モノとしての『本』をつくるひとたちの仕事

読書メモ3冊
 
【1】「本をつくる」という仕事

筑摩書房のPR誌『ちくま』に連載された記事をまとめたものということですが、とても良い本でした。
 
モノとしての『本』をつくる過程に関わるさまざまな人々の仕事ぶりが丁寧に書かれています。大日本印刷の書体(フォント)改刻プロジェクト、消え行く活版印刷の技術を残そうとする若い職人さん、ドイツで製本技術を学び『製本マイスター』の資格を取得した職人が語る本の話。
 
テレビドラマで話題になった『校閲』と新潮社の話にはウ〜ン!と唸り、装幀家が『本が旦那、装幀家は芸者』という言葉にもクスリと頷き、書籍用紙を開発する話に技術者としての誇りを感じ….。
 
全部で8つの章があるのですが、すべての章がNHK『プロフェッショナル仕事の流儀』に映像化できそうな話ばかり。
 
読みながら何度もこの本の書体やらレイアウトデザインやら紙質に目がいってしまいます。こればかりは電子書籍では味わえない醍醐味ですね。ちなみにこの本、とても軽いと感じました(重量としての重さがね)。そしてページがとてもめくりやすいのです。紙質がとてもしなやかでコシがあり、一枚一枚が離れやすくページをめくる動作にスムーズについてくる。書籍用紙開発の話を読まなければ気にも留めなかったと思いますが、きっと著者のこだわりで選ばれた用紙なのだろうなと感じます。
 
こういう本て何度も読み返したくなるんですよね。手元に置いておきたいと感じる一冊でした。
 
 
 

【2】怒りはじめた娘たち


最近では『毒親』ということばをよくみかけますが、親子関係に悩む人は昔から大勢いたわけで『何をいまさら』という気がしないでもない..。
 
それでも今悩んでいる人にとっては、このような本を読むだけでも気持ちが楽になるかもしれません。私だって昔も今も母親についてはいろいろと思うところがありますし、このように冷静に分析された本を読むことで、もやもやしているのは自分だけないのだという安心感があったりスッキリした気持ちになったりはするので。
 
とはいっても、自分の親を『支配する側とされる側』としてではなく単なる一人の大人として距離を置いて見ることができるようになった今、この手の本を読むと『そうそうそうだったよ』とスッキリ感を味わう一方で『それを解決する道のりは千差万別でこういう本に解決の答えはないんだよね』と虚しくもなるんですよね。
 
そんなわけで、今の私にとってはイマイチの一冊でした。

 
 

ちょっと外れますが、『友達母娘(おやこ)』というのがもてはやされて、私自身そのような母娘関係を羨ましいと感じた時期もありましたが、やはりそれってどこかおかしい。
 
すっかり大人になってからならアリかもしれませんが、生活のすべてを頼っている子どもと、金銭的な決定権を握っている親とが対等な関係にはなり得ない。支配者と被支配者であることを上手に隠してお友達ごっこをしていると、あとで精神的に大きなしっぺ返しがくるのでは…?と私は思います。
 
 

【3】ヨチヨチ父 —とまどう日々—


大好きなヨシタケシンスケさんの本。発売早々に本屋で購入しました。
 
これは絵本ではなくイラストエッセイ。本屋さんで検索したら児童書→絵本の棚が表示されたので探しても見つからず、店員さんに聞いたら育児書コーナーにわりとひっそりと置いてありました。
 
子育てあるあるが満載。目のつけどころもナイスだし、思わず苦笑いしたくなる力の抜けたイラストもたまらないわあ。
 
嵐のような育児の日々を通り過ぎたからこそのユーモアで育児の日常が描かれています。あとがきでご本人もおっしゃっているように『子育てが一番大変なときに子育てについて考える余裕なんてない』、本当にそのとおりです。
 
嵐が落ち着いて、振り返ってみたときにはじめて『あ〜、子どもを育てるってタイヘン』と笑って話ができるときが来たからこそのこの内容なのかしらね。
 
現在進行形で嵐の中にいるパパやママに『そうそう大変だよね』と共感することしかできないのは私も同じですが、ちょっとだけ先輩からの応援メッセージが子育て奮闘中の方々に届くことを願います。
 
 
 

今月の本:2017年1〜4月とおまけ

ゆっくり何かを考える心のゆとりがない日が続いています。

書いておかなくちゃ!と思うことはいろいろあるのですが、どれもこれも後回しになっていることばかり、
 
というわけで『今月の本』も1月〜4月までまとめてアップ。
 
 
【1月】
探偵もの(しかもちょっとゾクッとするようなホラー系)が続いているようです。


 
 
【2月】
同じく八雲シリーズから。

 
 

【3月】
3月に発売されたばかりのこちら。
源ちゃんファンとしては外せないこちら。Amazonでは入荷待ちで10日程度かかるとあったのですが、とりあえず注文しておいたら2日後には届きました。
 
源ちゃんのCDや本は『借りずに買う』というポリシーがあるようです。エライ!(お金を出すのは親なんですけどね…。まあヨシとしましょう。)


 
 

【4月】
引き続き推理もの。少女漫画風の表紙ですが内容はどんな感じなのかしらね。



 
 

子どもが読んでいる本を私も読んでみたい気持ちはあるのですが、興味もだんだん違ってきているし、そもそもそこまで時間がない!
 

親からは見えない世界を持つような年頃になってきたんだなあ…..とちょっと寂しいような気もしないではないですが、いつまでも親とべったりではそれまた心配だしね。

 
 
 
私は私でヨシタケさんのこんな本を。

 

そういえば『MOE』の4月号はヨシタケシンスケ特集。


ようやく5月号が出て、図書館でも「貸出可」になっていたので借りてきました。かなり贅沢なヨシタケワールドが堪能できます。
 
書き下ろしの特別付録は加筆されて5月に発売されるそうですよ。

 
今週にはこれも発売になるしね。

 
 
楽しみだなあ〜♪

ヨシタケシンスケさんの新刊本

先日購入したヨシタケシンスケさんの2冊。
  
  
1冊目は初期のスケッチ集(自費出版だそうです!)の復刻版『デリカシー体操』

  
会社勤め時代に自分を慰めるために描いていたという小さなスケッチが数えきれないほど収められています。
  
この膨大な数のスケッチは、心が折れそうになった時に『世の中見ようによっては面白いよ、すてたもんじゃないよ』と自分を励まし、世の中の『どうでもいいこと』をどうにかして『おもしろがろうとした』記録であると、本の扉に序文のような形で記してありました。
  
描かれているスケッチは、日常の『どうでもいいこと』ばかり。小学生が授業中にノートの隅っこにクリクリっと描いた落書きみたい。
  
心にとまったことを誰かの目を意識することなくかいた絵ですから、ヨシタケさんの頭の中を覗き見しているみたいで、とっても面白いです。
  
あまりにも何気なくて、凡人ならすーっと通り過ぎてしまうような一瞬。『あ〜!あるある』ということばかりなのに、ヨシタケさんはそこを通り過ぎずにカシャッとシャッターを切っているんですね。
  
帯にある『忘れたことすらおぼえていない、どうでもいいものたち』『だって気が付いちゃったんだもの。』ということばがぴったり。
  

どこのページから開いても良いし、何度見ても新しい発見があるようなイラスト集でした。
  
  
  
  
 
もう1冊は、4月に出版されたばかりの最新作『このあとどうしちゃおう』。
 
『りんごかもしれない』と『ぼくのニセモノをつくるには』に続く、人生を考える哲学本のようなシリーズの3作目。
  


少年とおじいちゃんの関わりというのが、いとうひろしさんの『だいじょうぶだいじょうぶ』を思い起こさせます。
 
遺品の中から見つけた1冊のノートを読んだ少年が、生前のおじいちゃんの気持ちに思いを馳せる物語。
 
このノートはまさにおじいちゃんのエンディングノートなわけですが、その中身がふるっています。死後の世界をわくわくと想像していたかのように綴られたノート。ヨシタケさんの想像力には相変わらず脱帽です。
 

ストーリーはそれだけでは終わらず、少年がそこから何を感じたのかまで描かれています。
 
お話の最後の部分は少しお説教臭さがただよっていて、出版社の意向?と思わないでもないのですが、全体に十分ヨシタケワールドを楽しめました。
 
付録のブックレットには、『そのあとこうしちゃおう』という描き下ろし4コママンガとインタビューが載っていて、この作品のテーマである『死』に対するヨシタケさんの想いを知ることができます。
  
  
  
  
 

ささやかな誕生日プレゼント

2週間ほど前に誕生日を迎えました。
  
昨日は母の日でした。
  
だもんこれくらい自分にプレゼントしてもいいよね。
  
というのがこちらの2冊 ↓ を衝動的にポチッとしてしまった言い訳です。


  
  

明日には届くかな、楽しみ〜♪
  
  
  
 
↓ こちらは誕生日に上の子が学校帰りに買って来てくれたものです。
flower 

最新号の雑誌がいきなりコレクター価格になっちゃうなんて…


  
福音館の子ども向け月刊誌『たくさんのふしぎ』
その3月号の著者がアーティスト村上慧さんということで、ちょっとした話題になっているようです。

  
今日、近所の大型書店で絵本のコーナーをふらふらとしていたら、たまたま見つけたので『ラッキー!』と迷わず買ってきました。
  
 
発泡スチロールで作った家をやどかりのように背負って旅しているのだそうで、そのスジでは有名なアーティストらしいです。オットに話したら『あれ?水戸芸にも来てるんじゃない?』ですって。
 
 
早速読んでみると、取手、つくば、土浦、水戸、常陸太田…と茨城滞在の写真が何枚も載っていました。イラストも緻密で楽しいわあ。そのうち水戸芸術館で展示してくれると嬉しいなあ…。
 
  
ところで、この3月号のことを知ったのは今月半ば頃のことだったのですが、amazonで探して見ると2月初旬に発売になったばかりだというのに既に在庫切れ。しかもマーケットプレイスで1,440円と定価の2倍の値段がついていたのですよ。
  

ですから店頭でたっぷり並んでいるのを目にしたときは『買い占めて高く売ったら儲かっちゃうじゃん!!』という悪魔の囁きに一瞬負けそうになった私。
  
でも、コレクションしたい大人よりも、たくさんの子どもたちに手にとってもらいたいので1冊だけカゴにいれてあとはちゃんと残してきましたよ。また10冊位は残ってたかな?
  
薄っぺらくて判型も小さい上に装丁も地味なので、書店の棚で目にとまることは少ないと思いますが小学生くらいのお子さんは絶対に喜ぶはず。ぜひ定価720円で多くの子供たちの手に渡りますように!
  
  
  
帰宅してからもう一度amazonを覗いてみたら、なんとコレクター価格7,200円で出品されているではないですか!。ひえ〜〜〜びっくりポンだわ!。
  
アーティストとして話題の方なので、定価より少しくらい高くても欲しい人がたくさんいるのでしょうねえ…。それにしてもバックナンバー切れや絶版品ならともかく最近出たばかりなのに、なんだかなあ。(これだけ人気の号ならいずれ単行本化されるかしらね)
  
  
  
  
ヨシタケシンスケさんのこちらの2冊も下の子のリクエストにより購入してしまいました。図書館で借りて読んだことはあるのですが、家において置きたい本なんだそうです。


 
ヨシタケさんや、村上慧さん、鈴木康広さんのイラストがどうもツボなんです、私もこどもたちも。