憧れのStaubやル・クルーゼ。その短所も許容できる?

贅沢かな…と逡巡しながら購入したStaubの話の続き。


ル・クルーゼ、Staubといえば、煮込み料理などをおいしく仕上げてくれるという、料理好きでなくとも一度は使ってみたいと思わせる有名な鋳物ホーロー鍋。

とはいえ、人によっては使いにくい部分もあるんですよね。


まずはその重さ。

鋳物だから当たり前といえば当たり前ですが、本体だけでも重い上に中身が入ったらそりゃあもう重いですよ。

今回ココットde GOHAN(ココハン)を求めに行ったコストコで、隣にココットラウンドがあったのでふと手にとってみたらその蓋の重さにびっくり。

ココハンの蓋はちょっと薄手で、我家にあるル・クルーゼと同じような造りだったので違和感はありませんでしたが、ココットラウンドの蓋は手首でくるっとひっくり返して置くには重すぎる..。

ガラストップのコンロにガツンと当てたら、多分割れちゃうんじゃなかろうか。


とはいえその重さ故に料理がおいしくできるのだから悩ましいところ。

餃子を焼くのに愛用のLODGEも気合いのいる重さだし、28cmのル・クルーゼもおでん満タン状態で移動するのはかなり注意が必要。

体力が落ちているのか、はたまた料理への気合いが弱くなったのか、それらの重い鍋を手にとろうとして『億劫だな…』と感じる時があります。


何歳までこの道具達で料理を続けられるかとちょっと心配だったりもします。


鍋の持ち手も蓋のつまみも全て金属製だから、鍋つかみ必須なのも小さなことだけど意外と面倒だしね。



鋳物鍋でもうひとつ手が掛かるのは錆びやすいところでしょうかね。

洗ったあとに濡れたままシンクに伏せて置きっぱなしにしたら、茶色い錆の輪っかが出来ちゃうんですよ。

だから、洗ったらさっと布巾で拭いてあげるのが大事。


我家は鉄のフライパンもLODGEのコンボクッカーも洗ったらすぐ火にかけて乾かすということに慣れてしまったので、家族全員自然にこのように始末してくれますが、初めてだと結構な手間に感じるかもしれません。




最近よく思うのですが、道具に求めることって人それぞれ。

商品の購入者レビューを読んでいると、ある人にとってはすごく減点評価になることでも自分はさほど気にならないことがよくあります。

自分にとって重要なポイントのためには、手間がかかる短所も許せちゃったりするんですよね。


手間と言うより多分コツとか慣れの問題なのかもしれませんが。


鉄のフライパンや鋳物鍋の手入れが面倒という人は多いけど、私にとってはむしろ、フッ素加工が剥げかけたフライパンを使うのがとーーーーっても苦痛。

買い替える程ではないし…とか、まだ捨てるのはもったいない…と思いながらくっ付きやすくなったフライパンを何年も使っちゃうタイプなので、その間のイライラ期間がツライ。

気軽に使えるものをパッパと買って、ダメになったらサッと買い替える…ということの出来ないのが昭和世代なのかしらね。




大分話がそれてしまいました。何を言いたかったかといえば、一見素敵なStaubもル・クルーゼもイメージ先行で買うのは危険だよー、ということ。

大枚はたいてから『使いにくい。みんなが言う程よくなかった!』とならないよう、自分の性格やライフスタイルと照らし合わせてから決めてね…という老婆心でございました。






↓ ポチッとしていただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ