「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす…って随分煽ったものだね【読書メモ】

これは読む人の立場によってかなり賛否が分かれそう。
  

ネタもとはいくつかのデータと著者(と留学していたお子さん)の海外経験、日本で暮らす外国人友達の発言。
  
「イギリスの朝食は..」「フランスのご夫婦は..」「アメリカのお弁当は」「シンガポールでは屋台で朝食があたりまえ」などなど、とにかく海外の事例の多いこと。
  
正直『だから何?』って思ってしまいました。
  
『海外と比べて日本は劣っている』式の言い方が延々と続くものだからちょっと辟易。
  
  
  
まあそれでも言いたいことはなんとなくわかるし、もっともらしいデータも並んでいるし…と最後まで読みましたが何か納得できない。
  
というか、すっきりしない、結局のところ何が言いたいのかよくわからず。
  
  
仕事と家事、どちらも完璧にこなそうとしなくていいのだよ…ということを言いたいのなら、『丁寧な暮らし』の切り捨てを勧めるような事例をそんなに並べなくてもよいと思うのです。
  
ベニシアさん並の暮らしと都会のフルタイムワーキングママを並べて取り上げるような乱暴な議論があちこちに登場してくるのはどういういう意図なんでしょう。
  
誰だって自分の出来る範囲で丁寧に暮らせればそれでいいんじゃない?
  
その丁寧さの度合いは人それぞれで、それこそ雑誌やブログで多くの女性の羨望となるようなレベルから、生活が荒れない程度のそこそこレベルまであっていいわけだし。
  
  
  
『あなた自身もピーナッツバターを塗っただけのランチを毎日子どもに持たせますか?』『朝ご飯が毎日ハンバーガーやコンビニでも本当に健康や心に問題ないと思っている?家計の方も問題なし?』と著者に聞いてみたいわ。

  
それには「No」と答えながら『社会に刷り込まれた昭和の専業主婦信仰的価値観から私も抜けられないのよ』って言うのかな。
  
  
素敵ブログや丁寧な暮らし系雑誌によって煽られて、それを目指して苦しんでいる女性達を楽にしてあげたいというのなら、そこへかけてあげるべき言葉は『手を抜こう』『外注しよう』ではなくて、『人は人、よそはよそ』ってことなのでは?。
  
少なくとも私の場合は、よそ様のやり方を覗き見て『素敵だわ〜、うらやましい』と思うことはあっても、私もそうしなくちゃ!とは思いません。
  
自分の家庭に落とし込めることはマネすることもありますが、配偶者や子どもの性格や趣味まで計算に入れたら無限のパターンがあるわけですから。
  
聡明なワーキングママ達は丁寧にできるところはやるでしょうし、できないことを気に病んだりしないのでは?と思いますよ。
  
  
見ず知らずの他人の目を気にして無理することが問題なのであってね。
  
 
もちろん家庭のメネージメントを男女関係なく偏りなく分け合おうという部分や、そのために労働時間をなんとかしなくちゃ!という部分は賛成ですが、これも海外事例と単純に比べて声高に叫びすぎると道を見誤りそうだよね。
 
世の中の家族のパターンはみんな違っているのだから、都会のサラリーマン共働き視点だけで乱暴に片付けられないのだよ。
 
 
 
  
後半の4分の1程は話題ががらりと変わりミニマリストと断捨離批判、その延長線上でナンシー・八須さんの礼賛。
  
なんだか前半の論調とは随分とずれてくるものだからアレレレ?。
  
雑誌の編集者女史が『素敵!』と声を上げるようなナンシーさんの生活ぶりこそが『丁寧なくらし』っていうやつなのでは?
 
これぞ豊かでおしゃれな暮らし。と言われると、前半でさんざんお勧めされていた海外の事例とはかなり矛盾していない?
 
手縫いのコースターや使い込まれた古い道具を大切に使う暮らし。
 
 
昔ながらの道具を使う生活って、その手入れや掃除のしにくさゆえに結構手間ヒマがかかるのにね。
 
マッチを使えず燃えるものに対する経験が少ない子ども達を見て『火を使う生活を体験させなくちゃ』というのはもっともだけど、それを生活の中で実践するために毎日ベランダで七輪使う?
 
ガスコンロの火をコントロールしながら米を炊く毎日をお勧めするのも、仕事で忙しい人たちを『丁寧な家事』で苦しめることになるよ?

 
 
こうやって書き連ねてしまうとなんだか揚げ足取りのようだね。
 
全体を通して感じたのは、思いつきと極端な事例がつらつらと書かれているだけでトータルとして何が言いたいのかよくわからない..ということでした。
 
部分部分では多いに納得できる意見もあるのだけれどね。
  
  
  
  
家事を効率化したいと思っているワーキングママがタイトルに惹かれて飛びつくと、逆の意味で振り回されてしまいますから要注意。
  
  
  
  

えくせるぶいびーえー???久々に猛勉強した気分。

今週に入ってからの数日間、久々に脳味噌シェイクシェイクしていました。
  
事の発端は新しいMacBookの購入。
  
零細自営業者の我家では、Macで納品書や請求書の発行を行っています。
  
しかもおまけでついてくるクラリスワークスやAppleWoks(windowsとMSOfficeのような関係のソフトウエア)に入っているデータベースソフトで自作。
  
  
ところが最近のMacにはこのデータベースソフトが入っていないんですよ。
  
word、Excel、PowerPointに相当するPages、Numbers、Keynoteは入っているのですが簡易データベースソフトは無し。
  
やりたかったらFileMakerProを使えってことになっているようですが、5万円もする高機能ソフトを使うようなレベルじゃないのよ!!
  
  
  
ってわけで、新しいMacを購入するたびに伝票発行に使えるマシンが減っていき今や古〜いMacBook1台になっていたのです。
  

その最後の1台が最近かなり調子悪くなってきてたので、発作的に最新型を先週末に購入してしまったのですが肝心の伝票作成はどうしよう。
  
市販の伝票ソフトを買おうか、でもレイアウトは今まで通りにしたいし…そもそもこれ以上の出費は避けたい…。
  
あれこれネットで調べているうちに『そもそもExcelで出来るんちゃう??』と思い至り、さらに調べまくること半日。
  
かなりピンポイントで私のやりたい事を解説しているサイトを見つけました。
 
プログラムソースを公開してかなり詳しい解説もあります。しかも動画解説まで。
  
  
これはかなりいいぞ!!
 
と飛びついたもののExcelVBAでプログラムを作る…???マクロ???
 
なんじゃそりゃ〜、な感じでしたが背に腹は代えられない。
  
『ソースコピペでなんとかなるかなあ』ぐらいの気持ちで取り掛かってみました。
  
まずはざーっと解説を読み、ソースをコピペしてみましたがやはり一筋縄ではいきません。
  
 
やはり最初からじっくり取り掛かるしかないのね…。
 
この解説はデータ一覧から請求書を自動で作るのを目標に、徐々にプログラム作り上げていく初心者向け講座の体裁となっています。
 
簡単な部分から始まり徐々に機能を加えて便利にしていくような進め方。
 
その中に初心者が覚えるべき基礎的な事が順番にでてくる構成になっているので腰を据えて取り組めば基本的なExcelVBAが理解できる…はず。
  
今まで『Excelのマクロ』って何だろうと思っていたので、せっかくの機会と思ってここは勉強勉強勉強です。
  
素晴らしい解説サイトではありますが、右も左も分からない私にはプログラムそのものの理解が足りないので近所の図書館へダッシュしてVBAの教科書も何冊か借りてきました。
  
  
サンプル通りに何度も何度も書いたり消したり(時にはコピペ)しているうちに、やっとこさ自分のMacでプログラムが実行できた時の達成感!ビバExcel!。
  
途中でウインドウズとマックの違いから、そっくりそのままコピーしたのではうまくいかない部分があることも発見。
  
 
ドツボにはまったのはファイルの名前を指定する部分の\(バックスラッシュ)。
 
ここでも全角で書いちゃったけどMacのキーボードにこの記号をタイプするキーがないんです。
  
コピペしたプログラムを実行すると必ずこの部分でエラーになってしまうの。
  
どうしても理由が分からず『もうヤーメタ!』と放り出しそうになったところでなぜか普通のスラッシュを入れたのですね、ワタクシ。
  
そしたら、あれ?動いた!出来たじゃん!
  
なんだか自分でそんなことに気が付けたのがうれしくて俄然ヤル気を出した私。
  
何度も何度もサイトの解説を読み、時には教科書も開きトライ&エラーを繰り返しているうちになんとなく中身が理解できるようになってくるから不思議なものです。
  
我家の使い方には向いていない部分を少し変更してみたり、サンプルのデザインを我家流にした部分のプログラムを書き換えたり。
  
  
悪戦苦闘すること3日間。やーっとできあがりました。
  
内容は、納品データを入力しておくとその月の分だけを抽出してテンプレートシートに流し込み、あとはプリントするだけ、というもの。
 
ひとつのファイルに何年分でもデータを蓄積しておけるので、過去のデータの検索もカンタン。
 
納品書を書く時にデータを入力してしまえば、月末には実行ボタンひとつでその月の請求書が出来上がるという優れもの。
 
あり使い勝手は前よりずっとよくなったことでオットの評価も上々です。 
  
  


↑この本、図書館では貸出し中だったのが残念。今後のために購入しようか検討中。
 
 

↑こちらを借りてきたのですが、解説が大変分かりやすくデザインも見やすい。パソコン関連教科書としては異色なイメージです。
  
  
  

ビバ!差し込み印刷!

日頃ビジネスソフトに縁のない私にとって、WordやExcelは機能がありすぎて複雑であまり関わりたくないソフトウエア。
 
それでもやはり世間様標準のソフトですから、避けて通ることもできません。

 
今回お世話になったのはWordの『差し込み印刷』機能。
 
Excelで管理されている住所録をラベル印刷するハメになり、『ラベル、印刷、Excel』などとググっていたら、どうもWordの『差し込み印刷』機能というものが使えるらしい。

改めて『差し込み印刷』で検索すると、解説ページが出てくる出てくる。
 
 
Wordなんてレポートを書くかお役所のテンプレートを利用するくらいしか使ったことがないので、『サシコミインサツ?何じゃそれ??』と思いましたが、世間では当たり前の使い方なんでしょうかね。
 
 
詳しくはラベルメーカーのサイトなどに書かれているのでここには書きませんが、備忘録として簡単にメモ。
 
ワードで『新規書類』を作成。

『差し込み印刷』

『ラベルを作成』

『オプション』

『サイズの詳細』(使用する製品に合わせてラベルのサイズや余白を設定)

『宛先の選択』(対象となるExcelファイルを選択)

『差し込みフィールドの挿入』(<住所><名前><郵便番号>、敬称など必要なフィールドを入れる)

『結果のプレビュー』(実際に読み込んだ宛先データのレイアウトを確認)

『完了と差し込み』
 ・『個々のドキュメントの編集』(個々のラベルのレイアウトに破綻がないか確認)
 ・印刷(全部のレコード or 特定のレコード)
 
 
ラベルメーカーのサイトだと自社製品のテンプレートを最初に読み込む方法が書かれていますが、ここはすっとばしてOK。
 
『サイズの詳細』で自分が使うラベルに合わせて細かく設定可能。
 

いきなりラベルに本番印刷せず、普通紙に印刷してみる。
 
きちんとラベルの位置に入っているか、敬称などにおかしいところがないか確認してから本番のラベルシートに印刷。
 
ここもいきなり何十枚分もデータを送ってしまわずに、10シート分(12面なら120レコード)を何回かに分けて印刷してみた方がベター。
 
プリンターがジャムらずにラベル用紙を送ってくれるか不安だからね。
 

印刷設定で用紙を『ラベル』、排紙を『ファイスアップ』に設定するのも忘れずに。
 

うまくいくことが確認できたらガーッッッとデータを送ります。
 
 

ほ〜〜〜ッ。
 
1000件単位の宛先データ、約200枚弱のシート分がほんの数分でプリント完了。
 
素晴らしい!!!

 
 
初めてだったので最初のデータを作るのにちょっとまごつきましたが、それでもデータ作成からプリント完了まで3時間ほどで終了。

 
いや〜〜〜〜〜、すごいね。
 
 

気の重い仕事が終わって気分スッキリ。

29年分の確定申告作業が終わりました!
 

自営業妻の私にとって一年で最もストレスフルかつ重要な仕事。
 
決算書・消費税・事業主(夫)の確定申告、そして青色専従者である私の確定申告。
 

私の分については、源泉徴収&年末調整をすることで本来不要なのですが、数年前からときどきアルバイトをしていて、その給与所得があるので確定申告をしています。
 

青色専従者になると、身内にお給料が出せて事業の経費にできるのですが、その要件がけっこう厳しい。

 

・ 青色申告者と生計を一にする配偶者その他の親族であること
・ その年の12月31日時点で年齢が15歳以上であること
・ 青色申告者の営む事業にもっぱら従事していること

となっています。
 
そして『このような仕事内容でお給料はこのくらい出しますよ』、という届けを前もって出しておく必要があります。もちろん経費に出来る給与額についても、売上やその従事している内容と釣り合っていないとイケマセン。
 
事業主の奥さんがなっていることが多いですが、その他にも事業主の親・兄弟・15歳以上なら子どもでもOK。

 

でもね、この『もっぱら従事』というのがクセ物。
 
専従者として給料を出すなら他に仕事をしないのが基本ですが、夫婦で事業所得を分け合っているだけなので売上ダウンの時は世帯収入の絶対値が少なくなっちゃうんですよ。
 
ですから奥さんが事業の手伝いをしながらも、外からのお金を稼がないと家計が立ち行かないということが往々に起こりえます。
 
我家も、仕事がバンバンあって私が徹夜で働く勢いのころは良かったのですが、ドーンと売上が落ちて暇になったらさあ大変。
 
私が青色専従者となって給与を計上しているために、たとえ暇があってもパートには出られないというジレンマ
 
そんな日々がしばらく続いた数年前、一度税務署に問い合わせてみたことがあります。
 
『専従者ですけど、パートに出ても構いませんか?』って。
 

そしたら、『もっぱら従事していることが条件ですからねえ….』とハッキリとした答えが返ってきません。
 
それでも食い下がったら、『多少なら仕方がないですが、あくまでも事業がメインということで配分についてはご自身で判断してください』的な返答でした。
 
週何日までなら、とかいくらまでならのような具体的な数字は一切出してもらえませんでしたので、一応週あたりの時間と給与金額が事業の方を越えない範囲でアルバイトを始めました。
 

それから数年たって、ふと国税庁のサイトを見たら要件に次にような文言があることに気が付きました。

 
No.2075 青色事業専従者給与と事業専従者控除

その年を通じて6月を超える期間(一定の場合には事業に従事することができる期間の2分の1を超える期間)、その青色申告者の営む事業に専ら従事していること。

この『6ヶ月を超える期間(2分の1を超える期間)』というのは今まであったかしら?平成29年4月現在法令とあるので文言が追加されたのかな?
 
いずれにしても、やっと自分の判断にお墨付きをもらえたような気分。これで安心してパート・アルバイトに出ることが出来ます。
 
 
今日は気持ちよく晴れて春のような暖かさ。ようやく申告作業が終わって気分も晴ればれです♪
 
 

Mac用Wordでの文字数指定に注意

子どもが学校のレポート作成をしながら、指示書通りの文字数設定ができないと癇癪を起こしているのでヘルプに出陣。
  
予想外の事態に思いのほか苦労してしまったので、後々のためにメモしておきます。

  

レポート作成用の書指示はこのようなものでした。
・ 用紙サイズ: A4
・ フォントサイズ: 10~11程度
・ 余白: 左右ともに30mm
・ 行数: 30行/頁
・ 文字数: 40文字/行
となっています。
  
手順としては以下のように進めるわけですが….
  
1) 用紙サイズ(A4)とフォントの種類とサイズを指定(MS明朝・11pt)
2) 書式 ー> 文書のレイアウト(ページレイアウト) から
   『文字数と行数』 :『文字数と行数を指定する』にチェック
   『余白』 : 左右の余白を30mmずつ入力
  
ここで問題勃発。1行あたりの文字が39文までしか入力できない!。
  
これは文字の大きさと余白から自動計算されているので、文字を小さくするか余白を減らすしかないと判断。
  
文字は小さくしたくないということで、余白を1mmずつ調整した結果、左29mmm右28mmにすると40文字まで指定できるように。
  
ところが、ドキュメントの方へ戻って文字数を数えて見ると、実際には43文字入ってしまう。
  
ならばと余白は指定通り左右ともに30mmに戻し、文字数指定を37文字と入力。
  

力技ですが、なんとか1行に40文字が表示されています(ただしこの文書をWindowsのWordで開いたら37文字で表示されてしまうと思いますが)。
  
このことにたどり着くまでに随分と試行錯誤してしまいました。あ〜疲れた。
  
  

おそらくフォントの大きさとか詰め具合がWindowsとは微妙に違うために、誤差が積もって3文字分スペースができてしまうのでしょう。世の中がWindow中心に動いているのでどうしてもMac派はそれに合わせなくてはならず、苦労が多いのよね。
  

我家は長きにわたりMacを愛用していて、家中のパソコンは全てApple社製。やむを得ず1台だけはWindowsマシンがありますが特定の用途にのみ使用。
  
そんな環境ですから、上の子が自分専用にと購入したノートパソコンも当然MacBook。本人はかなり馴染んできた様子で、ちゃかちゃかとExcelで表を作ったりWordで図形を描いたりしていますが、最新のOSに最新のOfficeということで親の方はとまどっております。