こんなオジサンに誰がした!?

『おじさん』とか『おばさん』とか世代とか、その人の属性で一括りにするのはよくないと分かってはいるのですが、それでも言いたい。
 
 
 
時々ここでも書いていますが、『おじさん』には本当にムッとさせられることが多いんですよ。
 
無言で用事を言いつけてくるのは決まって60〜70歳代の男性。
 
 
カウンターに立っているスタッフに向かって「○○(名字)だけど」。 以下無言。
 
とか、モノだけカウンターにボーーンと放り投げるように置くとか。
 
は? ご用は何? また俺様が来たわ!! と思いっきり心の中で叫んでますよ。
 
 
顔には出さないように気をつけつつ「どういったご用でしょうか?」なーんてにこやかに応対はしますが、きっと顔に出てるだろうな…。B型だからね。
 
 
 
 
高級車のディーラーや一泊何万円もするホテルのフロントだったらアリかもですが、こちらは無料の施設ですよ。
 
私たち時給860円のパートのオバチャンよ。
 
女性でこのようなお客様はまずいません。
 
男性でも若い方ほど丁寧にわかりやすく話しかけてくれます。
 
 
もちろん60〜70歳代の男性でもごくごく普通で感じの好い方はたくさんいますよ。
 
でも! でもね!。 
 
こんな困ったチャンは必ずこの世代のオジサンなの。
 
 
 
 
なんなんでしょうねえ。ホント不思議。
 
小さい時は『跡取り息子』『男子厨房に入らず』などと大切に育てられ、会社では若い女性事務員さんが丁寧に相手をしてくれ、家では黙ってても奥様が全てお膳立てしてくれているのかしら。
 
 
とにかく女性に対してあまりにも『察してチャン』かつ『俺様』なんですよね。
 
何もね特別に愛想良くして欲しいわけじゃないのよ。
 
『○○お願い』とか『さっき電話で頼んでおいた△△だけど用意できてる?』程度でいいんですよ。
 
用件が分かるような最低限のコミュニケーションくらいしていただきたいものです。
 
接客に携わる世の女性陣(特に若い女の子)はこの手のオジサンに辟易しているはず。
 
 
 
アラフィフの奥様方、皆様のお連れ合いは大丈夫ですか?
 
ムスコちゃんたちは予備軍ではないかしら?
 
こんなメイワクナオジサンにならないよう育ててあげて下さいね。
 
 

 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

 

『#ノープラ生活』どこまでできる?

先日『クローズアップ現代+』で取り上げられていたプラスチックゴミの問題。
 
番組をきちんと見られなかったのでwebサイトで改めて見てみました。
 
日本は個人1人当たりが出すプラスチックゴミの排出量・輸出量ともに世界でワースト2位ですってよ、奥さん!!
 
確かに、自分のまわりをちょっと見直しただけでも何から何までプラスチックだものね。
 
 
 
 
番組スタッフがプラスチックが含まれているものを一切使わない『ノープラ生活』にチャレンジした様子が衝撃的でした。
 
消耗品に限らず、各種家電、眼鏡、パソコン、スマホ、カメラなど身の回りの必需品でプラスチックの使われていない物はほとんどありません。
 
クレジットカードやATMのキャッシュカードもないと困るよねえ。
 
これらを排除すると、普通は生活が全く成り立たなくなりますね。
 
なかなか自分で試せることではないので番組の企画としてはとても面白いと感じました。
 
私たちの暮らしがどれほどプラスチックに頼っているかがよくわかります。
 
 
食料品などは計り売りの物を買ったり、昔ながらの経木・新聞紙などに包んで持ち帰るなどすればプラスチック包装を減らせそうな気がしますが、洗剤・シャンプーなどの容器やトイレットペーパーのビニール包装は難しいなあ。
 
食料品だって日常の買物を近所の商店でする分には可能でも、遠くのスーパーまでボウルを持って行って豆腐を買うのは現実的じゃないしね…。
 
 
 
まずできることから…と考えると、使い捨てのプラカップや弁当容器が出ないような消費行動でしょうか。
 
マイボトルを活用してペットボトルは使わないようにと思っても、魅力的な飲料がコンビニに並んでいると買いたくなっちゃうなあ。
 
あとは小さくパックされた物をちょこちょこ買うのではなくビッグパックで購入し、使い回せる容器に小分けして保管するとか?。うーん微々たるものですね。
 
私は食品の小分けにジプロックの袋を愛用していて心苦しいのだけれど、一応洗いながら何度も再利用しています。
 
新品をおろすのは漬け物や味付け玉子を作る時など、食材を直接入れてそのまま食べるような場合。
 
2回目は余ったおかずが入った皿にかけて冷蔵庫へ..という時。
 
次は、ラップで包んだ肉を冷凍庫に入れるときとかかしらね。
 
少し使い込んでくると野菜の保存でしょうかね。野菜は使う前に洗うからね。
 
かなりくたびれてくると、ちょっと土がついているような野菜の保管に使います。
 
その頃にはチャック部分が破れて来たりするので、最後の最後は水分の多いゴミ等を入れて捨てます。
 
もちろん、こういうプラスチックバッグなんて使わないのが良いのは分かってるんだけどね。
 
 
 
梱包材は昔に比べてエコ素材が使われるようになったのではないかしらね。
 
発泡スチロールではなく、段ボールの形を上手に工夫してあったり紙や空気で膨らませるタイプの緩衝材が使われていることが増えました。
 
マクドナルドなんかも昔は発泡スチロールの大きな容器に入っていて、食べた後のゴミの多さにウンザリしたものですが、今は防水性の高い紙や紙コップが使われているので純粋なプラスチックゴミは大分減りましたね。
 
ドリンクの蓋とストロー、コーヒーミルクとガムシロップの容器くらいですが、これは店頭で断ることが可能だわね。
 
 
 
 
最近ウンザリするのは弁当容器。
 
現場作業でコンビニ弁当を食べたり、スーパーのお惣菜を買ってくることが割と多いのよ我家では。
 
食べた後のゴミの多さがねえ、なんとかならないかなあ。
 
家で料理すればいいのは重々承知しているので、そこへのツッコミはなし。
 
デポジット制で繰り返し使える容器にして、返却したらお金が返ってくるようなシステムにするのはムリ過ぎ?
 
昔はジュースもビールもそうやって買っていたし、だいたい出前ってそういうシステムだよね。デポジットではないけれどそういう手間賃が値段に含まれているというか。
 
大手企業が本気になれば出来そうな気もするのだけどね。
 
同じコンビニチェーンならどこでも返せるとかにして。
 
出来ることならセブンアンドアイグループ内やイオングループ内ぐらいまで広まっていると便利だなあ。
 
 
環境のことに配慮した生活ってやはり手間がかかるのよ。
 
一旦手に入れたこの便利さを手放すのはなかなか難しい。
 
貧乏暇なし面倒くさがりの私にはなかなかハードルが高くて、脱プラスチック生活にはほど遠いです。
 
 
せめて自分のできることから少しずつやっていきます。
 
ちょっと余裕があるなら『こんな仕組みはいらないよ〜』と社会に向かって声を上げることで、企業にも工夫をしてもらえればなお良しですね。
 
 

 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

気軽に申し込んでたファミ割だけどMNPが面倒だった。

長年つき合い続けたdocomoからMVNOへのシフト。
 
ちなみにMVNOというのは、他社(docomoやKDDIなど)から無線通信インフラを借り受けて、音声通信やデータ通信のサービス提供をする事業者のこと。
 
我家おすすめのocnモバイルoneや、UQモバイル・LINEモバイルなど『格安スマホ』とか『格安SIM』と呼ばれているいる回線ね。
 
大手キャリアとは違い、いろいろと自分で工夫をしながら使う必要はあるけれど、利用料金の安さは本当に魅力です。
 
そんなわけで子ども達の契約から順にシフトしていた格安回線。
 
一番コスパが悪かったオットの番号をとうとう契約変更しました。
 
契約先は私と同じくOCN モバイル ONE

 
 
 
先日自分の手続きをしたばかりなので、楽勝楽勝〜!
 
と思っていたら途中でこんなメッセージが表示されてしまい困惑。
 

 
家族割とかの代表番号になっているとネットからは手続きできないことは知っていたのですが、先週私が抜けたので問題ないと思っていたのです。
 
仕方がないのでサポートセンターに電話しましたよ。
 
機械音のメッセージを延々と聞かされたあとにようやく目的の番号をプッシュ。
 
続いて『大変電話が込み合っていますのでこのままお待ちください』のメッセージを聞きながら待つこと数分。
 
平日の真っ昼間だというのにこんなに待たせるコールセンターってどうなのよ…..。
 
 
やっと出たお姉さんのアニメキャラのような喋り方にちょっとイライラしながら『MNPしたいのだけどこれこれこういうエラー番号が表示されました』と伝えると、まずは契約者の本人確認。
 
近くにオットがいたので電話口に出てもらい、本人確認をしたあと私に手続きを一任すると伝え再度電話を替わります。
 
契約内容を調べてもらうと何やらグループの代表番号になっているとのこと。
 
私が転出したので大丈夫なのでは?…と伝えたら、それだけでなく支払は別だけれど『ファミリー割』とかポイントを分け合うとか…?のグループが生きていてメンバーはうちの他にふたりいるというではありませんか。
 
『誰〜〜〜!!?』と思って、心当たりの名前と携帯の番号を伝えます。
 
1人は義父でした。
 
義父を代表番号に変更すれば良いというのですが、残るひとりがもしコチラの関係者だったら変なことになっちゃうのでは?と心配なので何人かの番号で調べてもらったけれどわからない。
 
オペレータの人が言うには、たぶん義父のほうで繋がっている番号なので義父を代表番号にすることで問題ないそう。
 
容量を分け合ったりしているというので、多分義妹だなと思い当たりそのように手続きをしてもらいました。
 
 
 
これでオットがグループから切り離されたのでネットからの手続きが可能とのこと。
 
 
この話が片付くまでかなり長い時間を要しました。疲れた…。
 
仕組みが複雑な上に、向こうからは情報提供してもらえないので(個人情報ですからね)何度もオペレーターさんに説明を求め、納得するまで相手をしてもらっちゃいました。
 
アニメ声のお姉さん、理解力の低下しているオバチャンに丁寧に相手をしてくれてありがとうね。
 
 
で、改めてネットからアクセスすると無事にMNPの予約番号を手にすることができましたよ。
 
 
あとは私の時と同様にOCNモバイルONEの方に新規契約を申し込んで終了。
 
新しいSIMが届くのを待つばかりとなりました。
 
 
 
ところで、今回オットの番号をNMPするので気づいたことがあります。
 
 
新しい契約の方で電話番号の開通手続きをするまでは、ちゃんとdocomoで番号が使えるということ。
 
これまで、一旦転出手続きをしてしまったら新たなSIMが届くまで番号が使えないのかと思っていました。
 
たとえ1〜2日であっても携帯電話が使えない空白の時間があるのはなんだか怖かったのよね。
 
混雑ギライのオットは『絶対にショップには行かない、1〜2日なら繋がらなくても構わない』と言うので仕方なくネット手続きにしましたが、仕事相手が電話をかけてきたら迷惑をかけちゃうのでは….、と心配だったの。
 
心配した通り、今朝からまるで狙ったかのように思いがけない人からの電話が次々とかかって来ています。
 
こんな日に限って電話が不通!なんてことにならずホッとしているところ。
 
 
順調にいけば明日には届くと思うのですが…ちょっとドキドキです。
 
 
 
 



 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

ご無沙汰しました。

はあ。怒涛の10連休も終わりましたね。
 
世の中の奥様方、特に私と同年代から上の方々にとってはストレスフルだったとご推察。
 
私はといえばカレンダーとは正反対に接客業バイトの日々でした。
 
 
途中原因不明の胃腸の不具合あり、高齢の叔母のご機嫌伺いを兼ねたショッピングあり。
 
 
今週もアルバイトを詰め込んだ上に、家業は休み明けの催促の嵐。
 
その上昨日は、愛用のiMacのハードディスクが壊れて起動できずに朝から大騒ぎ。
 
バックアップ用にぶら下がっていたハードディスクを他のMacに繋ぎ、あれこれ設定を引っ張り出しながらようやくこのブログを書いておりますよ。
 
メールをはじめとして、毎日のルーチン作業がすんなり行かないのは本当にストレスフルです。
 
それでも昔と違って大助かりなのは、大容量の外付けハードディスクが安く手に入るのでメインマシンの中身をそっくりバックアップコピーできること。
 
USBポートに繋げば直近のバックアップデータを読み込んでくれるので、作業中のものから過去の成果物まで全部失って真っ青!!とならないのはなんとありがたいことか。
 
 
そんなこんなで随分とブログの更新が空いてしまいました。
 
原因不明の胃腸の不具合はまだ完全復活とはいかず、おとなしめの食生活を続けています。
 
その話はまた後日。

 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

改元で浮かれていても状況は変わらない。

改元と天皇の代替わりを祝う空気も、ここまでしつこいとちょっと行き過ぎな感が否めません。
 
これってマスコミが意識的に煽っている?。
 
おめでたい空気に水を注すつもりはありませんが、元号が変わっても私たちの生活は何も変わらないのになぜそんなに大騒ぎするのだろう…というのが私の本音。
 
深夜のカウントダウンとか、『平成最後の』、『令和初の』云々….。そろそろ落ち着いてもいいんじゃない?
 
 
これだけ世の中が浮かれているのをみると、ついつい江戸時代末期の『ええじゃないか』騒動を連想してしまいます。
 
経済的な格差や教育格差、児童虐待、年金や医療等の社会保障問題に加え半年後に迫っ消費税の増税。
 
山積みの社会問題から目をそらさせるためのお上の策略かと勘ぐりたくもなるというもの。
 
 
 
もちろん新しい天皇陛下には期待もしていますし、これをきっかけに世の中に新しい風が吹くといいなあとは思いますが、肝心の皇室にも問題山積ですものね…。
 
大型連休と改元が重なって多少の経済効果があるのならそれはそれでありがたいことですから、余裕のある方にはたっぷりとお金を使って景気アップに貢献していただきたいわ。
 
 
 
それにしても10連休の恩恵を享受できているのなんて公務員や大企業の正社員だけでしょうね。
 
サービス業に携わる人達の多くはウンザリしているよね。
 
接客業のパートに出勤しなくてはいけないのに子どもを保育園に預けられないとか、自分は出勤なのに連休で家にいる旦那さんや子どもの食事の心配を10日間も!?とかね。
 
 
ハタラケドハタラケドナヲワガウラシラクニナラザリ。
 
 
書きたいことはいろいろあるけれど、私も『ええじゃないか、ええじゃないか』と全てを投げ出したくなってきたよ。
 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ