できて初めて役に立つ道具なのよ。
 
そういう教育をおろそかにして捻出した時間を使って、役に立たない英語の授業を受けさせるなんて無駄。
 
中学校の英語の授業見たら、本当にがっかりよ。
 
あんな英語の授業やっているくらいなら、もっともっと思考力を鍛えたり論理的に自分の意見を伝える訓練をさせてほしい。
 
 
 
どうせネイティブ並の英語力なんて、インターナショナルスクールのような特殊な教育環境でなければ身につかないんだから、大学入試では読み書きの基礎力がキチンとついているかどうかをはかればいいと思う。
 
あとは大学に入ってから必要に応じて鍛えればいいんじゃないの?
 
 
 
 
すっかり振り回された受験生(特に現在の高校2年生)は本当にお気の毒でした。
 
我家も高校生がいるので、この話はかなり気になっていました。とりあえず対象からはずれてひと安心。
 
 
延期後最初の対象受験生となるのは現在の中学1年生。
 
それまでにキチンとした制度ができるのかなあ。先送りにしただけで、直前になってまたもやすったもんだするのじゃないのかしらねえ。
 
 
 
 
 
↓ ポチッとしていただけると更新の励みになります。
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

これって子育て世代に厳しすぎますか?

今日は子育てがほぼ終了したオバチャンの繰り言です。
 
イヤな気分になる方がいるかもしれないけど、ちょっと吐かせて。
 
 
 
 
子育て世代を暖かく見守る、子どもは社会みんなで育てるものだ、っていう意見は大賛成です。
 
でもね、ちょっとはき違えているんじゃない?って思う光景をよく目にします。
 
 
公共の場で騒ぐ、走る、お店のものを無意味に触りまくるなどなど。
 
子どもだからね、やりたいのは仕方がないの。
 
でも、それを笑って見ている保護者ってどうなの?
 
 
 
先日も、歯医者の待合室で2歳くらいの幼児と小学生くらいの2人のお兄ちゃんを連れたママ。
 
お兄ちゃん(大)の治療を待つ間、狭い待合室を裸足でウキャウキャ走り回る幼児の面倒をお兄ちゃん(小)に任せっぱなし。
 
陳列してある歯ブラシや歯磨きペーストなど(見本でなく売物です)をよだれだらけの手で触ったりママに見せに行ったりとやりたい放題。
 
ママは『あら〜イイネ〜。ナイナイしておいで〜。』とか言いながらスマホに目を落としながら笑っているだけ。
 
お兄ちゃん(小)はちょっと困った顔をしながらも、ママがダメって言わないんだからいいんだな…という態度。
 
幼児ちゃんと意思の疎通はしっかり出来ているのですから『いけないこと』と認識させる必要はあるのでは?
 
それともその行為が『いけないこと』で、やめさせるべきと認識されていない?機嫌良く過ごしている微笑ましい光景なのか?
 
その光景を見ながらイライライライライライラする私。こちらも子どもの治療を待っている間延々と繰り返されるその光景に、本に目を落としていても内容がちっとも頭に入りません。
 
ぬいぐるみなどが置いてあるキッズスペースがあるんだから、そこへ誘導せんかい!!!!!と心の中で何度毒づいたことか。
 
 
 
こども3人をつれて歯医者に来るだけでも大変なのはよくわかるし、家では怒ってばかりで疲れてるんだろうなあとも思う。
 
ちょうど魔の2歳児くらいでしたから、聞き分けのない幼児を公共の場で叱って泣かせないようにするのが精一杯だったのかも。
 
と、モヤモヤする自分を納得させて帰宅したのですが…。
 
 
 
 
そんなことを思い出させてくれたのが『○○珈琲』で大騒ぎの幼児の光景。
 
娘さんと孫ちゃんと一緒にお出掛けね。あら、素敵…と思っていると、え??
 
じっとしていられない○○ちゃん怪獣?テーブルにのぼる?コップの水全部に手を突っ込んでぶちまける?
 
「静か」で「おしゃれな」珈琲店で?。ご自分はホッとされたでしょうが他の紳士淑女はいい迷惑よ。
 
 
 
私だってね。マクドナルドとかファミリーレストランとかなら『あらあら大変ね』と笑っていられます。
 
私と同世代と思われるおばあちゃまが
 
静かな店内をぶち壊しました。お許しを~。どうぞ温かい目で~
 
って…。
 
もし私が静かな喫茶店でこんな場面に遭遇したら、温かい目では到底見ていられないです。
 
 
 
 
 
保育園や公園での子どもの声がうるさいとか言うつもりはないんですよ。
 
その場に合わせたルールや適切な行動を教えずに放置して知らん顔の保護者に憤りを感じているだけ。
 
もちろん叱るより褒めて育てるのは大事だけど大声で怒鳴りつけたりせずともにルールを教えることは可能だし、お行儀よくできる年頃までは大人のお店へは連れて行かないとか、騒ぎ出したら外へ連れ出すとか、そんなに難しいことではないと思うのだけどね。
 
 
 
 
こういう考え方も子育て世代に優しくないって思われちゃうのかなあ。
 
 
 

 
 
 
↓ ポチッとしていただけると更新の励みになります。
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

賞味期限の近い食品。買う派?買わない派?

スーパーでのお買い物。みなさま賞味期限の近い商品は買いますか?
 
私は積極的に買う派です。
 
 
馴染みの棚で黄色の『○○%引き』シールを見たらすかさずチェック。
 
 
パン・牛乳・生麺・納豆・漬け物などなど、その日が賞味(または消費)期限のものってまず置いてませんよね(肉魚、お惣菜や弁当、調理パンは別ね)。
 
たいていは翌日か翌々日あたりの日付がついています。
 
 
このように賞味期限が近いだけの値下げ品は、かなりの頻度でカゴに入れられてますよね。
 
期限が過ぎているわけでないのにお買い得なわけですから、節約を旨とする主婦は見逃すわけにいきません。
 
 
 
 
みんなどうなのかな〜と思うのは、値下げにはなっていないけれど賞味期限の異なる商品が並んで置いてある場合。
 
 
 
先日、近所のスーパーへ行った時のこと。
 
ふと気がつくと牛乳の消費期限が10/31〜11/5まで様々。陳列状態で約1週間の差があるんですよ。もちろん値引きシールはナシ。
 
その日は確か10/26日でしたから、一番期限の短いもので記載の日付は5日先。
 
 
 
その日私が必要だったのは5本。
 
一瞬悩んでから、10/31日のものを1本、11/3を2本、11/5を2本カゴに入れました。
 
 
何も考えなければ一番期限の長い11/5のものを5本買ってしまうところですが、よく考えれば1〜2日のうちに1本は使い切ってしまうはず。
 
2日に1本消費するとして11/1までに2本、11/5までにさらに2本は間違いなく使い切るはず。
 
多分もっと早く使い切るはずだから、これでも十分すぎるんですけどね。
 
 
納豆なんかも買ったらすぐに冷凍しちゃうので、2〜3日の期限の差は問題なし。売場にあるものの中で期限の早いものからカゴに入れるようにしています。
 
 
 
フードロスが社会問題になっている昨今、むやみに期限が先のものを買わないようにというささやかな心がけ。
 
肉や魚のような生鮮品などはともかく、お菓子やインスタント食品のようにもとから賞味期限が長いものは数日〜数週間過ぎたってどうということないと思うの。
 
生鮮品だって自分の鼻と舌を頼りに判断したい。消費期限の記載はその判断の助けにはなるけれど『絶対』ではないよね。
 
 
 
こんなことをわざわざ記事に書こうと思い立ったのは、ペットボトルの消費期限についてこんな記事を読んだから。
 
 
教えて下さったのは愛読している『おばさんの底力』というブログ様です。(直接リンクは気が引けたので気になる方は探してみてね。「50代主婦」カテゴリーです。)
 
 
ネタもとの記事はこちら。
 
賞味期限を過ぎたペットボトルの水は飲めるか、飲めないか?(web版産經新聞)
 
知らなかったわ〜。目からウロコ。
 
 
実は我家にもあったんです、賞味期限切れのペットボトルの水が。
 
今回の台風に備えようと避難リュックを開けてみたら、なんと期限が2011年と印字されている!
 
↑の記事に書かれていますが、年数が経過して内容量がかなり減っていたのでしょうね。ボトルがペッコリと凹んでいました。
 
幸い今回は古い備蓄品の出番もなかったし、新たに買い足したのもあって期限切れの水はコーヒーを入れるのに消費してしまいました。
 
 
 
自治体が災害用に保管するものや、普段水道水しか使わない家庭での備蓄品はうっかり期限切れになりそうですが、これを知ってちょっと安心。
 
水も食品も、期限が切れたから即廃棄ではもったいないからね。
 
 
 
 

↓ ポチッとしていただけると更新の励みになります。
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ