コロナと離婚危機。我家の場合。




外出自粛やテレワーク在宅勤務が世の多くのご夫婦に危機をもたらしているとか。


そもそもコロナウイルスに対する不安を抱えてストレスフルなのに、普段一緒にいることに慣れていないご夫婦がいつもと違うリズムで生活するとなれば、イライラもするよね。





我家の自営業歴は、夫婦2人体制になってから23年が経ちます。



毎日毎日毎日毎日一緒です。



昔はオット1人または相棒と2人で現場仕事に出かけることも多かったのですが、ここ10年以上は在宅仕事がほとんど。

子供たちが保育園や学校に行くようになってからは、現場仕事も私が一緒に行きます。




サラリーマンの旦那さまをもつ専業主婦奥様達からは『毎日よく一緒にいられるね。お昼ゴハンも毎日作るんでしょ?ぜーったいムリ〜。』と言われ続けています。



多分ね、慣れだと思う。


お互い自分のPCに向かっている時間がほとんどだしね。それぞれの仕事を黙々と。現場に出れば『オット』ではなく親方ですから、私は甘えることなく部下に徹するのみ。






もちろん、たまーに自分1人の日が続くと『ラクだわ〜』とは思います。


お昼の時間も自由だしその辺にあるもの適当に食べれば終わっちゃう。


なにより家の中が散らからないだけで、私のご機嫌アップです。





『仲がいい』と言われることも多いけど、もちろん昔は随分とぶつかることもありましたよ。

それでも25年以上一緒に暮らし、大小様々な危機を一緒に乗り越えているうちにスルーするところはスルーするという塩梅が身についてきたのかも。

仕事・家計・子育てなど、生活のすべてにおいて情報や危機感が共有できているのも大きいのかな。

毎日毎日よく喋るしね。

意見は違っても相手が何を考えているのかを知ることは大切だと思う。あ、これは他人でも一緒か。





もし私たち夫婦に離婚の危機が訪れるとしたら何が原因になるのかなあ。






↓ ポチッとしていただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ



 

コメント

  1. 高橋二葉 より:

    お元気そうだね
    そうそうコロナ離婚て話題最近ありますね~
    ほとんど奥さん側からの不満だよね。
    私の兄が最近やっと離婚できました。
    原因は色々あると思うんだけど引きがねとなったのは兄の単身赴任、大好きな娘二人と悠々自適に暮らしているところに、たまに帰ってくると、今まで何ともなかった些細なところが気になって仕方がなくなり喧嘩が増え、単身赴任を終えてからは毎日激しい喧嘩。
    成人した娘を連れて自分で出て行ったのに、家裁から嫁への生活費を振り込むように言われ、高給取りの兄は毎月14万入金していた。
    世間体が気になる潔癖の嫁が最初離婚をすることにごねていたが、あまりの横暴さに周りの弁護士や調停員などに説得され、晴れて離婚が成立した。
    生活費の入金はなくなるものの、財産分与で家を売り、ボーナスを足して1千万近く元嫁に支払ったそう。
    話はそれてしまったけど、結局夫婦は何かをきっかけに破綻してしまう、共に綱渡りをしているようなものなのかもね。
    そう考えるとLEEさんとことうちのように、信頼と妥協や憎しみや思いやり・・25年かかるわけですからね。
    仕方がないですよね~( ´∀` )

    • LEE より:

      あっという間に4月も後半。
      家に閉じこもっているうちに春が終わってしまうわ。

      お兄さん、大変だったね。
      ママと娘2人でパパ単身赴任というのはたしかに難しいね。

      ふたばちゃんの言うように、夫婦は『信頼と妥協や憎しみや思いやり』のバランスの上で綱渡りしているようなものだと私も痛感します。

      何がきっかけに壊れてしまうのか今のところは想像がつかないけれど、共感と思いやりを忘れずなんとかこの先もうまくやっていきたいものね…。