今年の音楽シーズン。

秋の音楽シーズンが始まったというのに、敬愛するペライア先生の活動がぱったりと止まっていて寂しい限り。
 
 
 
水戸公演は2回とも中止になっちゃったし、グラモフォンに移籍して『さあ、これからたくさんCDが出るぞ〜!』と楽しみにしていたのも空振りだし…。
 
体調不良と言われてから長いですね。
 
どこが悪いのか情報は全く目にしません。
 
2013年のステージで拝見したお姿は、ちょっと太っりすぎでは?顔色もちょっと良くないな、と感じたので、もしかしたら関係しているのかも…。
 
つまんないなあ。
 
 
 
 
なので、他にも好みのピアニストを見つけようとアンテナを張っています。
 
今のところ気になっているのは、トリフォノフとか来月水戸に来るラファウ・ブレハッチ。
 
ふたりともちょっと線の細い若きイケメンさん。
 
ブレハッチは恩田陸さんの『蜜蜂と遠雷』に登場する人物のモデルというか、恩田さんにアイデアを授けたピアニストとのこと。
 
ブレハッチ×恩田陸『蜜蜂と遠雷』対談「ショパン演奏に潜む苦悩と美学」(AERAdotより)
 
こちらは水戸芸公演のチケット入手済み。どんな演奏を聴けるのか楽しみです。
 
 
 
そして、私の中で久々の大ヒット(といってもYouTubeやAmazonMusicで聴く限りなんですけどね)はアレクセイ・ヴォロディン。

ロシアン・ピアニズムが伝えるファンタジーとユーモア ーーピアニスト アレクセイ・ヴォロディン インタビューーー(KAJIMOTOのWEBサイトより)

 
先日の東京公演を聴いた感想をブログに載せている方がいて、気になったのでAmazonMusicで探してみました。
 
おお〜!
 
目の覚めるような鮮やかなテクニックに加え、明瞭で颯爽とした演奏に惚れ惚れと聴き入ってしまいましたよ。
 
ペライア先生の美しく端正な演奏を思わせるのですが、熱き想いが溢れるのをグッと節制するのではなく、そこのタガをバリバリっと外した…とでも言ったらよいのか。
 
 
 
私の貧困なボキャブラリーではうまく言い現せないのが残念ですが、ダイナミックなのに奔放というわけではなく、細やかな美しさもあり冴えた響きがとっても好みだわ。
 
軽々と疾走していくショパンやシューマン。テンポがちょっと早すぎるかなと思う時もあるけれどスッキリしていて私は好き。そのあとにふっと陰が差すようなところがあってね、これまた素敵なの。
 
1977年生まれということなので、これに加えてまだまだ円熟していくわけでしょ。楽しみだわ〜。
 
ソニーやグラモフォンのようなメジャーなレーベルからCDが出ていないのが残念。
 
ダウンロードで買うか、来月で無料お試しの切れるAmazonMusicを継続するか悩んでしまう..。
 
 
 
 
今回の東京公演に引き続き、いずれ水戸にも来ていただきたいわ〜♪。
 
 
 
 
↓ ポチッとしていただけると更新の励みになります。
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

今度こそペライアを水戸芸術館で!。

ふ〜。
 
なんやかんやと怒濤の1週間を過ごし、今日はとりあえずホッとひと息。
 
そんな中、3月に水戸芸術館でペライアのリサイタル開催が急遽決定という嬉しい知らせが!!!
 

静養に専念していたペライア氏より「来年3月は日本に行き、残念な思いをさせてしまった皆様の前で演奏したい」との意向が寄せられました。

 
水戸芸術館では、昨年中止になった公演の払い戻しをしたデータをもとに連絡のハガキを送ってくれたようです。
 
昨年の公演キャンセルは本当に本当にガッカリでしたから、急な知らせに嬉しいやら驚くやら。
 
今回の来日はサントリーホール(3/8)と水戸芸術館の(3/10)が予定されている模様。彩の国さいたま芸術劇場のwebサイトには情報が見当たらないので水戸と東京だけなのかしら。
 
もちろん手ぐすね引いてチケット争奪戦に参加。無事チケットを入手することができました。
 
昨年は中央ブロック上手というお気に入りの席をとれたのですが、今回はその位置が取れなかったのだけがちょっと残念。
 
プログラムは今のところ未定。どんな曲目が出てくるのか楽しみです。
 
 
そしてなんと、今回の公演情報をコメント欄で教えて下さった方がいたのです。
 
ブログで知り合った見ず知らずの方と、当日同じ空間でペライアのピアノを聴いているのかと思うとなんだか不思議な感じがします。
 
情報を寄せて下さったやっちゃんさん、本当にありがとうございました。
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 

ペライアは言葉での表現もお上手【音楽メモ】

マレイ・ペライアへのインタビューを見つけたのでメモ。

 
STEINWAY& SONSが出版する季刊誌「LISTEN:LIFE WITH MUSIC & CULTURE」に掲載されたインタビュー
 
日本語訳されたものがSTEINWAY& SONSのwebサイトに掲載されています。かなり直訳的というか機械翻訳っぽいけど。
 
バッハを演奏するにあたってのペダリングの話が大変興味深く感じました。
 

インタビューの日時が記載されていないのですが、このインタビューの直後にグスタフ・レオンハルトが逝去(2012年1月16日没)したとありますから2011年末から2012年明けて間もなくと思われます。

 
 

もうひとつは音楽之友社から出版されている『レコード芸術』の2012年2月号掲載記事。
 
2011年秋の来日の際にインタビューされたものだそうです。

 
 
この方は言葉での表現も本当にお上手。
 
演奏の裏付けとなる研究の成果を、ピアノだけではなく言葉でこれほど明解に一般人でも分かりやすく表現できるなんて素晴らしいなあ。
 
音楽研究家や評論家として活躍されていてもおかしくないなと思わされます。
 
 
ところで、どちらのインタビューでもベートーベンのディアベリ変奏曲への意欲が語られているので、近い将来レコーディングされるかもしれませんね、楽しみだわ。
 
私が今持っているのはポリーニの演奏。


 
 

NHKよお前もか。【クラシックの迷宮】

月曜日の午前中の楽しみはNHK-FMの『きらクラ!』『クラシックの迷宮』の再放送を聴くこと。
  
ところが!
  
今日も『クラシックの迷宮』の時間だわ〜とホクホクした気持ちでネットラジオにアクセスしてみてビックリ。別番組の再放送が始まるではありませんか。
  
春の番組改編で再放送枠がどこかへ変更になったのかとあわてて番組サイトを見てみたのですが『毎週日曜 午後9時』としか記載されていません。
  
独特の片山節はやはりNHK的にも異端なのかしら。いやNHKだからこそああいう番組にもちゃんと光を当てて欲しいのですけどね。
  
確かにあれだけクセのある選曲とトークは、世間的少数派のクラシック好きの中でも好き嫌いが分かれるのかもしれません。
  
  
でもねえ、そのアクの強さがこそ味わい深くていいのだよ。
 
なるほどと唸らされるようなかなり斜めからの視点やウルトラ少数派的な意見を提示される度に、自分の貧弱な固定観念ががらんがらんとひっくり返され、とても新鮮な感覚を味わえるのです。
 
どれほどの引き出しががあるのかと不思議になるほどのブラックホール的な知識の広さに加え、それを他人の視線など全く無視と言った風情で飄々と語る様子が本当に面白い。
  
歯に衣着せぬ語り口の往年の吉田秀和さんを彷彿とさせる希有な方ではないでしょうかね。
  
是非とも水戸芸の3代目館長(初代が吉田秀和さんで今は指揮者の小沢征爾さん)になっていただきたいと思っている程です。
  

過去の放送リストを見ていたら、3月末の『私の試聴室』はペライアの最新アルバム『月光』『ハンマークラヴィーア』と、これまたポリーニの新譜『ドビュッシー:前奏曲集第2巻、白と黒で』が取り上げられていたんですね。
  


ポリーニの新譜は買おうかどうしようか迷っている最中。どんな風に片山さんが紹介していたのか聴きたかったなあ。
  
再放送がないなんてショック。
 
  
  

ホントにホントに楽しみにしていたのに(泣)

昨日届いた水戸芸からの一通のメール。
 
あまりにもショックで、全てのヤル気が失せてしまった。

 
楽しみに楽しみにしていた3/25のマレイ・ペライアリサイタル@水戸芸が中止になったというの。

 
体調不良のためにドクターストップがかかり、3月からのアジアツアー全てがキャンセルとなったそうです。
 
3/21の彩の国さいたま芸術劇場、3/23のサントリーホールともに中止ですからどうしようもありません。

 
招顎元ジャパンアーツの公演中止告知はこちら

はあああ〜〜〜〜、ガッカリ(泣)。