秋の夜長。次の刺し子は『角亀甲つなぎ 一目刺し』




昨日の中秋の名月。


夕方子どもを駅まで迎えにいこうとしたら、田んぼの上にオレンジ色の大きな月がちょうど上がってきたところ。


月の下のあたりに浮かんだ雲が月の光で照らされ趣のある陰影を作っている様子が一幅の絵のようでした。


ふっくらした雲に光が当たり明るく輝いている部分と、墨色の陰とのコントラストがとても美しくしみじみと秋を感じます。



運転中しながらではスマホで写真を撮るわけにもいかず残念でした。









ああ〜、秋だねえ。

朝夕のヒンヤリ感と日中の陽の強さのコントラストが心地よい季節。

針と糸が恋しくなる秋の夜長計画第一弾として取り組んでいた刺し子のふきんが完成しました。





急いで作る理由もないので一度に刺すのは糸1本分。


毎日取り組むわけでもないので超スローペースで、ふと気がついたら出来上がっていた…という感じ。




さて次は、クロスステッチ再開か? と思いつつも次の刺し子ふきんをポチッとしてしまいました。


今回使ったオリンパスのシリーズがとても良かったので、その中からこちらを。


同じ値段ならたくさん時間のかかる方がお得かな?というケチくさい考えで次は一目刺しにチャレンジ。


たくさんある一目刺し図案の中で、この『角亀甲つなぎ』がとっても可愛くて気に入りました。


この愛らしい図案、暖色系の糸で刺してみたくなったので前回使ったグリーンの糸と同じ横田ダルマ細番手から『桜』色を選びました。


20mX4かせ必要と記載されているので一番量の多い170mかせを購入。(40mを2かせ買うよりも安いので..)。




これは刺し甲斐がありそう。1,000円弱の投資で長いこと楽しめる安上がりな趣味だわね。












いつも応援ありがとうございます。
ポチッとしていただくと更新の励みになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

↓ 読者登録もぜひ!
B_type - にほんブログ村