電子ピアノの使い心地その後【カワイCA98】

先日購入したKAWAIの電子ピアノ。
  
昼間1人でいる時は生ピアノ感覚を味わえる音量で弾きますが、夜はさすがに音量を下げるしかありません。
  
音量をその時の事情によって調節できるのが電子ピアノの最大の利点でとても助かっているのですが、そのデメリットいうのもわかってきました。
  
当たり前のことですが、音量を下げているとタッチによる強弱の反応がよくわからないのとフォルテでガーンと弾いた時の手応えが感じられないこと。
  
ふわっと優しく弾いても、クレッシェンドして最後にバーン!とやっても、ダイナミクスレンジが狭くて相応の手応えを感じられないのは結構なストレス。
  
  
生ピアノの感覚をなまじ知っていると、無意識にその弾き心地と比較してしまうのでなおさら。
 
これはよくも悪くも自分の技術と向き合いフィードバックできないということで、まじめにレッスンするには最大のデメリットだと思うので、ピアノの先生が電子ピアノをおススメしないのも理解できます。。
  
  
  
そんなことつらつら思いながら毎日のように触ってはいるのですが、昨日初めてヘッドフォンを使って弾いてみたらビックリ。
  
  
いかにもオマケって感じのちゃっちい(失礼!)ヘッドフォンだったために、ビニール袋に入ったまま開けもせず放置したままだったのです。
  
  
これまでの経験だとヘッドフォンというのはは重くて耳が塞がれる感じが鬱陶しいもの。
  
音楽を聴くときにオットの高級ヘッドフォンを借りてみることがたま〜にあっても、すぐイヤになってはずしてしまうほどで、ヘッドフォンをつけてピアノを弾くなんて気はさらさらありませんでした。
 
ところが、毎日このピアノを楽しんでいる下の子が『ねえねえ、ヘッドフォン使ってみ!スゴイから。まるでピアノから音が出ているみたいだよ』というではありませんか。
 
またまた〜、と半信半疑で使ってみたの。
 
『ちゃっちい』見た目通りおもちゃ並の軽さ。
 
形も耳を覆うタイプでなく、耳の脇に寄り添うような形(オープンエアタイプというのかな)のためか装着感がほとんどありません。
  
そして鍵盤を叩いてみると!音が耳もとでなく目の前のピアノから聞こえてくるのです。
  
なんだなんだ?これは初めての感覚。
  
ウソでしょ!?とジャックを接続したまま耳からヘッドフォンをはずして鍵盤を叩いても本体のスピーカーからは音なんて出ていません。
  
電子ピアノ用に開発されているヘッドフォンなのかな。KAWAIの純正品ですからこのピアノに最適化されているのかもしれませんね。
  
音の鳴っている位置がとっても自然で疲れないし、スピーカーから流すときと音質の差がないのも嬉しい。
  
  
おかげで昨夜は遅い時間にも関わらずボリューム上げて1時間以上弾いてしまいました。
  
ちなみに型番で探してみたらこれのようです。
  


  
造りは確かに値段相応な感じなのでちょっとしたはずみでバキッと壊してしまいそう。
  
でも使い心地に関しては今のところ超ハイコストパフォーマンスだと感じています。
  
へたっぴいな音を周りに聴かれず、好きな音量で好きなだけ弾いていられるなんて、あ〜楽しい!
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 

 
 

とうとう買っちまった…

ずーっと欲しかったKAWAIの電子ピアノを注文してしまいました。
 
小さい頃にちょっと習っただけの下の子が、大きくなってからも意外にもちょこちょこ弾いているのを見ると、うちの粗末なキーボーでは可哀想でね。
 
しかも学校の合唱祭の伴奏を引き受けるハメになったというではありませんか、
 
お宅にピアノがあって、長年ピアノを習っている子もいるというのに直前になっても誰も引き受けないのだそう。
 
みんなで押し付け合いになってしまい埒が空かないので『もういいよやるよ!』と啖呵を切ってしまったらしい。
 
実は2年前もまったく同じ経緯で直前になって引き受け、毎晩半泣きになりながら必死で練習していたの。
 
経年劣化で割れたプラスチックの鍵盤にサステインペダルもない安〜いキーボードでね。
 
そのときもかなり悩んだのですが、実家にアップライトピアノがあるのに電子ピアノを買うことにどうしても抵抗があったのと置き場所の確保ができなかった。
 
 
 
でもね、今回はもう決めた!
 
この機会に買わなかったらもうずっと買うチャンスはない。
 
実家のアップライトを運んでくるという選択肢もあったのだけれど、30年以上ほったらかしのピアノを調律したらいくらかかるのか….。
 
きっと中身も酷いことになっているだろうから、見積頼んだらきっとあちこち手を入れることになるのは目に見えているしね。
 
運ぶにしても専門業者探して見積とって日程合わせて…なんてやっているうちに合唱祭に間に合わなかったら意味ないし。
 
 
 
頼んだのはカワイのCA98(さすがにAmazonではなく個人の楽器店にお願いしました)。


 
本物に近いタッチと音が欲しかったのは私のこだわり。
 
ときどき無性に弾きたくなるんだよね。でもプラスチックのパカパカのタッチではちっとも楽しくないのだよ。
 
もちろん生ピアノのほうが良いのはわかっちゃあいるんだが…。
 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

 
 
 

お金の使い方は人それぞれ。気軽に批判するのは慎まなくちゃね。

この年になってくるとお買い物にエネルギーを使うのがとっても億劫。
 
何か必要なものを探している時に、値段や品質のバランスをあれこれ考えながらお店をウロウロするのがもはや苦痛。
 
特に洋服や靴などは値段のことを考えないで気に入ったものをポン!と買いたい。
 
安かったからと衝動的に買ったものや、イマイチ気に入らないけれど必要に迫られて買ってしまったものは、結局のところ出番なく場所ばかりとってしまう経験を積んでいるからね。
 
そして、自分が満足する品質と値段のバランスがどのあたりなのかはほぼ固まってきていますから、その感覚に従っていればほぼ失敗もないのよ。
 
 
 
 
食器や服飾品、安くて無難におしゃれなものが大量に流通している今の世の中。
 
我家の収入から考えたら『この程度』のもので済ませなければいけないのはよーく分かっているのですが、自分が『これはいいね!』と思うものの値段、つまり私の中のバランス金額は、出せるお金のほぼ2倍。
 
靴や洋服、食器や台所雑貨、家電品、車等、ほぼ全てのジャンルの消費材がそうなのです。
 
つまり自分の感覚に対して、実収入が半分ということなんだわ。ガーン。
 
もちろんこのバランス金額は年収や自分が自由に使えるお金の多寡で決まってくるのでしょうから人それぞれ。
 
 
 
我家の収入からはひとり2万円の外食や1泊10万円のホテルに泊まるなんてあり得ないけれど、年収5,000万の方にとってはそう贅沢なことでもないはず。
 
だから、人様のお金の使い方を見て『これにこんな金額払うなんて無駄よね』なんて気軽に言うことは慎まなくてはいけません。
 
 
最近『地位財』『非地位財』ということばがクローズアップされているようですが、これってあくまでも他人と比較して満足することに着目していると思うのよね。
 
他人と同じようなもの(もしくはそれを上回るもの)を手に入れて満足感を得るために使うお金は無駄。
 
でもそれが、自分の求める品質に払う対価としてなら無駄ではないでしょ?
 
老舗ブランドの高価なバッグだろうが、軽くて暖かで着心地の良いカシミアのセーターだって、他人に見せびらかして満足するのでなくその品質に惚れて手に入れるのだったら見栄でもなんでもないと思うのです。
 
レストランやホテルなら、味はもちろんスタッフのサービスの質や店内の雰囲気も含めての価値。
 
 
もちろん分相応・不相応という感覚もとても大事だと思います。

我家の面々で1人前何万円もする高級レストランに行ったら、きっとそわそわと落ち着かず食べた気がしないでしょうし、その品質に惚れ込んでいたとしても私が100万円の時計を持つことはナンセンス。
 
 
それも含めての冒頭に書いた『自分が満足する品質と値段のバランス』ということなのかな。
 
 
そういう意味では2,980円の合成皮革のパンプスはもう買えません。
 
流行のデザインをちょっと試してみたいと思って買ってみたところで、きっと1度で終わり。
 
手にとることなくお蔵入りして、使わないまま経年劣化でボロボになってサヨウナラ…となってしまうことが分かっているから。
 
 
ああ、思い出した!
 
3年前、「しまむら」で2,980円のバッグを買ってしまったのだった。
 
形や大きさ、デザインも色合いもまあまあ。すぐに必要ということもあったので背に腹は替えられずに買ったものの、そのとき1回使ってお蔵入り。
 
そうなの、こうなることは目に見えていたのに買ってしまったのだよ。
 
 
その時2〜3万円(私がバッグへ払えるバランス金額の上限です)の物を買っていたなら、多分そんなことなかったんだろうなあ…。
 
でもねえ、あのタイミングではいろいろ出費が重なっていてその金額は出せなかったの。
 
 
これこそ『安物買いの銭失い』ってヤツですね。
 
これもね、若い子ならいいの。
 
少ないお小遣いでいろいろ試したいお年頃だもの。
 
自分できちんとお給料をもらえるようになったら、ある程度の品質のものを少しづつでよいから身につけるようにね。
 
 
 
こどもたちにも、分相応・不相応とか、どこまでいくとオーバースペックとか、そういうバランスをだんだん身につけていってもらいたいと思っています。
 
 
 
『お金のこと』というカテゴリーを作りました。
 
教育格差方面の記事なども、家庭や世の中の経済絡みとしてこのカテゴリーに入れてみました。
 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 
 

 
 
 

良く切れる包丁はキモチイイ!【NHKあさイチ】

今朝のNHK『あさイチ』は『マイ包丁アップデート術』という特集でした。(2018.9.22現在リンク切れ)
 
私、刃物が切れないのがホントに許せないの。かなり許せないです。
 

包丁はもちろんハサミやカッターも。しょっちゅうカッターの刃をポキポキ折りながら使うのでビックリされる程。
 

昔はシャープナーで包丁の手入れをしていましたが、何年も前に砥石派に。

 

シャープナーっていまひとつ切れ味がよくならないし、だんだん効果がなくなっていくので買い替えなくちゃいけないでしょ。
 

番組内で『ちゃんと説明書通りに使わないとシャープナーは威力を発揮しませんよ…』と言っていたので、私の使い方が悪かったのかもしれませんが…。
 
でもね、砥石は形もシンプルで収納場所に困りません。
 
素人の自己流でさえ、ほんのちょっと研ぐだけでびっくりするほど切れ味がよくなるんです。
 
この気持ち良さを一度味わってしまったらシャープナーには戻れなくなりました。

 

研ぎたての包丁なら玉ねぎのみじん切りもウソのように細かく仕上がり涙とも無縁。大根や人参の千切りも苦労なくほそ〜く切れて断面がピカピカ。
 
なんだか料理の腕が少しだけアップしたような気がして嬉しいんです。

 
ですから今日の特集も食い入るように見入っちゃいました。

 
番組が終わってから早速砥石を出して愛用の包丁を研いでみましたよ。
 
砥石に当てる角度は『刃を手前にして利き手で斜めに持ち、峰(包丁の背)の下に小指が入る位』
 
だそうですから今までのやり方ではちょっと角度が浅かったことを発見。

 
最も注意するのは包丁を前後に動かす時にその角度がブレないようにすること。
 
これがグラグラしていると、いつまでたっても刃が丸いままだそうです。
 

そして砥石にあたっている面の反対側に『バリ』が出てくるまで研ぐこと。
 
よく『最後にひっくりかえして軽く研ぎ「返し」をとる』なんていうのですが、私はとるべき『返し』がどういう物なのかイマイチわかっていなかったのでした。
 
『バリ』と言ってもらえばなるほど納得です。
 
 

正しい角度に包丁を固定し、一定の角度で研ぎ続けていたらでてきましたよ『バリ』が!
 
指を刃に垂直にあてて削ぐようになでてみると、カミソリのように刃が薄く研げているのを感じることができました。
 
これがちゃんと研げている状態なんだ!!ととてもスッキリ。

 
私が使っている砥石はこちら。

台付砥石中砥 木屋特選

家庭用のステンレス包丁を研ぐならこれ1本あれば十分と説明されて買ったものです。
 
 
今夜の夕飯の支度が楽しみ〜♪

 
 

買い替えの波到来【家電とか諸々】

買い替えの波到来
最近、家電や家の中のちょっとした物が次々と買い替え時期を迎えています。
  
  

大物で早くなんとかしたいのが、ビルトインのガスコンロと24年前に買ったオーブンレンジ。
  
ガスコンロは、この家を中古で購入した時に既に設置してあったから20年以上経っているはず。点火装置が調子悪くて、毎度毎度ツマミをまわしながらチャッカマンで点火。
  
オットが点火装置を分解して掃除と調整をしてくれたおかげで今のところ復活はしていますが、テーブルトップというのかな、ステンレスのベースがかなり傷んできているのも気になっています。
  
置くだけのタイプなら気軽に買い替えられるけど、ビルトインとなると設置工事費込みで約10万円。
  
そしてガスコンロを入れ替える時にはビルトインのガスオーブンも是非一緒にと思っているので、ご予算は20万から…。なので今すぐというわけにはいきません。
  

  
  
  
一方結婚した時に買ったオーブンレンジは庫内ランプがつかなくなって早数年。お菓子やパンを焼いている最中の焼け具合が外から確認できず不便なの。
  
焼きムラがひどくなってきたので多分ヒーターもダメになってきているのでしょう。
  
さらにはスタートボタンが利きにくくなっているので、使う時は家族だけが知っているコツが必要です。
  

コレの買い替えに思い切れないのは、前出のビルトインガスオーブンのことがあるから。
 
一番都合が良いのは、高火力のガスオーブンを入れて小型の単機能電子レンジを置くこと。
 
そうすれば作業台の上のスペースも広くなるので願ったり叶ったりなのです。
 
ビルトインガスオーブンが無理となれば、オーブン機能のついたオーブンレンジが必要。
  
天板が2段で高温に設定できるものとなると結構な金額になるので、完全に壊れるまで先延ばしだわね。
  
  
  
  
こんなダマシダマシで使っている物がいくつもあるのですが、とりあえず使えているものはいいとして先日ヘアードライアーが突然壊れました。
  
スイッチは点くけど風が出ない!。
  
女子3人の我家では毎日欠かさず朝晩働いてくれる大事な道具。
  
コレがなかったら年頃のオンナノコは多分学校行けないのではないかと思う程の必需品です。こちらも10年近く使ったのでそろそろ限界なのも納得です。
  
オットが『分解して見てみるわ…』と言ってくれましたが、すぐに直る気配がないようなのでさっさとAmazonで発注。
  

当時『高いな〜』と思った高級モデルですが、期待以上に良い製品だったので今回も思い切って同じ製品を購入。
  
Amazonでも良いレビューがたくさんついているようにただ乾かしてくれるだけではなく、乾かした後の手触りがとてもサラッとするんです。
  
髪質もツヤツヤ良い感じになってまとまりやすい。これで毎日毎日10年も働いてくれるならば多少高くても良いよね、と最新モデルに決めました。
  


  
  
  
もうひとつ、こんなものがどうして今まで買い替えられなかったの?と笑われそうですが、最近やっと新調したのが風呂のふた。
  

これまた何年も前から蛇腹のつなぎ目が次々と裂けて、5分割くらいになっちゃってたの。
  
細かく分かれてしまったものを一本一本蓋する面倒臭さにいい加減嫌気がさし、先日新調しました。
  
浴槽が特殊な形なのでホームセンターで買ってくるというわけにも行かず、TOTOと取引のあるお店に頼んたら2週間後にメーカーから直送されてきました。
  
これも1万円近くかかってしまったよ。
  
  
  

洗濯機も何となく調子が悪くなっているし、冷蔵庫も20年選手ですからいつ壊れてもおかしくないんだよね。はあ〜。