ロクシタンのハンドクリームでも香り穏やか

3年ほど前にロクシタンのシアハンドクリームを使ってイマイチだった話を書きました。
 
海外の物独特の強い香りがねえ、ちょっと私には合わなかったんです。
 
ところが最近同じロクシタンのハンドクリームでも、これはいいぞ!と思う香りに遭遇。
 
「友達がミニサイズをたくさんもらったからお裾分け〜」と持ってきてくれた物をランチ仲間で分け分け。
 


 
何種類もの香りを試せるまたとない機会だったので、皆でクンクンと香りチェックです。
 
その中でもチェリーブロッサムとヴァーベナアイスは上品で穏やかな香りが人気でした。
 
ジャンケンになってしまい私はどちらもゲットできなかったので自腹で購入を検討中。
 
どちらにしようかな〜。
 

 

 
【ロクシタン オンラインショップ】

 
使い心地はサラッとしていて物足りないので、お出掛け用にバッグにいれておくためですけどね。
 
ちなみに私はローズをいただいたのですが、こちらもそれほど強くない香りでした。ただ、ローズってどうしても年配向けな香りに感じてしまうのよね。ちょっと古めかしいと言うか…。
 
 
 
家で使う普段用は例年通りヴァセリンを愛用中。もうヴァセリンなしの冬なんて考えられない〜。
 
家族全員で使っているので今年も200gジャーひとつと40gジャーをふたつ分がそろそろなくなりそう。
 
まだまだ乾燥する日が続きそうですから早く200gジャーを買い足さねば。
 

 

 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

『ブログ村』いつになったら正常に戻るのかしら

昨日の記事の中で『どこかで誰かが読んでくれているというのが、いつのまにか一番のモチベーションになっているのかもしれない』と書きました。
 
それを実感するのが『ブログ村』や『ブログランキング』のようなランキングサイトです。
 
ランキングサイト経由でこのブログへ来た方がいたり、サイト右端のぬいぐるみ画像や、毎日の記事の一番下に設置したバナーをポチッとされるとその数によって登録したカテゴリーでのポイントがつくというもの。
 
 
ところがここ数日はランキングサイト『ブログ村』がリニューアル中の影響で、せっせと記事をアップしても『新着記事』に表示されていません。
 
ランキングページの自分のサイトの表示枠内にも投稿した記事のタイトルは表示されておらず。
 
多分この影響だと思うのですが、ここ数日訪問してくれる方がぐっと少なくなってしまいました。
 
もともと訪問者数は少ないので『減った』と言ってもたかがしれているのですが、なんだか寂しい。
 
しかも利用しているブログサービスによってなのか、ちゃんと表示されているサイトとされていないサイトが混在しているので、同じ日付でどんどん新しい記事がアップされている中自分のものだけが表示されずなんとも歯がゆいです。
 
毎日更新されているはずなのに新着記事が表示されていないブログを直接訪問してみると、ちゃんと毎日更新されていますから、ランキングサイト内に記事が取得されない現象は私だけではないようです。
 
『ブログ村』ではリニューアル作業が終わればこの現象は徐々に解消されると告知されているのですが、長ければ3月頃までかかる可能性もあるとのこと。
 
私のような超ささやかブログはgoogle検索で上位に表示されるわけでもありませんから、ランキングサイトで更新表示されなければ訪問してくれる方は減るばかり。
 
 
ささやかな励みとなっているランキングポイントが下がる一方で、記事を書くテンションも下がる一方だけれど、ここはブログを始めようと思った最初の気持ちを思い出して、ぼちぼちでも更新し続けますよ〜!。
 

 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

私がブログを書く理由。

毎日ブログを更新しよう!と目標にはしているのですがこれが予想外にしんどい。
 
テーマが特にない雑記ブログですから、まず『何について書こうか』を決めるまでがひと苦労。
 
 
自分の中でなんとなく柱にしているのは司書資格を取得する道のりや読んだ本について記録しておくこと。
 
小学校での読みきかせボランティアをしていた頃は、読んだ本のタイトルと一緒に担当した学年や子ども達の反応。それからその日は読まなかったけれど候補にあげていた本のことなど、あとあとの参考になるようなことを記録していました。
 
自分の子どもが小学生だった頃は、買ってあげた本のことについても書いていましたね。
 
あとはお買い物日記的なこともありますね。購入後何年も経ってから『これ、いつどこで買ったんだったっけ?』と気になることがよくあるので、意外と役に立ちます。
 
結局のところ、放っておくとすぐに忘れてしまうような日常の些細なあれこれを記録しておく備忘録のようなものでしょうか。
 
もちろん、これだけだったらブログにして全世界に発信する必要はちっともないのですけどね。
 
 
うーん、どうしてだろう?
 
自分のお尻を叩くためかな。脳の老化防止でもあるな。見ず知らずの方が読んでくれていると思うと、自分なりにきちんと書くための努力もするし誤字脱字にも気を付けるしね。
 
通信過程で資格をとろうと決心したのと同じ時期でもあったので、レポートを書くための文章トレーニングに繋がるかも…なんていう下心もありました。
 
何年も続けていると自分のブログ内を検索して過去のことを参考にすることも増えてきて、最近ではこれが意外にも便利で思わぬ効用に。
 
ランキングサイトに登録してからは、新たに投稿をアップするとアクセスが増えたり、時にはどなたかがバナーをクリックして下このも書き続けるための励みになっています。
 
自分の記録のためや文章のトレーニングのために書いているだけだと思って続けていたのが、今では『どこかで誰かが読んでくれている!!』というのが一番のモチベーションになっているかもしれません。

 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

蒐集の楽しみ『ヴンダーカンマー』【読書メモ】

『ヴンダーカンマー』という言葉、はじめて知りました。
 


 
『ヴンダー』とはドイツ語で『不思議』(英語のワンダー)、『カンマー』は『部屋』。直訳すれば『不思議の部屋』ということらしいです。
 
16世紀〜18世紀にかけて、イタリア〜ドイツ〜オーストリアを中心とするヨーロッパでは、世界中から蒐集した珍しい物を陳列する部屋をもつことが大変流行し、これを『ヴンダーカンマー』とよんだのだそうです。
 
それにしてもの本、タイトルや表紙の写真からして怪しげな雰囲気がプンプン。
 
豊富なカラー写真からは、貴族や支配階級の人々がお金にものを言わせ世界中から珍奇なものを集めまくり、秘密めいた部屋にずらりと並べてそのコレクションを満足げに眺めていたであろう雰囲気がビシビシと伝わってきます。
 
現代の博物館の元祖ということですが、当時は系統だった分類などもされていなかったようです。
 
遠い国の珍しい物を集めて他人に見せることが冨と権力を誇示する手法のひとつだったのでしょう。
 
 
珍品コレクションとしてのヴンダーカンマーはやがて廃れてしまいますが、植物だけ、昆虫だけ、のようにある種のコレクションを追求し分類まで手掛けるタイプの蒐集家も中にはいたようで、そのようなヴンダーカンマーは自然科学の研究にも貢献したようです。
 
時代の移り変わりとともに、職人に手の込んだキャビネットを作らせ趣味の良い展示に変わっていく様子なども解説されています。
 
著者はドイツ文学とヨーロッパ文化史が専門とのことで筆者自身が取材旅行中に撮影した多くの写真をもとにした解説はかなり専門的。
 
世界史が苦手な私には時代背景などの解説はちっとも頭に入ってこないのですが、「げげげ〜っ!」と目を覆いたくなるゲテモノ的コレクションから目を見張る様な幻想的な細工物まで、写真をパラパラっと眺めるだけでもおなかいっぱいになる1冊でした。
 
 
巻末には参考文献とあわせ、現存するヴンダーカンマー関連施設の所在地情報が地図とともに掲載されています。
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

『情報資源組織論』科目終了試験のこと【聖徳短大司書課程】

聖徳短大通信過程で2月または3月に『N152 情報資源組織論』を受験する方へ。
 
 
聖徳通信2018年冬号は必読ですよ〜!。
 
1ページ目の一番下にある『科目終了試験に関するアドバイス』として次のようなことが書かれています。
 

教科書に出てくる目録法、分類方に関する基本的な用語、略語の意味をしっかり把握した上で受験して下さい。分類法の中でも特に日本十進分類法(NDC)の特徴は性格に抑えておきましょう。また、主題組織法について、自然語、東成後それぞれを用いた場合の特色の違いについてしっかりと把握しておきましょう。

 
私は2017年(H29年度)にこの科目を受験しましたが、用語の知識を問われる問題がほとんど。
 
私は直前の夏スクーリングで一緒になった方から情報をいただいていたため、用語・略語の確認をを中心にした準備をできたのがとてもラッキーでした。
 
それまで受けた試験は記述問題が大部分でしたから、そのつもりでレポートの延長のような準備だけだったら間違いなく不合格だったと思います。
 
今年度と昨年度は同じ担当教官ですから試験問題の傾向は同じはず。
 
暗記軽視な準備で不合格者が多くなるのを危惧してこのようなアドバイスを出してくれているのかも。
 
具体的な設問については全く覚えていなくて申し訳ありませんが、とにかく用語・略語の暗記(その意味をしっかり理解しておくことも含め)対策はしっかりとしておくことをおススメします!
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ