勉強のおともにプラチナ万年筆の『プレピー』

数百円で買える万年筆を何本か持っています。
 
プラチナ万年筆の『プレピー』
同じくプラチナ万年筆『デスクペン』

パイロットの『カクノ』
同じくパイロットの『ペン習字ペン』

 
それぞれに買った当時の思い出や好きなところがあるのですが、全てを同じような頻度で使うことができません。というか万年筆の特性で仕方ないのですが、しばらく使っていないとインクが出なくなってしまうから…。

 
上記の4本の中でデザインや持ちやすさで一番気に入っているのは『カクノ』。子供用に開発されたということで、親しみの持てるキュートな色と形。太めで六角形のボディは握りやすくて机に置いた時に転がらないのも嬉しい。
 
でもねえ、ちょっと使わないとすぐにペン先が乾いてしまうのが最大のネック。ペン立てに逆さまに立てておくのですが、ふと思い立って使おうとした時に『カスッ』となるストレスでますます使わなくなるという悪循環です。その度に水につけて洗って復活させてあげるのですが、やはり毎日使わないとダメよね。窒息防止の穴がキャップに施してあるという子ども向けの気遣いが仇となっているのかも。

 
 
一方でデザイン的にはイマイチな『プレピー』は半年や1年放っておいても全く問題なし。プラチナ万年筆の『センチュリー』シリーズと『プレピー』『プレジール』のキャップに施されている『スリップシール機構』という仕組みのおかげのようです。
 
透明な『プレピー』のキャップを見ると分かるのですが、キャップの先端にバネの付いた小さな部品が組み込まれていて、これがペン先の乾燥を防いでいるのだそうです。
 
たかだか200円のおもちゃのような筆記具がこれほど快適に使えるなんて、本当に素晴らしい。万年筆はボールペンに比べてサラサラと流れるような書き心地が気持ちよくて、私はお勉強のノートまとめにはこのプレピーを愛用しています(もちろんカクノも使いたいのですけどね….)。
 
 

この『おもちゃっぽい』ところが実は結構気に入っているんです。ボディのカラーも7色あるので、インクの色によって使い分ければ女子中・高生のような色ペン展開もOK。
 
私は、ブルーブラックのボディ+インクと組み合わせの他に、赤いボディに赤インクを入れたのも使っています。赤なんてそう頻繁には使いませんが、使いたい時にきちんとインクが出てきてくれる安心感。あとはデザインがもう少しなんとかなるともっと嬉しいのだけどね。
 
最近リニューアルされてちょっとだけデザインが改良されたものは300円に値上がりしてますね。ラインナップに旧タイプ200円のものもあるけれど、いずれなくなっちゃうのかなあ….。
 
 

PILOTOのこども向け万年筆  [kakuno(カクノ)]

お買い物ネタが続きます。
  
PILOTのこどもむけ万年筆『カクノ』。
前々から欲しかったのですが、1,000円出してまでは….と買えないままでいたのでした。
  
先日スーパーの文房具売り場でジェットストリームの替芯を探していたら、パッと目に飛び込んできたのが『500円』の黄色いお買い得品シール。
  

ペン先は『細字(F)』、軸とキャップのカラーリングもホワイト&ソフトブルーで私の好みのタイプな上に、1本だけ寂しそうに売れ残っていたのです。
  
一瞬躊躇したものの『これは私を呼んでいたに違いない!』とカゴに入れてしまいました。
  
500円といえばちょっとした袋菓子がふたつ買えるのに…と子供たちに申し訳ない気持ちもあったのですが、こんなチャンスないしね。
  
kakuno_500en
  

kakuno_nibu
ニブのところのニッコリマークが可愛い!材質は特殊合金とのこと、ステンレスとはまた違うのね。

  
kakuno_ink
  
黒のインクカートリッジが1本付属していました。説明書には、このようにどうやってインクをセットするのかが丁寧に解説してありました。
  
kakuno_torisetsu
  
子ども向けを意識してか、説明書はやさしくわかりやすい記述で漢字には全てふりがながふってあります。

  
新品の万年筆に初めてカートリッジをセットするとなかなかインクがペン先にまでおりてこないのですが、やさしくカートリッジを指で挟みながら押してみると書いてあります。なるほど!
  
  
肝心の書き心地はとても滑らかでストレスフリー。文字の太さはプラチナ『preppy』の0.3とちょうど同じくらいでした。
 
軸のデザインは『preppy』がいたって素っ気ないのに対して、角をとった六角形に柔らかな色合いがとても良い感じ。初期に発売されたグレー軸はちょっと好みではなかったのですがこちらのソフトカラーはどの色もかわいい!

  
六角形だとテーブルの上で転がらないのも地味に嬉しいポイントです。
  

カートリッジ/コンバータ両用ということで、色にこだわりがあるユーザーにとってはボトル入の素敵なインクが使えるのも魅力的ですね。
  

高級な万年筆はなかなか買えないけれど、こんなお手軽な物でもやっぱり万年筆は字を書くのが楽しくなるなあ〜。