図書館の相互貸借サービスを利用してみた

図書館には『相互貸借』というサービスがあります。

 
探している本が自分の住む自治体の図書館に所蔵されていない場合、離れた図書館から取り寄せてくれるサービスです。
 

ひょんなことから是非読んでみたくなったこちらの本。

sougotaisyaku1
 
『ブルドーザ物語』
 
ある企業(現在はその社名では存在していない)の社史のような出版物で、発行されたのも50年近く昔のことです。

 
インターネットで調べてみたところ、北海道の大学図書館と神戸の大学図書館に所蔵しているところまで突き止めることができました。
 
とはいえそんなに遠くの、しかも大学図書館の資料を借りるというのも何かためらわれて、しばらくその件は放置していたのでした。
 
ところが先日県立図書館を訪れた折、館内に『相互貸借をご存知ですか?』というような大きなポスターが貼られていたので、やはり相談してみようかな…という気持ちになったのです。
 

2階のレファレンスカウンターで相談してみたところ、まずは県内のデータを調べて下さったのですがやはり近くの図書館には所蔵がないようでした。
 
5〜10分程やり取りした後、本のタイトルと著者名を『相互貸借申込書』に記入し、自分で調べて来た結果のプリントアウトをに職員さんに預けて帰ってきました。
 
するとどうでしょう3〜4日後に図書館から電話があり、用意ができたので一週間以内に受け取りに来て下さいとのこと。
 
早速県立図書館に向かい、1階の貸出カウンターでその旨を告げると特別な手続きもなく、通常の貸出同様にお借りすることができました。
 

相互貸借資料に関する注意書きがA5サイズにプリントされ、本にはさんであるだけです。

自館資料の貸出と異なるのは、返却はブックポストを使わずに必ずカウンターで行うことぐらいでしょうか。
 
sougotaisyaku3
手にした本は思いのほか小さく薄いものでしたが、内容は素晴らしいもので『思い切って借りてみてよかった!』と思いました。
 
発行部数が少なかったり一般に流通しなかったような古い資料が、こんなに手軽にお借りすることができるなんて、本当にありがたく素晴らしいサービスだと思います。
sougotaisyaku2
 

『学校が死ぬほどつらい子は、図書館へ』

夏休みも残りわずか。
 
宿題が終わった子も最後の追い込みに半べそかいている子も、そろそろ2学期が始まりますね。
憂鬱な気分で過ごしている子も多いはず。そんな時期に話題になっているというこのツイート。

 

〈鎌倉市図書館のツイート〉

鎌倉市図書館 @kamakura_tosyok

もうすぐ二学期。学校が始まるのが死ぬほどつらい子は、学校を休んで図書館へいらっしゃい。マンガもライトノベルもあるよ。一日いても誰も何も言わないよ。9月から学校へ行くくらいなら死んじゃおうと思ったら、逃げ場所に図書館も思い出してね。

 

図書館はひとりでいることが苦痛ではありません。
ひとり静かに本を読んだり、ぼ〜っと考え事をしたり、むしろひとりでいるための場所ですから大勢の中で自分の居場所を見つけられないとき、安心して時間を過ごせる場所だと思います。
 
自殺をするほど辛かったら逃げておいでという言葉に救われている子供たち、きっと多いことと思います。
たとえ実際に行くことはなくても『逃げる場所がある。』と思うだけでも心強いかもしれません。
 
ところが残念なことに、私の住む自治体では公共図書館に徒歩で行くことが可能な小学生はそんなに多くはないはず。我家でいえば小学校と最寄りの図書館は4〜5Km離れています。学校サボってこっそり行くのは小学生には現実離れしています。

 
それを思うと、やはり学校図書館の充実を望まずにはいられません。
教室にいるのがつらい時、ひとりになりたい休み時間に自由に学校の図書室に行けたらどんなにいいでしょう。
 
全国で専任の司書を持つ学校図書館は全体の半分程度。
 
私の住む自治体では公立小中学校に限ってはゼロ!です。
何年も前から市に要求は出ているようですが『予算がないので配置できない』の一点張り。
 
12クラス以上の学校に司書教諭を配置することにはなっていますが、司書教諭というのは図書室専任の先生ではなく、他に担任を持っていたりするので、養護教諭と違って常に図書室にいるわけではありません。

 

議員さんのおじさんたちは、学校の図書室は単なる『資料室』ぐらいにしか思っていないのかな。
日頃公共図書館には足を運ばないのかしら?まあ予算削減のために指定管理者制度を導入してしまうような方々ですからねえ。
 
『本をたくさん読みましょう』なんていうだけで、本が置いてさえあれば良いと思っているのかもしれません。
 
30年前のS市長だったらきっとこんな学校の図書室の現状を放っておくことはないだろうなあ。
(S元市長というのは若くして亡くなってしまいましたが大変勉強熱心な文化人で、残された膨大な蔵書は現在S文庫として一般公開されています。)

 

調べ学習の時に図鑑を見に行くだけの図書室、『今日は読書の日』と決まった曜日にしか行かない図書室で良いのでしょうか。
 
せめて週に数日でも、昼休みだけでも、自由に行ける図書室であって欲しい。保健室に行くほどでなくてもちょっとひとりになりたいことって、子どもでもあるはず。
 
図書室は本を読むだけ借りるだけの場所ではなく、自分と向き合ったり想像の世界にあそんだり、人として成長するのに大切な養分を蓄えるための場所。

 
『休み時間はみんな仲良く外で遊びましょう』って、みんな揃って外遊びも悪くはないけれどねえ。
 
物事を考える素地は、書物に触れることやぼんやり物思いにふける中で育っていくものだと思うのです。
 
体力テストのように目に見えて結果が出るものではないので、保護者としても必要性を訴えにくい点ではあるのですが、なんとか学校図書館の充実を後押しして行きたいです。

 
 
 
toratora

『世界の夢の図書館』

「美しい知の遺産 世界の図書館」に続いて『世界の夢の図書館』を借りてきました。


 
 本当にため息の出るような図書館の数々が、美しい写真をふんだんに使って紹介されています。コインブラ大学ジョアニナ図書館、フランス国立図書館リシュリュー館、オーストリアのアドモント修道院図書館などなど共通して紹介されている図書館もいくつかありますが、内容やとりあげ方についてはそれぞれに特徴があります。どちらかというと前者は文献的、後者はガイドブック的な印象を受けました。
 
 『美しい知の遺産〜』の方は時代ごとにまとめてあり、その時代的背景をもとに本や建築の特徴が解説されています。注釈も豊富で、図書館についての理解を深める参考書としてもかなり役立つように思いました。ひとつ残念なのは各図書館についての目次がなく、個々の名称を覚えていないと巻末の索引でも見つけることができない点でしょうか。
 
 一方『世界の夢の図書館』の方は西・南・中央・北の各ヨーロッパ、南北アメリカ、オセアニアなど地域ごとに章が別れており、各図書館ごとにページが割かれています。それぞれの土地の様子や設立の経緯、建物内外の特徴や見所なども平易な言葉で紹介されていて文字も大きくゆったりとしたレイアウトなので疲れずに読めるのが良いですね。
 また、所在地の住所やwebサイトのURL、開館日や開館時間などのデータも記載されていて実用的です。
 
 取り上げられた図書館が重複しているとはいえ、どちらも魅力的で手元に置いておきたくなるものでした。ただ『美しい知の遺産〜』のほうは値段がねえ〜。内容的にも少し固くしょっちゅう手にとって気軽に眺めるという感じではないので、実際に買うとしたら『夢の図書館』の方かなあ。

 
 余談ですが、先日この本を眺めていた義両親が『ポルトガル旅行でここに行ったよ!』とコインブラ大学の図書館のページを懐かしそうに見ていました。それはそれは素晴らしかったそうです。

生涯学習概論 (4) ー司書課程受講物語 (9)ー

生涯学習概論のレポート作成にとりかかっています。
 
————————————————————————–
第1課題 生涯学習の意味と必要性について述べて下さい。(1,600字以内)

第2課題 人々が学校を卒業しても、生き生きと「学び」・「地域活動」を続けていくには、どのような方策が考えられますか。あなたの考えを柱立てして述べて下さい。(1,600字以内)
————————————————————————–
 
【参考文献】
・国立教育政策研究所社会教育実践研究センター編『生涯学習概論』(ぎょうせい)
・福留強、齊藤ゆか、河井孝仁『創年のすすめ』(ぎょうせい)
・関口礼子ほか『新しい時代の生涯学習』(有斐閣アルマ)
・香川正弘ほか『よくわかる生涯学習』(ミネルヴァ書房)
・平成18年版 文部科学白書 第2部 第1章 生涯学習社会の実現-文部科学省(http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/html/hpab200601/002/001.htm)
・我孫子市生涯学習推進計画(第二次(http://www.city.abiko.chiba.jp/index.cfm/19,51828,c,html/51828/1-1.pdf)
・第2次高浜市生涯学習基本構想(http://www.city.takahama.lg.jp/grpbetu/bunka/shigoto/kihonkousou/kousou.pdf)
 
これらをもとにして第1課題はなんとか形になりましたが、第2課題がむずかしいです。
頭の中にはいろいろと浮かぶのですがそれらをひとまとめにして、さらに説明用に切り分けていくという作業がうまくできません。
 

自分がなぜ通信教育までして資格をとろうと思い立ったかを上手に整理して、一般化した表現にできれば良いのですが…。
さらには生涯学習という視点にたった文章にまとめなくてはなりませんからねえ。
 
だいたい作文、しかも論理的な文章を書くのなんて何十年ぶりなことか….。

 
 
report
 
レポート作成のために頭に浮かんだことを殴り書きしたノートです。汚い!
 
 【ノート】無印良品/再生紙/ノート5mm方眼/30枚/糸綴じ
 【筆記具】プラチナ/プレピー0.3/ブルーブラックインク
 
この組み合わせ、おもいつくままに殴り書きするにはぴったり。ペンの太さも滑り具合も丁度良いです。

『美しい知の遺産 世界の図書館』

先日図書館で借りた本。

重くて重くて。手にもってパラパラめくるというわけに行かないので、姿勢を正して机の上に載せ読んでみだり、お行儀悪くに床において腹這いになって読んだりしています。
美しい写真多数とともに、図書館としての役割と建築の関係を解説しています。建築の視点から図書館を見るということが私にとってはとても新鮮でした。

 
当然のことながら図書館の歴史にも深く言及されているので勉強になります。古代メソポタミアから16世紀,17世紀,〜,20世紀そして電子書籍時代と時代ごとに、またパピルスや羊皮紙、印刷や版木など記録形態の変遷、ブックチェスト、カボードなど書架の形態などなど、本当に様々な視点から図書館という『知の遺産』について書かれています。
索引や引用文献もきちんと書かれています。
 
翻訳がちょっと読みにくいところがありますが、英語で書かれた学術書を日本語で読めると思えばありがたいものです。
 
文章も多いのでまだ全部は読んでいないのですが、美術書として眺めるのも良し、建築史、図書館史の参考書として読むのもまた良しですね。

 
この本は気軽に買える値段ではないのですが、検索していたら他にもこのような本が出ているのですね。↓このくらいなら買えるかなあ。とりあえず近所の図書館にあったので借りてみることにします。