赤いランクル『ヨンマル』の絵本

こどもが大きくなっちゃったら絵本を買う機会がすっかりなくなってしまいました。

今はよみきかせの活動もしていないので、自分のために欲しいものや家族で手にとりたくなるような絵本しか買わなくなっちゃったの。

で、久々に買ったのがこちら。

あかいじどうしゃ よんまるさん (こどものとも絵本)
堀川真
福音館書店
売り上げランキング: 123,778



トヨタランドクルーザーの旧型である『ヨンマル』が主人公。



一度図書館で借りて読んだことがあり、そのうち購入しようと思って忘れてたんだった。


時々お邪魔するブログでこの本の話題が投稿されていたのを読んで思い出しました。

オットにそんな話をしたら『あれ、うちにななかったの?』と言われて早速購入。


大切に使ってくれていた若夫婦に赤ちゃんが産まれ、ライフスタイルに合わなくなると使われる機会が減ってしまうの。

畑の隅っこに放置されるようになったヨンマルさんはネズミだけがお友達になってしまいます。


そしてある日突然見知らぬオジサンがやってきて、知らない場所へ引き取られて行くのです。



でもね、実は引き取ったオジサンの手でトラックに改造され、最後は新しい持ち主のもとで新たな活躍の場を与えられるという素敵なエンディング。



昔、これと全く同じ赤いショートボディのヨンマルさんが我家にもいたので、表紙を見ているだけで懐かしさで胸がいっぱいになります。




↓ ポチッとしていただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ