憧れのStaubやル・クルーゼ。その短所も許容できる?

贅沢かな…と逡巡しながら購入したStaubの話の続き。
 
 
ル・クルーゼ、Staubといえば、煮込み料理などをおいしく仕上げてくれるという、料理好きでなくとも一度は使ってみたいと思わせる有名な鋳物ホーロー鍋。
 
とはいえ、人によっては使いにくい部分もあるんですよね。
 
 
まずはその重さ。
 
鋳物だから当たり前といえば当たり前ですが、本体だけでも重い上に中身が入ったらそりゃあもう重いですよ。
 
今回ココットde GOHAN(ココハン)を求めに行ったコストコで、隣にココットラウンドがあったのでふと手にとってみたらその蓋の重さにびっくり。
 
ココハンの蓋はちょっと薄手で、我家にあるル・クルーゼと同じような造りだったので違和感はありませんでしたが、ココットラウンドの蓋は手首でくるっとひっくり返して置くには重すぎる..。
 
ガラストップのコンロにガツンと当てたら、多分割れちゃうんじゃなかろうか。
 
 
とはいえその重さ故に料理がおいしくできるのだから悩ましいところ。
 
餃子を焼くのに愛用のLODGEも気合いのいる重さだし、28cmのル・クルーゼもおでん満タン状態で移動するのはかなり注意が必要。
 
体力が落ちているのか、はたまた料理への気合いが弱くなったのか、それらの重い鍋を手にとろうとして『億劫だな…』と感じる時があります。
 
 
何歳までこの道具達で料理を続けられるかとちょっと心配だったりもします。
 
 
鍋の持ち手も蓋のつまみも全て金属製だから、鍋つかみ必須なのも小さなことだけど意外と面倒だしね。
 
 
 
鋳物鍋でもうひとつ手が掛かるのは錆びやすいところでしょうかね。
 
洗ったあとに濡れたままシンクに伏せて置きっぱなしにしたら、茶色い錆の輪っかが出来ちゃうんですよ。
 
だから、洗ったらさっと布巾で拭いてあげるのが大事。
 
 
我家は鉄のフライパンもLODGEのコンボクッカーも洗ったらすぐ火にかけて乾かすということに慣れてしまったので、家族全員自然にこのように始末してくれますが、初めてだと結構な手間に感じるかもしれません。
 
 
 
 
最近よく思うのですが、道具に求めることって人それぞれ。
 
商品の購入者レビューを読んでいると、ある人にとってはすごく減点評価になることでも自分はさほど気にならないことがよくあります。
 
自分にとって重要なポイントのためには、手間がかかる短所も許せちゃったりするんですよね。
 
 
手間と言うより多分コツとか慣れの問題なのかもしれませんが。
 
 
鉄のフライパンや鋳物鍋の手入れが面倒という人は多いけど、私にとってはむしろ、フッ素加工が剥げかけたフライパンを使うのがとーーーーっても苦痛。
 
買い替える程ではないし…とか、まだ捨てるのはもったいない…と思いながらくっ付きやすくなったフライパンを何年も使っちゃうタイプなので、その間のイライラ期間がツライ。
 
気軽に使えるものをパッパと買って、ダメになったらサッと買い替える…ということの出来ないのが昭和世代なのかしらね。
 
 
 
 
大分話がそれてしまいました。何を言いたかったかといえば、一見素敵なStaubもル・クルーゼもイメージ先行で買うのは危険だよー、ということ。
 
大枚はたいてから『使いにくい。みんなが言う程よくなかった!』とならないよう、自分の性格やライフスタイルと照らし合わせてから決めてね…という老婆心でございました。
 
 
 

 
 
↓ ポチッとしていただけると更新の励みになります。
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

ご飯炊き鍋問題。Staubのココット de GOHANで解決。【コストコ】

ごはん炊き用の鍋問題。これまでの経緯を昨日の投稿で書きました
 
 
 
不便不便といいながらもそれに替わる炊飯鍋をなかなか見つけられずに悩んでいた私の目に突然飛び込んできたのがコチラ。
 
 

ストウブ(Staub) 両手鍋 グレー 20cm
ストウブ(Staub)
売り上げランキング: 1,656,783

 
 
鋳物ホーロー鍋で有名なStaubの製品で、米炊き用にデザインされたという『ラ ココット de GOHAN』というシリーズ。
 
Staubといったら底の立ち上がりがカクッとしたココットラウンドのイメージしかありませんでしたが、こちらは米が良い具合に対流しそうな丸鍋。
 
 
 
欲しい欲しい!欲し〜い!!
 
 
どうする?どうする?
 
楽天の正規店でも扱いがあるようだね。
「楽天でも正規輸入元製品を取り扱っている」でした。訂正します。
 

ストウブ ラ ココット デ ゴハン ラココットデゴハン ストウブ ラ・ココット de GOHAN 20cm staub ごはん用 ホーロー 鍋 ホーロー鍋 両手 ラ・ココットdeGOHAN Lサイズ ココット ラウンド 炊飯 料理 煮込み スープ【グレー】

価格:21,780円
(2019/10/31 13:24時点)
感想(12件)


 
 
にしても高いぞー。
 
なんてつらつら思っていたら、なんとその日に届いたコストコの広告メールに掲載されているではありませんか!?。
 
これだよ、これこれ。
 
 
我家には贅沢かな〜とは思うものの、ピンと来るものを見つけたタイミングをねらったようなチャンス。
 
神様が私に『買え!』と言っているに違いないと、早速娘たちを誘ってコストコへ。
 
 
 
値段は15,980円。ネットのお店に比べれば格安だけどたかが鍋にこれだけ払う?
 
でも炊飯器にくらべれば….とか、他の料理にも使えるし…とか、なによりStaubの鍋って使ってみたいよねえ…とかとかとか欲しい理由はいくらでも並べられる。
 
反対に、重いとか錆びないように手入れが必要とか、買わない理由もあれこれ思い浮かび現品を目の前にしてもなかなか踏ん切りがつかず。
 
 
 
店頭でさんざん悩んだ末にエイヤっとカートへ。
 
 
 
 

 
ほ〜。素敵。
 
 
 
早速炊いてみると….。
 
今まで使っていた鍋とは深さが違うのでどうも炊け具合が違う。
 
 
水加減・火加減を少しずつ変えながら試行錯誤すること3日。ようやくコツがつかめてきました。
 

 
 
どうしても、これまで使っていた鍋との比較になってしまうのですが….。
 
前の鍋よりももっちりと炊きあがる気がする。水加減・火加減を変えてみても、やはりもっちり。
 
なぜだろうと考えてみて行き着いたのが「蓋の重さ」。
 
浅めの鍋だと、沸騰後弱火にしてもどうしても吹きこぼれがち。
 
かっといって一度はきちんと沸騰させないと芯ができちゃう。
 
これまでは吹きこぼれないように蓋をずらしたりしながら炊いていました。もちろんこれでも十分おいしかったんですよ。
 
 
一方このココットdeGOHAN。蓋が重いのと鍋底の面積に対しての深さが十分にあるせいか、いつもの3.5合炊きではちっとも吹きこぼれない。
 
そのため最後まできっちりと蓋をしたまま蒸らしまで。
 
これってちょっと圧力鍋的効果?
 
たしかに、このもっちり感は圧力鍋で炊いた時の食感によく似ている。
 
普通の鍋で炊いたミルキークイーンがこんな感じだったかなあ。(お値段高めなのにモチモチ食感で人気のミルキークイーンね。)
 
さっぱりした炊きあがりに慣れている我家では少し重たく感じますが、冷めてもパサつかずご飯の旨味がたっぷり。
 
 
 
強火で5分+沸騰したら弱火で12分の時間配分は今までどおり。タイマーさえセットすればうっかり焦がすこともありません。
 
最大のコツは、沸騰してきたときに箸でかきまぜて鍋底の米をグイっとはがしてあげること。
 
ぐつぐつと対流し、カニ穴のあいたふっくらごはんになりますよ。
 
この沸騰後に一度かき混ぜるのはどんな鍋で炊く時も同様。
 
 
蒸らし時間も神経質にならずに、急いでいるとは5分もあれば大丈夫。
 
鍋炊飯の唯一の欠点はタイマー炊飯が出来ないことだけど、朝慌てて米を研ぎ始めても20分ちょいで食べられるからね、それほど不自由に感じたことはありません。
 
浸水時間をとらなくてもおいしく炊きあがるので、私はいつもすぐに火にかけちゃってます。
 
 
 
鍋でごはんを炊いているというとビックリされることが多いけど、じぶんなりのコツさえ掴めれば難しくも何ともないのYO。
 
 
簡単においしいごはんが炊ける鍋炊きごはん、やめられませーん。
 
 
 
 
 

 
↓ ポチッとしていただけると更新の励みになります。
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

新米がウマい!鍋炊きごはん。

新米がおいしい季節になりました。
 
 
いつも購入しているご近所Mさんの作る定番コシヒカリに加え、近所の田んぼを手広く請け負っているTさんから『たべてみな〜』と初めて目にする銘柄米をいただいたり、年々改良が進む北海道産米が届いたり。
 
米の品種や炊き方で変化するご飯の味を、家族であーだこーだ言いながら楽しんでいます。
 
 
 
さて、毎日のご飯を鍋で炊くようになって10年以上。
 
きっかけは電気炊飯器が壊れたこと。
 
当面のあいだ…のつもりで鍋で炊いたら、そのおいしさにビックリ。
 
 
手探りだった水加減・火加減も2〜3日でほぼ問題なし。手間がかかるかと思われがちですがちっともそんなことありません。
 
逆に炊飯器を置いていたスペースがあいて作業がしやすくなったり、内釜の目盛りに縛られながら計っていたお米の量も、その日の腹具合で微妙に調節できたりといいことずくめ。
 
 
 
それから毎日毎日おいしいごはんを炊いてくれているス鍋は、30年近く前にロサンゼルスのヤオハンで買った↓こちらのもの。この重さと厚みから、多分ステンレス-アルミの多層鍋。
 

 
そのときは用途にこだわらず単に鍋が欲しかっただけなので、値段の高さに悩みつつ購入。
 
でもね、こうして長年使い続けてみると炊飯用に考えられた実に良い品物だったと分かりました。
 
お鍋ってたいてい底と側面の境目がカチッと立ち上がっているものだけど、丸底の珍しい形で蓋も内側に1cmほど下がっていて吹きこぼれにくい設計。
 
蓋のつまみの脇に小さな穴があり、つまみにくっ付いている部品をクルクル回すとその穴を閉じたり開けたりできる芸の細かさ。
 

 
日本に持ち帰る時に蓋のつまみを壊してしまい、蓋はその後は使わなくなってしまいました(写真に写っているのはその後オットが手近にあるものをつけてくれたもの)。
 
替わりに羽釜用の分厚い木蓋を使い続け、その炊飯スタイルが長年定着。
 
 
2人の子供たちも、小学生の頃からそのスタイルで上手にご飯を炊いてくれています。
 
 
 
 
それが、数年前から鍋本体の持ち手のネジが緩むようになってきたんですよ。
 
締め直しても1度火にかけるとすぐにグラグラになるので、使うたびに小さなネジ回しで締め直さねばなりません。
 
毎日のことですから、面倒くさがりの私には結構つらい。
 
 
新しいのを買う?と思ってもそう簡単に気に入るようなものが見つからない..。
 
買うからには、今使っているものより炊きにくいのはイヤだし〜と炊飯鍋を求める迷路にハマり始めます。
 
 
長くなってしまうので続きはまた明日。
 
 
 
↓ ポチッとしていただけると更新の励みになります。
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

キッチンの必需品。287円なり。

こんな値段でこの使いやすさ! という商品を買った話。
 
 
 
我家は毎日お鍋でご飯を炊いています。
 
電気炊飯器の内釜と違ってフッ素コーティングされていないので、しばらく水に浸しておき米粒が緩むのを待ってから洗います。
 
この水分で緩んだ米粒というのがちょっとやっかいで、アクリルたわしやスポンジで擦るとねちゃ〜っと絡み付いちゃうのね。
 
 
そこで便利なのがキッチンスクレパー。
 
調理用のゴムベラでも良いけれど、洗い物用のものがひとつあるとラクチン。
 
これまではマーナ社の鳥の形をしたものを使っていました。
 
ハンバーグや餃子のタネを捏ねたボウルや、シチューやカレーを食べたあとの鍋も、これでクリッとさらっておくと洗剤の必要なくアクリルたわしだけでキュキュッと擦るだけで綺麗になるの。
 
 
長年使っているマーナ社の鳥の形をしたスクレパーがカビで黒くなりだして早数年経過。
 
見た目が可愛いと言えば可愛いのだけど、この凝った造りが災いして段差や目の形の穴の周りに汚れが溜まって黴びてきちゃうんだよね。
 
 
 
塩素系漂白剤に浸けても綺麗にならず、自分は見慣れていても、ふと他人の目になって見るとオエってなるくらいの汚なさになっておりました。
 
同じものは近所で売っているのを目にしないし、ネットにはあるのだけれど色がイマイチな上に、値段も500円超…といろいろ気に入らなくて新調できずにいたんです。
 
 
でもね、あまりにもガマンできずAmazonで検索して目についたのがこちら。
 

レック キッチン スクレーパー ( ヘラ ・ スパチュラ )
レック(LEC)
売り上げランキング: 2,173

 
商品写真で見る限りではカーブが少ないデザイン。質感がよくわからず我家の使い方にフィットするのかが心配でしたが、形も色もシンプルなのが大変気に入りました。
 
レビューも高評価が並んでいるし、値段も安いのでモノは試しと買ってみたんですよ。
 
 
 
 
いや〜!予想は良い方に裏切られました。
 
一番重要な使い心地はバッチリ。持ちやすくしっかりとしなるので、鍋のカーブにきっちりフィットしてくれます。
 
色も形も目障りなところが全く無く、本体そのものがフック形になっていて紐穴などが無いのもしゃれてるね。
 
私的にはどこをとっても文句なし。あとは耐久性だけね。
 
 
 
日本の商品てすごいねえ。この価格ですから生産は海外なのかもしれないけれど、こんな些細な道具にもキッチリと向き合う開発魂のようなものを感じます。
 
 
さらには、先日買った水切りカゴにもうまく引っ掛けることができて大満足。
 
 

 
最小購入数が2点ということで、もし使いづらかったら….と思ったのも杞憂に終わり、逆にお気に入りのスペアがある安心感に変わりましたよ。
 
 
 
 
↓ ポチッとしていただけると更新の励みになります。
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

ステンレスワイヤーの水切りラック。思い切って買ってよかった!!

30年以上も使い続けた台所の水切りカゴ。
 
昭和末期の香りが漂う赤いプラスチック製のそれはオットが独身の頃から使っていたもの。
 
最近では黒いカビが目立ってきて、塩素系の漂白剤に浸けても完全に綺麗にはならなくてね。
 
買い替えたいなあと思いながらも、なかなか気に入ったものが見つからず、見つかっても値段に躊躇してしまい何年もが過ぎてしまっていました。
 
上の子には『お願いだから買い替えてくれ。私がお金払ってもいいから。』とまで言われる始末。
 
ずーっとラ・バーゼのステンレスカゴが欲しかったのですが、数年前のモデルチェンジで我家の流し台にはうまく納まらない仕様になってしまいました。
 
その後ようやく見つけたのがこちらのもの。
 

 
 
材質・デザイン・寸法については、記載スペックと写真を見る限り理想的。
 
購入者のレビューを読みマイナスポイントをチェックしてみると、次の3点がかなり気になるところでした。
 
1.水受けの水が流れ切らずに溜まるので水滴の痕が残る
2.カトラリーを寝かせて置くタイプなので水切れが悪い
3.側面のワイヤー間隔が広く、小皿やタッパーの蓋など薄っぺらいものが滑り落ちる
 
 
自分の望みの仕様と上記のマイナスポイントを天秤にかけて1年以上迷っていましたが、使い方の工夫でなんとかなるのでは…と購入を決心。
 
今の汚いプラスチックカゴを毎日目にするストレスと比べたら、3つとも些細なことだからね。
 
 
 
で、使ってみた写真がこちら。
 

 
気になっていたマイナスポイントですが、水受けの角度はどんなに急にしたところで水滴が残るのはどうしようもないと気づきました。
 
水の表面張力考えたら車のフロントガラスほどの角度があっても自然に流れ切ることはあり得ないんだもの。
 
ステンレスに白く痕が残るのがイヤならこの手の製品は使えないということ。もしくはガラコでも塗ってみるかだわね。
 
 
2番目の箸置きについては、箸のお尻をカゴの縁に引っ掛けて斜め置きにすることで問題は感じていません。側面からスルリとすべり落ちるかと思いきや、箸先がワイヤーにうまく引っかかってくれるので今のところイライラはしていません。
 
 
3番目についても、薄い皿や蓋のようなものは側面に立てかけて置いていくのでやはり問題なし。
 
 
洗い物が大量になった時に、積み上げすぎて横滑りしないようにすることの方が要注意ポイントかも。
 
 
 
 
数日使ってみた感じでは、メリットの方がはるかに大きかったです。
 
 
まずはワイヤーが端から端まで縦に細かく並んでいることで皿が立てやすい。
 
ものによっては自立はしないけど、縁を引っ掛けて他のものにもたせかけるようにすれば洋皿だけでなく深さのある食器も斜めにできるので水がキレやすいの。
 
側面が塞がれている箱形の水切りかごに比べて、全体がワイヤー製なので空気の流れがよく乾きの早さは想像以上でした。
 
ワイヤーもしっかりしていて日常使いで変形するようなことはなさそうです。
 
ル・クルーゼのような鋳物の重い鍋を置いたらさすがにたわむかもですが、そのような重い鍋を水切りカゴにおくことはないのでね。
 
 
一番気になっていた横置きのカトラリーも風通しの悪い縦型よりはむしろ乾きやすいくらい。
 
この箸置き部分には、水筒の蓋やお弁当グッズなど細々したものをちょいと置けるのも便利なところ。
 
見た目がすっきりとして流し台の周辺がとても広くなったように感じるし、私にとってはいいことづくめの製品でした。
 
 
 
 
 
↓ ポチッとしていただけると更新の励みになります。
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ