Pentel ゲルインキボールペン きらり

「凛とした文字が楽しめるボールペン』というキャッチフレーズに惹かれて思わず買ってみた一本。265円(税込)也。まだちゃんと使ってもいないうちから替芯まで買っちゃいました。
 
(2018.4.18現在ぺんてるのwebサイトでは商品が見当たらないので廃番なのかもしれませんがAmazonではまだ買えるようです。)

 
 
ホームセンターの一角に、筆ペンやら美文字練習用のノートと一緒に並んでいました。ひょいと試し書きしてみるとぬらりとした書き心地。くっきりとした色とたっぷりとした書き心地に「封筒の宛名書きに良いかも」と欲しくなっちゃいました。普段使っているサラサの0.4だと宛名書きにはちょっと頼りなく、0.7だとぼてっとした感じで、適当なペンを探していたところだったのです。色は桜色、藤色、金色の三色でほんのりメタリック。和風なイメージなんだろうけどどれも色は今ひとつかな〜、と思いつつ桜色をチョイス。目指したイメージは理解できるけど、もう少しきれいな色にして欲しかったなあ…。ぺんてるのwebサイトやamazonなどで見る商品写真はきれいなメタリックカラーなのですが、実際はかなりもったりした色です。

 

 

kirari00

クリップの周りはちょっと高級感がありますね。太さは0.7ですがそんなにぼてぼてした感じはありません。

 


kirari01

ブリスターパックをあけると。中の台紙が二つ折りになっていて中塚翠鶇涛先生の『ボーペン字ワンポイントアドバイス』があります。ペンの持ちかた、ぐるぐるなめらか曲線のウォーミングアップ、払い、折れのウォーミングアップ、『様』という漢字(漢字を書くための大切な要素が全て入った字だそうです)を使ったウォーミングアップ、きれいな字を書くためのポイントが書かれていました。

書き心地はと言えば、試し書きで感じたようにぬらっとしていて、ペンが勝手に走って行くような感触。いつも使っているサラサは0.4ということもありほんの少し紙に引っかかる感じがあり、程よい抵抗があるのですが、抵抗がないということは字の下手さ加減がさらに強調されてしまうかも。スピードが出過ぎちゃうというか…。

 

ippitsu_03

右から2番目が『きらり』で書いたものです。

替芯の品番で調べてみたらハイパーGという商品と同じなのですね。ハイパーGよりも長さが短いようなので、美文字ブームに乗った女性向けの商品ということでしょうか。替芯は黒の他にも青と赤があるんですね。ボール径0.5もあるようなので、次は0.5を試してみようかな。