iPhoneをOCNモバイルONE音声対応SIMへ乗換え(4)

5月の連休に【ソフトバンク+iphone】から【OCNモバイルONE+iphone】に乗り換えて3ヶ月ちょっとが過ぎました。

OCN モバイル ONE データ通信専用SIM 500kbpsコース


7月請求分(6月利用分)からようやく正規の請求内容になったのでその後の記録として追記しておきます。

(1) OCNモバイルONE/基本料・・・・・900円
(2) モバONE/SIM(音声)利用料・・・700円
(3) ユニバーサルサービス料金(ONE)・・・2円
(4) OCNモバイルONE初期工事費用・・3,000円
(5) モバONE/通話料・・・・・・・・・・120円
(6) 050plus国内通話料・・・・・・・・8円
(7) 050plus携帯通話料・・・・・・・32円
(8) OCN光モバイル割・・・・・・・・(-)200円
(9) 消費税・・・・・・・・・・・・・・・・364円

合計4,926円でした。
(1)〜(3)の部分+(税)が基本料金的な部分です。

今月だけは(3)の初期工事費が余計にかかるので、正味1,686円ということですね。自宅もOCN光回線を使っているので200円割引になっています。


利用データ容量は『150Mbps 110MB/1日あたり』という一番小さなコースを使っていますが、全く問題なく使えています。

家にいるときはWiFiを使うし、外でヘビーなネットユースをしないので1日110MBを使い切ってしまうことはほぼありません。

音声通話は20円/30秒の従量制ですが、050plusというIP電話アプリを利用すればそんなにかからないようです。

こうして見ると、ソフトバンクを利用していたときは端末代が上乗せされていたとはいえ毎月約6,000円を払っていたわけですからMVNOに変えたことで月々の支払が2,000円程安くなったということです。

しかも、2年経ったら端末代の分そっくり減るのかと思ったら、なんだったかのサービス代が新たに加わる(2年間は無料のサービスだったらしい)ことで、結局あまり変わらないというがっかりな感じだったので、我家はMVNOに乗り換えて正解でした。

ただひとつだけ『え〜!?』っと思ったことも書いておきますね。

近頃のプリント式シール機(所謂プリクラ)は撮影した写真を携帯電話(スマホ)に送ることができるようになっているのですが、携帯電話会社のキャリアメールアドレスを持っていないとそできないプリクラ機がほとんどなんですよ。


SIMフリーの端末を使うということは、メールアドレスは契約プロバイダ(OCNモバイルONEならOCNのアドレスですね)やGmailなどのフリーメールを使うということ。

なにか裏技があったら知りたいものですが、ちょっとググっても見当たりませんでした。

それどころか、キャリアメールアドレスを持っているお友達に頼んで、プリクラを代理で受け取ってもらうという人もいるようです。

お友達同士ならまだしも、ネット上で見ず知らずの人にまで頼んでいるケースも見受けられました。

それが発端となって友達同士のトラブルが発生したり、場合によっては見ず知らずの人に自分の写真を預けてしまうというとても危険なことになってしまいますから、注意が必要だと思います。


sabi

フォローする