図書館の民間委託について、私のもやもや

武雄市立図書館問題、一気に燃え上がっている感がありますね。
  
  
2013年4月に、TSUTAYAを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が指定管理者となってリニューアルオープンした武雄市立図書館。

  
TSUTAYAが図書館事業に参入というのは『さもありなん』ですが、当時何に驚いたかといえば図書館の利用カードにTポイントカードを使うということ。
  
Tポイントカードって、購入履歴が全部カルチュア・コンビニエンス・クラブに把握されてしまうわけで、自分の貸出履歴も把握されちゃうってことでしょ?

  
オープン当初、それとこれとは紐付けしないって言ってたような気もするけれど、どこかでこっそり使われてたら嫌よね。
  
公共図書館において、誰が何を借りているのかは貸出中のみ管理されていて、返却したらその記録は消えるということがとても重要なわけで、アナログで管理されていた時代から様々な方法が工夫されてきたのですよね。
  
それが、民間の営利企業に把握蓄積されてしまうなんてビックリ仰天です。
  

公共図書館としてオープン前からいろいろな懸念が取りざたされてきましたが、『民間の経営感覚を取り入れる』とか『費用削減』とかで押し切られてしまったようですね。
  

現在大きな問題になっているのは、リニューアルオープン時に購入した本のほとんどが、CCC傘下のネットオフから購入した時代遅れの中古本で選書がめちゃくちゃという点のようです。

 
その件について、ツイッターから火がついてテレビ朝日や日経新聞などでとりあげられたことで、武雄市やCCCから公式のコメントも発表されたようですね。
 
 
・武雄市図書館リニューアルオープン時の蔵書購入について【武雄市役所がお届けするたけおポータル2015.9.11】
・武雄市図書館の蔵書について【カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社2015.9.10】
 
 
このCCC社長のコメントの中でとても気になったのが↓このくだり。

 追加納入蔵書について調査した結果、リニューアル開館から2015年9月9日までの約2年半で一度も借りられていない蔵書が1,630冊ある事が判明致しました。

 
別に一度も借りられていない蔵書があることが問題じゃないってわかっているんだろうか….。
 
リニューアル時に貴重な郷土資料を追いやってしまったという話も聞くし、なんだかなあ。
 

もしかしたら司書資格を持ったスタッフがいないとか!?
いくらなんでも、そんなはずはないですよね。
 

神奈川県の海老名市や愛知県小牧市、宮城県多賀城市、その他にも続々とCCCがからんだ公共図書館の計画が進んでいるそうですが、大丈夫なのかしら。
 
もちろん民間の経営感覚を取り入れることで、年中無休で開館時間も長いとかWEBサイトが見やすくて使いやすいなど、利用者にとって嬉しい部分がたくさんあるので一概に民間委託が悪いとは思いません。
 
むしろ、どんどん参考にしてお役所的な感覚から抜け出して欲しいのもやまやま。

 
私の住む自治体でも来年度から図書館に指定管理者制度が導入されるということなので、武雄市立図書館の問題は人ごとではありません。
 
税金を払う一般市民としては、なぜ公共図書館が必要なのかという基本の部分だけは外さないでほしいと願うばかりです。
 
 
tora

レ・トワール・デュ・ソレイユのトートバッグ♪

レ・トワール・デュ・ソレイユのトートバッグ買っちゃいました。
  
近所のショッピングモールのバッグ屋さんの一画にレ・トワール・デュ・ソレイユのコーナーがあるんです。
  
初夏に立ち寄ったときはブルー系の爽やかなバッグを迷いに迷って買わずに帰ってきたのですが、今日は誘惑に負けて買ってしまいました。
  
レ・トワール・デュ・ソレイユのストライプはどれもこれも素敵!
ポーチなんて値段手頃なので、あれもこれも欲しくなってしまいます。
  

初のレ・トワール・デュ・ソレイユは、シーズンを問わずに持てそうな『トムマルチ』というストライプ。
  
革の持ち手がブラックなので、布地はカラフルながらも全体の印象はシックなのが気に入ってしまったのです。
  
tote1

  
 
底が20cm角の正方形なので、横から見た印象はコンパクトですがたっぷりと入りそう。
ハリポタのハードカバー・ノート・文庫本、お財布に携帯を入れてみました。
底が正方形だと、こういうものをたくさん入れてもパタッと倒れないのがいいですね。
  
これならお弁当と水筒を入れて出かけるのもラクチンそうです。
  
tote2
  
ジッパー付きなのでトートバッグにありがちな『中身が丸見え〜』ということがないのもGOODです。
 
tote3
  

帰宅してからオンラインショップを見てみたところ、『カレ43トート』という名前の商品でした。

  


  
私が購入した持ち手とトリムの革が黒いのは公式オンラインショップでしか見つけられませんでした。

iPhoneをOCNモバイルONE音声対応SIMへ乗換え(4)

5月の連休に【ソフトバンク+iphone】から【OCNモバイルONE+iphone】に乗り換えて3ヶ月ちょっとが過ぎました。
 
OCN モバイル ONE データ通信専用SIM 500kbpsコース

 
7月請求分(6月利用分)からようやく正規の請求内容になったのでその後の記録として追記しておきます。
 
(1) OCNモバイルONE/基本料・・・・・900円
(2) モバONE/SIM(音声)利用料・・・700円
(3) ユニバーサルサービス料金(ONE)・・・2円
(4) OCNモバイルONE初期工事費用・・3,000円
(5) モバONE/通話料・・・・・・・・・・120円
(6) 050plus国内通話料・・・・・・・・8円
(7) 050plus携帯通話料・・・・・・・32円
(8) OCN光モバイル割・・・・・・・・(-)200円
(9) 消費税・・・・・・・・・・・・・・・・364円
 
合計4,926円でした。
(1)〜(3)の部分+(税)が基本料金的な部分です。
 
今月だけは(3)の初期工事費が余計にかかるので、正味1,686円ということですね。自宅もOCN光回線を使っているので200円割引になっています。

 
利用データ容量は『150Mbps 110MB/1日あたり』という一番小さなコースを使っていますが、全く問題なく使えています。
 
家にいるときはWiFiを使うし、外でヘビーなネットユースをしないので1日110MBを使い切ってしまうことはほぼありません。
 
音声通話は20円/30秒の従量制ですが、050plusというIP電話アプリを利用すればそんなにかからないようです。
 
こうして見ると、ソフトバンクを利用していたときは端末代が上乗せされていたとはいえ毎月約6,000円を払っていたわけですからMVNOに変えたことで月々の支払が2,000円程安くなったということです。
 
しかも、2年経ったら端末代の分そっくり減るのかと思ったら、なんだったかのサービス代が新たに加わる(2年間は無料のサービスだったらしい)ことで、結局あまり変わらないというがっかりな感じだったので、我家はMVNOに乗り換えて正解でした。
 

ただひとつだけ『え〜!?』っと思ったことも書いておきますね。
 
近頃のプリント式シール機(所謂プリクラ)は撮影した写真を携帯電話(スマホ)に送ることができるようになっているのですが、携帯電話会社のキャリアメールアドレスを持っていないとそできないプリクラ機がほとんどなんですよ。

 
SIMフリーの端末を使うということは、メールアドレスは契約プロバイダ(OCNモバイルONEならOCNのアドレスですね)やGmailなどのフリーメールを使うということ。
 

なにか裏技があったら知りたいものですが、ちょっとググっても見当たりませんでした。
 

それどころか、キャリアメールアドレスを持っているお友達に頼んで、プリクラを代理で受け取ってもらうという人もいるようです。
 
お友達同士ならまだしも、ネット上で見ず知らずの人にまで頼んでいるケースも見受けられました。
 
それが発端となって友達同士のトラブルが発生したり、場合によっては見ず知らずの人に自分の写真を預けてしまうというとても危険なことになってしまいますから、注意が必要だと思います。
 
 
sabi

図書館の相互貸借サービスを利用してみた

図書館には『相互貸借』というサービスがあります。

 
探している本が自分の住む自治体の図書館に所蔵されていない場合、離れた図書館から取り寄せてくれるサービスです。
 

ひょんなことから是非読んでみたくなったこちらの本。

sougotaisyaku1
 
『ブルドーザ物語』
 
ある企業(現在はその社名では存在していない)の社史のような出版物で、発行されたのも50年近く昔のことです。

 
インターネットで調べてみたところ、北海道の大学図書館と神戸の大学図書館に所蔵しているところまで突き止めることができました。
 
とはいえそんなに遠くの、しかも大学図書館の資料を借りるというのも何かためらわれて、しばらくその件は放置していたのでした。
 
ところが先日県立図書館を訪れた折、館内に『相互貸借をご存知ですか?』というような大きなポスターが貼られていたので、やはり相談してみようかな…という気持ちになったのです。
 

2階のレファレンスカウンターで相談してみたところ、まずは県内のデータを調べて下さったのですがやはり近くの図書館には所蔵がないようでした。
 
5〜10分程やり取りした後、本のタイトルと著者名を『相互貸借申込書』に記入し、自分で調べて来た結果のプリントアウトをに職員さんに預けて帰ってきました。
 
するとどうでしょう3〜4日後に図書館から電話があり、用意ができたので一週間以内に受け取りに来て下さいとのこと。
 
早速県立図書館に向かい、1階の貸出カウンターでその旨を告げると特別な手続きもなく、通常の貸出同様にお借りすることができました。
 

相互貸借資料に関する注意書きがA5サイズにプリントされ、本にはさんであるだけです。

自館資料の貸出と異なるのは、返却はブックポストを使わずに必ずカウンターで行うことぐらいでしょうか。
 
sougotaisyaku3
手にした本は思いのほか小さく薄いものでしたが、内容は素晴らしいもので『思い切って借りてみてよかった!』と思いました。
 
発行部数が少なかったり一般に流通しなかったような古い資料が、こんなに手軽にお借りすることができるなんて、本当にありがたく素晴らしいサービスだと思います。
sougotaisyaku2
 

裏紙利用の小さなメモ用紙愛用中

年のせいなのか、最近本当に忘れっぽくて困っています。
 
学校や地域の集まりごとや立哨当番などの予定は、スケジュール帳・キッチンの卓上カレンダー・洗面所の壁掛カレンダーと3つのカレンダーに書き込んで、とにかく朝から晩までしょっちゅう目につくようにしています。
 
洗い物をしながらや歯を磨きながらカレンダーを眺めては『今日は何があったかな?』『明日は?』
 
さらに携帯電話のスケジュールにも入れておき、家を出る30分前にアラームが鳴るようにセット。
 
さすがにここまで年を入れておけばうっかり約束や当番をすっぽかしてしまう危険はかなり小さくなります。
 
 

ただ困るのは、毎日のちょっとした用事。
例えば給湯機の灯油を入れておくとか、誰かに電話連絡をするとか、礼服のクリーニング、事務用品の補充など、期限がハッキリ決められてはいないけれど、近日中に片付けなくてはいけないちょっとしたことです。
 

こういう些細なことって、思っていても家の中をウロウロしているうちにすぐに忘れてしまうんです。
で、夜になってから『あ!忘れてた!』と思い出したり、せっかく車で出かけたのに必要なものを持っていなかったり…。
 
田舎に住んでいると、ちょっとした用事のために半日潰れてしまったりするので、車で家をるときにはなるべく効率よく複数の用事を済ませないとなりませんからね。
 

頭の中でのメモ力が極端に落ちてきたことで、自分にかなりイライラするようになってしまったので、最近は思いついたらすぐに紙にメモして机の上にとりあえず置いておくようにしました。
 
そんな時に惜し気なく使えるのが、A4の裏紙を8つに切った小さなメモ用紙です。
 
一日の大半を過ごすiMacの前と、これまた居る時間の長い台所の冷蔵庫の脇にこの裏紙メモ用紙を常備。
何かを思いつく度にさっと書いて、済んだら丸めてぽいっと捨てるのに心が痛みません。
 
ノベルティなどでおしゃれなメモ帳とか結構頂くのですが、まっさらなものをサッ&ポイするのは忍びなくてね…。
 
昨日もミスプリントが出たので20枚ほどを8等分しておきました。半分はバラバラのままLEGO製メモ差しへ、残りは天を木工用ボンドでとめてピリッと剥がすタイプにしました。
memo
 
この剥がすタイプは、切り口をトントンと揃えたらズレないようにしっかりと持ち、揃えた天の部分にたっぷり目に木工用ボンドを塗り付けます。紙がぴっちり押さえられた状態になるようダブルクリップ2〜3個で挟み、ボンドが乾くまで(30分位?)放置すれば簡単にできます。
memo2
 
私はおしゃれに飾ったりするタイプではないのでそのままで使いますが、厚紙で表紙裏表紙をつけたり天の部分をマスキングテープでくるんで仕上げている方もいるようです。
 
 

このメモ用紙を使うたびに、裏紙を使い切った小さな満足感が湧いてきて心の中でガッツポーズをしています。
 
もちろん注意深くプリントアウトしてミスを出さないことの方が大事なんですけどね。

 
 
【2015.9.5写真追加しました】