参考図書【読書メモ】 図書館文化史(1)ー司書課程受講物語 (84)ー

図書館文化史の参考になるような本をいくつか借りて読んでいます。
 


情報を記すための媒体(メディア)としての書物の歴史。
 
西洋の粘土板&楔文字、パピルス、羊皮紙(パーチメント)、中国の甲骨文字や竹簡、日本における巻子本にはじまり様々な装丁の変遷など、豊富な図版で紹介されています。
 
私たちの先祖が情報を書き残すために様々な努力を重ねてきたことが読み取れます。
 
教科書的な内容でありながら全体的に軽めで読みやすく、雑学っぽいコラムがたくさんあるので肩肘張らずに読める上に勉強にも役立ちます。
 
分野の異なる複数の著者が書いているため書物史全体を網羅しているというわけではありませんが、狭い分野が妙に深く書いてあったりするのも面白い。
 
情報を残す・伝える手段という意味から楽譜や帳簿について言及した部分はとても新鮮でした。
 
 

こちらは江戸時代の人々がどのように書物と関わってきたかという視点。
 
徳川家康や家光の蔵書を納めた御文庫や、全国の藩校の付属図書館的な文庫、維新後それらの蔵書がどうなったのか、江戸時代の庶民が結構読書を楽しんでいたことなど、こちらもまた読み物として楽しめました。
 

これ、すっごく重量があって写真が美しく本当に素敵な本です。
 
『本を収蔵する空間の歴史』について、美しい写真に加えてかなり専門的な解説(しかも巻末には出典文献も纏められています)があり、図書館好きの人なら虜になる1冊であること間違いなし。
 
3年程前にも図書館で借りたことがあるのですが、その時は写真集的に楽しむのが主で、細かい記述はざっと読んだだけ。
 
建築様式の美しさや、現代とは異なる書物や書架の形態などに『へ〜、なるほど〜』とひたすら感嘆するだけで終わってしまっていました。
 
あれから3年、曲がりなりにも『図書館とは何ぞや?』を勉強し、『図書館文化史』の参考図書として意識しながら読むと新たな気づきが山のように出てきます。
 
記録媒体や記録方法、印刷の発達についても自ずと言及されており、書見台や書庫の形態、その場がどのような役割を果たしていたのかなど、改めて勉強になることばかり。
 
それにしても中世後期〜18世紀ヨーロッパの壮麗な建築には心奪われてしまうわ〜。
 
その他にも重厚な歴史を感じさせるイギリスやアメリカの図書館やハイテクな最新設備を備えた現代の図書館。
 
日本のものでは司馬遼太郎記念館の息をのむような美しさに圧倒されます。
 
どれもこれも見飽きることがなく、是非一度この目で見てみたい場所ばかり。
 
 
せめてこの本が手元にあったらなあ〜。
 
でもこの値段と大きさと重量を考えたら、うっかりポチッとするわけにはいかないのよ。
 
 
3冊とも読み物として楽しめるのはもちろんですが、やはり図書館学のテキストをきちんと読んでからの方が、より理解しやすく楽しみも倍増というところ。
 
テキストを読んだり、このような参考資料を読んだりと、行ったり来たりしながらの最終科目の勉強となっています。
 
ちなみに指定のテキストはコチラ↓

 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

 
 

自宅や図書館よりも集中できる場所に100円【学習環境】

残りのレポートはあと1教科となりましたが、そこからがまた停滞中。
 
夏の間は不安になるほどヒマだった家業のほうが9月下旬から目の回るような忙しさ。
 
常にやるべきことが控えているので家にいる時はテキストを広げる気にはなりません。
 
多分このまま年末になだれ込む(予定)ので、またずるずると放置しかねない…。
 
『じゃあいつになったらやるんだよ!』
 
という己のツッコミが聞こえてきます。
 
 
そこで確保している週1回の100分間。3ヶ月程前から通い出した子どもの習い事の待ち時間です。
 
先生のお宅まで車で30分弱かかるので、一旦帰宅して迎えに出直す余裕はありません。
 
100分というまとまった時間を強制的に与えられたのはチャーンス!。
 
先生宅の近くでノートとテキストを広げ長時間過ごせる場所はマクドナルドか図書館。
 
図書館はお金がかからなくてありがたいのですが、往復の所要時間と閉館時間のタイミング悪くて勉強時間がちょっと減ってしまうのが難点。
 
両方を何度か試してみましたが、結局はマックで100円のコーヒーか150円のカフェラテを注文して約1時間半を過ごすほうに落ち着いています。
 
毎週同じ曜日の同じ時間に訪れてコーヒーだけ頼むオバチャン。高校生のバイトの子は不思議に思っているでしょうね。
 
 
平日夕方のマックはお客さんも少なくがらーんとしています。
 
しかもグループ客や家族連れよりも、仕事帰りに小腹を満たしているような中年男性や1人で勉強する若い方がメインな印象。
 
学生さんか若い社会人なのかな?ノートにペンを走らせたり赤シートを使いながら参考書を読んでいる方が目につきます。
 
私のお気に入りの席は高めの壁で仕切られたコーナー。座ってしまえば廻りの視線が気にならないのでとても集中できます。
 
勉強場所の定番である図書館よりもマクドナルドの方がなぜか長い時間集中できるのが不思議。
 
古い図書館にありがちなシーンと静まり返った殺風景な閲覧室はかえって落ち着かない感じなの。
 
ペンケースや水筒の蓋を開け閉めする音にさえも気を遣うような張りつめた空気がちょっとね…。
 
それとは逆に、キッチンやスタッフの適度な雑音、軽くアップテンポなBGM、気にならない程度の話し声というのは、意外にも自分のことに集中できる感じがします。
 
ざわざわした世界の中で自分だけのカプセルに閉じこもるような感覚とでもいうのかな。カフェで仕事や勉強をする人が多いのがようやく理解できるようになりました。

 
Sサイズのコーヒーは一息つきながら飲むのに丁度良く、空になった頃に時計を見るとそろそろお迎えの時間というタイミング。
 
 
このパターンでなんとかモチベーションを維持しつつテキスト纏めを頑張ります。
 
レポートの設題はいつも頭の片隅に置き、『纏めのための纏め』に陥らないように注意するのも忘れずに。
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

 
 

こどもの成長と断捨離

先月購入した電子ピアノ。
 
アップライトピアノよりもかなりコンパクトとはいえ場所をとります。
 
鍵盤の数は同じだから幅は2m弱。それだけの壁面を確保するのが大変でした。
 
我家は典型的日本家屋の間取りなために障子や襖が多く、そもそも壁面が少ないのです。
 
1F&フローリング&2mの壁面という条件を満たす場所は既に天井まで高さのある本棚や仕事用の机が置いてあり、それらを動かすのは現実的ではありません。
 
 
さんざん悩んだ末、子どもが洋服をしまっていた棚、絵本や児童書をみっちり詰め込んである木製の棚ふたつをなくすことに決定。
 
2人の子どもが小さかった頃から身の回りのものをしまっていた棚。
 
この中身をどうやって処分していくかが本当に悩ましかったのよね。
 
そこで猛烈に力を発揮してくれたのが我家で一番ピアノを待ち望んでいた下の子。
 
『この場所をあければピアノ置けるよ』とちらっと私がつぶやいたら、次の週末に猛烈な勢いで整理をはじめたものだから、私もなんとか頑張ってやりきりました。
 
洋服は2Fのクローゼットへ移動、ハンカチ・タオルや靴下など頻繁に必要な細かいものはリビングの出窓下にある収納スペースへ。
 
絵本や児童書は、廃棄するもの、ブックオフへ持って行くもの、他の本棚へ移動するものと仕分けます。
 
何年分も保存しているオットの雑誌も置き場所を確保せねばなりません。
 
 
『移動する』とひとくちに言っても、その移動先にスペースを作る必要があるので玉突き式に家中を片付けるハメになってしまいました。
 
あまり着なくなった洋服、本・雑誌、おもちゃ系の雑貨などなど、かなりの量をゴミとして処分。
 
ブックオフに持って行った本は3,000円ちょっとに現金化。
 
愛着があって処分はできないけれど本棚にも入り切らない分の絵本や児童書は、段ボールに納めて物置部屋に仮置き状態となりました。
 
 
いや〜、やればできるもんだ。
 
それにしても、今まで『絶対に手を付けられない』と思っていた場所だったのに、やり始めたらなんとかなるものです。
 
長いこと執着して捨てられなかったものでも、成長とともに手放せるものって意外にたくさんあるものだと感じました。
 
 
最後まで捨てられなかったのは、大勢のぬいぐるみ。
 
小さいものばかりなんだけど、どれもこれも思い出が詰まり過ぎててね。
 
結局は、全員をカゴにいれてピアノの上に飾られることになりました。
 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

 
 

「青ペン」x「万年筆」x「書きなぐり」【勉強法】

子どもの勉強効率アップに何か良い方法がないかしら〜、とネットをうろうろしていたらこんな記事を発見。
  
現役京大生が実践! 「青ペン書きなぐり勉強法」×「万年筆」のすごい効果。
  
  
青ペン書きなぐり勉強法というのは
『青ペンを使って大きめのノートに覚えたいことをひたすら書く』というもので
  
↓こんな効果があるそうです。
  

あえて青ペンを使うのには、2つのメリットがあります。1つ目は、セロトニンの分泌があるため。人間の脳は青色を見るとセロトニンというホルモンを分泌します。このセロトニンは、ストレスを軽減しポジティブな気持ちにさせてくれるため、勉強を持続しやすくなります。そして2つ目は、効率的に記憶できるためです。本来、単語の意味などを覚えようとすると、「意味記憶」として記憶されます。しかし、そこに何らかの体験が加わった場合、その体験と単語が関連づき、「エピソード記憶」として保存されるのです。そして一般的には、意味記憶よりもエピソード記憶のほうが覚えやすいとされています。
  
ボールペンなどを使った場合、書き間違いやミスは消せずにそのままになり、「書き間違えた」体験と単語が関連づきやすくなるため、より効率的に学習できることになるのです。

  
  
  
へえ〜、私の実行している勉強法がピンポイントであてはまっていてちょっと驚き。
  
私の場合青インクを使うのは単に『好きだから』という理由しかないんですけどね。
  
青インクを入れた万年筆で、テキストの気になるところをひたすらノートに書いて書いて書きまくるというのは、資格取得の勉強を始めた時からずっと続けているやり方。
  
フールス紙のノートにブルーブラックの万年筆という組み合わせがなんともいえず好きで、大学に入ってからは勉強と言えばずっとこのスタイルです。
  
万年筆を使うのは力を入れなくてもサラサラと書けるから。
  
万年筆といっても今愛用しているのは200円で買ったスケルトンプレッピー。学生時代はプラチナ万年筆の『デスクペン』の赤軸黒軸にそれぞれ青インクと赤インクを入れて2本持ち。
  
どんどん減っていくインクを見ると『これだけやった!』という励みにもなります。
 
それに私の悪筆で書きなぐっていても、見返す時にちゃんと役に立っているのでかなり嬉しい。
 

 
過去記事でもこの勉強法について少し書いています。

 
こんな本も出ているようですね。


『頭がよくなる』という言い方は好きではありませんが、ちょっと読んでみたい。
 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

 
 

中学生が書いた小説にメロメロ【読書メモ】


タイトルは壮大だけれど、毎日の生活の中に活かせそうな具体的なアドバイスが多くて小学生くらいのお子さんをもつ親御さんにはおすすめ。
 
『カリスマ』とよばれる先生が長い教師経験から得たものだけあって、言葉がけのタイミングなどは体験に基づいたノウハウがあるようです。
 
さっと読んだ感じでは簡単にできそうな気がするのだけれど、自分の子どもに対してこのように接するのって意外に難しいかも…。
 
もちろんやろうとしなければできないものね。常に心がけることが大事、大事、大事…と自分に言い聞かせています。
 
 
 

 
無料で読めるの書き下ろし最終章を読んだ時に感想を書きましたが、他の章も素敵な小説でした。
 
西原理恵子さんのイラストも小説のイメージにぴったり。
 
田中さんとはたくましいシングルマザーと2人で暮らす小学6年生の花実ちゃんのこと。
 
最終章が田中さんのクラスメイトである信也君の物語であり、彼の視点で田中さん親子を描いているのに対して、他の章では花実ちゃんが自分の日常を語る形になっています。
 
仲良し3人グループのうち自分を除いたた2人が『ドリームランド』へ行く計画を知って…というお話や、降って湧いたようなお母さんの再婚話などがエピソードになっているのですが、彼女の心の葛藤や諦めの気持ちを前向きにり替える姿がとっても切ない。
 
全く親戚付き合いがないことやお母さんが決して語ろうとしない過去について『棚の奥のドクロ』なのだと自分なりに折り合いをつける姿など、花美ちゃんが小学6年生にしてはちょっと出来過ぎなのがオバチャンとしては心配。
 
作者の鈴木るりかさんが小学生時代に書いた小説を加筆訂正したものと中学生になってからの書き下ろしということなので、実質中学生の文章なのだと思うけれど、この『花実ちゃん』が小学生だった頃のるりかさんの中にどのように生まれてきたのか知りたいものです。
 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ