参考図書【読書メモ】 図書館文化史(1)ー司書課程受講物語 (84)ー

図書館文化史の参考になるような本をいくつか借りて読んでいます。
 


情報を記すための媒体(メディア)としての書物の歴史。
 
西洋の粘土板&楔文字、パピルス、羊皮紙(パーチメント)、中国の甲骨文字や竹簡、日本における巻子本にはじまり様々な装丁の変遷など、豊富な図版で紹介されています。
 
私たちの先祖が情報を書き残すために様々な努力を重ねてきたことが読み取れます。
 
教科書的な内容でありながら全体的に軽めで読みやすく、雑学っぽいコラムがたくさんあるので肩肘張らずに読める上に勉強にも役立ちます。
 
分野の異なる複数の著者が書いているため書物史全体を網羅しているというわけではありませんが、狭い分野が妙に深く書いてあったりするのも面白い。
 
情報を残す・伝える手段という意味から楽譜や帳簿について言及した部分はとても新鮮でした。
 
 

こちらは江戸時代の人々がどのように書物と関わってきたかという視点。
 
徳川家康や家光の蔵書を納めた御文庫や、全国の藩校の付属図書館的な文庫、維新後それらの蔵書がどうなったのか、江戸時代の庶民が結構読書を楽しんでいたことなど、こちらもまた読み物として楽しめました。
 

これ、すっごく重量があって写真が美しく本当に素敵な本です。
 
『本を収蔵する空間の歴史』について、美しい写真に加えてかなり専門的な解説(しかも巻末には出典文献も纏められています)があり、図書館好きの人なら虜になる1冊であること間違いなし。
 
3年程前にも図書館で借りたことがあるのですが、その時は写真集的に楽しむのが主で、細かい記述はざっと読んだだけ。
 
建築様式の美しさや、現代とは異なる書物や書架の形態などに『へ〜、なるほど〜』とひたすら感嘆するだけで終わってしまっていました。
 
あれから3年、曲がりなりにも『図書館とは何ぞや?』を勉強し、『図書館文化史』の参考図書として意識しながら読むと新たな気づきが山のように出てきます。
 
記録媒体や記録方法、印刷の発達についても自ずと言及されており、書見台や書庫の形態、その場がどのような役割を果たしていたのかなど、改めて勉強になることばかり。
 
それにしても中世後期〜18世紀ヨーロッパの壮麗な建築には心奪われてしまうわ〜。
 
その他にも重厚な歴史を感じさせるイギリスやアメリカの図書館やハイテクな最新設備を備えた現代の図書館。
 
日本のものでは司馬遼太郎記念館の息をのむような美しさに圧倒されます。
 
どれもこれも見飽きることがなく、是非一度この目で見てみたい場所ばかり。
 
 
せめてこの本が手元にあったらなあ〜。
 
でもこの値段と大きさと重量を考えたら、うっかりポチッとするわけにはいかないのよ。
 
 
3冊とも読み物として楽しめるのはもちろんですが、やはり図書館学のテキストをきちんと読んでからの方が、より理解しやすく楽しみも倍増というところ。
 
テキストを読んだり、このような参考資料を読んだりと、行ったり来たりしながらの最終科目の勉強となっています。
 
ちなみに指定のテキストはコチラ↓

 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

 
 

【スクーリング評価返却】図書サービス特論(3)ー司書課程受講物語 (83)ー

8月に受講したスクーリング科目『図書館サービス特論』の成績が送られてきました。
 
『A』で無事合格です。
 
たった2ヶ月しか経っていないのに、すっかり記憶の彼方。懐かしい思い出に変わってしまっています。
 
 
前年のスクーリングで親しくなった方と再会したり、同じグループで作業した方が意外にも近くにお住まいで驚いたり。
 
既に公共図書館や学校図書館、大学図書館などで働いている方も多く、様々な立場からの経験談を聞くことができたのも大きな収穫。
 
図書館が大好きということと資格取得という同じ目的を持っていることで、初対面だというのに旧知の友人のような気持ちで大勢の方とお話ができたのも良い思い出。
 
図書館とは?を考えることだけにどっぷり浸ったかけがいのない3日間でした。
 
 
講師の先生も素晴らしい方でしたよ。
 
図書館への熱い思いがひしひしと伝わってきて、講義を離れてのちょっとした雑談でもハッとさせられることが多かったの。
 
最終日放課後の『情報交換会(at居酒屋)』ではオフレコの話もあれこれ聞くことができて本当に楽しかった。
 
 
 
************************
 
残っているレポートは『図書館文化史』の1科目。
 
偶然にも同じ先生の担当科目なのがなんだか嬉しくて。
 
参考図書を読みながら夏のアツイ3日間を思い出しています。
 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

 
 

【レポート合格!その2】『図書館制度・経営論』(5)ー司書課程受講物語 (82)ー

先日返却されてきた『図書館制度・経営論』のレポートの続きです。
 
そういえば、この設題を選んだのは夏のスクーリング『図書館サービス特論』を受けた影響があったからでした。
 
授業の課題を考える際に、各地の図書館の運営方針や図書館協議会の議事録に多く触れ、はからずも「図書館の運営」という分野について考えるきっかけになっていたのです。
 
 
山口先生の『図書館サービス特論』、意義深い授業だったなあ…と後になってからしみじみと感じています。
 
 
第2課題
**************************************************************************************
【第2設題】 
図書館サービスの評価を図書館の運営に効果的に反映するには、どのような事項に注意すべきか述べなさい。
 
 
【はじめに】
 図書館サービスが効果的・効率的に運用されているかを検証することは、その後の経営計画を策定する上で重要なステップである。得られた評価をその後の運営に効果的に反映するために留意すべき事項を検討した。
 
【本文】
1.目標の設定
 図書館ハンドブックにもあるように、運営計画を立てる段階において達成するべき目標を掲げその館が目指すサービスの姿を明確にすることが重要である。法的根拠でもある「公立図書館の設置及び運営上の望ましい基準」を大きな指針としながら各自治体の実情にあった運営目標を策定し、達成への道筋を具体的に計画する。
 
2.指標の設定
 1.で策定した目標を「絵に描いた餅」としないためには、どのような観点でどのような指標を用いて評価するかの設計も重要である。豊中市立図書館の運営提言に示された評価方法を例にとると、項目が大・中・小と段階的に細分化され日々の具体的行動に落とし込み易くなっている。これは結果を翌年度の改善に反映するには大変有効だと感じた。また利用者目線に立った評価のためには、入館者数や貸出しなどの定量的な数値だけでなく記述式アンケートを用いた利用者満足度調査のような定性的な評価も必要と考える。
 
3.誰が評価するのか
 図書館現場による自己評価は、自ら設定した目標をどの程度達成したのかや改善すべき点を職員自身が自覚するには有効である一方、達成できなかった理由に目が向きがちであり客観的な評価に繋がりにくいのではないか。利用者目線での評価、新しい発想での改善を求めるには図書館協議会や第三者委員会のような外部評価を取り入れることも不可欠である。
 
4.評価結果の公表
 図書館設置の目的が市民サービスであり、その向上のための評価であるから調査結果を市民に広く公表することは図書館の責務である。自治体広報誌、ホームページ、SNSなど市民の目に触れやすいメディアに評価結果と改善の取り組みを公表することは図書館の存在意義を積極的に市民に伝えることにも繋がり、市民とともに課題解決に取り組む姿勢を示すことにも有効である。
 
5.評価結果の活用
 2.とも関連するが、統計や指標数値を扱う際に似たような規模(人口、年齢構成、都市化の程度など)の図書館と比較することが、結果を活用するにあたって効果的であると考える。資料費や貸出し回転率などの数値を同規模図書館と比較したデータは、議会への要求や市民への理解を求める際にも重要な指標となる。また同規模他館の取り組みを参考にすることで、新たな視点での業務改善や新規事業に取り組む等職員の意欲向上にも繋がる。
 
 評価結果を次年度以降の計画に反映するにあたり、今後どのように改善していくかを具体策を記載する必要がある。その際現場の業務に過度な負担となり職員のモチベーションを低下させることがないよう、取り組むべきことの優先順位を明確にすることも大切である。
 
【おわりに】
 図書館の経営評価は長期にわたる住民へのサービス向上が目的である。今回公共図書館の評価事例に触れる中で、自治体首長や図書館職員の交替に左右されない大きな目標と長期計画をしっかりと持つこととその実現のために具体的な項目と指標を設定する大切さを認識した。また評価とその活用にあたっては、数値による効率のみに縛られた「評価のための評価」に陥いることのないよう常に意識するべきであると感じた。
 
以上
 
 
【講評】評価:A
 要点を把握しまとめたレポートとなっています。計画には長期計画と短期計画がありますが、このバランスを常に考え、環境に応じることも大切ながら、図書館の歩む道を見失うことのないよう運営することも留意事項といえましょう。 
 
(講評に興味のある方は、【講評】の下の数行をマウスでドラッグしてハイライトさせて下さい。)
 
**************************************************************************************
 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

 
 

【レポート合格!】『図書館制度・経営論』(4)ー司書課程受講物語 (81)ー

『図書館制度・経営論』のレポートが返却されてきました。
 
 
この科目はポイントが今ひとつよく理解できなかったのよね。
 
図書館とはどのような法律に支えられているのか、根拠となる法律が公共図書館・学校図書館・国立国会図書館・大学図書館でそれぞれ異なっているということが新鮮だったというのが一番の印象。
 
特に運営計画や評価という観点は、自分の感覚から結構遠いものがありレポートを書くのが辛かったことを思い出します。
 
 
司書に興味のない方にとっては毎回スルーなレポートネタですが、聖徳の通信課程で頑張っているご同輩の励みになれば幸いです。
 
 
第1課題
**************************************************************************************
【第1設題】 
図書館の経営活動について述べなさい。
 
 
【はじめに】
 図書館は知る権利の保障を目的として資料を収集し、利用者の求めに応じ提供する施設である。この目的を遂行するにあたり、図書館という組織が行うべき経営活動について以下に述べる。
 
 
【本文】
 図書館の経営とは「人々の求める本を集め、使いやすい状態にしておくために組織として計画的・継続的な意思決定の元に行うこと」1)である。そのための活動として、図書館の目的を直接実現する「貸出・資料の受入・整理・レファレンス・集会等」と、これらを円滑に進めるための「予算・組織・人事・施設等に関わる管理的業務」があり、前者を一次的経営活動、後者を二次的経営活動という2)。ここでは二次的経営活動に絞って具体的に列挙する。
 
1.サービスの設計
 抽象的な使命・設置目的を具体化しどのように実現するかという行動目標を定める。設置目的や設置の根拠となる法律・政策は館種により異なるため、自館が提供すべきサービスは何かを明確にする必要がある。公立図書館の場合は図書館法及びそのもとに定められた「図書館の設置及び運営上の望ましい基準」に加え、設置自治体の施策を運営の指針とする。
 
2.予算の管理
 公立図書館の経費は設置自治体の公費すなわち税金でで賄われており、予算要求から決算までのプロセスは地方自治法に則り適切に行われなくてはならない。経費の大部分を資料費と人件費が占めるのが図書館予算の特徴である1)。近年の財政状況悪化はこれらに大きくし、資料費削減と職員の外部委託が図書館サービスの質の低下を招くのではないかと懸念されている。
 
3.情報資源の経営
 資料収集は定められた方針に基づいて行い、コレクションの定期的な点検評価が求められる。郷土資料や貴重書の保存についてはデジタル化も含めた長期的計画が必要。オンラインDBの契約は料金体系など契約内容の綿密な検討が重要である。また大学図書館に不可欠な学術雑誌について、近年電子ジャーナルの普及が進む一方で費用の高騰が問題である1)。対策として各大学が機関リポジトリを整備するなど学術情報の収集提供形態が急速に変化しているので動向を注視する必要がある。
 
4. 人的資源の経営
 人と資料を結びつける図書館員なくして図書館サービスは成立しない。直接サービスにあたる司書とそれを支える管理部門職員を適切な人数確保し、組織全体が効率的に運営されるよう労務管理を行う。サービスの質を維持向上するために定期的な研修育成の計画も必要である。
 
5.施設や物品の経営
 経営レベルでは施設建築時のスペース設計、家具什器の地震対策や施設内のバリアフリー化・省エネ対策など、管理レベルではコンピュータシステム・建物・エレベータ・防火設備等の保守点検、日常業務レベルでは空調や照明の調整、清掃・衛生管理などがありこれらを適切に管理し利用者の安全と快適性を確保しなくてはならない。
 
6.評価とフィードバック
 運営状況について統計データやパフォーマンス指標を利用した定期的な評価を行う。また結果を市民に広く公開し運営改善にフィードバックすることが求められる。
  
 
【おわりに】
 「経営」という概念が営利組織だけのものではないことが理解できた。図書館が市民のために税金で賄われる施設だからこそ、公共組織としての効率的で健全な「運営=経営」を行うことが重要であると感じた。
 
以上
 
 
【講評】評価:B
 図書館の運営でサービス部門をささえる庶務管理体制の概要を理解したレポートとなっています。これに加えて、計画・施設管理・計画と財務の関係も含め、その内容を(具体的な内容)ポイントだけでもおさえておきましょう。 
 
(講評に興味のある方は、【講評】以下の行をマウスでドラッグしてハイライトさせて下さい。)
 
**************************************************************************************
 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

 
 

【ふう〜、終わった】『児童サービス論』科目終了試験(7)ー司書課程受講物語 (80)ー

昨日は『児童サービス論』の科目終了試験を受けてきました。
 
テスト対策は直前のレポート見返しのみ。
 
夏のスクーリングで一緒になった方達から『○○について論ぜよ』的なものが1題のみ、と聞いていたので用語を覚るような対策は一切とらず。
 
前日と当日の朝、会場に入ってからの待ち時間を利用して『子どもにとっての読書の必要性』『児童サービス担当にとって必要な資質』『子どもの読書推進のために必要なこと』を中心に、レポートを書いた時の自分なりの考えや思いを整理することだけ心がけました。
 
 
 
今回は受験者が少なく、ほぼ全員が長テーブルに1人ずつで座っていたと思います。
 
私は一番前の端っこの席を確保。前も隣も人がいないので想いっきり集中することができました。
 
9時に試験開始。問題用紙を見ると事前情報通り。
 
2題の設題からひとつを選し、ただひたすら自分の考えを述べる形式です。
 
用紙には罫線が印刷してあったので書きやすく、制限時間の1時間まであと5分というところで丁度埋め終わりました。
 
 
今回の試験に大変役立ったと思うのは、夏のスクーリングのグループワーク。
 
グループの皆で図書館活動についてあーでもないこーでもないと考え、自分の中にある想いを形にしたプロセスを思い起こすことでかなり楽に纏めることができたように感じます。
 
また、自分が親として子どもの読書環境について常々感じていることも合わせて書くことができ、自分なりに『やり切った!』感のある試験となりました。
 
 
 
さあ、次は『図書館文化史』のレポートを頑張るぞ!
 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ