離れて暮らす子どもへの援助。この程度なら甘くない?



就職をきっかけにアパート暮らしを始めた上の子。


自宅からでも十分通える距離なのに何もわざわざ…とは思ったものの、自立の良いきっかけになるだろうと本人の選択に任せました。


車で30分とかからない距離ですし、私たち親にも馴染みのあるエリアなので日々の生活はさほど心配していないのですが、安月給で経済的にやっていけるのかがとても気になります。




住まいを決めた時に多少まとまったお金を渡し、今後お金の援助はしないのでそのつもりでねと伝えました。


電化製品購入など新生活の初期費用、将来の結婚資金、はたまた投資を始めてみる…。どのように使ったのか気になりますが今のところ聞かずにおりますよ。





これまでは口座引き落としで親が払っていた自動車保険や携帯電話の料金、『社会人になったら自分で払ってもらうからね』とは言っていたもののお給料の額を聞いてしまったらなかなか請求できないのよね。


先日届いた自動車税の納付書は自分で払うようにと渡しましたけど、一緒に出かけたコストコでの支払は私の財布から。

シェアしてお金も清算するつもりで行ったのだけどね。


『単価を考えれば安いのはわかってるけど、まとめ買いでこんなにお金出せないわ…』と結局何も買う様子がないので、我家用にと買ったあれこれを小分けして持たせてしまいました。


買い置きしてあった日用品や簡単に調理できる保存食なんかもついつい放出。




我家のシビアな家計のせいで、小さい頃から金銭面ではかなり厳しく育ててきたけれど、離れて暮らすと甘くなってしまう気がしています。






↓ ポチッとしていただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ