「青ペン」x「万年筆」x「書きなぐり」【勉強法】

子どもの勉強効率アップに何か良い方法がないかしら〜、とネットをうろうろしていたらこんな記事を発見。
  
現役京大生が実践! 「青ペン書きなぐり勉強法」×「万年筆」のすごい効果。
  
  
青ペン書きなぐり勉強法というのは
『青ペンを使って大きめのノートに覚えたいことをひたすら書く』というもので
  
↓こんな効果があるそうです。
  

あえて青ペンを使うのには、2つのメリットがあります。1つ目は、セロトニンの分泌があるため。人間の脳は青色を見るとセロトニンというホルモンを分泌します。このセロトニンは、ストレスを軽減しポジティブな気持ちにさせてくれるため、勉強を持続しやすくなります。そして2つ目は、効率的に記憶できるためです。本来、単語の意味などを覚えようとすると、「意味記憶」として記憶されます。しかし、そこに何らかの体験が加わった場合、その体験と単語が関連づき、「エピソード記憶」として保存されるのです。そして一般的には、意味記憶よりもエピソード記憶のほうが覚えやすいとされています。
  
ボールペンなどを使った場合、書き間違いやミスは消せずにそのままになり、「書き間違えた」体験と単語が関連づきやすくなるため、より効率的に学習できることになるのです。

  
  
  
へえ〜、私の実行している勉強法がピンポイントであてはまっていてちょっと驚き。
  
私の場合青インクを使うのは単に『好きだから』という理由しかないんですけどね。
  
青インクを入れた万年筆で、テキストの気になるところをひたすらノートに書いて書いて書きまくるというのは、資格取得の勉強を始めた時からずっと続けているやり方。
  
フールス紙のノートにブルーブラックの万年筆という組み合わせがなんともいえず好きで、大学に入ってからは勉強と言えばずっとこのスタイルです。
  
万年筆を使うのは力を入れなくてもサラサラと書けるから。
  
万年筆といっても今愛用しているのは200円で買ったスケルトンプレッピー。学生時代はプラチナ万年筆の『デスクペン』の赤軸黒軸にそれぞれ青インクと赤インクを入れて2本持ち。
  
どんどん減っていくインクを見ると『これだけやった!』という励みにもなります。
 
それに私の悪筆で書きなぐっていても、見返す時にちゃんと役に立っているのでかなり嬉しい。
 

 
過去記事でもこの勉強法について少し書いています。

 
こんな本も出ているようですね。


『頭がよくなる』という言い方は好きではありませんが、ちょっと読んでみたい。
 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

 
 

果汁そのまんまのおいしさにびっくり!【夏のおやつ】

愛用のノートがなくなったので、子どもの送り迎えのついでにうちから一番近い無印良品へ。
  
  

  
レポートが残り2科目、あとはこの夏のスクーリングが1科目、合わせて3科目で終了予定なので、きっちり3冊を購入。
  
  

これだけで帰ってくるつもりが、つい店内をウロウロ。
  
お菓子コーナーで目についたこんなものを買ってしまいました。
  
果汁100%のひとくちゼリー。
  
みかん・ぶどう・りんご・ピンクグレープフルーツ・もも・すもも・甘夏の7種類があって迷いましたが、果汁の種類によって値段が異なることに気づいたので190円シリーズの中から、あまり見かけることのないピンクグレープフルーツとももをお買い上げです。
  
勉強を頑張っている下の子のおやつにと思って買ったはずですが、私もひとつ味見。
  
さすが果汁100%。スーパーで売っている子ども向けの商品とは訳が違うわ。
  
果物のジュースそのままで、ひとつほおばるだけでかなり贅沢な気分に浸れました。
  
7個入で190円と割高だけど、この夏ちょっとハマりそう。
  
  
  

  
  

男前な方眼罫ノート。

リングノートが好きではないとたびたび書いている割にはリングノート買っちゃいました。
 
なぜかというと立ったまま片手に持ってメモをとるためのノートが再び必要になったから。
 
前にも同じ理由で無印良品 ダブルリングノート・ドット方眼を購入しています。
 
無印のこのノート↑は廃番になってしまったのでしょうか、webサイトに見当たりませんね。
 
中身は同じドット方眼で、表紙がプラスチック製のリングノートがあるようなのでモデルチェンジしたのかな?

 
わざわざ無印良品に行く機会もないので、Amazonでのお買い物ついでに気になっていたコクヨキャンパスの大人キャンパスシリーズから。
 

シンプルな黒無地の表紙はしなやかでマットな質感のポリプロピレン製。
 
小さなD型のリングは黒色というのもあってか存在を主張せず、ソフトリングなので手に当たってもほとんど気になりません。
 
罫線の色も限りなく薄いグレーで、ガイドラインになりつつも書き込みの邪魔にならない5mm方眼というのも良い感じ。
 
リングから数ミリの位置にマイクロミシン目が入っているので、不要になったページを外したりちょっと切り取って使いたい時には便利かも。
 
そういえば無印良品のダブルリングノート・ドット方眼を使っていたときは、切り離しやすいようにわざわざミシン目カッターでミシン目を入れて使っていたっけ。
 
 
 
気になる紙質は『ザ・キャンパスノート』な感じ。
 
本当はツバメのフールス紙や無印の再生紙ノートのように、心持ちザラっとしている方が好きなのですがとりあえずはOK。
 
 
ひとつだけ大きく気に入らないのは、方眼が用紙の端っこまでないこと。
 
左右は方眼罫断ち切りなんだけど上端と下端に余白があり、しかも上端には『Date 』なんて余計な印刷がっ。
 
 
 
今年度も終盤になり、新年度に向けて大型書店やショッピングモールの文具売場が賑やかなことになっているようですね。
 
子どもに『春休みになったら文房具買いに連れて行ってね!』と早くも念押しされております。
 
ネットじゃなくてお店で手にとって選びたいんですと。
 
 

勉強のお供。私のベストノートはコレに落ち着いています。

過去に何回も書いていて恐縮ですが、方眼罫が好きです。
 
そして勉強のお供として一番のお気に入りはこちらの【無印良品/再生紙/ノート5mm方眼/30枚/糸綴じ】
 


 

 
最近方眼罫が注目されているようで、こんな文房具の記事が新聞に載っちゃったり、いろいろな商品に方眼罫のラインナップが加わったりしているのがとても嬉しい♪

 
 






 
 
 
リングタイプのものも含めるともっとたくさんの種類がありますが、左ページを書いている時にリングが手に当たるのがイヤなの。
 
 
今までで一番お世話になっていた大好きな方眼ノートはこちら↓。


最近店頭で見ないな〜と思っていたら、Amazonでも入手できない模様。廃番になっちゃったのかなあ。
 
黒一色という潔さ、糸綴じで目に優しい色合いの罫線、B6という手帳にピッタリのサイズ、そしてお値段もバッチリストライクでお気に入りだったのに。残念。
 
 
 
そんなこんなで、紙質、糸綴じ、デザインといった使いやすさはもちろんのこと、なんといってもこの庶民的な価格で抜きん出ているのが冒頭にご紹介した無印良品の再生紙ノートの方眼罫なんです。
 

手帳向きの小さいサイズもあるようですね。
【再生紙ノート・5mm方眼 A5・ダークグレー・30枚・糸綴じ】
【再生紙ノート・5mm方眼 A6・ダークグレー・30枚・糸綴じ】
 

表紙・裏表紙が無地というのが意外に使いやすい。
 
司書資格の勉強では科目ごとにノートを分けて使っているのですが、ページの使用量は科目によってマチマチ。
 
レポート作成時に『大分余っちゃったなあ』という時は、上下左右をひっくり返して反対側から科目終了試験対策に使用。
 
異なる科目に使っちゃえ!という時も背の上下にラベルを貼り分けて使っちゃっています。
 

 
この使いやすさで100円以下というのも素晴らしく、現在一番のお気に入り。
 
キャンパスノートもなかなか魅力的なのですが、紙質や表紙デザインが好みじゃないのと、無線綴じというのがどうしても好きになれなくて…。
 
 
 

今までにも同じような方眼LOVEの記事を随分書いていましたね。

 
素敵すぎる方眼罫のメモ帳。

方眼罫のノートシリーズ発見

無印良品 ダブルリングノート・ドット方眼

方眼罫のノート

手帳術とかメモ術とか、

生涯学習概論 (4) ー司書課程受講物語 (9)ー

方眼罫派
 
先日のスクーリング時に方眼罫ノートの便利さをたっぷり味わったために、ついついまた書いてしまいました。同じような内容で失礼!。

手帳術とかメモ術とか、

手帳やメモを徹底的に活用するのっていいなあ〜と昔から憧れにも似た気持ちがある私。
 
ほぼ日手帳をはじめとする方眼ノート各種をあれこれ手に入れては日々の記録をつけたりしてみています。たしかに昔の記録(物の値段やお付き合いの記録とか)を思い起こすのには便利なんだけど、なんとなく身につかないのよね。
 
こんな本がついつい目についてしまうので、あれこれ借りてきてはモチベーションをあげています。
 


 
その質実剛健な外観と庶民的な値段につられて、測量野帳なるものを1冊買ってみてしまいました。

 
測量野帳といっても罫線の種類によって『LEVEL BOOK』、『TRANSIT BOOK』、『SKETCH BOOK』の3種類があるようです。私は当然方眼罫の『SKETCH BOOK』を選択。
 
表紙は厚紙にクロス貼。厚紙といってもそれほど厚いわけではなく重くもないので、いたってお手軽なメモ帳という風情。
 
yacho01
 

yacho02
 

yacho03
片手で持てる細長い形が特徴で開くとちょうど正方形になるんです。女性の手には少し大きすぎる感じもするけど、表紙をぐるっと裏側に折り返しても壊れなさそうなので、立ったままメモをとるには問題なさそう。

 
yacho04
品番の『セ』は製図用品、『Y』は野帳をあらわしているそうです。そして『LEVEL BOOK』が1、『TRANSIT BOOK』が2、『SKETCH BOOK』は3ということで、わかりやす〜い!
 

yacho05
信頼感あふれるメイドインジャパン。
 

yacho06
ブルーの3mm方眼が40枚(80ページ)の糸綴じ製本。
今どき糸綴じというのがいいですね。パタッと開きやすいうえにページがはずれにくいですから。
 
ただ3mm方眼は私には細かすぎるかな…。方眼が細かいからか線が太いせいなのか、ブルーの罫線がちょっと煩く感じるのが不満といえば不満かしら。
 
さて、何に使おうかしらね。スケジュール帳はまだ今年の分が始まったばかりだし、B6方眼ノートはまだまだ使い切りそうにないしなあ。
 


Amazonさんでは1冊だとかなり割高ですが、いつも利用している通販オフィス用品屋さんでは1冊でも135円!薄くて軽いのでただのメモ帳としてバッグにしのばせておくだけもいいかも。表紙が硬いからバッグの中でもグチャってならなさそうだしね。