絶対に読まなければならない本がそこにある【スクーリング追記と読書メモ】

今回のスクーリングでは担当講師がたくさんの参考資料を持ってきてくださいました。
 
ご自身の蔵書だということで自宅から持ってこられたそうです。20冊以上あったと思うのですが既に記憶から抜け落ちているもの多数…。
 
『自由に手にとって読んでみてください。講義終了後〜翌日講義開始までの一夜限定の貸出しも可能ですよ』と。
 
既に読んだことのあるものも多かったのですが『おおおっ!!』と思ったのは↓こちらの本。


前川恒雄さんの日野時代のエピソードはいろいろな本に書かれていて目にする機会も多いですが、滋賀県立図書館長時代の話に触れたことが私はありませんでした。
 
最近出たばかりの本なので図書館でも置いてあるとは思いましたが、あまりにも興味を惹かれてしまったので一晩お借りして通学の電車内でイッキ読み。
 
当時の滋賀県知事から強く請われて県立図書館長に就任したことや、その後県内の公立図書館を設置する際に全国から優秀な人をスカウトしたという話、その前川チルドレン達の活躍ぶり。驚くようなエピソードが盛りだくさんで大変面白かったです。
 
 
 

↑これ絶版なんだそうです。そんなに古いものでもないのにね。早速地元の図書館で借りて読んでいますが面白いです。
 
ちょっと文字が小さいところが玉に傷ですが、図書館員の立場でも建築家の立場でも、どちらから読んでも素晴らしい本だと思いましたよ。
 
 

『情報資源概論』のレポート書く時に参考資料として借りて読んだことがありますが、今回のシラバスに『「図書館の自由」に関する演習』とあったのでスクーリング前にもう一度目を通さなくちゃ!と思っていたのでした。
 
ところが、以前借りた県立図書館まで行くのが億劫でうだうだしているうちに読まずじまい。
 
先生が並べてくれた本の中にコレを見つけてあわてて手にとり、気になっていた部分を読み返しました。
 
折りに触れて読み返す必要があるなあと感じる1冊。持っていたい気もするけれど、買うにはちょっと高いんだよねえ…。
 
1997年版と2008年版があり、2008年版には2004年以降の事例が新たに加わっているそうです。
Amazonでで探すと高額の中古本しか出てきませんが日本図書館協会では2008年版買えるみたいですよ。

著者・編者:日本図書館協会図書館の自由委員会編
発行:日本図書館協会
発行年:2008.09
判型:A5
頁数:279p
ISBN:978-4-8204-0812-3 本体価格:2,500円
内容:1997年に刊行した『図書館の自由に関する事例33選』に続く,1992年から2004年までの図書館と自由をめぐる事例32件を収録する。関連年表も充実した。今回収録した事例には,出版禁止や事件報道にかかわる資料の提供問題などが多く見られた。本書を活用して,過去の事例に学び,利用者の立場に立った判断ができるように備えたい。

 
 
 
その他にはこんな本が並んでいました。若干記憶が曖昧ですがだいたいはあっていると思う..。
 


↑先日【読書メモ】にメモったコミックス。
 
 

 
 


↑『日本の図書館の歴史を学ぶ上では外せない名著が、当時の貴重な写真と新たなあとがきを加えて復刊』(紹介文より)
 
 

 
 

↑これもAmazonでは中古しかないですね、絶版状態らしいです。買っといてよかった〜。NHK出版よ重版希望!!!!!!
 
 

 
 

 
 

 
 

このシリーズも何冊かあったような…。
 
 
そうそう、配布プリントに多数の本が紹介されていたのであとで確認してみなくては。
 
 
 
 

ちょっと離れた図書館までドライブ。【広域利用】

子どもにせがまれて隣の自治体の図書館に行ってきました。
  
この辺りでは珍しく、コミックがたくさん置いてあったり若者に人気のミュージシャンのCDが充実していたりと、小中高生を意識した資料が豊富なことで知られており、前々から気になってはいたのです。
  
先日下の子が隣の体育館に行った帰りにちょこっと寄ってみたそうで、いたく感激して帰ってきたのでした。
  
夏休み中に是非もう一度行きたいというので、車で小1時間かけて行ってきましたよ。
  
  
海に近い我家から内陸に向けて30km程のその街は溶けるように暑かった!!!!!。
  
  
  
建物やロビーの壁面には、地元産の御影石や陶板がふんだんに使われており、施設への力の入れ具合がひしひしと伝わってきます。
  
まずは子どもと私、2人分の利用登録をしてもらうためにカウンターへ。
  
私の住む自治体とは広域利用協定が結ばれているので市内在住のかたと同様に貸出し利用ができるのです。ありがたいね。
  
スタッフさんの名札を見ると指定管理ではないようでほっとします。
  
  
登録の手続きはすぐに終わり、簡単な利用の説明をしていただきました。
  
早速子どもはCDの棚へ、私はフロアを隅々までチェックして歩きます。
  
まず目につくのは陶芸を中心とした芸術系の資料の充実ぶり。
  
陶芸の町として陶芸家が数多く市内に居住、また陶芸を起爆剤とした観光に力を入れているだけあり、私の住む自治体の図書館では『陶芸』で一括りにされているものが、「理論」や「技法」のようにさらに細分化されており、冊数・質ともにかなりのボリュームです。
  

ぐるっと壁面に配された背の高い書架には重量級の辞書・辞典や全集ものがずらりと並び、バーに引っ掛けるタイプの梯子が用意されています。
  
この壁面書架はまだ空いている部分が多く残されていて『まだまだ入るよ!どんと来い!』という頼もしさ。
  
ちょっと腰掛けるための低いスツールやゆったりとしたソファ、大きく開放的なガラス窓に面した位置にはバーカウンターのような奥行きの浅いテーブルに背の高いスツール。
  
気軽に腰掛けてゆったりした気持ちで本や雑誌を読むことができます。
  
このエリアは学習に適さないタイプの椅子が多く、自習する学生さんは2階の学習室かフロアの反対サイドにある参考資料書架付近のデスクに向かわざるを得ないようになっています。
  
くつろぎながら過ごしたい人とカリカリ勉強したい人が離れた位置で過ごせるのはお互いの精神衛生上大切よね。
  

さらに壁面伝いに歩くと、ソファスペースの近くに電話用のブースが!ちょうど公衆電話ボックスのような造り。
  
もちろん公衆電話は設置されておらず、ちょっと携帯電話を使う人のためのブースなのでしょう。
  
マナーモードにするのを忘れた携帯電話への着信にあわててロビーへ走ったり、マナーモードにしてあってもかかってきた電話にはすぐに折り返したい。
  
そんなとき、手にした貸出し前の本をどうしよう!と右往左往してしまうことが私はよくあるんですよ。
  
フロアに電話用ブース、我が街の図書館にも設置されないかなあ。
  
などなど素敵な書架フロアに溜息をつきながら歩いているとコミックスの棚を発見。何十年も前に夢中になって読んだ懐かしい作品から割と最近のものまでずらりと揃っています。
  
  
読んでみたかった漫画を見つけたので借りて帰ることに、子どもは制限いっぱい10枚のCDを抱えています。
  
自動貸出機が2台設置されていたので、カウンターではなくてそちらへGO。
 
自動貸出テーブルの所定の位置にICチップ入の利用カードを置き、これまた所定の位置に借りたいものをドンと置いてタッチパネルを操作すると、一瞬で利用者番号と貸出資料を読み取ってくれます。
 
わが街の図書館にある自動貸出機は、利用カードのバーコードと資料のバーコードを全てハンディスキャナで読み込むようになっているので、これにはびっくり。
 
10枚のCDもドンと置くだけであっという間に読み取り完了。
 
返却期限の印字されたレシートが必要ならばプリントアウトするし、必要なければそのまま手続き終了。
 
ちなみにこの館では、BookDetectionSystem(BDS)といって貸出し処理をしていないとゲートでブザーが鳴る仕組み(よくCDショップにあるやつね)を使っているために、全ての資料にICタグがついています。
 
そのおかげでこのような超スピード貸出手続きができるわけですが、、これって元々は盗難防止目的なんですよね。
 
新たにこのシステムを導入するには、もともと所有する蔵書全てのICタグを用意したりゲートを設置する初期費用が必要。
  
さらに日々増え続ける資料にも全てタグを貼らねばなりませんから、その経費を考えると溜息が出ます。
 
図書館のものを勝手に自分のものにしてしまう不届き者のために余分な経費がかかるって腹立たしいわ。
 
 
  
なーんていうことをつらつら思いながら貸出しを終え、2階ものぞいて見ることに。
 
階段を上がった正面に珈琲とジュースの自販機が置かれた休憩スペース。あとはホールとガラス張りの学習室。
 
1階から2階の大部分は吹き抜けになっていてガラス張りの学習室からは開架フロアが見渡せるようになっています。
 
休憩スペースにはコーヒーテーブルと椅子がたくさん並んでいるのですが、このテーブルはかなり小さくて学習には不向き。
 
『休憩専用』と張り紙もされていましたから、学習者に長時間占領されて本来の使い方を妨げることのないよう随分と気遣っていると感じました。
  
  
  
絵本や児童書はちょっと少なめかな..という印象はありましたが、ちょうどお話会の時間にあたったせいか親子連れの姿も多く、市民にとっても愛されている感じのする図書館でした。
  
  

【レポート再開】児童サービス論(3)ー司書課程受講物語 (71)ー

1年前に一旦取りかかったものの、なんだかヤル気がとぎれて全く進まずに放置していた『児童サービス論』のレポートを再開。
 
 
私のやり方は、まず教科書を読み、要点をノートに整理します。
 
この作業に時間がかかるので効率が悪いように感じますが、これをやらないと頭の中にその分野のイメージが固まらないのです。
 
ノートに纏めることは全くの無駄と言い切っている方もいるように、限られた時間の中で資格を取ろうという社会人学生にとっては、レポートの設題に合致する部分だけを拾い読みしてガーッと書いちゃう方が早いのは事実。
 
でも私の場合、コレやっちゃうと今度は試験の時にまたイチから勉強し直しになっちゃうんだわ。
 
そして資格をとって終わりではなく、図書館員として働く時のために本質的なことをきちんと自分の中に叩き込んでおきたいという気持ちもあるのです。
 
指定の参考図書はもちろん関連のありそうな本も出来るだけたくさん読み、そのジャンルのエッセンスを抽出しながらやっています。
 
ドンクサイようですが、残りの3科目この方法でやり通すつもり。
 
 
教科書を読みながらのノート纏めがひと通り終わったところで、関連図書を読むのと平行しながらレポートを書き進めました。
 
書いては消し、消しては書いての繰り返しなので、たった1600字のレポートに何日もかかってしまっています。
 
そして関連図書が面白くてそちらをついつい読みふけってしまったり、その本にどっぷり浸った読書感想文的な文章になってしまい、テーマからズレていることに途中で気づき慌てて大幅修正したり…。
 
 
そんなこんなで、2つの設題のうちひとつがやっと完成。
 
あとひとつ!頑張れ自分!
 
 
 

教科書も含め関連図書を纏めて記録しておきます。
 









 
イギリスに於ける児童図書館員の先駆者コルウェルさん、同様に日本の児童図書館員の先駆者松岡享子さんの著作は本当に勉強になります。
 
子どもにとってなぜ本が大切なのかを語る部分には全く迷いがなく、それでいて押し付けがましいところも無いのです。
 
難しい言葉を使うことなく、本質的なことをサラッと言ってのけていることが驚異的かつ感動的ですらあります。
 
図書館で働くとか司書資格とかを抜きに、親御さんや学校の先生など子どもに関わる全ての大人に読んで欲しいくらい。
 
図書館行政に冷たい自治体の議員さんにも強制的に読ませたいわ!
 
 

「子どもの貧困」を考える人に是非読んで欲しい本

このところ本をちゃんと読めないでいます。
  
時間はたっぷりあるのに、集中して文字を読むことができないのです。

  
せっかく借りた本もどんどん期限切れに。
  
さーっと目を通しただけで終わってしまったものがほとんどですが、11月〜12月に読んだ本をメモしておきます。
  

この本は、子どもの貧困問題を「なんとかしたい」と考えている読者をターゲットにしている。子どもの貧困問題の深刻さへの認識を深めるだけでなく、深刻な状況にある子どもたちを「なんとかする」ために、「どのように子どもの貧困対策をすすめればよいのか」ということが、この本のテーマである。      ———– はじめに より

まさにこのとおりの本でした。研究者・医師・ソーシャルワーカー・児童保護施設関係者など15人の専門家がそれぞれの立場から多角的に子どもの貧困問題について語っています。15人の中にはその当事者として養護施設などで育った方も含まれています。
  
どのような問題がどのような形で存在しているのか、待ったなしで成長していく目の前の子どもたちにとって今すぐ必要な支援とは、長い目で見て行政や社会がやるべき施策は、など理論や分析とともに具体的・現実的なことがとても丁寧に書かれていて、この問題に対する執筆者たちの切実な思いが伝わってきます。
  
学校の先生や自治体の子ども関連部署の職員、そして政治家のオジサマたちに是非読んでいただきたい。
  
最近のデータや参考文献が豊富なので、大学生の参考書にもよいのではないでしょうか。内容はとても平易で、また各章ごとに視点が異なっているので、様々な立場の人にとって何かしら有用なものが得られる一冊だと思います。
  
奨学金を含めた学習支援についても様々な事例が紹介されていて、なるほどなあと思わされるところが多かったです。
  
  
  
以下3冊は児童サービス論の参考に。




  
  

こちらは巨大システムが引き起こした過去の大事故について、そのメカニズムや組織的原因について書かれたドキュメンタリー。スペースシャトルチャレンジャーの爆発事故やチェルノブイリ原発事故など記憶に生々しい事故がいくつもとりあげられていて、手に汗握りながら読みました。


  
  
  
最後の1冊は、コツコツ勉強するのが苦手なうちのこどもに役に立つかしら?と思いながら読んだティーンエイジャー向け手帳術の本。
  
目標設定が自分で出来て、やるべきことが見えている子には役立つこと間違いなしと思いますが、うちのぼんやりさんにはちょっと合わないないようでした。

  
  

これからのお金のことを考えて、こんな本を読んでみた【読書メモ】


書評で紹介されていたのだったか、ベストセラーにつられたのだったか忘れたけど、図書館で予約して半年以上待って読みました。
 
モデルケースが大企業勤めご夫婦なのかな、自営業でカツカツの生活を送る私には何の参考にもならず。厚生年金受給ご夫婦なら参考になることも多いかも。
 
でも60才定年後さらに働き続ければ不安解消、なんて当たり前。多くの方が年金を貰える65才までなんとか職を確保しようと考えていますよね。
 
30分くらいで読み終わってその日の内に返却してしまいました。
 
 
 

今後のお金のことを考え始めたのをきっかけに、ちょいと投資の勉強をしてみようとこんな本を借りてきました。
 
さすがにこの低金利時代。大した資金があるわけではないけれど、インフレ率を考えたらその僅かな持ち金が目減りしてるわけですから多少のリスクをとってでも増やす努力をしなくてはね。


こちらは投資に関する仕組みや用語をとてもわかりやすく解説してくれている本。特に投資礼賛というわけでもなく、かといって
『素人は手を出すな!』と脅すわけでもなく、投資信託とは何ぞや?ということがとっても分かりやすく書かれた教科書的な本。
 
山のようにある商品について、資料のどこをどう読むと自分に合った運用ができるのかや何種類もある手数料のことなど、ネットで調べてもよく分からなかったモヤモヤした疑問が自分なりに整理されました。
 
 
 
 

うーん、これは『脅す系』。手数料の数字等がちょっと古いのか、一部の商品の特徴だけを取り上げて危険なケースを強調し過ぎているように感じました。
 
 
 
 

来年から『積立NISA』が始まるということで、遅ればせながら現行のNISAについてお勉強。
 
『収益分の税金が安くなるっていっても5年間だけでしょ?』くらいの知識しかなかったので、銀行でチラシ等を目にしても全く興味が湧かなかったのですが、これは利用しない手はないですね。
 
政府が庶民のタンス預金を投資市場へ引っ張り出そうと、税制で優遇するよ〜!と一般人の注目を集めながらもギャンブル的な投資行動には向かない仕組みになっているようです。
 
来年から始まる『積立NISA』は、さらに初心者へのハードルを下げて若者に長期的な資産運用を促すようなものとなっていることもわかってきました。
 
このように、いろいろな方向から書かれた本を一度に読みたいとき、そして一度読んで理解してしまえばすぐに必要なくなってしまうような本というのは、購入する意欲があまりわかないので図書館で借りられるのはとても有り難いことです。