コーヒーの思い出

地元で有名なSというコーヒー店があります。南米に自社の農園を持ち、今では都内にも直営店を持つコーヒー輸入販売会社です。私が学生の頃(もう30年近く前です)の記憶では、常磐線K駅前のひょろ長いテナントビル内の喫茶店と、商店街から少し入ったところに豆を売る店舗があるだけでした。

 

学生のころ私のいた研究室には、毎日3時に飲むコーヒー資金用の貯金箱が置いてあり、メンバーがちょこっとづつ小銭を寄附するようになっていました。時々先輩が『バイト代がはいったから~』と1000円札を気前良く入れてくれたりしたものです。普段は学内の生協で売っている一番安い缶入りの粉を買ってくるのですが、少し資金に余裕ができると、このSコーヒーの豆を買いに行くのです。買いに行くと言ってもせいぜい100グラムか多くても200グラムなのですが、わざわざ隣町までコーヒー豆を買いに行くというのは学生にはかなり贅沢なことでした。4~5人で誰かの車に乗せてもらって『繰り出す』という感じだったのを覚えています。

商店街の通りから小さな路地を入っていくと倉庫兼焙煎工場のような建物があり、その隣に小さな店舗がありました。入口を入ると左側には何種類もの豆が並んでいて、右側には小さなコーヒーテーブルがいくつか置いてありました。たしか喫茶店にもなっていたのだと思います。お店には品の良い年配のご婦人がいらしたのですが、社長の奥様だったのでしょうか。豆を注文すると必ずその場で入れたコーヒーを皆にサービスして下さいました。少しの量しか買わないのに、いつも全員にふるまって下さってありがたいことでした。大勢でおしかけて迷惑な若者達でしたね。

それから間もなく、バブルの波にのるかのようにギャラリーを併設した立派な喫茶店が表通りに面して建てられ、あちらこちらに直営ショップが出来、豆を取り扱うレストランやパン屋さんも随分と目にするようになりました。嬉しいような遠くに行ってしまってちょっと寂しいような気持ちになったのを覚えています。何というか、小さい頃を知っている近所の娘さんが女子アナになってテレビで活躍しているのを見るような気分。

 

先日、高校生になるうちの子にこの話をしたら、『ウソっ、Sって地元の店だったの?チェーン店(スタバとは言わないまでももう少しスケールの小さい….)だと思ってた!』とのたまうのを聞いて、逆にこちらがびっくり仰天しましたよ。親が若い頃の話なんて子供にとっちゃ遠い遠い昔のことだものね。

ブラジル生まれのコーヒーミル

昨日の写真に登場したミルは、夫が若かりし頃ブラジルのメルカドで買い求めたもの。

造りはいい加減ですが、よく働くエライ奴なのです。
水平にハンドルを回すタイプのものに比べると力も要らずラクチンで、お湯を湧かしてる2〜3分の間にメジャースプーン3杯分の豆がちゃちゃっと挽けてしまいます。
もう20年以上ものあいだ何の手入れもせず毎日使っていますが、不具合もなく我が家にはなくてはならない存在です。

材質は鉄の鋳物で、内側はペッパーミルのように溝の刻んである臼が縦向きに入っています。ハンドルと逆サイドについているネジの押し込み加減で臼の位置を横にずらす仕組みになっていて、出てくる粉の粗さを調整可能。下に置く受皿をいつの間にか紛失してしまったので、明治ブルガリアヨーグルト♪の蓋をちょっと変形させて使っています。
壁に取付けるネジ穴とクランプ式に板に締め付けるネジがついているので、垂直面にも水平面にも取り付けられるようになっています。我が家ではキッチンカウンターの端っこが使いやすいので、ちょっと飛び出した板部分に取付けて使用。

小さなお客さんにもたいそう人気があって、はじめて遊びにきた子は『やってみた〜い』と必ず寄ってきます。
我が家のこども達も、初めてのお手伝いは豆挽きだったかもしれません。楽しいし失敗の心配がないので小さな子にもまかせられますからね。ただし豆の入っている臼の部分に小さな指を突っ込まないように注意しないといけません。

ハンドルの反対側に『ALFREDO VILLANOVA INDAIATUBA MADE IN BRASIL』と記されているのでGoogleさんで調べてみたところ、ALFREDO VILLANOVAは人名、INDAIATUBAというのはサンパウロ市の中にある地区の名前のようです。INDAIATUBAにALFREDO VILLANOVA S.A.という鉄を扱う会社があるようなので、もしかしたらここの製品なのかな。

遠く離れた日本の田舎町で使われているなんてアルフレッドさんもびっくりしてるかなあ。

一杯のコーヒーがもたらすパワー

毎月届けていただいている雑誌の中に、楽しみにしているコラムがあります。
ヨーロッパのエンデューロレースを追いかける日々をベースに、フォトグラファーであるTさんと奥様が毎月交代で文章を書いておられます。

フォトグラファーやライダーの視線で書かれることが多いTさん、生活者視線で暮らしの中の小さなことから話が広がっていく奥様のKさん。
おふたり異なる角度からの話を毎月交互に読んでいると、モータースポーツがヨーロッパの人々の中でどのような存在であるのか、私の中にふわっと立体的に浮かんでくるんです。
特に奥様Kさんのお話は、妻、母として共感できるものが私の中にあるのでしょうか、何度も読み返す事が多いです。

そのコラムの今月のタイトルが『一杯のコーヒーがもたらすパワー』でした。

『朝起きたらまずコーヒー』というのは我が家も同じ。
夫が『あ”っ(寝坊した!)』といいながら布団から出るなりでコーヒーミルを回しはじめるのが毎朝のお約束。
私は、レンジでチンした牛乳にインスタントコーヒーと砂糖をたっぷり入れて飲むのが何十年も前からの習慣なので、朝一番で飲むのは夫だけです。
子供達を送り出して掃除洗濯を済ませパソコンの前に座る頃になると、ちょいと一杯欲しいなあとなります。仕事時間にスライドしていくためのきっかけ作りのようなものなのでしょうか。

朝一番で夫が淹れた分は既になくなっているので、自分でミルをごりごり回すところからはじめます。豆の分量、やかんに入れる水の量、やかんの火を消すタイミング、すべてが一連の流れなので毎回ほぼ同じ味に入るのですが、たまにお湯を熱くしすぎて渋〜くなってしまうことも。二人の好みが多少違うので、同じ豆を使っているのに私が淹れるとあっさり味、夫が淹れるとヨーロッパ風のこってりした味になるのが不思議なところ。お湯の温度やお湯の注ぎかたが違うのでしょうね。

今月のKさんの話の中で、とても印象に残ったのが『取材旅の途中でトラブルに見舞われたとき、コーヒーを飲みながら落ち着きを取り戻し、難関にどう対処するかを考える』という言葉。万事休す!な状況に陥ったとき、全てを一旦放り出してコーヒー飲んでちょっと頭を冷やしてみる。自分に向かって『落ち着け落ち着け!』のおまじないみたいなものですかね。

何事もなかなかエンジンのかからない私にとっては、お尻に火をつける燃料としての方が重要な役割になっているかもしれませんが、いずれにしても日本茶や紅茶にはない特別なパワーをくれる存在であるのは確かです。

coffee_large

再びLEGO

一日のほとんどをMacの前で過ごす私。
コンピュータに向かいながら筆記用具やメモ用紙、付箋紙、クリップなどのちょっとした文具にアクセスしたくなることがたびたびあります。
ちょこまかしたものを一箇所にまとめられて、場所もとらない大きなペン立てのようなものが欲しいなあといつも思っていました。

こどもが欲しがっていたこんな ↓ ペン立てを見て気がついたのでした。『なーんだLEGOでつくればいいんだよね!』と。

 

 

自分がいつも手元に置いておきたい筆記用具やA4の不要な紙を4つ8つに切ったメモ用紙、クリップ、付箋がおけて、机の上で邪魔にならないサイズを考えながら組み立てたのがこちら。
色とか全くこだわらずに作ってしまったので、見た目はアレなんですが使い勝手はとてもgoodです。ゼムクリップを置いてあるところは4×4ポッチのマグネットになっています。

pentate_large

我が家のミニフィグ達

届いた本に触発され、整理と称して手持ちのレゴが床にぶちまけられた昨夜。
我が家のミニフィグ達を全員整列させてみました。子供によるとそれぞれに名前がついているのだそう。

胴体との組み合わせが変わっても、顔で名前がついているらしい(あたりまえか)。顔が同じ場合は帽子の色や髪型で命名されているんですって。ちゃんと一人一人の名前を披露してくれました。
数えてみたら30体。思ったよりたくさんあってびっくりです。
前から2列目には2002年サッカーワールドカップ日韓大会で500mlコカコーラのおまけについてきた子がいます。半ダースのケース入りコーラとセットで。随分と気前の良いおまけでしたね。

 

minifig_large