【Amazonで探して図書館で借りる】には最強のツール

Chromeの拡張機能(プラグイン)『その本、図書館にあります。』がとても便利。
 
本好き・図書館好きの方はとっくにご存知かもしれませんが、Amazonサイトで表示された本が図書館に所蔵されているかどうかを瞬時に探してくれる、しかも無料!のツールです。
 
 
お馴染みの図書館検索サイト『カーリル』も便利ではあるのですが、わざわざサイトを開くというひと手間があるとないとではお手軽さが段違い。
 
『その本、図書館にあります。』では最初に自分の使う図書館を2館まで登録できるので、私は県立図書館と市立図書館のふたつを登録。
 
 
市立図書館は全ての分館を含めた所蔵状況を『利用可』か『貸出し中』まで表示してくれます。
 
さらに< 予約する >をクリックすると、その館のOPACの書誌情報に飛ぶのでパッと予約できてしまうというありがたさ。
 
登録した館にない時は、< 本の詳細をcalil.jpで見る >をクリックするとカーリルに飛んでくれます。
 
さらにどこか近所で持っているかどうかを調べたければカーリルの中で探せば良いというわけ。
 
 
特に自分で『探す』作業をしなくても、Amazonで本のページが表示されると自動的に働いてくれるのもありがたいんです。
 
ちょっと気をつけているのは、Amazonで文庫を眺めていて
 
< 図書館から検索されませんでした >
 
と表示されるとき。
 
単行本が文庫化された本の場合、図書館では文庫より単行本を持っているケースの方が多いので
 
< その他(2)の形式およびエディションを表示する >
 
で単行本を表示させればちゃんと見つかることが多いです。
 
小説などを探すときって著者とタイトルで探すことが多いので、そう言うときは図書館のOPACで探す方が早いかも。
 
文庫本と単行本では書誌が違うので仕方がないのです。改訂版や復刊本が出た場合も同じく。
 
ピンポイントでその本を探すときは『その本、図書館にあります。』、文庫や単行本、改訂版のように基本的な内容は同じだけど『違う本』を広く探したい時には図書館の検索システム(OPAC)を使うのが便利等いうことね。
 
 
私はChrome愛用者なので、数年前にこの拡張機能を見つけたときは喜び勇んでインストールしちゃいました。
 
今ではもう手放せないです〜。
 
『Amazonで探して図書館で借りる』タイプのヘビーユーザーさんにはとにかくオススメ。ぜひお試しあれ。
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 

 
 

図書館はキレる老人の館?。

「図書館が『老人の館』になる」というダイヤモンドオンラインの記事がちょっとした話題になっています。
 
何年か前から増えている『キレる老人』の話題かと思ったら今回はちょっと違うみたい。
 
認知症の人が館内で徘徊して迷子になるとか、大量の本を持ち出そうとするとか、ソファーで失禁とか。
 
さすがにこれには驚きました。高齢化の影響はこんなところまできているのか…。
 
 
 
司書の勉強の中で、児童や障害者、外国人を対象とするサービスというのがあります。
 
高齢者については、目や耳、歩行の機能の衰えという視点から、障害者サービスの範疇で捉えていれば良いのかなあ…と思っていました。
 
超高齢化社会の日本、利用者の割合が高齢化するのは避けて通れませんから、上記のような高齢者特有の問題というのはこれから急激に増加していくと思われます。
 
図書館職員は介護や医療の専門家ではないけれど、これから避けては通れない課題でしょうから、認知症や高齢者特有の心身の変化などについての基礎知識は必要ですね。
 
「キレる老人」というのも、個人の性格やマナーの問題ではなく高齢化社会の問題と捉えた方がよいのでしょうね。
 
新聞を取り合ったり、返却本をカウンターへ投げるようにして置いていったり、カウンターでスタッフを困らせている方を、私も何度も見かけたことがありますが、なぜか例外なく60〜70歳代の男性なんです。
 
加齢で脳の感情を抑制する分野が衰えるために、感情をコントロールできないのが原因らしいのですが女性では見かけないんですよね。
 
もっと年齢が上がって、80歳を超えていると思われるような方になるとこういう困ったちゃんは見かけません。
 
もっとも80,90歳ともなると耳が遠くて声が大きくなっちゃったり何度も聞き返すような方はいらっしゃいますが、これは傍から見ていて迷惑行為とは感じません。
 
体力も時間も有り余る団塊世代が、居場所を求めてやってくるのが図書館なんでしょうかねえ…。
 

 「仕事が人生だった」というような人は、定年退職後に自己アイデンティティーを見失いがち。そんな高齢者にとっては、図書館は居場所というより現実逃避場所にしかならないのだろう。

 
まさにそのとおりなんでしょう。
 
家では奥様が世話を焼いてくれて、会社では女性事務員さんに頼めば何でもOKだったオジサマが、退職してみたらいきなり放り出されて図書館のカウンターにいる若い女性スタッフに同じ役割を求めているようにも感じてしまいます。
 
人生のソフトランディングって大事なんだなあ、とアラフィフの自分としてはオットのことも含めて人ごとではありませんね。
 
筆者のいうような『キレる老人の館」という誰の役にも立たない、世にも恐ろしい図書館』にだけはなって欲しくないわ。
 
毎日図書館通いの旦那さまをもつ世の奥様がたには、そのへんのマネジメントを是非ともよろしくお願い致しますね。
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 

 
 

参考図書【読書メモ】 図書館文化史(1)ー司書課程受講物語 (84)ー

図書館文化史の参考になるような本をいくつか借りて読んでいます。
 


情報を記すための媒体(メディア)としての書物の歴史。
 
西洋の粘土板&楔文字、パピルス、羊皮紙(パーチメント)、中国の甲骨文字や竹簡、日本における巻子本にはじまり様々な装丁の変遷など、豊富な図版で紹介されています。
 
私たちの先祖が情報を書き残すために様々な努力を重ねてきたことが読み取れます。
 
教科書的な内容でありながら全体的に軽めで読みやすく、雑学っぽいコラムがたくさんあるので肩肘張らずに読める上に勉強にも役立ちます。
 
分野の異なる複数の著者が書いているため書物史全体を網羅しているというわけではありませんが、狭い分野が妙に深く書いてあったりするのも面白い。
 
情報を残す・伝える手段という意味から楽譜や帳簿について言及した部分はとても新鮮でした。
 
 

こちらは江戸時代の人々がどのように書物と関わってきたかという視点。
 
徳川家康や家光の蔵書を納めた御文庫や、全国の藩校の付属図書館的な文庫、維新後それらの蔵書がどうなったのか、江戸時代の庶民が結構読書を楽しんでいたことなど、こちらもまた読み物として楽しめました。
 

これ、すっごく重量があって写真が美しく本当に素敵な本です。
 
『本を収蔵する空間の歴史』について、美しい写真に加えてかなり専門的な解説(しかも巻末には出典文献も纏められています)があり、図書館好きの人なら虜になる1冊であること間違いなし。
 
3年程前にも図書館で借りたことがあるのですが、その時は写真集的に楽しむのが主で、細かい記述はざっと読んだだけ。
 
建築様式の美しさや、現代とは異なる書物や書架の形態などに『へ〜、なるほど〜』とひたすら感嘆するだけで終わってしまっていました。
 
あれから3年、曲がりなりにも『図書館とは何ぞや?』を勉強し、『図書館文化史』の参考図書として意識しながら読むと新たな気づきが山のように出てきます。
 
記録媒体や記録方法、印刷の発達についても自ずと言及されており、書見台や書庫の形態、その場がどのような役割を果たしていたのかなど、改めて勉強になることばかり。
 
それにしても中世後期〜18世紀ヨーロッパの壮麗な建築には心奪われてしまうわ〜。
 
その他にも重厚な歴史を感じさせるイギリスやアメリカの図書館やハイテクな最新設備を備えた現代の図書館。
 
日本のものでは司馬遼太郎記念館の息をのむような美しさに圧倒されます。
 
どれもこれも見飽きることがなく、是非一度この目で見てみたい場所ばかり。
 
 
せめてこの本が手元にあったらなあ〜。
 
でもこの値段と大きさと重量を考えたら、うっかりポチッとするわけにはいかないのよ。
 
 
3冊とも読み物として楽しめるのはもちろんですが、やはり図書館学のテキストをきちんと読んでからの方が、より理解しやすく楽しみも倍増というところ。
 
テキストを読んだり、このような参考資料を読んだりと、行ったり来たりしながらの最終科目の勉強となっています。
 
ちなみに指定のテキストはコチラ↓

 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
 
 

 
 

建築家の自由【読書メモ】


  
久々に心が震えるような本に出会ってしまったという気がしています。
  
  
日野市立図書館の設計を手掛けた建築家、鬼頭梓さんの足跡・インタビュー・論考などを纏めたもの。
  
その時の前川恒雄館長との出会いが、その後図書館建築を生涯のテーマとするきっかけとなったそうです。
  
表紙にもなっている日野市立図書館。この静謐な雰囲気がなんともいえません。
  
背筋を伸ばして表紙を開くと….
  
前半はその生い立ちや建築家としての歩み、前川氏との出会い等についての記録的な内容が細かい文字でびっしり。
  
インタビューから書き起こしたもののようですが、鬼頭氏が実際に語った雰囲気を大切に文字にしている感じが伝わってきます。
  
  
後半は建築関係の雑誌などに寄稿したものが集められており、日野市立図書館や洲本市立図書館など氏を代表するいくつかの建築についての論考や、建築に対する姿勢などが静かな炎のような言葉で綴られています。
  
特に『建築家の自由』というタイトルの章では、建築家の使命・責任というものに触れおり、建築家に限らず『仕事とはこういうものだ』とピシリとムチを当てられたような気分になります。
  
  
  
また、建築家が自分の表現を優先して奇抜なデザインをすることについても言及していて、図書館の設計に求められること大切なことは何かということを書いておられます。
  
私自身そんなに多くの図書館に行った経験があるわけではないのですが、有名な建築家の手による『わ〜素敵!!』と強烈な印象を与えるようなデザインの建物が『図書館』として印象がよかったかというと必ずしもそうではありません。
 
パッと見の印象は素敵でもなんだか落ち着かず、長居したい気持ちにならないのです。
 
有名な建築家の設計で賞を受けたこともあるような有名な図書館なのに、ちっとも魅力的に感じないのは自分の感覚がおかしい…?と思ったこともあるのですが、鬼頭さんの図書館建築論を読んでみると大変納得できるものがあります。
 
 
やはり『図書館とはどういうところか』という思想をきちんと持った上で作られたものと、自治体が話題性に目を向けて依頼したものとでは自ずと違ってきてしまうのしょうか。
 
日野市立図書館と洲本市立図書館、行ってみたいなあ。
 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
  
  
  

 
 
 

全国のスペシャルな司書軍団 ー認定司書ー【読書メモ】


  
認定司書というのは

日本図書館協会が公共図書館の経営の中核を担いうる専門的職員として認定した司書。
  
認定にあたっては,その要件を示した上で申請者を募り,審査会のもとで総合的な審査を行い,理事会の議を経て決定される。
  
有効期間は10年間であり,認定司書であり続けるためには認定更新の審査を受ける必要がある。
  
司書全体の研鑽努力を奨励するとともに,司書職のキャリア形成及び社会的認知の向上に資することを目的としている

  
司書として経験を積んだ方が日本図書館協会へ申請し、審査を通過した上で認定されたスペシャリストということですね。
 
サイト内の認定司書への道というコーナーを読むと、申請には論文提出も必要なようです。
  
日本図書館協会のwebサイトには名前と所属先が書かれた名簿が掲載されています。
  
2018年4月1日現在で150人程。茨城県では1人だけでした。
  
  
この本では12人の認定司書さん達が、それぞれどのような思いで仕事をなさっているかを記しています。
  
公共図書館で働く方ばかりですが、正規職員だけでなく非正規職員の方も大勢いらっしゃるようです。
  
司書としての熱い思いはもちろんのこと不安や戸惑いも包み隠さず書かれていて、こんなにキャリアを積んだバリバリの方でもいろいろと悩みながらやっているんだなあと感じました。
  
むしろ経験を積む程、課題の多さに気が付くということでしょうか。
  
  
第3章で、各人のおすすめ本が紹介されているのが面白かったです。
  
文芸書だけでなく図鑑や理学系読み物などがとりあげられていて、司書というのは単なる読書好きではないのだということを再認識させられました。
  
その中でも是非読んでみたいと思ったものをメモしておきます。
  


 
 
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 勉強している主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ