この歳になると胃腸の機能も衰えるのかしらね

大型連休中にお腹の調子が悪かった話。
 
 
普段からお腹が弱い方ではあるのですけどね、あそこまで酷かったのは久々というかはじめてかも。
 
5/3の夕食後に急降下して全て出し切ったあとも痛みが治まらず。
 
吐き気はほとんどなかったのだけれど、とにかく水分がどんどん出て行っちゃうのね。
 
普通だったら『今日は食べ過ぎたな』とか『脂っこい食事が続いたからね』とか原因もある程度想像できるし、だんだん納まるのだけど深夜になっても相変わらずだったのでちょっと不安になりました。
 
家族も寝静まった時間にトイレで手足が痺れて来て動けない。
 
「もしかしたら脱水かも?」と思ったところで水を取りにいけないしトイレ内の水道の蛇口もひねれないの。
 
腕でトイレの壁を叩き続けていたらやっとオットが気づいて起きてきてくれたけど、かなーり不安になりました。
 
水をゆっくり飲んでしばらくしたら手足のしびれは消え、なんとか布団まで戻りましたが、シクシクとしたお腹の痛みは朝まで続き、まんじりともせず過ごしました。
 
これが一人暮らしだったら…とか思ったらホント怖くなっちゃった。
 
翌日、翌々日と症状も変わらないし、連休中で医療機関も休みだし。
 
とにかく何か口にすると胃がシクシクし始まり、徐々に痛みが下に降りて行き最後はお腹を下すの繰り返し。
 
 
とりあえず食べなければ痛くはならないので、諦めて2〜3日絶食し水分補給だけで過ごしたところ、1週間ぐらいでようやく通常の食事がとれるようになりました。
 
それでもまだ心配なので、脂っこいものや刺激物、乳製品などは控え、量も普段の2/3〜1/2程度でガマンしています。
 
 
結局原因はなんだったのかしら?
 
自分ではこういうのを『胃腸炎』と呼ぶのかしらねえ…と納得して終わってしまいましたけど、そろそろ食生活にも気をつけなくてはいけない年齢になったのだと胆に命じたところです。

 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

改元で浮かれていても状況は変わらない。

改元と天皇の代替わりを祝う空気も、ここまでしつこいとちょっと行き過ぎな感が否めません。
 
これってマスコミが意識的に煽っている?。
 
おめでたい空気に水を注すつもりはありませんが、元号が変わっても私たちの生活は何も変わらないのになぜそんなに大騒ぎするのだろう…というのが私の本音。
 
深夜のカウントダウンとか、『平成最後の』、『令和初の』云々….。そろそろ落ち着いてもいいんじゃない?
 
 
これだけ世の中が浮かれているのをみると、ついつい江戸時代末期の『ええじゃないか』騒動を連想してしまいます。
 
経済的な格差や教育格差、児童虐待、年金や医療等の社会保障問題に加え半年後に迫っ消費税の増税。
 
山積みの社会問題から目をそらさせるためのお上の策略かと勘ぐりたくもなるというもの。
 
 
 
もちろん新しい天皇陛下には期待もしていますし、これをきっかけに世の中に新しい風が吹くといいなあとは思いますが、肝心の皇室にも問題山積ですものね…。
 
大型連休と改元が重なって多少の経済効果があるのならそれはそれでありがたいことですから、余裕のある方にはたっぷりとお金を使って景気アップに貢献していただきたいわ。
 
 
 
それにしても10連休の恩恵を享受できているのなんて公務員や大企業の正社員だけでしょうね。
 
サービス業に携わる人達の多くはウンザリしているよね。
 
接客業のパートに出勤しなくてはいけないのに子どもを保育園に預けられないとか、自分は出勤なのに連休で家にいる旦那さんや子どもの食事の心配を10日間も!?とかね。
 
 
ハタラケドハタラケドナヲワガウラシラクニナラザリ。
 
 
書きたいことはいろいろあるけれど、私も『ええじゃないか、ええじゃないか』と全てを投げ出したくなってきたよ。
 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

新たな皇后陛下の誕生に思うこと。

連休の前半は、天皇退位、平成の終わり、令和の始まりと祝賀ムード一色ね。
 
新聞もテレビも30年を振り返る特集で埋め尽くされています。
 
テレビをつけていると懐かしい映像や皇室の歴史・神事の解説などなどに釘付けになってしまいあっという間に時間が過ぎちゃう。
 
仕事に出かけるために、ゆっくり見てもいられないのが丁度良いくらい。
 
一連の報道で私が一番印象的だったのは、昨日の雅子様のお姿。
 
車の中から沿道の人達に向ける笑顔の晴れやかなこと。
 
 
25年前のご結婚当時、現代的なスーパーウーマンが皇室に入ることに私はとても期待していたの。
 
世の中の景気は盛り上がり、女性の社会進出が高まっていた時期。
 
そんな才媛が皇室に入ってしまうなんてもったいないとか、民間人には想像できないような苦労が待ち受けている世界へ入ってしまうなんて….、という気持ちももちろんありました。
 
お祝いする気持ちはあっても『本当にいいのかしらね』という空気は同世代の女性の中でかなり強かったと思います。
 
でもね、自分と同世代の才媛が外交官の道を捨てて皇室に入り、むしろ一般の外交官では不可能な『皇室外交』という道でその力を存分に発揮できる、ということに明るい希望を持ったの。
 
もちろんバラ色の道ではないでしょうけれど、民間から皇室へ入り古い慣習と戦いながら3人のお子様を育てた皇后陛下のもとならば、平成の皇太子妃も新たな形での皇室の役割を果たされるだろうと思ったのです。
 
 
でも皇室というところはそう簡単な世界ではなかったのですね。
 
その後のご懐妊騒動から出産育児に続く「適応障害」。
 
みるみるうちに不安そうな硬い笑顔になっていかれるさまは見ていてもつらいものでした。
 
世の中には自分の努力だけではどうにもならないことがあるのだと、初めて感じられたのかもしれません。
 
 
 
最近では少しずつ明るい笑顔を見せて下さることが増えたなあと感じてはいましたが、昨日のあの華やかな笑顔!
 
清々しく晴れやかな表情、輝くような笑顔にご成婚のパレードを思い出してしまいました。
 
同世代の女性として、今度こそどうか存分に力を発揮していただきたいと応援したい気持ちでいっぱいです。
 
 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

キッチンでもアウトドアでも焼きサンドは楽しいね

新年度から始まった子どものお弁当。
 
ときどき登場する焼きサンドに使っている道具がこちらの『バウルー』。
 
我家では『焼きサンド』とか『ホットサンド』と言わずに、『今日はバウルーにする?』です。
 

 

購入してから10年くらい経ちますが、我家での使用頻度はかなり高い道具です。随分使い込んだ感が出てきてるね。
 
 
 
ガスコンロに乗せるだけなのでフライパン感覚で使え、電気を使うものより断然手軽。
 
「棚から出す → コンセントを差す → スイッチを入れる」
 
って、ささいなことなのだけど私にとっては結構手間に感じるんです。作業スペースも必要だし。
 
8枚切りの安〜い食パンを常備しておけば、中身はホント何でもOK。一番簡単でよく作るのがハム&チーズ、ベーコン&目玉焼き、バナナ&チョコ。
 
先日の弁当では残り物利用のドライカレー&チーズでしたね。
 
弁当も含めて朝から毎日活躍です。
 
下の子の朝ご飯は白米プラスパン系のもの。
 
菓子パンやコストコのマフィンを買っておくことも多いのですが、私に気力と時間の余裕があればバナナ&チョコやチーズハムといった手のかからないバウルーを作ります。
 
 
 
休日のお昼ご飯なら焼きそばや前夜のカレーの残りなども加え何種類か用意すると、お手軽な割には楽しいメニューになるので助かっています。
 
 
マンネリ中身になりがちなので、こんなサイトを覗いては新たな具材も開拓中。
 
Baw Loo 【バウルーホットサンドカフェ】
 
 
天気の良い日はベランダにカセットコンロ持ち出すだけでもピクニック気分だし、GWにキャンプに行く予定の方には超お薦めの料理道具。
 
火さえあれば簡単に作れるし、かさばらずに持って行けるからね。
 
いろいろな具材を持って行って各人お好みの組み合わせで作ると楽しいよ!
 


 
 
アウトドア用品のメーカーからもいろいろな形のものが出ているようですね。
 
【アウトドア&スポーツ ナチュラム】

 
↓ このコールマンのロゴが焼き色になるのカワイイ〜。
 

 
 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

オムライスの卵は塩味で【弁当の記録】

2019.4.18(木)
・ オムライス
・ ブロッコリー
・ レトルトミートボール

 
オムライスの具は5mm角に切ったハム、冷凍コーン、冷凍枝豆。
 
味付けはケチャップと塩コショウ。さらにガーリックパウダーをひと降りするとお店っぽい味になるの。
 
上に乗せた卵、いつもは塩コショウなのにどういうわけか砂糖で味つけちゃったのね。
 
しかも用意してあったはずのミニケチャップをなぜか入れ忘れてしまったのよ。
 
 
帰ってくるなり『どうしてオムライスの卵甘くしちゃったの(怒)』と叫んでました。
 
今日の弁当は卵が甘くなかったら完璧!だそう。レトルトのミートボールがお気に召したみたいで。
 
素敵な弁当への道のりはまだまだ長いね。

 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ