ただいま休憩中なり

我が家では、普段過ごすスペースは茶の間・仕事部屋・台所を開け放ってワンルーム状態になっています。
  
ところが最近、茶の間と仕事部屋の間にあるガラスの引き戸を閉め切って『ひとり部屋化』するのが下の子のマイブーム。
  
学校から帰ってきて勉強を始めると『今からひとり部屋でーす』といいながらガラガラっと戸を閉め切ってしまいます。
  
そうすると『勉強中』の札がかかるのですが、途中休憩するときは『きゅうけい中』に替わります。
  
kyuukei

  

どう見ても『きゅうけい中』の札がかかっている時間が一番長いんですけど….。

  
それよりも自分の机で勉強してよって思うんですけどね。大きな茶の間のテーブルにいろいろと広げて、床にベタ座りが落ち着くみたい。オットお手製の机はパソコンデスク専用と化しているようです。

こどもの歯ぎしり

我が家の下の子、歯ぎしりをするんですよ。
頻繁というほどではないのですが、寝ている間にちょっとした不快感がある時に『キリキリキリ』と聞こえてきます。
 
不快感といってもたとえば大きな音がした時、布団がずれて違和感がある、何かに邪魔されて体の位置が心地よくないとかちょっとしたことです。
 
それを話題にしたら、最近本人が気にするようになってきたんです。
多分宿泊学習や修学旅行、いとこ同士での旅行など、他人と一緒に寝る時に恥ずかしいかも…と思うようになったのかもしれません。
 
今日行きつけの歯医者さんにちょっと聞いてみたところ、気になるようなら『ナイトガート』という夜用のマウスピースを装着してはどうかと勧められました。
健康な歯がすり減ってしまうのはできれば避けたいですからね、と。
 
乳歯が残っている状態では作れないけれど、うちの子の場合全て永久歯に生え変わっているので可能とのこと。型取りも短時間ですむし保険が適用されるので5,000円程度で作れるそうです。
 
受付の方がやはり利用しているらしく『私も歯ぎしりするんです〜。ほら尖っているはずの犬歯が平らでしょう?歯科医院に努めるようになってからナイトガードするようになったんですよ』と歯を見せてくれました。
 
ただ、慣れるまでは違和感があるのと、睡眠中口を完全に閉じられないために朝起きた時に口の中が乾燥してしまうのだそう。

 
あとは子ども本人と相談してみることにしました。

 
 

帰宅してからネットで調べてみたら、幼少期の歯ぎしりはだんだん治っていくそうです。
ストレスが原因では…という心配についてちょっと気になったのは、ある程度の年齢になっても歯ぎしりする子の性格の特徴が

「責任感が強い」
「怒りっぽい」
「不安感が強い」
「悲しみを感じやすい」
「いらいらしやすい」
「短気である」
「自己規制をする」

とあったこと。

全部あてはまるんですよね〜。
親としては前々から気になっていたこの性格。歯ぎしりに影響しているのかも。

CALZANORのサンダル

カルザノールのサンダルをやっと買うことができました。
何年も前から気になっていたものの、毎夏買おうとする頃になると、既に好みのデザイン・サイズ・色の3拍子が揃ったものは売り切れ…。

ところが昨日近所のショッピングモールで発見!たしかこのショップで昨年も見かけたのだけれど好みの色が在庫切れでがっかりした覚えがあります。
試着してみるとサイズもOK。デザインも色も好み通りです。

calzanor01

 

calzanor02

ネットで探せばもっと安く買えたかもしれませんが、いつも手に入れ損なっているので迷わずゲット。サイズは36を選びました。
 
普段は、革のパンプスは伸びを考慮して22.5cm、スニーカーは23cmをはいているのですが、歩き回ったあとだったせいか35はあまりにもきつく、伸びるのを期待する気にもならなかったので36をチョイス。翌朝もう一度履いてみたら、『伸びたらゆるくなってしまうかしら…』とちょっと心配になって何度も何度も家の中で試し履き。
 
よくネットのレビューで『作りが幅広』と書いてあるのですが、選んだデザインは爪先がかなりシュッと細くなっていて伸びてもそうブカブカにはならなさそう。ホールド感もあるので大丈夫そうなので、交換まではしませんでした。

 
そしてこのモデル、直輸入品ではなくてMELROSE CLAIREとのコラボ品のようです。並行輸入品を扱っているお店では見かけないデザインでインソールもジュートむき出しではなく、表皮のスエードより目が細かくなめらかな革が貼ってありクッションが入っていてかなり履きやすそう。幅広でクロスになった甲のデザインとヒールの高さがとても足をすっきりと見せてくれます。
 
私はMELROSE CLAIREの店舗で買ったのですがこちらのもの(←2016年5月現在リンク切れです)も多分同じだと思います。

 
 
もともとはこちらのデザイン↓のネイビーを買おうかと思っていました。

↑2017.8.1現在リンク切れです。

 
 
似たようなデザインで随分と魅力的な値段のものもあるのですね。

最も活躍している子どものおもちゃ ーおえかきせんせいー

我が家でもっとも長い期間愛用されているこどものおもちゃ。それは『おえかきせんせい』。

oekakisennsei
タカラトミー社が販売している『せんせい』という商品名の知育玩具でナント!35年もの歴史があるそうです。


我が家にあるのは↑コレのオレンジのもので買ったのは10年くらい前かなあ。
描くときは先端に磁石がついたペンでなぞるだけ。消すときはつまみを左右にシャッと動かすだけ、というシンプルな動作で使えるのがポイント。
この不思議なお絵描き玩具。ミクロン単位の磁性体粉を分散させた液体がスクリーンに入っているのだそう。磁石の付いたペンでなぞると沈んでいた磁性粉が表面に引き付けられ、磁性粉の色が黒いのでペンでなぞった部分が黒い線に見えるんですって。
 
消すときは、スクリーンの下に入っている磁石のバーを左右に動かすことで、スクリーン表面に上がっている磁性粉が引っ張られて下がり、スクリーンがきれいになるという仕組み。

 
なるほどね〜。以外と単純なつくりなのね。
 
下の子が赤ちゃんの頃おばあちゃんに買ってもらったのだけれど、いまだに毎日毎日使っています。レゴに触らない日はあってもこれに触らない日はないのです。おもちゃというよりは生活の道具になっていますね。

しかもこんなにヘビーユースしているのに、スクリーンがちょっと汚くなってきたくらいで壊れることもありません。なくしやすいペンが別売りされているのもポイント高いです。

本棚ができた!

何年も前から懸案になっていた本棚。
市販のものではなかなか気に入ったものがなく値段も折り合わないので、オットに作って欲しいと前々から頼んであったのものがようやく実現しました。
 
希望事項は
1.天井まで届く高さにして壁に作り付けのようにして欲しい。
2.棚サイズは、ナショジオ・水戸芸の図録・絵本が収納できる高さと奥行き
3.家計を圧迫しない材料費
の3点です。

 
手に取りやすい場所においてある本はマメに見るのですが、手の届きにくい戸棚の奥に押し込まれていたナショジオのバックナンバーや展覧会の図録は手に取る機会がなくなっていました。

ちょっと一休みしながらパラパラめくるのにはもってこいないのに、もったいないな〜と思っていたのです。

で、できあがったのがコチラ↓
 
bookshelf
 
背の高い『ミッケ』シリーズや先日買った『マップス』も余裕で収納。ロッキングチェアーの定位置をこの本棚の前にしたら、子供たちも結構いろんな本を手にとってゆらゆらくつろぐようになりました。
 
子どもの本専用に使っていた従来の棚もすっきりとして、気分スッキリ!!