ラクチンクリスマス【覚え書き】

昨夜は、子供たちの都合で1日早くクリスマスの食卓にしました。
 
クリスマスの食卓といってもクリスチャンでもなんでもない我家、みんなの食べたい物を揃えるだけなんだけどね。
 
 
昨年の手抜きに味をしめて今年も出来合い品のオンパレード。来年のためにメモしておきます。
 
・ モスチキン人数分(@250円)
・ コストコフードコートのピザ2ピース(@300円)
・ コストコタキシードケーキ(@2,698円)
・ スーパーの手まり寿司セット
・ スーパーのカットフルーツ+コストコシードレスグレープを盛り合わせ
・ カットサラダ+ポテトサラダ+スモークサーモン(全てスーパーの総菜)
・ パンプキンスープ(紙パックを温めただけ)
・ ワイン、シードル、シャンメリー
 
 
 
買ってきた物をただただ盛り合わせただけ(笑)。ここまで何も作らなかったのは今年が初めてかも。
 
 
今回利用したのは我家からは少し遠いけれど、モスバーガーの目の前にあるスーパーK。
 
昨年子供たちだけで買出しをしてくれたときに、ここがとてもよかったというので今回私も初めて覗いてみることに。
 
 
いつも利用する近所のスーパーとの違いに圧倒されました。
 
予算に合わせてあれこれ選べる品揃え。クリスマス時期に合わせた盛りつけや店内の雰囲気づくりも上手。
 
何といっても『買え!買え!』圧力が少ないのがとっても好印象。
 
気取った高級店というわけではないけれど、せかせかしたBGMやお買い得品の店内放送がなく、とっても気持ちよく楽しくお買い物ができるの♪。
 
カット野菜やカットフルーツも、素材の組み合わせ方や盛り付け方を工夫することでお値段高めの華やかなものもあれば、カットして容器に入れただけの割安なものまで様々。
 
 
入口入ってすぐのお花屋さんでは小さなブーケが350円。色の組み合わせ方も豊富で心憎い。
 
滅多に買わないお花までついつい買っちゃいましたYO。
 
 

 
 
 
↓ ポチッとしていただけると更新の励みになります。
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

 

マイクロファイバークロスとセスキスプレー【年末掃除】。

掃除用ファイバークロスの記事へのアクセスがグッと増えて、年末を感じているところです。
 
 
 
昨年も、ちょうど今頃このファイバークロスのことを記事にしていましたね。
 
 
苦手なのでせめて道具でなんとかしたい【掃除】
 
 
 
 
もしかしたら皆さん、今週末あたりから始めるの?
 
私は、目の前の仕事を片付けるのとクリスマス買出しまでで頭がいっぱい。
 
ただでさえ掃除嫌いなので、大掃除にまったく気持ちが向いておりません。
 
 
 
 
このファイバークロスとセスキスプレーでグッとラクチンになることを知ってからは、手を付けるのがますます遅くなっているかも。
 
 

激落ちクロス お徳用5枚入

新品価格
¥362から
(2019/12/20 20:26時点)


 
 
セスキスプレーは500mLのスプレーボトルに小さじ1杯溶かすだけ。
 
↓このくらいの量を購入すれば、よほどのお掃除マニアでなければ半年以上もちます。
 
 
初めて使ってみる方は、くれぐれもKg単位で買わないようにね。
 

【 令和・新元号セール12/20 】地の塩社 ちのしお アルカリウォッシュ 50g ( 家庭用ソーダ セスキ炭酸 ) ( 4982757811176 )

価格:66円
(2019/12/21 08:02時点)
感想(0件)


 
 
スプレーボトルは500mlが便利。100円ショップでも売ってるのかな?お風呂洗い洗剤なんかの空きボトルを再利用しても。
 

スプレーボトル500ml(霧吹き)青/白トリガータイプ 詰め替え容器│除菌剤・殺菌剤等の詰替にスプレー容器 アルコール可 5000円以上送料無料

価格:226円
(2019/12/21 08:00時点)
感想(48件)


 
 
 

↓ ポチッとしていただけると更新の励みになります。
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

 

持ちよりの集まりで気を付けることって?

朝日デジタルでこんな記事を読みました。
 
 
持ち寄り名人・相手をわずらわせず!~『料理が苦痛だ』著者が教える持ち寄りパーティーの極意
 
手土産名人・ホストをわずらわせず!~『料理が苦痛だ』著者が教える、手土産上手になるヒント
 
 
こんな本を書いた方だそうです。発売されたばかりね、気になる〜。
 

おもてなしが疲れる: いつもの料理で人を招く

新品価格
¥1,595から
(2019/12/20 10:22時点)


 
 
最近でこそ減りましたが、『集まって飲む・食う』が多い我家。この記事にはウンウンとうなずくことばかりです。
 
 
 
 
ホスト側からすると、たいした用意をしないつもりでも普段通りに行かないことばかりで既にてんてこ舞いなんです。
 
満杯の冷蔵庫、普段使わない食器まで総動員、洗い物のカゴは山盛り。
 
来訪者がかけさせる手間は、ひとつひとつは小さくても積み重なるとかなりの負担。
 
まず準備でぐったり、食べ始まってからも皿・カトラリー・卓上調味料のお世話などなど。
 
終わったら大量の洗い物にゴミの始末。
 
 
 
できるだけ来客にも動いてもらっちゃう派ではあります。
 
親しい面々はわが台所のどこに何があるかを把握していてチャッチャと動いてくれるので。
 
さりげなく動いてくれていて、私の気づかないうちに洗い物がすっかり終わってたりということもしばしば。
 
 
 
そんなやり方でも会場提供側は結構疲れます。ですから自分が訪問する立場になった時には何を持って行くか結構悩みます。
 
 
何度となく招く側を経験するうちに、持ちより会や手土産に関して出来上がった自分なりの基準はこんな感じ。
 
 
 
1.常温で置いておけるもの
2.訪問先の台所道具や食器を借りないで済むもの
3.終了後のゴミの始末の負担をかけないもの
 
 
これらをクリアできるものって何かなあ…と毎度毎度考えているうちに次第に固まってきたのがこんなメニュー。
 
【ご飯系】
小さなおにぎり・ひとくちサンドイッチ。
 
【副菜系】
唐揚げ・肉団子
 
【サラダ系】
ポテトサラダ・ピクルス
 
【甘いもの】
ワッフル・パウンドケーキ・スイートポテトなどの焼き菓子やシュークリーム。冷蔵の必要がないフィリングを使ったタルト。
 
 
ポテトサラダなんかはお弁当用の小さなカップなんかに予め小分けすると現場で食べやすいね。
 
お重に入れて行けば訪問先で蓋を開けるだけでOK。大皿を借りる必要もありません。
 
簡単につまめるメニューなら紙ナプキンとピックで済むので、取り分け用の皿をたくさん使わず洗い物も増えないしね。
 
シチューやカレーを保温鍋ごと持参しても良いけれど、普通の家庭では丼状の食器をたくさん持ってないし、かといって使い捨ての深皿を持って行ってもゴミを増やしちゃうから悩むところ。
 
 
 
お重って、持ち運び・保存・食器と何役も果たしてくれる有能な道具。訪問先で風呂敷解いて蓋を開けるだけ、終了後はささっと蓋して持って帰ってしまえばいいでしょ。
 
タッパーに比べて見た目が華やぐのもちょっといいなあと思っています。
 
場合によっては雑に扱っても心配のないパイレックスのふた付保存容器もいいよね。
 

イワキ 保存容器 パック&レンジ 浅型 L (大) 1.2L ホワイト KN3248-W

新品価格
¥1,320から
(2019/12/20 10:24時点)


 
 
訪問先で道具や食器を使わず、洗い物もゴミも出さずに済ませるか。
 
 
持ちよりの集まりを気持ち良く長続きさせるのに大切なのは、自分の料理の腕や珍しいお店をチョイスしたセンスを披露することではなく、会場提供者の負担をできるだけ少なくする心遣いよね…と思っています。
 
 
 
 
 
↓ ポチッとしていただけると更新の励みになります。
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

 

卒業式の衣装準備。今頃では遅すぎなのね(泣)。

上の子は来春大学卒業。
 
 
そういえば、卒業式ってどうするの?
 
袴?振袖?それともスーツでいいの?
 
 
 
時々そんな話題を振っても『え〜、まだ考えられな〜い』と先延ばしになっていたのが、シュウカツが終了し卒論もようやく片付いてきたらしく、先日『卒業式、袴にしようかなあ。ちょっと見に行きたいんだけど….』と言い出しました。
 
 
世間の事情が全くわからないままに、市内のレンタルショップを廻ってみると…。
 
 
 
おおおおおお!!
 
 
 
今頃そんなことしているなんて遅すぎ〜、だったのです。
 
卒業式用レンタルは夏前から始まっていたそうです。
 
あとからムスメに聞いたら、そういえば秋頃大学の生協とかで卒業式用フェアみたいなのもやってたんだって。
 
 
もう〜!!
 
 
 
最初に訪ねたのはネットでの印象が一番よかったお店A。さっと見たいだけなのに予約が必要とのことで翌日出直し。
 
 
このまま帰るものねえ…、とそこから車で5分のB店へ。こちらは全国展開しているレンタルショップのようです。
 
とりあえず袴レンタル用の陳列部屋に通され『もうこれしかなくて…、サイズがあるかどうか…』とおっしゃるスタッフ。
 
振袖をレンタルした人なら、細かなデータ(4大・短大・社会人などね)が残っているので春の内にDMが来たらしい。
 
ここで自分たちがいかに出遅れているかを痛感するハメになったわけ。
 
 
それでも陳列してある中に気に入った物が数点みつかったので、2種類のコーディネートで簡単に着せていただきました。
 
他のお店も検討している旨を伝えつつスマホで写真を撮らせてもらい、おおよその金額もチェック。
 
取置きは出来ないので本予約する場合は急いでご連絡下さいとのこと。
 
 
 
 
 
 
とりあえずB店で最低限確保でき、ホッとしながら翌日朝一番に出直したA店。本業が写真屋さんで地元では有名なお店。
 
こちらは主流の2尺袖よりも振袖を合わせるコーディネイトメインで、年明けの成人式にも貸し出されることが決まっている振袖がずらり。
 
1月の成人式に予約が入っていても、3月の卒業式なら日にちがバッティングしないので貸し出せるとのこと。
 
 
振袖はやっぱり華やかだねえ。
 
興味を惹いた振袖2点にそれぞれ袴を合わせていただき、私はこのお店の方が気に入ったのですが、ムスメ本人はB店のコーディネイトが一番気に入ったというので、その足でB店へ。
 
 
前日対応して下さったスタッフさんがいたので、その場で着付け・ヘアセット・写真を含めた本契約。
 
持参した半襟を預けてきました(借りる襦袢に縫い付けた状態で着付け会場に運び込まれるそう。縫い付け賃1,500円なり)。
 
 
 
そちらのショップでは草履や巾着は自分で選ぶ余地がなくて少し残念でしたが、着物と袴がとってもイイ感じでムスメによく似合っていたので、よかったかな。
 
成人式並に写真前撮りコースもあるそうですが『そんな立派な大学でもないんだから、そんなに気合い入れないよ』だそうです。
 
一応証拠写真的に(笑)、当日着付けのあと1ポーズだけの撮影をお願いしてきました。
 
こちらで準備しなくてはならない足袋や着付けグッズ的なものは成人式のときに購入した物がそっくり使えそうなので、これで準備は全て終了。
 
あとは当日指定のスタジオへ行くだけでよいそうです。簡単だねえ。
 
我家の契約は一番簡素なコースですが、それでも総額10万円弱のお支払い。
 
 
 
 
2年前の成人式はこのようなワンストップのサービスを利用しなかったので、すっっっっっっごく大変でした。
 
着物・帯・襦袢はあっても、今風のコーディネイトにしようとすると帯締め・帯揚げ・草履にバッグ、そのほかにも伊達衿・半襟などなどなど、選ぶ物がたくさん。
 
なるべく安くすまそうとネットであれこれ探して購入するだけでぐったりだったのを思い出します。
 
その他に着付けやへアセットは行きつけの美容院。そうなると写真撮影の手配も個別に自分でやるしかない。
 
 
美容院への着物の持ち込みももちろん自分でするわけですが、これが式の前日指定。保管の問題があるので、それより早くというわけにもいかないのだそうです。
 
時間的にも精神的にも大変くたびれた上に、個別に動くと意外に費用がかさむこともわかりました。
 
 
 
 
 
 
オットをはじめとして天の邪鬼ばかりが揃っている我家ですりあわせの負担するのは私ばかり。
 
 
ヘンなこだわりに固執せず、世間の流れに乗っかるほうがやっぱりラクチンだわ。
 
下の子のときは、ワンストップサービスでいくぞ〜。
 
 
 
 
↓ ポチッとしていただけると更新の励みになります。
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

 

サンタクロースを信じる気持ち

朝日デジタルに児童文学研究者の松岡享子さんの古いエッセイが載っていました。
 
1973年に家庭面に掲載された文章だそうです。
 
 
サンタクロースが住む「心の部屋」 子どもに必要な理由
 
 
 
 
『サンタクロースって本当はいないの?』と子供に聞かれたら….。
 
 
我家では『サンタクロースは、いるって心から信じている子のところにだけ来るんだよ』と答えていました。
 
 
 
 

サンタクロースっているんでしょうか?

新品価格
¥880から
(2019/12/10 21:20時点)


 
この季節になると必ず読みたくなる本です。
 
 
絵本ではないけれど、よみきかせにも。
 
ちょうどサンタクロースの存在を無邪気には信じられなくなる3〜4年生は、まずタイトルに強く反応。
 
お話も食い入るように聞いてくれました。
 
ただ理解するのはちょっと難しいのかな…という印象。
 
 
高学年になると『サンタクロースはいない』という前提の上でストンと受け止めてくれるなあと感じました。
 
 
 
目に見えない存在への畏怖の念とでもいうのかな、すごく大切な感性だと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
↓ ポチッとしていただけると更新の励みになります。
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ