【最後の試験終了】『図書館文化史』(8)ー司書課程受講物語 (94)ー

『図書館文化史』科目終了試験が終わりました。準備しておいた部分がバッチリ出たので手応えはまあまあでひと安心というところ。
 
 
ちょっと計算が狂ったのは、昨日夕方から本格的に降った雪。
 
量はたいしたことないものの、昼間の低温がたたって道路全体が凍っていましたので予定より30分早く家を出ました。
 
なるべく大きな通りを選んでいるのに、ちょっと低くて水が貯まったところがスケートリンクのようだったり、日陰は真っ白なアイスバーン。
 
ドキドキしながらなんとか会場隣にあるコイン駐車場へ到着しましたが、駐車場が一番の難関だったかも。
 
ビルの日陰のちんまりした駐車場は路面がボロボロ。コンクリが禿げて凸凹になっている部分にたまった水がカッチカチのつるっつる。
 
それでもも早めに家を出たおかげで8時には会場入りできたのでホッとしました。
 
会場には既に監督官がいらして部屋も暖まっていたのが嬉しかったわ〜。
 
直前までの約1時間、しっかりと復習できました。
 
 
 
試験内容はほぼ予想通り。
 
冒頭の出題は、2点X10問で合計20点配点の穴埋め問題。
 
内容は古代から中世にかけての代表的な書写材と書物形態の変遷に関するもの、日本の印刷物や文庫と庶民の読書、アメリカの図書館史について。
 
次は図書館に関わる代表的な宣言について簡単に記述するもの。15点X3問で合計45点配点。
 
最後は、戦後日本の図書館発展にとって重要な報告書(司書の勉強した方ならすぐにピンと来る有名なアレです)について記述するもの。35点X1問
 
 
穴埋めは何とかなるとしても、記述問題は自分の言葉でまとめるとのがなかなか難しいです。
 
スペースも限られているので、自分が理解しているポイントをいかに手短に分かりやすくまとめるかが鍵。
 
今回、その準備をしてあった項目については割と楽に書くことができましたが、それでも制限時間ギリギリになってしまったので、もしそのような対策をしていなかったら時間が足りなかったかも。
 
重要な事柄については『図書館学基礎資料』などを参考にしながら自分の言葉で短くまとめる練習をしておくと良いと思います。


 
今回の『図書館文化史』の試験、夏に受けたスクーリング『図書館サービス特論』での講義がとっても役に立ちました。
 
担当教官が熱く講義をされた部分はやはり最重要事項。
 
試験準備の段階ですっかり見落としていた部分が出題され、問題用紙を見ながら『しまった!』と思った問題があったのですが、夏の先生の講義を思い起こしていたら徐々に記憶が甦ってきてね、どうにかこうにか大筋について書くことができました。
 
 
なんとか合格できていると信じて、週明けに終了予定届を提出します!
 
 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

最後のマック勉。

子どもの送迎の待ち時間を利用した私の試験勉強。マクドナルドで100円コーヒーをお供にした90分です。
 
今週末は『図書館文化史』科目終了試験があるのでその試験対策をみっちりと。
 
まだ返却されていない1月の試験もきっと合格していると信じ、これが最後の試験です。
 
『マック勉は今日で最後』と自分に言いきかせながら、重要項目について短くかつ正確な記述ができるよう知識の整理をしました。
 
それにしてもレポートを書いてから3ヶ月以上経ってしまっており、指定教科書をまとめながら頭に叩き込んだはずの知識はすでに忘却の彼方…。
 
まとめたノートを見返すもイマイチ感覚が甦ってきません。
 
この試験の担当教官が夏のスクーリングで配布して下さったレジュメと受験経験者からの情報を総合すると、出題される分野はかなり絞り込まれているのですけどね。
 
 
意外にも役立ったのはこちらの資料でした。図書館に携わる者にとって基礎的かつ重要なことが詰まっています。
 


 
地味で存在を忘れがちなこの資料ですが、図書館に関係する法令関係、図書館の自由宣言、ユネスコ宣言、倫理綱領、ランガナータンの五原則などなど、いちいち関連の教科書をひっくり返さずにパッとアクセスできるハンドブック。
 
用語解説や歴史的な資料の写真、本の構造についてのイラストなども網羅されています(欲を言えば写真がカラーだとさらに嬉しい!)。
 
マクドナルドの片隅でこのハンドブックを引きつつ自分の言葉でノートにメモメモ。必死に頭に叩き込んできました。
 
とにかくこれで最後にしたい。どうか合格しますように!
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

『情報資源組織論』科目終了試験のこと【聖徳短大司書課程】

聖徳短大通信過程で2月または3月に『N152 情報資源組織論』を受験する方へ。
 
 
聖徳通信2018年冬号は必読ですよ〜!。
 
1ページ目の一番下にある『科目終了試験に関するアドバイス』として次のようなことが書かれています。
 

教科書に出てくる目録法、分類方に関する基本的な用語、略語の意味をしっかり把握した上で受験して下さい。分類法の中でも特に日本十進分類法(NDC)の特徴は性格に抑えておきましょう。また、主題組織法について、自然語、東成後それぞれを用いた場合の特色の違いについてしっかりと把握しておきましょう。

 
私は2017年(H29年度)にこの科目を受験しましたが、用語の知識を問われる問題がほとんど。
 
私は直前の夏スクーリングで一緒になった方から情報をいただいていたため、用語・略語の確認をを中心にした準備をできたのがとてもラッキーでした。
 
それまで受けた試験は記述問題が大部分でしたから、そのつもりでレポートの延長のような準備だけだったら間違いなく不合格だったと思います。
 
今年度と昨年度は同じ担当教官ですから試験問題の傾向は同じはず。
 
暗記軽視な準備で不合格者が多くなるのを危惧してこのようなアドバイスを出してくれているのかも。
 
具体的な設問については全く覚えていなくて申し訳ありませんが、とにかく用語・略語の暗記(その意味をしっかり理解しておくことも含め)対策はしっかりとしておくことをおススメします!
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 


気合いの入れ直し。【試験対策】 図書館文化史(7)ー司書課程受講物語 (92)ー

先日受けた『図書館制度・経営論』の試験が散々だったので、2/10に受験予定の『図書館文化史』はしっかり準備して受けようと心に決めました。
 
そもそも『図書館制度・経営論』は自分の中でヤル気が沸かない科目だった上に「年が明けてからゆっくり対策しよう〜」という目論見がはずれ、仕事が大忙しで全く試験対策ができなかったのです。
 
返却されたレポートを読み直しながらテキストを再読するも、結局法律関係を覚え直したくらいしか対策できず。
 
もやもやした気分のまま受けてしまったら案の定、答案用紙を前にして固まってしまったのでした。
 
 
そんなわけで、せめて最後の科目くらいは納得した答案が書けるように準備しようと気合いの入れ直しです。
 
『図書館文化史』の試験については、夏のスクーリングで一緒になった方たちが出題の形を教えて下さったのでどこを重点的に覚えればよいのかがなんとなくつかめています。
 
そして出題形式も、並んでいる語彙からの選択・穴埋め・重要事項についての簡潔な説明記述とのこと。
 
夏に受けた『図書館サービス特論』と同じ先生が担当ということもあり、その時のレジュメに書いてあることや講義されたことが中心に出題されるということも把握済み。
 
・記録メディアや書物の形態変化の歴史(粘土板・パピルス・パーチメント、巻子本〜冊子など)
・図書館的形態の歴史(芸亭、金沢文庫、家光の紅葉山文庫、大惚の貸本屋)
・アメリカ公共図書館の発展(米国議会図書館、フィラデルフィア図書館、カーネギー財団による図書館振興、米国ALA、デューイなど)
・戦後日本の公共図書館の発展(「中小レポート」や「市民の図書館」関係、各種図書館)
 
これらを中心にきちんと復習し、それぞれの項目について自分の言葉できちんと説明できるようにするのが目標です。
 
あと3週間。うまくいけばこれが最後の試験ですから、最後くらい悔いのないようにしなくては!
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

じわじわと終わりが見えてきた。【レポート返却】 図書館文化史(6)ー司書課程受講物語 (91)ー

返却された『図書館文化史』レポートの続きです。
 
書物の歴史は盛りだくさんで大きな流れをずらずらと書くだけで終わってしまっていました。
 
考察の浅い部分をピシリと指摘されています(泣)。
 
第2課題
**************************************************************************************
【第2設題】 
紙登場以前の記録メディアの変遷と書物の形態変化について説明しなさい。
 
 
【はじめに】
 紙が発明されるはるか昔から、人々は多様な素材を媒体として情報を記録しきた。記録メディアと書物形態の歴史を知ることで「記録された知識の集積場所」としての図書館の成り立ちを理解したい。
 
 
【本文】
 絵や文字を用いて記録を残す行為は、紀元前3500年頃には既に世界各地で行われており、文明の発達とともに知恵や知識を保存し後世に残そうとする工夫が生まれた。それらの情報をひとまとまりの書物として整理・保管する必要性が高まると、書物の形は1枚の板や葉から巻物へ、さらには冊子体へとメディアの素材と協同的に変遷した。紙以前の代表的な記録メディアの特徴と、それが書物形態に与えた影響を以下にまとめた。
 
1.甲骨・青銅・石板:古代中国(B.C.16~11)では甲骨や青銅器に占いや記念の記録を刻んだ。また身近な材料である石板は洋の東西を問わず現代に至るまで広く使われている。これらの素材は保存性は高いが彫る手間がかかり重量も大きいため大量の記録保管するには適さない。
 
2.粘土板・蝋板:粘土板は粘り気のある土に水を加え捏ね伸ばした半乾き状態の板に先端の尖った筆で文字を記して乾燥または焼成したものである。B.C.3000年頃の古代メソポタミアの遺跡では文書を記録した数万枚の粘土板が発掘されている。粘土板はひとまとまりに綴られることはなく棚に積み上げて保管していたようである。その後B.C.7世紀頃のアッシュルバニバル図書館では、粘土板の他に木版の凹みに蝋を注ぎ固めた蝋板を使用した文書の存在が蒐集記録に記されている。蝋板は複数枚をつなぎ合わせた折り本の形態で使うこともできた。
 
3. 竹簡・木簡・貝多羅・パピルス:東洋では、竹や木を薄く細長い短冊状に加工した竹簡・木簡や、ヤシ科の植物の葉を乾燥させ紐で中央を束ねた貝多羅が使われた。古代中国では竹簡・木簡を紐ですだれ状に綴り巻子本とした。また西洋ではナイル川流域に自生するパピルス草の茎を切り開いて縦横に重ね圧縮したパピルスが古代エジプトで生まれた。薄く柔軟性があり、糊でつなぎ合わせた巻子本の形態で利用できた。パピルスは周辺諸国にも輸出されB.C.3500年頃からB.C.1000年頃までの長期間使われた。これら植物を材料としたメディアは軽量で経済的であったため大量の書物が作られるようになったが、巻子本は収納に多くのスペースを必要とした。また読むには両手が塞がることや、必要な情報へのアクセスには広げたり巻き戻しの手間もかかることから、後に登場する冊子体に比べ、使い勝手のよい形態ではなかった。
 
4.獣皮・羊皮紙:動物の皮に絵や文字を記すことは古くから行われていたが、B.C.2世紀頃には洗練された皮メディアとしての羊皮紙が小アジアのベルガモンで生まれた。山羊や羊の皮を薄く張り伸ばし滑らかに磨いた羊皮紙は、パピルスと異なり両面に文字を書き込め丈夫で柔らかいのが特徴で、折り曲げた複数枚を糸で綴じ合わせ、木板の表紙を付けた冊子体の書物を生んだ。巻子本に比べ大量の情報をコンパクトに記録・保管でき検索性に優れた冊子体の登場は書物形態の大転換となり、紙と印刷が登場した後も現代に至るまでこの形態が使われ続けている。
 
 
【おわりに】
 時代を超えて残ってきた記録メディアに共通するのは、経済性も含めた入手の容易さと長期保存性であることが理解できた。今日紙での保存がスペースに限界を生じてきていることとデジタル情報が急増していることから、紙に代わる保存性の高い新たな記録メディアの問題は大きな課題である。情報を保存し後世に引き継ぐために、新たな記録メディアと保存形態についての知識について広く学び、新しい技術の動向にも注意を払いたい。
 
以上
 
 
【講評】評価:B
 合格ですが、記録メディア=書写材料の変遷が書物の形態に与えた影響についてはさらに考察しましょう。なぜその材料がその時代、その地域で書写材料として利用されたのかも考えてみましょう。地中海世界と東アジアは独自に発展しましたし、製紙技術・印刷技術は中国から伝播しました。書写材料と書物の形態もなぜその形なのか?各地域に置けるその必然性を考える必要があります。その結果は、書物の排架の仕方にも影響するでしょう。なお記録は極めて日常的な行為です。そのためには継続して入手しやすい材料が必要だったと考えられます。その様な観点からも考察を深めて下さい。発展として製紙技術と印刷技術の伝播についても理解を深めましょう。 
 
(講評に興味のある方は、【講評】以下の行をマウスでドラッグしてハイライトさせて下さい。)
 
**************************************************************************************
 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ