キッチンでもアウトドアでも焼きサンドは楽しいね

新年度から始まった子どものお弁当。
 
ときどき登場する焼きサンドに使っている道具がこちらの『バウルー』。
 
我家では『焼きサンド』とか『ホットサンド』と言わずに、『今日はバウルーにする?』です。
 

 

購入してから10年くらい経ちますが、我家での使用頻度はかなり高い道具です。随分使い込んだ感が出てきてるね。
 
 
 
ガスコンロに乗せるだけなのでフライパン感覚で使え、電気を使うものより断然手軽。
 
「棚から出す → コンセントを差す → スイッチを入れる」
 
って、ささいなことなのだけど私にとっては結構手間に感じるんです。作業スペースも必要だし。
 
8枚切りの安〜い食パンを常備しておけば、中身はホント何でもOK。一番簡単でよく作るのがハム&チーズ、ベーコン&目玉焼き、バナナ&チョコ。
 
先日の弁当では残り物利用のドライカレー&チーズでしたね。
 
弁当も含めて朝から毎日活躍です。
 
下の子の朝ご飯は白米プラスパン系のもの。
 
菓子パンやコストコのマフィンを買っておくことも多いのですが、私に気力と時間の余裕があればバナナ&チョコやチーズハムといった手のかからないバウルーを作ります。
 
 
 
休日のお昼ご飯なら焼きそばや前夜のカレーの残りなども加え何種類か用意すると、お手軽な割には楽しいメニューになるので助かっています。
 
 
マンネリ中身になりがちなので、こんなサイトを覗いては新たな具材も開拓中。
 
Baw Loo 【バウルーホットサンドカフェ】
 
 
天気の良い日はベランダにカセットコンロ持ち出すだけでもピクニック気分だし、GWにキャンプに行く予定の方には超お薦めの料理道具。
 
火さえあれば簡単に作れるし、かさばらずに持って行けるからね。
 
いろいろな具材を持って行って各人お好みの組み合わせで作ると楽しいよ!
 


 
 
アウトドア用品のメーカーからもいろいろな形のものが出ているようですね。
 
【アウトドア&スポーツ ナチュラム】

 
↓ このコールマンのロゴが焼き色になるのカワイイ〜。
 

 
 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

公立高校入学初期費用のまとめ【教育費】

下の子の新生活もなんとか軌道に乗り始めました。
 
田舎に住んでいると、どこに出かけるのも自家用車で出かけるのががあたりまえ。
 
公共交通機関を使うなんて滅多にないことなので、自転車、電車、バスを使う通学に親子そろってドキドキしていました。
 
最初の数日はバス停を間違えたり定期券の使い方で手間取ったりしたようです。
 
1週間ほどたつとスムーズにこなせるようになり、お友達と駅ナカのショップに寄り道する余裕も出て来たみたい。
 
やれやれです。
 
 
入学に関する支払も一段落し、親のフトコロの方も落ち着いてきました。
 
 
ここで今回公立高校の入学にかかった費用をまとめておこうと思います。
 
1. 入学料 5,650円
2. 住民票 350円
3. 指定店での制服注文(夏・冬) 56,041円
4. 教材に関する諸費用の一括納入 120,000円
5. 教科書 18,652円
———————————————-
小計 200,693円
 
 
ここまでは入学者全員が必ず支払うもの。
 
ちなみに4番目の『一括納入金』には副教材費・体操服・上履き・外履き・専門科目で使う道具などが含まれています。
 
その他、個別の事情で生じた費用は次の通り。
 
6. 制服用のワイシャツ(2枚) 6,264円
7. 体操服の追加購入(長袖・半袖Tシャツ・ハーフパンツ各1枚) 7,000円
8. ローファー  5,940円
9. 駅前駐輪場1年分 14,000円
10. 通学定期半年分 50,020円
———————————————-
小計 83,224円
 
 
さらに高校入学まで待たせ、3月に新たに購入したスマホの代金
11. iPhone 78,800円
———————————————-
 
合計 362,717円
 
 
そういえば我家は上の子からのお下がりで済ませましたが、電子辞書の購入も必須(機種にも寄るが2万円前後)。
 
 
ちーん。
 
 
すごいですね。
 
月々の授業料は、就学援助金(中学生までは児童手当という名目だったものがスライドしたようなもの)が直接高校に払われるので心配ないのですが、公立でも最低20万円超の初期費用は必須ということ。
 
 
 
 
これが私立だったら(学校にもよりますが)、入学金・施設費だけ30〜50万円の加算。
 
さらに制服も高いのよね。プラス5万円くらい?。
 
さらに最近ではタブレット利用授業に使うタブレット購入費用や海外への修学旅行費用(20〜30万)などなど。
 
学校によってはソックスまで校章入の指定品だったりと学校案内からはわからないような費用がかかってくるそうです。
 
もちろん月々の授業料が公立よりも3万円程高くなりますから、3年間での差はかなりのもの。
 
家庭では体験させられないようなことや先進的な教育に接することができるのかもしれませんが、高校の段階でこんなに消耗したら我家なんて大学に行かせられなくなっちゃう。
 
 
 
うーん。
 
教育の無償化っていうけど、公立って入学料や授業料は本当に微々たるもの。
 
副教材・制服・体操服などにかかるのよね。数千円の積み重ねがバカにならないのよ。
 
下の子の学校の場合、これでも制服にかかる金額は近隣の学校の中でほぼ最低ライン。
 
もう少ししゃれた制服を採用しているところはもっともっと高いの。上の子が行った高校は夏冬合わせて10万円超えたもの。
 
 
 
議員さんたちにはこういう細かいことは見えないんだろうなあ。
 
 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

友達メシにコストコ大活躍

先日、腐れ縁の友達が遊びにきた話を書きました。
 
春休みで子どももいるので一緒にお昼を食べようと思い、用意したのがタコス。
 
手の込んだ料理や素敵な盛りつけは一切ナシで。
 
そこは気心知れた仲なので、私が素敵なおもてなしなんてできないことは承知済み。
彼女のうちでランチしましょうと集まる時も、全員で出来合い品の持ち寄りで済ますのが恒例。
 
 
我家で用意した材料はどれもこれもコストコ頼りでこんな感じ。
 
 ・フラワー(小麦粉)のトルティージャ10枚入x2個入パック【コストコ】
 ・挽肉を炒めてこちらのタコシーズニング【コストコ】で味付けしたもの。
 ・トマトとタマネギを刻んで塩・コショウ・レモン汁・砂糖少々で味付けしたサルサ
 ・キャベツの千切り(レタスの方がおしゃれだけどキャベツの方が現地風)
 
トッピングとして
 ・瓶詰めのハラペーニョピクルス【コストコ】みじん切り
 ・モッツアレラチーズシュレッド【コストコ】
 
 
食後のデザート用にキウイとコーヒーのお供にはバラエティークッキーとどれもコレもコストコ頼りで済ませちゃいました。
 
朝のうちにさっと準備してしまえば、あとは食べる直前にトルティージャをフライパンで軽く温めるだけ。
 
食卓で各自好きなように包んで食べてもらうので用意するのもラクチンだし洗い物も少なく、お客さんが億劫にならないメニューで大好き!。
 
お米を炊いてタコライスでももちろんOK。
 
我家の面々は簡単に食べられるこちらの方が好きだったりもするけれど、ご飯にトマトのサルサの組み合わせに抵抗ある人もいるかも…と思ってしまうので、そんなときはタコ皮を買ってくることにしています。
 
 
前の週もお客さんで、こちらは出来合いの総菜利用でかなり散財。
 
でもコストコが近所にあるおかげで来客イベントのハードルがかなり低くなって助かっています。
 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

こんなに快適なマスク。もっと早く出会いたかったよ。【花粉症対策】

昨日は花粉症に鼻バリアの話を書きましたが、今日はマスクのこと。
 
最近話題の『PITTA』というウレタン素材のマスク。
 
子どもが教えてくれたのです『ネットで話題だよ〜!』って。
 
柔らかいウレタン素材で、花粉のカット率は99%以上。
 
それなのに通気性がよくてマスクの内側が蒸れたり眼鏡が曇ったりしないという優れものらしい。
 
3枚入で400〜500円程度と安くはないものの、洗って繰り返し使えるということですからなおさらGOODじゃありませんか。
 
すぐにでも買って試してみたかったのですが、近所のドラッグストアやコンビニでは見つけられなかったんです。
 
 
そうこうしているうちにだんだんスギの飛散量も少なくなり『もう今年はいいかなあ』なんて思っていたら、たまたま立ち寄ったホームセンターで発見!。
 

 

 
個包装になったものが3枚入で498円。
 
色はグレーや黒等もありましたが、私はオーソドックスに白を買いました。
 
写真のような立体成形で手触りはとてもソフト。
 
早速使ってみたら、なるほどいつもの50枚/500円程度の使い捨てマスクに比べて格段に息苦しさがありません。
 
おかげで眼鏡も曇らないし、立体デザインのため顔に触れる面が少ないので口紅やファンデーションがついてしまうこともほとんどなし。
 
いつもならマスクの中がビショビショになった上に擦れて、あっという間に化粧が落ち切ってしまうので外出は本当に憂鬱でした。
 
口がマスクに接触しないってこんなに快適なのかと感動的ですらあります。
 
立体マスクはお高いので、使い捨てするのがもったいなくて使ったことがありません。その点洗って繰り返し使える『PITTA』なら心置きなく使えます。
 
もちろんマスクの中の湿度が全く上がらないというわけではなく多少は湿っぽくなりますよ。でもこの程度なら文句なし。
 
今後気になるのはその耐久性。毎日1回洗うとして何日くらい使えるかですね。
 
 
これももっと早い時期に出会いたかったわあ。来年は絶対このマスクで乗り切るよ!!!
 
Amazonだと随分お安く買えそうなので、来シーズンはまとめ買い必須だわね。
 

 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

こんなお弁当本を待っていたのよ!

4月になったらお弁当の日々が始まります。
 
毎朝お弁当を作るなんて上の子が高校生の時以来。
 
朝に弱くて料理も得意じゃない面倒くさがり屋の私にとって、毎朝お弁当を作るのは鬼門と言っても過言ではありませぬ。
 
遠足やら部活の試合など年に数度なら冷凍食品とかでむにゃむにゃ〜っと誤摩化せるけど、さすがに毎日同じ冷食を使うわけにもいかないし…。
 
というわけで、この時季本屋さんで山積みになっている弁当本の中からこんな本を買ってみました。
 


 
ブログで人気の方なんですね。知らなかったわ。
 
離乳食用の容器を利用して、市販の冷凍食品のような作りおきを用意しておくというのはナイスアイデア。
 
同じようなことを考えて実行してみたこともあるのだけれど、メニューがイマイチだったのかあまり活用できずじまいでした。
 
このレシピ本に載っているおかずはどれもこれも、手軽に出来そうでしかも美味しそう。
 
冷凍に使う容器やおかずカップの選び方、詰め方のちょっとしたコツなども『なるほど〜』な内容が盛りだくさん。
 
大きさの揃った容器を使って、冷凍庫にも専用のスペースをきちんと確保するというのも大事なポイントかも。
 
たくさん平積みになっているお弁当本を1冊1冊比べてみたのだけれど、この本はピカイチ。
 
おかずの種類や組み合わせ方などかなり私のツボにハマってくれました。
 
4月からのお弁当づくり、目新しいお弁当グッズの力も借りてちょっと頑張ってみようかという気持ちが湧いてきましたよ。
 
 


 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ