ヨシタケシンスケさんの新刊本

先日購入したヨシタケシンスケさんの2冊。
  
  
1冊目は初期のスケッチ集(自費出版だそうです!)の復刻版『デリカシー体操』

  
会社勤め時代に自分を慰めるために描いていたという小さなスケッチが数えきれないほど収められています。
  
この膨大な数のスケッチは、心が折れそうになった時に『世の中見ようによっては面白いよ、すてたもんじゃないよ』と自分を励まし、世の中の『どうでもいいこと』をどうにかして『おもしろがろうとした』記録であると、本の扉に序文のような形で記してありました。
  
描かれているスケッチは、日常の『どうでもいいこと』ばかり。小学生が授業中にノートの隅っこにクリクリっと描いた落書きみたい。
  
心にとまったことを誰かの目を意識することなくかいた絵ですから、ヨシタケさんの頭の中を覗き見しているみたいで、とっても面白いです。
  
あまりにも何気なくて、凡人ならすーっと通り過ぎてしまうような一瞬。『あ〜!あるある』ということばかりなのに、ヨシタケさんはそこを通り過ぎずにカシャッとシャッターを切っているんですね。
  
帯にある『忘れたことすらおぼえていない、どうでもいいものたち』『だって気が付いちゃったんだもの。』ということばがぴったり。
  

どこのページから開いても良いし、何度見ても新しい発見があるようなイラスト集でした。
  
  
  
  
 
もう1冊は、4月に出版されたばかりの最新作『このあとどうしちゃおう』。
 
『りんごかもしれない』と『ぼくのニセモノをつくるには』に続く、人生を考える哲学本のようなシリーズの3作目。
  


少年とおじいちゃんの関わりというのが、いとうひろしさんの『だいじょうぶだいじょうぶ』を思い起こさせます。
 
遺品の中から見つけた1冊のノートを読んだ少年が、生前のおじいちゃんの気持ちに思いを馳せる物語。
 
このノートはまさにおじいちゃんのエンディングノートなわけですが、その中身がふるっています。死後の世界をわくわくと想像していたかのように綴られたノート。ヨシタケさんの想像力には相変わらず脱帽です。
 

ストーリーはそれだけでは終わらず、少年がそこから何を感じたのかまで描かれています。
 
お話の最後の部分は少しお説教臭さがただよっていて、出版社の意向?と思わないでもないのですが、全体に十分ヨシタケワールドを楽しめました。
 
付録のブックレットには、『そのあとこうしちゃおう』という描き下ろし4コママンガとインタビューが載っていて、この作品のテーマである『死』に対するヨシタケさんの想いを知ることができます。
  
  
  
  
 

ささやかな誕生日プレゼント

2週間ほど前に誕生日を迎えました。
  
昨日は母の日でした。
  
だもんこれくらい自分にプレゼントしてもいいよね。
  
というのがこちらの2冊 ↓ を衝動的にポチッとしてしまった言い訳です。


  
  

明日には届くかな、楽しみ〜♪
  
  
  
 
↓ こちらは誕生日に上の子が学校帰りに買って来てくれたものです。
flower 

最新号の雑誌がいきなりコレクター価格になっちゃうなんて…


  
福音館の子ども向け月刊誌『たくさんのふしぎ』
その3月号の著者がアーティスト村上慧さんということで、ちょっとした話題になっているようです。

  
今日、近所の大型書店で絵本のコーナーをふらふらとしていたら、たまたま見つけたので『ラッキー!』と迷わず買ってきました。
  
 
発泡スチロールで作った家をやどかりのように背負って旅しているのだそうで、そのスジでは有名なアーティストらしいです。オットに話したら『あれ?水戸芸にも来てるんじゃない?』ですって。
 
 
早速読んでみると、取手、つくば、土浦、水戸、常陸太田…と茨城滞在の写真が何枚も載っていました。イラストも緻密で楽しいわあ。そのうち水戸芸術館で展示してくれると嬉しいなあ…。
 
  
ところで、この3月号のことを知ったのは今月半ば頃のことだったのですが、amazonで探して見ると2月初旬に発売になったばかりだというのに既に在庫切れ。しかもマーケットプレイスで1,440円と定価の2倍の値段がついていたのですよ。
  

ですから店頭でたっぷり並んでいるのを目にしたときは『買い占めて高く売ったら儲かっちゃうじゃん!!』という悪魔の囁きに一瞬負けそうになった私。
  
でも、コレクションしたい大人よりも、たくさんの子どもたちに手にとってもらいたいので1冊だけカゴにいれてあとはちゃんと残してきましたよ。また10冊位は残ってたかな?
  
薄っぺらくて判型も小さい上に装丁も地味なので、書店の棚で目にとまることは少ないと思いますが小学生くらいのお子さんは絶対に喜ぶはず。ぜひ定価720円で多くの子供たちの手に渡りますように!
  
  
  
帰宅してからもう一度amazonを覗いてみたら、なんとコレクター価格7,200円で出品されているではないですか!。ひえ〜〜〜びっくりポンだわ!。
  
アーティストとして話題の方なので、定価より少しくらい高くても欲しい人がたくさんいるのでしょうねえ…。それにしてもバックナンバー切れや絶版品ならともかく最近出たばかりなのに、なんだかなあ。(これだけ人気の号ならいずれ単行本化されるかしらね)
  
  
  
  
ヨシタケシンスケさんのこちらの2冊も下の子のリクエストにより購入してしまいました。図書館で借りて読んだことはあるのですが、家において置きたい本なんだそうです。


 
ヨシタケさんや、村上慧さん、鈴木康広さんのイラストがどうもツボなんです、私もこどもたちも。

最近借りた絵本をまとめてみたら、下の子の絵の好みがはっきり

長いも料理の話、昨夜投稿したつもりが出来ていなくて今朝になってしまったので、本日はもう1件。

最近図書館で借りた本の記録です。

まずは下の子が先月末にかりた絵本の数々。
ehon02
 
最近お気に入りのヨシタケシンスケさんの『ふまんがあります』は買う前に中身を確かめたくて予約して借りたもの。その後迷うこと無く購入した話はこちら


 
一番上に乗っている『日本国憲法』はヨシタケさんのイラストに轢かれて借りたものですが、これもまた秀逸で小学生が読むのに丁度良いと感じました。その話も前に投稿していますね…。

 

シゲタサヤカさんも最近のお気に入りで『まないたにりょうりをあげないこと』は持っているのですが、それ以外の本も図書館で制覇したようです。

 
『人生を希望に変えるニコラスの絵本』シリーズは昔から大好きで何度も借りています。絵が大のお気に入りなんだそうです。3冊ともやさしさに溢れたお話で、たしかに何度でも読みたくなるし大人でもふと手にとりたくなる絵本です。

 
こちらは赤いパンツ型の帯とセットで装幀のデザインになっているのですが、図書館で借りたものは帯が無くてちょっと残念。よみきかせの時間に同級生のお母さんが読んでくれて気に入った模様。
 
読んでくれたお母さんによれば、仕掛け本になっているのと絵が素敵なので子供たちがとっても喜ぶのだそうです。今年は他の学年でもこれを取り上げることが多かったとおっしゃっていましたよ。

 
タンタンシリーズは、近所の図書館でコーナーが出来ていて全巻そろっているので少しづつ読破しているようです。
 
絵本といってもコミック風なので、読むのに時間がかかりますから『長持ちする』と言っていました。

今日のよみきかせは4年生でした

今日は4年生へのよみきかせの担当でした。
 

最近我家でブームになっているヨシタケシンスケさんの絵本から2冊。
 

 
はじめは『ふまんがあります』の1冊だけにしようと思っていたのですが、これだけでは時間が余りそうな気がしてきたので、朝になってから『りゆうがあります』も加えることに。
 

『りゆうがあります』は6年生のクラスでも読んだことがあります。4年生の男子達の顔を思い浮かべるとこちらでも喜んでもらえそう。

 
まずはじめに『りゆうがあります』を読み、次に『ふまんがあります』。どちらも「あるある〜」という感じが子供たちには楽しいようで、あちこちからクスクスという笑い声が聞こえます。
 

どちらのお話も最後の場面での立場が逆転した会話が秀逸。

 
そして『りゆうがあります』の少年が大きくなっのが『ふまんがあります』のパパなのでは!?と気がついてくれた子がいましたよ。
 
 
 
ヨシタケさんの絵本は『わはは〜』と笑いながらも読むたびに『?』や『!』に気づかされるので何度読んでも飽きません。
 
小さな子から大人まで年齢に応じていろいろな楽しみを見いだせる絵本だと思います。