NHKよお前もか。【クラシックの迷宮】

月曜日の午前中の楽しみはNHK-FMの『きらクラ!』『クラシックの迷宮』の再放送を聴くこと。
  
ところが!
  
今日も『クラシックの迷宮』の時間だわ〜とホクホクした気持ちでネットラジオにアクセスしてみてビックリ。別番組の再放送が始まるではありませんか。
  
春の番組改編で再放送枠がどこかへ変更になったのかとあわてて番組サイトを見てみたのですが『毎週日曜 午後9時』としか記載されていません。
  
独特の片山節はやはりNHK的にも異端なのかしら。いやNHKだからこそああいう番組にもちゃんと光を当てて欲しいのですけどね。
  
確かにあれだけクセのある選曲とトークは、世間的少数派のクラシック好きの中でも好き嫌いが分かれるのかもしれません。
  
  
でもねえ、そのアクの強さがこそ味わい深くていいのだよ。
 
なるほどと唸らされるようなかなり斜めからの視点やウルトラ少数派的な意見を提示される度に、自分の貧弱な固定観念ががらんがらんとひっくり返され、とても新鮮な感覚を味わえるのです。
 
どれほどの引き出しががあるのかと不思議になるほどのブラックホール的な知識の広さに加え、それを他人の視線など全く無視と言った風情で飄々と語る様子が本当に面白い。
  
歯に衣着せぬ語り口の往年の吉田秀和さんを彷彿とさせる希有な方ではないでしょうかね。
  
是非とも水戸芸の3代目館長(初代が吉田秀和さんで今は指揮者の小沢征爾さん)になっていただきたいと思っている程です。
  

過去の放送リストを見ていたら、3月末の『私の試聴室』はペライアの最新アルバム『月光』『ハンマークラヴィーア』と、これまたポリーニの新譜『ドビュッシー:前奏曲集第2巻、白と黒で』が取り上げられていたんですね。
  


ポリーニの新譜は買おうかどうしようか迷っている最中。どんな風に片山さんが紹介していたのか聴きたかったなあ。
  
再放送がないなんてショック。
 
  
  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です